« 何年かぶりに・・・ハマった! | トップページ | 休み時間 »

2018/08/15

ひとつの歴史、ブランドの終焉・・・地球最後の味わい。

僕の大好きだったブランドが、終わってしまっている。

事実、2017年3月には終わていた。
そのブランドとは大山納豆。
神奈川県下、ドラッグストアなどでも手に入った、
とってもリーズナブルでありながら、格別な本流の味わいのある納豆。
納豆らしい納豆だった。
もぐナビなんかでも高評価で、
それこそ、日常使いできる、納豆の本質を追求されてある納豆。
Img_2098
やっぱり毎日食べる納豆はリーズナブルであって欲しい。それでこそ納豆。
今現在、これと同じスタンスで存在しているのは、僕の中ではおかめ納豆しかない。
この大山納豆がなくなると知った時、
我が家の冷蔵庫には3個パック一つしかなかった。
買い足しに出かけ、探しても、もうなかった。
最後のパッケージを開けて、2パックを大切に食べ、
そして残る1パック、なんとか残していた。
それをついに、一年以上の歳月、アミノ酸がカタチとして見えるまでになり、
お盆であるこの時に、過去に感謝しつつ、食してしまった。
Img_1903
僕の中で、きっと地球人類で最後に大山納豆を食べた人になったと・・・勝手な自負。(笑)
でも、貴重な最期の1パックの味わいは、大山納豆のそれをちゃんと残していた。
もう、この味わいに二度と遭遇できないことを自覚しながら、
旨さに舌鼓を打った。
パケージは記念に保存。
Img_2092
ほんと長い時間、僕はこの納豆を普通に食べていた。
Img_2096
おかめ、ミツカンになる前のくめ納豆と並んで、僕のレギュラーだった納豆。
地球最後の大山納豆の味、忘れない。
しかし、いつか復活することも願っている僕がいる。

|

« 何年かぶりに・・・ハマった! | トップページ | 休み時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何年かぶりに・・・ハマった! | トップページ | 休み時間 »