« 毎週の最終宿泊 | トップページ | 手足口病で…。 »

2017/07/23

痛感…。

どこかで、『これがいい』でなく、
『これでいいや』になってる場合があったりする。

そういう現場があること、すごく悔しくも思う。

サラリーマンであったり、ルーティンワークの中で、『無難だから』と。

『攻める』ことが、それでこそ自ら楽しさやワクワクすることになって、

ないしは、なんかの意義があったり。

その先で、聴いている方々にワクワクして頂けることに連結していることを、もう見向きもしなくなっちゃって…。

無難であるために、『これでいい』が存在しちゃうこと。

そういう現場で登場する打算的発言は情けない。

番組を育てようとする、スポンサーがいてくれる。ありがたい。
それが、どれだけ大切なことなのか。

会議の中で痛感する。

一方、現場がもし、打算的な発言を押し通すならば、お金を集めてきてからにして欲しい。その感覚も現場は忘れちゃいけない。

両方が考えて欲しい。

例えば、その番組が、どんな経緯で誕生したのかを。
その時のパッションがどんなものだったか。

スポンサーだって、気軽にポンとお金を出してるわけじゃない。

そこを代理店が頑張って、局や番組に繋げているのだから。

その間で仕事ができている少ないポジションに居るからこそ、わかることもある。

|

« 毎週の最終宿泊 | トップページ | 手足口病で…。 »