« WUM ウォーミングアップミュージック | トップページ | 果たせていない約束 »

2016/09/28

嫌いな類の『迎合』とは

嫌いな類の『迎合』とは
今朝の宇都宮への移動、味わっているのは、この一冊。

大塚将司氏の『新聞の時代錯誤』2007年の本だけれども、この、まさに今年の10月前に出会えて良かったと心底思う。

僕が嫌いな類の『迎合』を、見事に言葉に紡いでいてくれる。

自分でも、どんな迎合が嫌いなのか、分析できる。

ラジオにも同じ事が言えて、時々、同じ番組の並びの、他の特定の曜日への文句を言われることがあるが、

まさに、大塚将司氏が言うところの『あってはならないスタンス』が、話の根底にあるからだろうと、分析できてしまった。
まあ、分析などと、大それたことではなく、書かれていたことに、気付かされただけなのだが…。

あ、でも、僕、新聞は好きだけどね。

新聞は善でなければならない…とは思っていないから。

|

« WUM ウォーミングアップミュージック | トップページ | 果たせていない約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫌いな類の『迎合』とは:

« WUM ウォーミングアップミュージック | トップページ | 果たせていない約束 »