« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017/10/28

写真とラジオ

土曜日の朝、

実は我ながら好きな番組がある。
それがRadioBerryの『チャレンジング那須塩原』
ラジオがラジオとして、その特性に則って、
効果的な演出、構成がなされている。
自分で聴いていても、興味を持って聴ける番組。
写真のように、眺めていたくなる・・・聴いていたくなる番組。
ラジオでデータを伝えるって、すごく向いてない。
やはり、データは聴覚ではなく、
視覚に訴えるべき優位性があって、
テレビや書籍、グラフに任せておけばよい。
そこへ行くと、ラジオは写真に似ている。
写真もデータではなく、心に訴えかけるもの。
ラジオも写真的な構成があれば、それだけで、訴えが届きやすい。
つまり、誰か、人の内面だったり、心意気、そんなものが音を通して
音だけによって伝わることの方が、そして聴き手によって反芻されることの方が
ラジオならでは・・・だと思っている。
そこを考えると、キニナルは、同じように取材していても、
もったいないことがいっぱいある。
写真的でなく、テレビ的なところが多いから。
これは指摘されることでもある。
さ、土曜日の朝8時25分。
リスモウェーブで76.4に。
もうすぐ始まる。

|

2017/10/26

そして今宵は

そして今宵は大宮宿泊。
宿泊と言っても、朝前には一旦ホテルを出てしまう。

薬を飲むために食事をせねば…。

昨夜のラーメンが痛かったので、今宵は汁物でなくカレーを。

CoCo壱である。

見事裏切られた。

ラーメンより口の中が痛い。激痛。

CoCo壱で今宵涙ながらにカレーを食べてるのは、僕ぐらいだろうか…。



薬も飲み終え、いざホテルへ。

部屋にはデロンギのオイルヒーターが。

そしてチェックインした時から空調オフに。

これはありがたい。







そしていつものように加湿器も。




こんな心配りは涙もの。

ほんと感謝。

さあ、明日の早朝のために寝なきゃならん。

まずは、口の中、痛みが消えるようであればいいなと。

次に脚かな。

|

宇都宮の時間



宇都宮での時間が、やはりなんか変わった。

番組終わって、一力でラーメン食べて、部屋で病と闘う。

手足口病は、この痛み、娘をちゃんと看病した証だと誇ってみたい気も。



イケナイのはわかってるけれど、さらに眠るためには…。



おかげで、朝まで熟睡。

目覚めて、外を眺めても、遭遇する事はない。

やはり、なんか変わった。

体に流し込む琥珀色の液体が、今宵透明な日本酒であったと。

治さなきゃイケナイという脅迫観念に迫られながら、心地よく、睡魔と闘い負ける。(笑)

|

2017/10/10

帝国海軍戦艦大和ノ最期

ヒストリーチャンネル、帝国海軍戦艦大和ノ最期と言う番組を味わっていた。

非常によくできた番組で、戦艦ヤマトの生存者270名のうちの八杉康雄さんが大和の想いと、現実を語ってくださっている。

その上で戦争で滅んでいく日本を、何とか自分たちの手で守ろうとした戦艦大和だったのだと。

彼らが守ろうとした日本と言う国。そこで今、のうのうと、平和に生きている自分たち。我儘になり過ぎた今の僕等かも知れないと感じた。

果たして…ただ大和の乗組員の戦死者だけを八杉さんの言葉から紐解いて、そこだけを見たとしても、彼らが命をかけて、理想としたとした、そして守ろうとした日本の幸せや価値観、

自分たちはちゃんと存分に享受し、味わい、継承していっているのだろうか…。

あまりにも価値観が過去を振り返ることをせず、前だけを見すぎているんではないかなと。

僕が不平不満に思うような事は、とても小さなことで、戦艦大和だけではなく、
その第二次世界大戦において日本を守ろうとし、そしてそこに住み、生きる人たちを守ろうとして命を落としていった方々、そこに堂々と、今の日本を守っています!と言える自分だろうか…。

それは戦争を肯定するということではなく、命をかけて守らうとした、その上に僕等がいるんだと言う事。それを忘れてはいけないなと改めて感じさせてくれる番組であった。

それは、言葉を信じられるかどうか…なんて、生易しいもので議論したりするのではなく、

いま、命をかけた行動の上でのこと。
ちゃんと出来ているかなと。

選挙ももうすぐ…。
エンタメとしての選挙投票てまはなく、日本を支える一票として、権利を行使したいと思った。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »