« 8月6日 | トップページ | 芸術家とクリエイター »

2019/08/07

今、というイデオロギーを通さずに

何時間か前だが、

昨日書いたことは、
政治的な意図はなく、あくまで個人個人の心の中の作用、
向き合うチャンスに関してのこと。

確かに政治的な話題に結び付けたいという意図もわかるが、

それこそ戦争史観ではなく、人間として一人ひとり、
心の中の葛藤で、今の政治とは結び付けずに、
過去を直視する事。

そういうコンテンツが減ってしまったなとつくづく。

過去を直視したうえで、
その上で、人それぞれの、今の時代への観念、
つまり政治的な意味合いを、発見すればいい。

それを今の政治的な観念『ありき』で、過去を振り返るのは残念。

つまりは、今の観念が前提にあっての過去の戦争史観になっちゃう。

できれば、今・・・のまえに、素直に過去を見つめなおすこと。

そんな作業をしてから、今のイデオロギーに向かい合ってほしいと思うばかり。

なんだか、過去を利用して、都合よく解釈するのでなく、
人間として、なにが悲しいことなのかを考える8月でありたいなと。

そう思う。

|

« 8月6日 | トップページ | 芸術家とクリエイター »