« 矛盾あってこそ人間 | トップページ | リモートワーク新人 »

2020/04/15

こんな時だから

武蔵小杉のビル群の灯が煌めいている最近。

この地に10年住んで、

こんなにも武蔵小杉のビルが煌々と光っているのは初めての事。

昨年の台風19号の時とは、全く逆の光景。

さて、そんな時だからこそ、

これまで出来なかったことを。

ここ何年か、傷から生まれた、頬にあるシミが気になってもいた。

だけれども、なかなか皮膚科に足を運ぶ勇気のなかった僕である。

しかし、こうも、仕事で移動しなくてよい時間が出来てしまうと、

その時間を使って、勇気を振り絞って皮膚科に。

医師の言葉は、

『念のため、取っておきましょう』

麻酔して、大げさな機械かなんかで、レーザーとか始まるのかなと。

そう思いきや、その場で、

液体窒素での処置を受けて、

1760円。

初診料も併せてである。拍子抜けであった。

小さなことだけど、大きな勇気を振り絞ることなく、

なんやかんや、言い訳を自分自身に与えていた、これまで。

『二週間後には、かさぶたになって、取れると思いますよ』・・・だと。

もっと、金額もするだろうと思っていたのに、

ほんと拍子抜け。

簡単だった。

まあ、こんな時でなかったら、行かなかっただろう。

でも、こんな時だからこそ・・・ね。

 

 

|

« 矛盾あってこそ人間 | トップページ | リモートワーク新人 »