« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019/12/31

年越しそば

Dscf0828

以前は武蔵小杉にあった蕎麦屋さんがある。

我が家が好きな蕎麦屋さんだった。

それが今年、都市計画か、道路拡張計画の影響か、

年始早々、鶴ヶ峰に引っ越してしまって・・・

2019_1231_16445400

鶴ヶ峰まで行って、蕎麦屋のおじいちゃんとおばあちゃんに挨拶。

2019年、色々あったけど、

ここの年越し蕎麦で。

美味堪能。

|

2019/12/28

基本的な実践。

 

 

283ea93da0834124877d140d5b00c73644510000

2019年も終わろうとしているけれど、

今年はちょっとしたことが、人の生活を狂わすということを、

身をもって知ることとなった。

そりゃ、普段からラジオで細心の注意を払っている自覚はあったけれども、

それでも、自身が注意を払う・・・ではなく

被害に直面することになるとは。

だからこそ、よりリアルに責任を感じている今でもある。

28522e3652144be5a74eb6d4bc42332b35420000

NACK5において、村木さんに付けて頂いた、

『一流のパーティーにも顔を出せば、赤羽の立ち飲み屋にも頻繁に佇む男、怪人、ファントム』

というキャッチフレーズは、とても気に入っているが、

そんなファントムが、ありもせぬ姿を勝手に作られてしまった怖さは、

いまだに引きずっている・・・。

話を面白くするために、『盛る』のと、『面白い話を勝手に作ってしまう』のとでは

全く話が違う。

されたほうは、『そこまでではない』なら、まだ納得いくが

『そんな話ではない』になってしまうと、それは発信者があまりに無責任なことである。

僕の先輩で言えば、Radio Berryの佐藤さんは『盛る』天才だ。

どんな情けない話でも、面白い話に昇華させてしまう。

だから、そこでどんなにイジられようと、原因は僕に存在していて、

笑いながら「いやいや、そこまででは~」と言える。

勝手な人物像は決してつくらない。盛られた人物像のみ。

その対象を悲しませるようなことは、決してない。

それが話題を面白くすることなのであって、

一方で。噂話のようなもので、勝手に人物像を、作り上げてしまうのとでは、

まったく意味が違う。

Img_6924

今年最後のBEATの後には、番組にかかわる仲間で飲んだけど、

僕の関わる番組では、誰かを勝手に悲しませるようなことはしたくないなと。

そういう点で、センシティブな部分を指摘してくださった、元ディレクターさんもいた。

心して受け止め、実践せねばいけないなと。

B29b0b91ff274ff2afcb24ed1afac4b719190000

2020、僕にできることは、後輩をちゃんと楽しい時間の中で過ごしてもらいつつ

受け取ってもらうこと。

2019のうちにやっとかなきゃいけないことも、

まだまだいっぱいあるのですが・・・(笑)

|

2019/12/21

上野飲み

Img_6923

宇都宮仲間と上野飲み。

昼から終電まで。

支局長とは久しぶり。

というか、今はもう、東京なんだよね。

飲もうと思えば・・・。

|

2019/12/19

情報過多の弊害

Image1


|

2019/12/16

つばきご褒美

Dsc_0046_9

つばき、幼稚園では色々あるが、

頑張っている。

それで、サイゼリヤである。

つばきの好きな、アーリオオーリオ。

|

2019/12/14

僕だけ・・・ない

Img_6316

僕だけ、サイン、ありません。

というのも、僕だけ、飲んでる途中で、急いで席を外して新幹線移動だったので、

出演者忘年会、最後までいなかったのです・・・。

でも、その後も、サイン・・・してないじゃん!

いいんです、お店の壁には、思い出に残るサインが並んでますから。

|

2019/12/11

水曜BEAT・・・

Img_5221-1

かもちゃんとの水曜BEATも、今年残りわずか・・・

なんか寂しくもあるんだ。

さ、楽しむ時間を。4時間!

|

2019/12/05

蓮根最前線

Dsc_0011_11

蓮根農家取材。

これで僕が知っている蓮根農家は2軒。

それぞれ、目標が違うからこそ面白い。

赤川さんの蓮根も人見さんの蓮根も、

それぞれの個性の集大成。

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »