« 個人の中のインフラ | トップページ | カライモノ・・・イタイモノ・・・美味なり »

2018/02/11

香り・・・ガッツリからさわやかまで

先日は番組で『香り』、そのものをテーマにして

長谷川香料の研究所まで訪れさせて頂いたが、
香料が作り出す世界観とは違う、リアルな記憶に遭遇する一日だった。
けっこう今週は香りにまつわる出来事が多かったかも。
そうそう、最近好きな香りがあって、
車用ファブリーズのウッディブリーズ。
たまたま乗ったタクシーが懐かしい匂いがして、
思わず運転手さんに、香りの種類を聞いてしまった。
そしたら、これだった。
Photo
これが1997年ごろに、イギリスで感じた香り、匂いと一緒・・・な感じで。
思い出すのです。
その頃はヴァクスホールなんかに乗っていたりした。
そのヴァクスホールの車、うん、この香りだった。
この香りに再会できたことが嬉しくて、もし、何かで・・・かるーいプレゼントならば、
これは好みこそあれ、キライな人は少ないのではないかと。
封筒で送ることも可能だし。(笑)
ついに入手できた。
さて、香りといえば、たまらなく美味な香りとも遭遇している。
たった二日という過去最高に速いペースで消費してしまった大量のキムチ。
明日の番組でも特集するので、土曜日に入手して保存する手はず。
これは車ではなく、バイクで。
車内に美味なる香りがこもる心配もなし。(笑)
Photo_2
デグナーのサイドバッグを装備したから、ちゃーんと運べたし。
Photo_3
キムチグランプリ№1の事だけはある!!
そしてデグナーのサイドバッグの安定性にも脱帽。
GPX750Rだったら、タンクバッグでジャンがこぼれていたかも知れない。(笑)
もう、定番化するこの二つ。仕事にも活躍してくれそうだ。
さ、今宵も今週頑張ってくれた靴たちの面倒をみてやろう。
ま、これも楽しみでもある。
革底の靴は、臭くならないしね。(笑)

|

« 個人の中のインフラ | トップページ | カライモノ・・・イタイモノ・・・美味なり »