« こんな時だから | トップページ | 一週間前と »

2020/04/16

リモートワーク新人

リモートワーク、

やっぱりラジオでも限界、生放送の場合はあるなと。(笑)

ディレクターの顔が見えない、相棒の顔が見えない、

技術さんの顔が見えない状況では、難しい側面がいっぱいある事を

実感している。

 

それでも、この状況下でも、生放送を実現させてくれているスタッフには、

感謝の言葉以外に見つからず、

さらには、より、通信環境含め、

品質改善に尽力してくれている事、

頭が上がらない。

に、してもだ。

回線はとにかく混み合っているなと。

ってのも、ヘッドセットを入手したく、電気店を何軒もまわっても、

リモートワークアイテム、全部品切れ。

Img_1203

僕もスタッフの期待に応えようと、前もって探し回っても

ついに、入手できず・・・

アマゾンでも、メジャーメーカーのものは、『入荷次第発送』表記ばかり。

まあ、一気に広まっているリモートワーク環境。

そりゃー、全体からしたら小さいかもしれないが、

少なくとも、これまでの在庫分は掃けるほどなわけだ。

願わくば、今の状況が落ち着いても、

リモートワーク環境の継続が、部分的でも継承されること。

それにより、通勤の苦痛が和らぐことを、行く人も、行かざる人も願うべく。

何のためのIT進化だったのか。

メールを確認するために会社に通うのでは、それこそ意味が薄まってしまう。

まあ、放送は生ものだから、難しいかもしれないけれど、

人の生きる時間を豊かにするためのIT進化であって欲しいなと。

IT進化によって、人が管理されるのではなく、

解き放たれるために。

 

|

« こんな時だから | トップページ | 一週間前と »