« 移動の愉しみ | トップページ | もやし番組 »

2017/01/15

ネガティブな文字

あえて『ネガティブな言葉』ではなく、『ネガティブな文字』と。





次期大統領もそうだが、
ネガティブな文字で、どれだけ人を不愉快にさせられることか…。

時には悲しませることだって出来てしまう。

しかも、それを発した本人は、笑いの気持ちで使っている。

どんだけ稚拙なのか。
人の気持ちになることが出来ないのか。




辛辣なことだっていうことあるけど、
それは、軽い気持ちからじゃない。

あまりに軽い気持ちで、
誰かを傷つける可能性のある言葉を生むことができる人ってのは、

それこそ日常生活でデリカシーのない奴、なのか、
そうでないのか?

穏やかな人が運転すると『変わる』人がいるけど、
そういうケースなのか?




そこ、僕にはわからないが、

大学時代に言葉の研究に取り組んだ僕からすれば、

言葉の使い方が1990年代に比べて稚拙になっているのかもしれない。

僕自身もそうかもしれないし。


朝から、そんな文字列を目にして、不愉快になっていた今日。

まあ、文字を書いた本人は、冗談の感覚なのだろうが、
それを冗談で気軽に書けることこそが、問題だ。





|

« 移動の愉しみ | トップページ | もやし番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 移動の愉しみ | トップページ | もやし番組 »