« 手足口病で…。 | トップページ | デスクトップ、心機一転 »

2017/08/21

成田空港に想いを…

この世の中は、ある日突然、昨日や今日にして、当たり前のように出来上がったものではない。

それは当然皆が納得するところ。

でも過去の歴史を振り返ることによって、今どれだけ恩恵を受けているのか…ということを再確認することも大切なわけで。

例えば成田空港。

それまでの空港としての生い立ち、歴史、なんとなくは理解しているような感覚でいたが、それは教科書の中の歴史であり、今の自分とは乖離している時空間での出来事かのようだった。

それが、先日、番組の中で読み上げたニュースから、それをきっかけに、興味を持ち、広がり、今と繋がった。

今でさえも、苦しんでいる人が居ること。

そもそもは、アメリカの貨物機が、離陸に距離がかさみ、滑走路の先端手前で離陸したというニュース…が、1か月の調査の後、重大インシデントと言う扱いに国交省でなった…と言うニュース。

このニュースの中で、滑走路先端の構造物を囲うフェンスに被害が出た…と。

もう、僕の頭の中では、疑問点爆発。

滑走路の先端のフェンスで囲う構造物、そんなものが、滑走路の先端にわざわざ??ってことは、空港施設じゃないじゃん!!と。

そこからグーグルアースで探す。

なんなんだ!これは!!

まずはて身近な情報を。
その後、文献を。

すぐ本屋さんへ注文。







いや、この夏だって、利用者は何万人といる。

だけど、成田の生い立ちや『今』について一瞬でも考えて利用した人はほとんど居ないだろう。

今までの僕だって。




正しい、間違い…と言う判断ではなく、なにがあったか、その上でどうなって、今があるのか。

今度、成田に出向こうと。

少なくとも、今後成田空港を利用する時は、違った想いと共に、出発することになるだろう。


|

« 手足口病で…。 | トップページ | デスクトップ、心機一転 »