« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年5月

2018/05/30

そのシルエット、フォルムはどこから

計算され尽くしての、そのシルエットなのか?

それとも、必然からのシルエットなのか?
その想像の先にある答えをなかなか出してくれないのが、コイツである。
Dscf2125_1
Image1ssss
Img_6805ddddddddd
Dscf2154
メーカーの中では、ベースとなるマシンだからこその興味がある。
その先に嗜好性の高いモデルもいっぱいある。
だからこそのベースモデル。
Image2ssss
色々な角度から、デザイナーが考えたことなのか、
それとも、設計者が必然と戦って、その上で出きあがったフォルムなのか?
ホンダのカブは、それこそ必然からのデザインの極みでもあると思う。
それがデザインの一分野をつくりあげた。
カワサキのGPX750Rなんて、見事にエンジニアの設計思想をデザイナーも含めて
具現化した『必然』であることがわかる。
でも、ほんとこのハーレーという乗り物は、
いったいどちらなのか、未知の部分、側面がいっぱいある。
なぜ、こう造ったんだろー??的なとこも、オイル交換をするだけでも出てくる。
アメリカのモノづくり・・・と言ってしまっても違うと思うし、
こういうバイクを造っているいる国でもあれば、F22ラプターや、F35ライトニングもつくってる。
同じではないと思うからこそ、世界観の置き方に面白味を味わえる。
それでも、一つのメーカーの中では、基準となるモデル。
K_7d1842ddddddddddd
クラシカルな佇まいでありながら、中身は30年前のGPX750Rとは比較にならないほど、
EFIだの、進化している。
そこが面白い。
それでも、オイル窓がなかったり、金属で覆っていたり、
それはコダワリでもあるのだろうと・・・。
でも、ふと、必要とされる機能を持ったパーツを組み合わせてみたら・・・・
このカタチになってるんじゃないかと思うとこもある。
すると、それは必然でもある。
その昔、リトラクタブルなるライトがあったが、それは当時、必然でもあったが、
技術の進化により、必然が消え失せ、必要性もなくなった。
個人的には、その特別感が好きでもあったのでBA5のプレリュード、乗ってたわけだけど、
合理的でもないからこそ消滅。残って欲しいスタイルではあった。
こういうシルエットから想像するモノの生まれ方、想像するだけでもモノに対する
愛敬の念が生まれてくる。
それまでの僕ならば、絶対選ばなかったバイク。
でも、出会ってしまってから、ポテンシャルに驚くことがいっぱいで、
子供との時間を演出もしてくれて、思い出につくりかえてくれちゃう。
P1120737
なんてったって、子供のほうが、ハーレー好きである。
P5193925_1
まだまだ興味は尽きない・・・。

|

2018/05/28

根本的な疑問と・・・みて見ぬフリ

シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になったふたり





という映画、何年か前に味わい、


当時、番組でも話したことだった。




それが今でも、頭の中をよぎる・・・瞬間が増えている。
自動車税を払うべき5月、それを何回も思い出すし、
それでも当然、答えなどには到達できないことではあるのだけど・・・。




そもそも、成長なんて言葉は、悪いことには使われないという感覚。しかし、




その成長は、何かの犠牲によってもたらされていると考えた場合は、


見方が変わってこないだろうか?


Img_6691


経済においての成長って言葉は、一種の鎮痛剤のようなもので、


なにかを見えなくしてしまっているんじゃないかと。




もし、そこに乗っかる・・・というか、日本にいる僕らは乗っかているわけだけど、


ならばもっと、基本的な部分で感謝や尊敬が、インフラに対してなされるべきではないかと。


そう思うことが多々ある。




日常の中で見て見ぬふり・・・ではなく、


考えて考えぬふりをして成長続けることを前向きに考えるようにしている部分はないか。




自動車税を払う時期になると言われる言葉、出てくる文章として、


『物は大切に』と教わった。資源を大切にしている事にもつながる。


しかしながら、日本では、それが悪とされて、


自動車税が上がってしまう車が個体として存在していること。


矛盾・・・だけで考えれば、こんなケースも、感じている方がいらっしゃるんだなと。

それは、この前、ラジオの企画として番組で放送されていたこと、
とある住宅メーカーの人が、一般リスナーかの方からの質問に答える形で、
『なぜ住宅の余り現象が発生してきていると言うのに、新しい住宅を作っているのか?』
という問題に関して、結局は明確な答えを出せずにいた番組があり、住宅メーカーの方も仕事だから作っているのだ…と言うような着地点にしか到達しなかったようであった。
まあ、そこは、僕からすれば、住宅はステイタスでもあり、目標にしてきた場合、それが『新しい家』という価値観の誕生にも繋がっているということ。いいと思うわけだが、
一方で、以前、このブログで東急田園都市線沿線の『地域という概念の消費』について書いたこともあるけど、武蔵小杉なんかでは、同じ現象がスタートしていると感じることもしばしば。
どう考えたって、30年後のビジョンは、今語られていない。
10年後ですら、語られていない。
今は幼稚園が足りなくて、小学校が足りなくて・・・
しかし、地域が受容する人口は限られていて、
同じ地域に同じ年代の人、世帯ばかりが住んだ場合、
あきらかに、何年後か、この足りなかった幼稚園は園児不足になり、立ち行かなくなる。
小学校だって同じだろう。
東急田園都市線沿線の開発で経験してきたこと。


明らかに存在している矛盾。
その存在ががあるわけで、それでも甘んじて受け入れる共通認識がある。


矛盾があることは重々わかっている。

色々な矛盾があるわけだけれど、それこそ、当たり前だと思わずに、


ちゃんと認識することで、日常の有難みを享受することを忘れたくはないもの。




P_20180524_130852

|

2018/05/26

はま寿司とペッパーくん

先日、Nack5、レディオファントムの新聞ななめ読みのコーナーでもピックアップしたけれど、
回転寿司業界のシェア争奪戦、その中ではま寿司が、対策として織り込んだ人員削減の切り札、AIロボットペッパーくんによる受付。

これが評判が良いと言う現場の声を紹介したが、

一方で、現実問題として我が家がよく通うはま寿しにおいては、

レジ前での悲鳴やら泣き声やら、そういったものを頻繁に味わうことになっている。

何を隠そう、子供たちが怖がる大きさと動きのペッパーくんなのである。

うちの子供2人も2歳と4歳にとっては、ペッパーくんが恐怖の対象になるようで、最近ははま寿しの入り口で入店を躊躇する。
躊躇どころではなく、イヤイヤ〜の叫びが始まるほどだ。

食事中でも、ペッパーくん君の声が聞こえると、おびえ始める状況である(笑)

それは我が家だけではなく、他のお家族でも似たような光景を散々目にしている。

確かに、僕も4歳位の子供であるならば、あのペッパーくんにはちょっと興味はありつつも怖いのかもしれない。

それにより、我が家でははま寿司で安心して食事をするということができなくなってしまった。

はま寿司好きな僕としては、なにか改善策を期待するばかり。(笑)

まあ、我が家でペッパー君を、怖くない対象と教育すべきだが、そこまでの労力はなく…。

どうしたものか…。

|

2018/05/23

いい病院との遭遇

2010年に引っ越してからというもの、

なかなかいい病院には出会っていなかった。
町田の時は伊藤クリニックなど、かかりつけ医がお決まりで存在していたし、
伊藤先生なんかは、フリスクを処方?してくれちゃったり、
ユーモアまであった。
しかし、川崎に引っ越してきてから、安心して通える・・・
つまりは、体を安心して毎回・・・任せられるお医者さんには出会っていなかった。
昨年夏の急性副鼻腔炎のときでも、何時間も待って、
それで5分ほどの診察とか、
病院に行って、何時間も待って、余計に疲れて体力消耗して、悪化して・・・なんてことの
繰り返しが多かった。
たらいまわしってのもあったし。
まあ、今回、日曜日から体調急変。
高熱がでて、家族にはうつしたくないので、
一人でソファーで寝るようにして・・・
なんてしつつ、市販薬で乗り切れるかと思いきや、
どんどん悪化。
もうこれは、病院レベルだと判断して、
グーグル検索で病院をチョイスしてみよう!となった。
今回の感想、使えるじゃん!グーグル検索!!
近場で検索してみると、
5つ星の病院があるじゃないか!
評判がめっちゃいい。
もう、『なんなんだ!この評価は!!!』ってな興味もあり、
行ってみることに。
夕方である。午後の診察スタートがゆっくりめ。
病院の扉をあけると、長椅子には8名以上の方が並んでおられる。
これ、いつもの調子なら、一時間以上待たされるパターンだぞ!と思っていたら、
初診なので、問診表を記入して、提出すると、すぐさま検尿からと。
ものの何分か、検尿して、トイレを出たら、もう3人しかいない。
そして5分と待たないうちに、名前が呼ばれた。
先生の診察を受けて、インフルエンザのチェックもして、血圧チェックなどなど・・・。
まー、これらがテキパキと、完全にナース、それぞれみなさんとの連携分業体制。
チェックが終わったら、ナースさんに『7分ほどお待ちください、お名前呼ばれますから』
と言われ、待合室へ。
ちょうど7分くらいで名前を呼ばれ、先生のいらっしゃる診察室。
自分の体の現状を、先生が丁寧に説明してくださり、
それに対する対策も説明。
分かりやすくて、とにかく早かった。
8年越しでみつけたかかりつけ医。
ファンになった。いいじゃん、この病院。
疲れない、安心できる、分かりやすい。何より早くて的確。
今度からはここだな。
そして薬局へ。
Img_6648
へぇー、今って、スイカで支払いできちゃうんだ!
かなり驚いた。
なんか、いい病院に出会えたことでもスッキリ出来てしまった。

|

2018/05/08

ルールの必要ない…。

連休明け、その最初の夜・・・。
外は雨模様だけど、人の心も雨模様なんだろうか?

野田氏セクハラルール策定へ

P1120482_6
最近は仕事から帰ってきて、子供の寝る時間に合わせて、一回寝て、それから起きてのこの時間、やっとデスクに向き合う時間になる。(笑)

さてさて、

人間が社会を形成する上で、良い方向に向かっていくためには、罰則があることよりもむしろ教育の方が、あらためて重要だと感じるこの頃。

近頃感じていたと言うわけではないが、なぜ近頃と言う言葉を使うかと言うと、近頃、
とみに罰則の強化など、底辺に合わせた主張なり
制度が目立ってきているからに他ならない。

P1120473_2



つまりは底辺に迎合することで社会全体の引き上げと言うよりも、
むしろ〇〇しなければいいや…
と言う概念を作り出してしまう危険性はないだろうか。

屁理屈を並べなければ、そこに合致しない限りは
無罪放免などと言うようなことを考えだす輩もいるわけである。

こういった罰則を受けるようなケースというものを底辺と考えた場合、その底辺ばかりに目が向いていってしまい、その底辺が基準となることを危惧するばかりである。

本来は、罰則に抵触するであろう底辺というのは、
ごく稀なケースの存在として認識されるべきであって、
社会全体がそこに合わせてしまう制度化してしまうということが、
なんとも情けなく思う次第。

『常識』と言う言葉がある。
しかし『何が常識か』ということを、いちいち議論しようとする傾向もある。
情けないばかりじゃないか。
常識を屁理屈に使う輩もいる。
これまでは『常識=一般的な概念、良識』として考えられていたわけだが、
その常識すらも制度化、数値化することによって、
常識ではなくルールにしようと言う動き。これを危惧する。

幼稚園の子供に、『〇〇をしたらダメだからちゃんとしましょう。』
『〇〇をしたら× ×になってしまうからやめましょう。』
といったようなことを教えている教え方・・・かのように思ってしまう。

本来であるならば、良い方向を目指して教育と言うものや社会があるべき。
ルールだらけの幼稚園は、それこそ敬遠してしまわないだろうか?

そんなところを、ルールによって、その常識を定めてしまうということが、
なんとも底辺に迎合すると言う事えとつながっているんではないかと思うわけ。

交換条件で餌を与えられているような子供たち、
『〇〇したらこれができます』
『〇〇さえしなければ、普通でいられます。』
…と言うようなマイナス側面さえクリアすればそ、
れが常識であるかのような錯覚に陥ってしまうのではないか。

難しい例えではあるが、上昇志向によって新技術の開発などをせず、
クレームが出ないようにするために機能をシンプル化して、
しかもそこでリコールしないようにものづくりをしているような、
守りに入っている自動車メーカーがあるだろうか?

心の上昇志向ではなく、あくまで、心や精神の問題であるにせよ、
クレームが出ないようにリコールが出ないようにして、
何かとルールの策定により、難しい判断から逃れる。
もしかすると責任者の責任逃れなんではないか…
はたまたそれは人間個人の責任逃れにもなるのではないだろうか。

心の上昇志向ではなしに、〇〇さえしなければという常識につながっていってしまうと、
それこそとても寂しい人間社会なんじゃないかな。

まずは、我が家の中から、ルールを設けないでいいような家族にすること。

今、いくつかルールがある。

でも、罰則ではない。あくまでそっち側ではない。

それが定着すれば、良い方向に向かうように、
ルールは撤廃する。

そういうところから、小さな反抗をしてみる。

| | コメント (4)

2018/05/06

かしわ餅と青い鳥

おはよ。

朝からテーブルには柏餅が置いてある。
僕が小学校入るか入らないかくらいの時、
祖父が会いに来てくれるときは、
かならずや、追分団子と柏餅を、東横のれん街で買って、
そしてお土産にしてきてくれていた。
1120007
こどもの日は、スーパーでも柏餅をみれば、
そんな記憶を昨日のことのように思い出す。
青い鳥を見つける旅をしなさい。
これが祖父の遺言だった。
メーテルリンクの青い鳥を読んでくれたのも、
祖父だった。
冒険が憧れで、それこそ祖父とは、南米のアイガーという山を登る計画を立てていた。
あの頃、ヨットで外国に行く!なんて、冒険の一環として言ってたけど、
それは叶えた。
仲間の力で叶えられた。
アイガーはまだ登っていないが、
青い鳥は捕まえることをしているかっていうと、これは難しい。
なんだか、柏餅をみて、青い鳥をまた読みたくなった。
おもわず、大型本の絵本をポチッと。
読み聞かせしよう。

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »