« 2020年10月 | トップページ

2020年11月

2020/11/29

マスクの意味

Image0_20201129000501Image3_20201129000501

ちっちゃな子供でも、マスクを着けているのに、それが出来ない大人もいるんだよね。

何のためにマスクを着けているのか…。

その本質を理解してなきゃ。

ちっちゃな子供でも、理解してる。

そして、ご飯を食べる時に外す。飲食店に入ったら外す…ではなくてね。

|

2020/11/25

X-T30にxf27

Image0_20201125022001

出張の相棒にフジを使う場合…。
まあ、それが僕の定番でもあるわけだけど、

そんなフジの中でも、
X-T30は、スマホと同じケーブルで
本体から充電できるので、
相棒にする頻度が高い。

そこにxf27 mm、
35mm版換算、40.5mmが好きだ。

フィルムでコンタックスを愛用していた時も
ブラナー45mmを多用していたからか、
好きな焦点距離。

ライカの50mmか、35mmか論争の
その中間にいるような焦点距離は、
まさにフジの良心。ありがたい。

そして出張に持ちやすい
軽量パンケーキレンズ。

もう、この組み合わせは、
出張フジのベストバランス。

あとX70があれば、もう十分でしょう。(笑)

それでも、50ミリや、35mmも、持って行きたくなるんだよね。

作品…ではなく、
写真を撮る楽しみがフジにはあるね。

|

なんで大きいの?

Image0_20201125004101Image1_20201125004101

風呂上りの7歳の長女から、

『ねー、お父さん、なぜ、お父さん指だけ大きいの?』

と質問。
あやめ、つばき、
姉妹の大きさの違いは、先に生まれたから…と言っていたが、これは、先に生まれたから大きい…は、通じない…。

風呂上りのいま、次女も含め、
議論してる…。
 

|

2020/11/23

エムスポ 楽しいから出来るように

Image0_20201123022001Image1_20201123022001Image2_20201123022001Image3_20201123022001Image4_20201123022001Image5

 

我が家の長女、あやめは、生まれた時から少し体が弱い子だった。
酸欠状態で生まれたからね。

 

幼稚園でだんだん体力もついてきて、小学校に進学。
しかし、小学校ではなかなかついていけない授業もあったりもし、体操教室に通ってみたものの、そこのカリキュラムについていくことも大変だった。
その体操スクールに通うこと、それすらが、ストレスになっているのは明らかだった。

 

そんな時に、よき行く公園の側に、新しい運動教室がオープン。

 

体操スクールでなく、運動スクール。

 

なんか違う。体操スクールとは違うな!

 

コロナ禍の緊急事態で、子供らは、鬼滅の刃に夢中になり、鬼滅の刃に関することなら積極的だったので、鬼滅の刃の学校なんだと、連れて行ってみたら、即座に、夢中になった。

 

なんだろう、ここは、相対評価ではなく、
絶対評価で、運動、
身体の使い方を、自然に面白く教えてくれる。

 

誰かと比較ではなく、
本人のそれまでと比較する、個人の絶対評価で、ちゃんと褒めてもらえる。
そんな褒められた経験が嬉しくて、
できることがどんどん増えていった。

 

子供たちは勝手にこのエムスポを
『鬼滅スクール』と呼んでいる。

 

ここに通うと、逆立ちの呼吸やら、スキップの呼吸やら、鉄棒の呼吸やら、出来るようになって、いつか、『柱』になれるらしい。
そんな説明を子供はしてくる。(笑)

 

あんなに鉄棒が大嫌いだったあやめが、
今日は自ら鉄棒に近づいて行き、
上がって見せたり、
ぶら下がって見せたりしてくれた。

 

娘が、逆立ちしたいという目標を持つなんて、半年前は、思いもしなかったが、
いまは、逆立ちの実現が近づいて来ている。

 

出来る出来ない…ではなく、取り組むことに、前向きになっている。

 

それが驚き。

 

教え方、教わり方の違いで、人生は変わる事を、目の当たりにしている。

 

仕事でもそう。
教え方ひとつで、まったく違う。

 

相手に合わせた絶対評価、
これを忘れちゃいけない。

 

その方が、結果、良くなるんだから。
これは僕も以前から実践しているけど、
環境も大きく作用する。

 

環境からだよね。

 

エムスポでの娘達を見ていると、
あらためて、感じる。

 

何より、『楽しい』がないと。

 

楽しければ、自ずと成長する。

 

明日も楽しみな月曜日。
お休みだから、付き合える。

 

公園で、鉄棒するぞ。

 

 

|

2020/11/21

七五三

 Xpr25405 Xpr25517 Xpr25278

Xpr25653 Dscf3734 Dscf3591

 

七五三、

多摩川浅間神社にて。

姉は、気分は七五三ではなく、

演歌歌手みたいなんだと。

そこで、鬼滅の刃の炎を、

気持ちよく歌い始めちゃう・・・。

演歌歌手的な、振りまで付いちゃって、

気持ちよい感じで歌っていた。

それを

『おねえちゃん、うるさい!』

と言って、耳をふさぐ妹。

まあ、なんともバランスのとれた姉妹・・・

だと思うことにしてる。

|

2020/11/20

動脈

Image1_20201120131401

#エネルギー
#動脈
#日本オイルターミナル
#大宮

日本は動いている。
だから、エネルギーを求める場所がある。

そこへ、着実にエネルギーを届けてているインフラ。
それが目の前で動いている…当たり前の日常に感動を覚える。

それを当たり前と思ってばかりいては、傲慢になってしまう。

インフラを支えるチカラ、
ありがとうございます。

|

看護師への道、志し高く。

Image0_20201120001101Image1_20201120001101

今日は、看護師を目指す方々を取材。
この時期に、志し高く、看護師さんになろうと、笑顔で学びに励んでいらっしゃる。

鈴木さんは、笑顔のファーストコンタクトで、
その場を和やかに明るくしてくれ、
これなら病院でも、一気に安心感が生まれるのだろうなと。

渡辺さんは、終末医療に携わりたいと、人の生き様が一方通行であるからこその、
年齢を重ねた方々への敬愛の想いを教えてくれた。

そして夢のために、看護にすすむ人、
高齢者施設の現場で無力を経験したからこそ、
看護師になろうと決意した人、

それぞれが、それぞれの理由で、志し高く。

その根底には、すべて優しさがあった。

|

2020/11/18

カメラ雑誌、減ってしまったなぁ…。

Image0_20201118034001

カメラ雑誌って、ほんと減ってしまったよなぁ。
f5.6なんて好きだった。
たいてい、エイ出版のもの。
カメラ云々でなく、写真機、写真のある生活がイメージされるムック本。
うん、少なくなっちゃったなぁ…。


|

コロナ禍を思い知る

新しくした。五年目の更新。
iPhone12miniに日曜日から。

Face IDに認証されない度に、
『今はコロナ禍』と言う事を思い知らされる…。
第二世代SEだったら、そんな事はなかっただろう…。

#iPhone12mini

iPhoneから送信

|

2020/11/17

思考の限界がある人…。

悲しいかな、想像力以前に、
自分の知らない事は、
なんにもわからないひとがいる。

自分こ考えのみで、世界観、
作ってしまっちゃう人…。

僕は、仕事のスケジュールを全て公表しているわけではないし、

関係ない第三者に管理される立場でもない。

そんな人、何度か目撃したけど、
はっきり言って、気持ち悪かった。

そう言うのを『ブス』と呼ぶのだと言うことは、
警察の方から教わった。

僕はその人と友達ではないし、
知人と呼べるような関係でもない。

ただただ、ブスな人…と記憶し、
それは、仕事の現場でも共有している。

いわば危険人物。

警察の人が、
『もし、その人が眞善さんの好きなタイプ、
例えば仮に、藤原紀香さんとか、
米倉涼子さんみたいだったら、警察の出番はないんですよ。それは、二人にとって、
運命的な出会い!になるんです。
でもね、それが、違うから、警察に、今、眞善さん、いるんですよ(笑)』と。

だ、よ、ね…。(笑)

ストーカー問題の根本は、
そこなんだなと、妙に納得した夜があった。

思考に限界があると、自分以外の思考までは、
考えられないんだろうね…。

ちょっと、かわいそうだ。

皆様も、運命的でない出会いには、
細心の注意を。


|

2020/11/11

いつもの車窓から…。

Image0_20201111120701Image1_20201111120701Image2_20201111120701Image3_20201111120701Image4_20201111120701


もう何年も見ている光景。

でも、毎回違うんだなぁ。

|

本音は焼肉

Image0_20201111115701Image2_20201111115701Image3_20201111115701


|

2020/11/10

ショックで寝てしまう姉・・・

Xpr24911 Xpr24774

自然、釣りを堪能、美味も感じる妹に対し、

ショックで寝てしまう姉、あやめ。

でも、そのショックも、わかるんだ。

あやめは、蜂窩織炎という病気で、虫が絶対にダメだと医師からも言われている。

蚊に刺されただけでも、呼吸困難になってしまうからと。

親からも・・・つまり、僕からも厳しく言っている事。

だから、森に足を運べるのは、夏は絶対無理で、

秋以降、虫がいなくなってきてから。

しかし、釣りで、魚が虫を食べる事を知り、ショックを覚えてしまった。

|

エンジョイする妹

Img_9773 Img_9768 Img_9762_20201110005601 Xpr24878

山女、岩魚、虹鱒、

ぜーんぶ食べた妹、つばき。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ