« デザイン好き嫌い | トップページ | 時代、ルールの存在感…。 »

2022/10/04

私にまつわるもの、その境界線

悲しい事件が起きた。

 

22歳青年、バイクで47都道府県走破する旅の終わり、自殺予告し川治ダムに飛び込む「最後に日本一周出来て幸せだった、さようなら」

 

彼の生き方にまつわるもの、

それらの多くが、僕の生きている上での大切な存在、

そんな環境を包んでいるものでもある。

僕の愛しい人たちにも関わるもの。

ゆえに、このニュースと事件には衝撃を受けつつ、

正面から向き合わなきゃならないなと…。

 

少なくとも、家族を自死で失っていることは、

それまでの自死に対する自分のどんな想像よりも、

向き合うことを強いてくる。

そして、そこに向き合うことを強いられたのは、

自分だけではなく、同じように残された家族みんなが、

同時に、時として、偶発的に。

するとまた、家族内でそれは伝播するわけで、

乗り越える・・・なんてないと思っている。

 

今更、どうこう言おうと、なにも取り返せない。

でも、イントレランス、はびこっているんだよな。

僕が嫌いなものに、頭でかちがある。

何でもかんでも首突っ込んで、

でも、全身では浸からない。

あくまで頭だけ。

それで、あーだ、こーだ言う奴。

そして自分を情報強者だと思いこんでいる奴。

大っ嫌いだ。

 

でも、

間違いなく、彼は、頭でかちじゃなく、経験した。

いろんなことを、いろんなとこを、経験し、体感した。

そんな彼に好感を持つが、ラストはいただけない。

でも、そこも含めて、彼生き様だったんだろうなと。

彼は、最期、何を考えていたんだろう。

満足だった?それとも、絶望だった?

僕には絶望のようには感じない。

何かの満足感があったんではなかろうかと。

僕の弟もそう。

絶望感の上に、復讐という、それを達成すべき方法を

見つけてしまい、弟は実践した。

しかし、当時のメディアは、強い立場の者の発言しか注目せず、

また、それが事実化のように伝わっていってしまっていた。

当時のメディアや芸能界とは、そんなものだったんだろうなと。

真実とは別のものが、あたかも真相のように。

今の時代ならば、どうにか出来たこととも思うけれど…。

 

最期を想像してみる。

何を達成しようとしたのか?

達成したから、何かの満足感だったのかどうなのか?

最期、川治ダム・・・

僕にも思い入れ深い場所だ。

なぜ、その場所だった?

でも、聞けない。

そこに行って、川治ダムで、考えることをしたいと思う。

なんとか今月中に。

 

想う事、それが供養にもつながるんじゃないかな。

正解はない。

けれど、感じたことを、冷静に行動に。

境界線は、見つけられないなだろう…。

 

 

 

 

 

|

« デザイン好き嫌い | トップページ | 時代、ルールの存在感…。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。