« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019/02/20

ドレッシングの味わい…。

どれだけのドレッシングを無駄にしてきたことか・・・。





僕はサラダが大好きである。
今まで食べたドレッシングで記憶に残っているものは多々あるが、
富士急ハイランドの近く、
ホテルレジーナ河口湖のフレンチドレッシング、
北里大学病院のレストランのグリーンサラダ、
海老名の旧オークラホテルのサラダ、
以前の宇都宮東武ホテルグランデの朝食でのドレッシング、

記憶をたどらずとも、
すぐに出てくる、忘れられない味のドレッシングが色々あるわけだが、
そのどれもが、自宅では再現できていない・・・。

ただ、味覚と言うものが、見事なまでに味わう時の環境に左右されると言うことは、
実証済みである。

たとえば、東急田園都市線、つくし野駅前の、コナという小さな喫茶店がある。
ここのモーニングのプレートに添えられている、ちょっとした刻んだキャベツが旨いのだ。ここで、母と一緒に時々食べていたモーニングプレートや、ランチ。
旨かったなぁー。
だが、このキャベツにかかってるドレッシングは、
おばちゃんが、まんま、買ってきた一リットルのドレッシングを
ボトルからかけてくれる。
キューピーの中華ドレッシング。
しかし、これをスーパーで買ってきて、自宅でかけても、その味わいではない。
納得いかず、再度確認して、容量で味が違うのではないかと、
お店と同じ、一リットルのボトルでも買ってみたが、
味わいは自宅では、小さなボトルと一緒だった。
つまりは、コナのモーニングプレートとは味が違う。

さらには、Nack5、レディオファントムの取材で伺った、幸手のブルトンと言うカフェ、
ここで食べたサラダも美味だったのだが、
ドレッシングは、キューピーのすりおろしオニオンだと教えてくださった。
うちのは、普通なんですよ・・・と。

で、購入した。キューピーのすりおろしオニオン。

しかし、自宅で再現しても、まったく味わいが違う。

つまりは、どんな環境下で味わうかによって、味覚と言うものが見事に違ってくると言う証明でもある。

そして音楽でも同じではないだろうか。
ラジオにはリクエストと言う文化がある。
もし仮にその音楽が、とてつもなく好きでずっと聴いていたいのであるならば、それこそCDを何回も聴き続けてればいいわけ。
そしてその音源だって自らが持っているにもかかわらず、ラジオにリクエストしてラジオから流れてくると、また格別なる味わいに音楽を感じることができる。
だからこそのリクエスト欄ではないだろうか。

という事は、誰の、どの番組で、その音がかかるのか、
誰のどんな話の上でその音楽がかかるのか、

これらがラジオにとってはとても重要なんではないかと思う。

それを考慮せずに、音楽だけのチョイスと言うのはありえないし、
そーゆー選択ができるディレクターこそがやはり素敵な事ですからんではないかなと思う。

ラジオで情報発信する…などと言うが、ラジオこそ、発信ではなく受け取るメディアなのではないかと思う。
一対1で向き合って、そのやり取りの様子、それを楽しめる。

だからこそ、他にはない味わいが、ラジオにはある。

ドレッシングが、我が家では味が違うように、
音楽もまた、どんな環境の下で堪能するかで味わいが違う。

あとは、ラジオだからって、特別でないことも。
そのラジオで話している人も、そりゃ人間なんです。
悲喜交々あるわけです。

それを考えずしての行動は、そりゃ、情けなくもなります。

人としての節度は、やはり守らなければと。



| | コメント (0)

2019/02/11

韓国映画『弁護人』を

韓国の映画『弁護人』を見た。

2014年の韓国映画。


Header_main


今、現状を鑑みると、日本とはとんでもない状況ではあるが、

この映画を観ることで、韓国の良心と言うものも、そこに存在していると理解できれば、

その反面、韓国の怖い部分も想像通りに存在している事が理解できる。


この映画は1981年の実話が元になっていて、韓国釜山で起きた冤罪事件

「釜林(ブリム)事件」がベース。そして主人公は過去の韓国大統領である。

故盧武鉉大統領、その人だ。


その大統領が、大統領になる以前の弁護士時代の物語。


普通の大学生が国家保安法のもとに裁かれる事件。それを弁護することで、

人権に目覚め、闘った弁護士の物語である。


それが故盧武鉉大統領というのに驚いたが、

当時の国家権力は、全斗煥の軍事政権で、そこへの敵対意識がストーリーの中心。


こういう経歴、経験のある人間が大統領であったのかと、

僕は初めて初めて知ったわけだが、

その一方で、韓国と言う国の大統領は、

誰1人として任期を終えた後に有罪にならなかった人はいない。

つまり、大統領経験者が、みな全て、犯罪者になってしまう国家…とも言える


O0400056713687006140


この現象は、検証された書籍にもなっていて、

『大統領を殺す国 韓国』と言う辺真一氏の執筆されたもの。


誰一人として、歴代の大統領が、大統領としての任期を終えた後、

普通に暮らした大統領がいない国だと理解できる。

皆が皆、有罪になり、罪人になるのである。

たしかに、歴史、すべてがそうなのである。


それこそが、韓国と言う国を物語っている。

国家保安法と言う名の法律の元に、なんでも感情が優先されてしまう。

国内でさえも、そうなのだから、外国に対し、国際的な常識が

『通常』と言う感覚で存在するとは言えない。


ただ、国家保安法にて敵視された側には、外国でいう『常識』と言うものがあるのだと。


つまりは、韓国と言う国において、

政権は常にAとBが交代して成立しているために、

新政権は常に前政権を批判しそして有罪にするところから政権がスタートしている。


つまりは、理想ではなく、前政権の否定によってのみ、

政権交代するからこそ、前進ではなく、

前政権を処刑することからスタートするしかないのだ。


それは歴代のどの政権も前政権を否定するところで勝利を得ている。

これがずっと何回も繰り返されているわけだが、これを繰り返さない!

と言うことをしない国家、国民がいる韓国という国家…と言えよう。


結局、だれもが、民主主義を守る!という理念のもとに、

独裁主義的な方法によって、意見を異とする存在を否定していく。


つまるところ、意見を異とする存在を否定する事でのみ、

自己肯定を到達させる歴史の繰り返しに近いのだなと感じるばかり。


その一方で、この映画を作った人間がいることも事実。

この映画を作れる人ってのは、それを理解しているからこそ描けているわけで、

一種の警鐘でもあるのではないかと。


今後、日本と韓国がどういう付き合いになるのがベストかは、僕には見えないが、

それでも、『これまで通り』では、繰り返しになることは間違いない。

これまでとは違った対応を続けることを願う僕もいる。


韓国の繰り返し好き・・・に呼応しないためにも、

これまでとは違った対応は必要だと思う。


韓国の中にも、この映画を作った人、この映画の真意をくみ取れる人がいるのですから。


少なくとも、日本は前政権を批判したとしても、処刑から始める国ではないのですから。



| | コメント (0)

2019/02/09

空気清浄機の本質 #nack5

空気清浄機マニアの僕からすると、

こいつは、絶品空気清浄機。
である。
やはり、基本はパッシブで空気を濾すことが何より大切。
そして、濾された空気が綺麗であること。
A180220001
実は高級機で『フィルター5年交換不要!』なんていうのも増えてきたが、
いわば、五年前から蓄積されたフィルターのゴミの間を抜けてきた空気で満たされた
部屋の空気を吸う・・・
と、考えると、精神衛生上、これはいいとは言えない。
綺麗なフィルターで濾された空気の方がやっぱりいいわけで、
こいつは、フィルターの交換も2000円ほど。
新しいフィルターで、新鮮な濾された空気の方が良くないかい?
そう考えた場合、ツインバードは身近になるわけです。
僕もこれを2台使っていますが、埃、花粉はこいつをフル稼働させた方が
家庭内総花粉量が減るはず。
いわば、燃費がいいわけ。
それから、加湿機能付きの空気清浄機も増えてきているけど、
これも分けた方がいい。
なぜなら、加湿しないときに加湿フィルターの濡れ残り・・・
これが、乾ききらないで使うバスタオル、
つまり室内干しに失敗した状況と同じ悪臭の発生機になってしまう場合が多い。
これ防ぐためには、次亜塩素酸水を使いたいとこ。
我が家ではそうしている機種もあるけど、
素直に加湿器を稼働させた方が、
これも精神衛生上、いいんです。
アクティブな空気にコダワリたけりゃ、
パナソニックのナノイー発生器を別に用意した方がいいわけで。
いわば、車でも、サーキットからオフロードまで、
高級ホテルのエントランス車寄せから、砂漠まで
すべての走りをこなす一台・・・
これは、逆にすべてが中途半端にもなってしまう。
別々にあった方がいいのです。
ジムニーとGT-R、センチュリーとね。(笑)
そういう意味で、ツインバードの空気清浄機はジムニー、なんです。
もうオフロードに特化しているわけです。
そして燃費がいいから、走らせることに躊躇しない。
空気清浄機は、そのイデアから考えて、
稼働させてこそ、意味があるもの。
置いとくだけでは意味がない。
だからランニングコストが優れていることが重要。
だからこそ、これからのシーズンは、特にツインバードがおすすめ。
ぜひ、Nack5特選市で。

|

2019/02/07

行きつけ

大宮でも、行きつけ、顔なじみの店が出来てきた。

武州うどんあかね屋や、
この、大宮コーヒーロースターズ。



ここのポークソテーが好きで、
こだわりを持って、栃木の豚を使ってくださっている。







これが旨くて、また、付け合わせのプレートの上のサラダが美味しくて…。

ドレッシングの秘密は、オーナーに聞いても、『これは、ドレッシングではなく、いわばソース』と言うばかりで、教えてはくれない。

この、野菜の味をちゃんと残せるドレッシング、憧れだ。

ここに居ると、時間を忘れて、ゆっくりできる。

もちろん、食後の珈琲も美味しい。



| | コメント (0)

教育において、最優先されるべきものは



今朝の読売新聞

制度や仕組み、規定の話ではなく、心の問題と言う根本だと思う。

学生時代は理解していたとは言えないのだが、
やはり
『教育が国家の財産』

と言った小原国芳の言葉が沁みる。
悔やみきれない念。

親の受けてきた教育がどんなものだったか、そこを反省すべきで、教育において、『心』よりも、制度や仕組み、カリキュラムばかりが何より優先されてきた結果なのではなかろうかと…。

心がちゃんと育っていれば、こんな事は出来ないし、問題にすらならない。
そもそも起きない。

あの問題は、親の段階の教育を反省すべきではないかと、真剣に思う。

| | コメント (0)

2019/02/06

洗濯機の選択の悩み・・・

もうかれこれ、不満を抱きながら、

東芝のドラム式洗濯機を10年近く使っている。
250VGというやつだが、
これまでかなりの額を修理に費やしている。
だからこそ、買い替えられない・・・という心理的環境でもあるのだが、
実は、節水機能が当時は無理していたのだろう・・・
すすぎがなかなか上手くできない。
柔軟剤ではなく、洗剤のニオイが、間違いなく残っている。
乾燥機は使えば、途中でエラーになるし、
カッチカチのシワシワ。
いい加減、室内干しの時の洗剤の残り香で子供が咳き込むので、
買い替えねばと。
でも、いろいろ見てくると、ドラム式洗濯機の相場が
この10年ほどで1,5倍くらいになっていることに気づく。
でも、急激に上がり始めたのは、この3年くらいだ。
Img_0166
取材したことがある経験から、洗濯機は日立贔屓なのだが、
価格comみてみると、乾燥の段階で、排水溝からの臭いを吸い上げてしまうなど、
そんな問題が頻発していて、ユーザーレビューが熱かった。(笑)
設計ミスだと断言する人まで。
すると、やはりパナソニックかなと。
まあ、ばっちり、ぶつかり合う、この2大メーカー。
パナソニックも、洗濯機での取材はさせていただいたし。
ただ、技術者の熱さが、日立はすごかった。
でも、日立、なんだか、新築の環境で使うにはいいみたいだけど、
集合住宅で築年数が経っていると、下水までの配管を意識して、
臭いの問題を考慮すべきなんだと・・・。
いやー、ジレンマ。
もう、洗濯機で東芝というチョイスはサービスのことを考えると、修理高いし、
すぐトラブルあるしなと。
フラッシュエアーとかは、すごくいいのに・・・。
悩んでいるけど、いつ買うか?
そしてどこで買うか?
そんなのが番組で遊べたらいいのに・・・。(笑)

| | コメント (0)

2019/02/05

今そこかい?大切な本質を見ずして…

まぁなんとも重箱の隅を突くような…。


自衛隊の名、実態と合ってない? 無線では「日本海軍」


そもそも自衛隊と言う言葉概念が日本独特のもの。

だからこそ、

自衛隊の意訳を英語でなんて言っていられないって。


『JAPAN MARITIME SELF-DEFENSE FORCE』


そりゃ、正式な表現っちゃー、表現ですよ。


でもアジェンダはそこじゃないって。


海の上、空、そういった場所では意味、存在がわかりやすいほうが、

相手のためでもある。

しかもその言葉ですら相手から…聞き取れなかったなどと言われてしまうのだから。


そこに深い意味を見出そうとすることこそ、

今の日本で安全に暮らしていけることが、

そもそもどれだけありがたいことなのか、

現状で素晴らしいことなのかと言う、

その見えないとこにどういう労力が費やされているかの認識不足。


見えることばかりで、見えるものだけをみて批判するなら、稚拙すぎる。


実は日本の自殺者数が減少傾向にあると。


そういうこともちゃんと認識しなきゃいけない。


その上での話だ。

切羽詰まった状況から抜け出した人が増えたと言う事でもある。


それを差し置いて言葉の問題…いや言葉の問題以前に、

それを取り上げる感覚こそが物事の争点見ずして、

同じ日本の足を引っ張っていることに気づかないのかと。


まぁこうして重箱の隅を続けることこそが、

ドンダケありがたい環境下でのことなのか…。


もちろん、僕にもわからない感覚だったり実情はある。

しかし『今そこ??』

なのである。


全く以て『JAPAN NAVY』でいいんじゃないかと。

いわば、その日本語訳の認識を日本である、

当事者の我々が理解していればいいわけで。

日本独特の見解を押し付ける英語訳でなくてはいいんじゃないか。


現場の状況を知らずして、

外野からワガママの押し付けは、平和だから出来ている事実。


そんなこと言ってられない世界だってある。


|

綺麗・・・の概念

Dscf1250 毎週100キロを超えるドライブを、取材のために

ディレクターのFKD氏と一日で走破しているわけだが、

その100キロを超えるドライブの途中、よく話題に上がり、議論することがある。


それは『美しさ』や『綺麗』と言う概念について。

まあ、もっと下世話に言ってしまえば、

お互いの『好みのタイプ』だったり

そんな話から始まるわけだが、

なぜ人によって、好みのタイプ、つまりは『綺麗』だと思う人の傾向が違うのだろうか…。そんな話題を真剣に突き詰めていくことがある。

もう何回もだ。

結構下世話な話題から、哲学的になっている。


極端なことを言えば、


首長族などは、首が極端に長い女性こそが美しい女性とされるらしい。

しかし、僕らは、そーゆー女性を見たとしても、なかなかそうは感じづらい。


そして男女ともに、セクシーさを感じる部分も違っていたりもする。

なぜそういうことが起こりうるのか。


人生の中の、どの段階で、そういうことが価値観として、

個人の中に決定付けられて行くのか?


もし仮に、首長族の男性を、幼い頃から日本で育てた場合は、どうなるのか?

それでもDNA的に首が長い女性を美しいと思うのだろうか…。

などなど、『綺麗』の概念についての議論は、FKDディレクターと尽きないわけだ。


少なくとも、僕に自信があるのは、ディレクターのFKD氏、

彼の好みは分かっているつもりである。

同じように彼も僕の好みをわかっている。結構そこは間違いがない。

そしてその感性をお互いに認め合うところでもある。


一方で、『きれいでない』、『美しくない』といった方向性に関しては、

多くの人が共通見解を得る部分でもあるのではないだろうか。

ただ好みと言うことに関しては、

それこそタイプは片桐わたり、すべての理想が違っている。


娘が通っている幼稚園、そこでもやはり綺麗なお母さんがいらっしゃる。

綺麗な先生だっていらっしゃるby FKDディレクター。


しかしそれは僕や彼ににとってであり、他人にとってはまた違うであろう・・・とも。

それぞれの『綺麗』の概念から言えば、また違っていることも、至極当然。


そう考えていくと、

きれいと言う概念については、人それぞれほんとに多くの概念や理想型があり、

それこそ、『きれいな人』という言葉から、

『きれいにする』と言う事まで、

全く意味が違ってることだってあり得る。


子供に、『きれいにしなさい!』と言うことを言う時にも、

その綺麗と言う言葉の目指してる方向性が違っていたりもする。


例えば、うちの場合は、家内が言う場合の『きれいにしなさい!』は

『片付けなさい』に置き換えることができるかもしれない。


一方僕が言う『綺麗にしなさい!』…と言うのは

『磨きなさい』、『拭きななさい!』と言うようなニュアンスだったりもする。

つまりは『掃除機をかける』なども僕の場合の『きれいにしなさい』。

それに相当するわけだ。


だからといって、きれいにしなさいと言う言葉の概念について、

お互いに否定しあったりするわけではなく、

その言葉のニュアンスを理解した上で言葉として使い、利用している。


さて、綺麗や美しいと言った概念に関しては、

車に例えると、わかりやすいかもしれない。


それぞれ、好きな車があるわけだが、一番欲しい車は?

一番手に入れたい車は?

一番美しいと思う車は?

一番乗ってみたい車は?


もう、この答えは千差万別。


理想のクルマだってみんな違う。


だからこそ、いろんな自動車メーカーがあって、

いろんな車種がある。


理想のクルマだって、

フェラーリという人もいりゃ、パジェロという人もいる。

スポーツカーであったりSUVであったり・・・。


そして、自分の置かれた環境によって、現実的に変わってくることだってある。


まあ、無限にお金がありゃ、そりゃGT-Rなんて選びたい僕がいるけど、

僕にはランボルギーニやらフェラーリ以上に

GT-Rにセクシーだと感じるし、頬ずりしたいと思う。(笑)


でもさ、現実的にはエクストレイルnismoとかが理想だったりね。


必然と環境によって・・・というのは分かるけど、

似たような環境でも、好みのタイプが違ってくる人間の面白さ。


綺麗という概念は、どこが原点なのか??


美学概論の研究でも、そこは教えてもらわなかったなぁ・・・なんて。


まだまだ100キロの取材ドライブでは、話がつきそうにはないな。

| | コメント (0)

2019/02/04

トライアンフ

現状、カワサキやハーレー乗りではあるが、

基本は二輪車でしか味わえないものも大好きで、
そんな生活が好きである。
自分が乗っているバイク以外でも、興味があれば。(笑)
最近、カッコいいなぁーと思ったのがトライアンフ。
英国のバイクである。
Img_0038
でも、なんだか、トライアンフに稚拙な僕からすると、
なんだかハーレーらしい側面も感じるわけで、
バイクのイデアってのは、こういうところに集約されていくのかなと。
つまりは、無駄な美しさ。
まあ、そもそも、バイクというのが無駄なものでもある。
だからこそ、バイクがなくても日本では生活できるし、
そういう人が大多数でもある。
だからこそ、そんな無駄なとこを渇望する僕みたいな人がいるから、
これ、結果としては必要なんです。
ディーラーを訪れると、もうカッコいいのがずらりと。
でも、スポーツタイプは、僕は国産の方が好きなので、
必然とネイキッドやら、スピードマスターに目が向く。
イヤー、なんかやっぱり細部をみると、ハーレーとはぜんぜん違うのだった。
その煌びやかさは、同じ煌びやかでも、向いている方向性が違うことに気づく。
Dscf1372_2
スピードマスター、惚れました。
というか、惚れそうだから、ディーラーまで行ったと表現したほうが正しいか・・・(笑)
Img_0061_3
Img_0059_2
もちろん、親子チェックも。
Img_0065_4
いいじゃん、トライアンフ。(笑)
そうは言っても、もう少し先だろう。
Img_0035
さて、今週は土曜日朝から作業をした。
なぜかしっくりいってなかった、ハーレーのフロントフォーク。
アルミそのままの色だったのだが、
それをソフト99のボディーペンを使って塗装。
ハーレーのビッグブルーパールには、トヨタのダークブルーパールが近似色だと
感覚的に判明したので、それで作業。
アルミへの塗装は難しい。
まあ、でも及第点かな。
Img_0031_2
Img_0033_2
Img_0032_2
まあ、納得の仕上がり。
本当の仕上がりは、再来週、コンパウンドで磨きをかけてからだけどね。
これで、飛び石リスクでの腐食も減るかなと。
そんな淡い期待。
春の訪れが待ち遠しい。
その前に花粉との対峙があるが・・・(笑)

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »