« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015/06/29

首都圏で、嬉しいじゃーないか。。。

Image
火曜日の夜11時30分からの枠、
単独1位。
30分という枠の番組でありながら、
ちゃんと認識されて、狙って聴いてくださって、
気に入られているという結果、
嬉しいばかりです。

でも、Twitterでも時々つぶやいていますが、
この番組、自分自身がリスナーとして贔屓目なしで聴いていても、
聴きやすい。時間が過ごしやすい番組にと成長してきている。
スタート時から、そのことは味わえていましたが、
最近は特に顕著だったかもしれません。

そして、この15番組中、僕が関わらせて頂いてる番組が5番組というのも、
実は個人的にかなり嬉しいこと。

ただ、この結果は、認識されている、知られている。。。という結果であって、
僕の考える『愛されている』という尺度は、反映されていない結果でもあります。

まあ、そもそも、そういうデータが存在していないわけですが、
火曜日の日付が変わる前、この番組を聴いてくださっている方が多いということ、
そして、番組を認識して、味わって聴いてくださっている方が多いことに、
有り難みを感じている次第です。

でも、世の中には、生きている時間の、人生の何かのきっかけになるラジオ番組だって、
いっぱいあります。

そういう番組をちゃんと育てて行きたいという想い、あるのです。

決してコミュニティーが形成されるような番組じゃなく、
だれでも、突如として聴いて楽しめる番組が好きです。

コミュニティーが出来上がってしまっている番組って、
なんだか、味わいが浅くも感じるのです。

仲間内だけしかわからないような進行だったり、ネタばかりだったり。でも、
それは愛情は深く持たれているのかも知れませんが、
バカップルのような番組って言うのかな。。。

だからと言って愛される中身を拒絶するのではなく、
決して何かを紹介する番組になるのではなく、
新たな発見のある番組。

そういうプログラム、コンテンツになっていること。
願うばかり。

今回の結果を踏まえて、次のStep by Stepを目指したいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/25

最近、手に入り辛いアイテム

Image_6

最近困っていた事があった。

それは、僕の喉の必需品であるホールズのハイパーミント、
これを売っているコンビニが少なくなっているという事実。

僕は普通に「ホールズのブラック」と呼んでいるのだが、
セブンイレブンなどでは、夏場に向けては取り扱いを減らしているのだろうか?

実は、僕は1年の中で、この時期こそ風邪をひきやすい。
電車で2時間以上の移動が多い僕にとっては、
電車の冷房が寒すぎるため。

働いている乗務員さんの基準の温度設定だと思われるんだよなぁ。
同じように長く乗られる方は、大抵は「寒過ぎる」発言が聞かれるから。

まあ、そんな時期の、特に必要な相棒がホールズのブラックというわけ。

今回、ローソンで見つけた時には、ほんと嬉しかった。
昨夜は、ホテルでホールズを眺めつつ、歴史も調べてしまっていた。

日本での販売は、輸入、そして販売元、いろいろ変遷を経ているのかぁ。

でも、ローソンでも、ラストの2本だったのだが。

また入荷してくれている事を切に望むばかり。

そして、この文章を書きながら、長かった宇都宮からの、今日の電車移動も終わろうとしている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま、箱根へと。

Image_2
先日、文化放送キニナルの取材で箱根を訪れた。

箱根に行けば、必ずと言う程、立ち寄るのが、
釜飯のかま家さん。

ここで、釜飯が炊き上がるまでの時間、ここの温泉に入らせて頂きながら待つ。。。

これが贅沢な時間でもある。

ご主人の言葉では
『5月6日以降、箱根は壊滅的だよ、お客さん、ぜんぜんだよ、さっぱりだよ』と。

箱根湯本駅前もすいていた。確かに空いていた。

でも、箱根を訪れていた方々にインタヴューすると、
みんながみんな、箱根ファン。『すいていて、いま、まさに箱根日和ですよ』
とか、

『こんなに箱根が効率よく廻れるチャンスはないくらいです』

そんな答えが返ってきた。

そりゃ、何をもって『安全です』と断言できるかは判らないけれども、

箱根が好きならば、そんな箱根を助ける気持ちからでも、
今訪れる価値、見つけられることと思う。

Image_3

僕ら取材チームは、アルファロメオのカーインプレッションも兼ねて訪れたわけですが、一回も、箱根に入ってからも渋滞に遭遇することがなかった。


Image_4

日帰りでもいい。

でも、宿泊も安いプランなんかも用意されている今、
そんな箱根を訪れてみてはいかがだろうか。

残念ながら、僕が好きだった大和屋旅館は無くなってしまったが、
またお気に入りの宿を見つける『箱根日和』を味わいたいとも思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/24

『自由』に貢献すること

日本は自由の国であるはず。

自由に発言も許される。
自由な発言も許される。

しかしながら、最近は政治の世界の話において、
相手の政治における発言に対して、
人格攻撃で反対する輩がなんと多いことかと。。。
そこを危惧する僕がいる。

政治家だから、非難されることがあって当然かも知れないけれど、
非難されるべき『点』が違っている昨今と。

例えば、Facebookなんかにおいても、
ニュースの感想、そこに対する持論が
『人格否定ありき』で一言で結論付けてしまう傾向の人が、ほんと多いと感じられる。

政治家に対して、有権者としての感情はあって良いですよ。
だけれど、感情がなぜ生まれるかも考えずに、
ニュースの見出しにのみ反応して、浅はかな感情のみを『結論』としてしまう稚拙さ。

そこにたどり着く貴方なりの思考の結論を推し量ることもできない。

これって、実はすごい危険なことなのではないかなと。

しかも、生まれている感情の根拠が、
ニュースの本文からではなく、見出しからのみだったりしちゃってる。

ただ、印象的に『反対』なのか
でも、そもそも、今生活できているのは、どういうことなのか、
そこの状況を見ずして、人格否定ばかりじゃ、議論にならない。

自分自身が、幼稚園や小学生で教わったことを忘れて、
それすらできていなくて、相手を否定ばかりじゃ、僕は頷けない。

思想が違っている存在があることを認めることも、
自由に貢献する一つの作業であることを忘れちゃいけないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エゴ商売の成立する国

先日のキニナル台湾取材で感じたことの、幾つかの大きなことのうちの一つ、
やはり、日本て効率的なようで、すごいエゴがあって、
非効率を食い物にして金儲けをしているケースってのがいっぱいあるんだなって。

エゴからの無駄が沢山で、

『これからジムだから、ジムに行く前に腹ごしらえして行こう!』

なんてダイエット目的でジムに通う人の言葉に象徴されるような無駄がいっぱいなんだと感じた。

燃費悪い体を、誰かの商売のために作らされちゃっているのかもと。

台湾に、大盛りって概念が基本的になかったこと、
それでいいんじゃないかと。すごく感じた。

無駄に無駄を重ねて、それを商いにしちゃう、
儲ける側のだけのエゴが存在しているんじゃなかろうかと。

食文化だけではなく、そこに象徴されるような、エゴからの無駄がいっぱいある。

そんな眼を持って、世の中見回してみると、
日本てのが、エゴがまかり通ってしまう環境を、僕らが作り出しているのかもしれないと、
責任を感じる次第なのでした。

慣れてしまった価値観というのは、怖さもあるものだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/15

突っ走る

Shinzendr0003

『文化放送 キニナル』、

『Nack5 Mino Step by Step』、

『Radio Berry JOIN-T 水曜日』、

『Radio Berry JOIN-T 木曜日』、

『Radio Berry チャレンジング那須塩原』、

『Nack5 POW、他番組入り中継』

『Nack5 POWER OF WOMAN 女性応援課』、

一週間にこれだけのレギュラー番組を担当させて頂いている。

これは、僕自身は、楽しくて嬉しいのだけれど、

実は、普通ならばスケジュール的に一週間をオーバーしてしまう。

そしてこの内、3つの番組が、僕自身が取材する、『取材モノ』

取材モノは、新たな発見があったり、経験が出来たり、

何よりプロフェッショナルの話が伺えたり、楽しいのだが、

それだけで1日が消えてゆく。

つまり、3番組が取材モノだと、オンエア以外に、

優に、3日はスケジュールがとられ、

その上で、スタジオ収録パートやら、スタジオ生が入ってくる計算。

もう完全に、一週間じゃ足りないと・・・。(笑)

よくスケジュールを成立させてるなぁーと、自分でも驚く。

時々『休みの日は?』なんてことを聞かれたりもするのだけど、

ほんとこの何年間という時間、

「休みの日」というものとは無縁かもしれない。

『休みの時間』、というならば、一日の内に自分で見つけて、

時間を縫って、その時間好きなことに動いているのだけど・・・。

これ以外に、映画の試写に足を運ばなきゃならなかったりも。

それも、すっごく幸せなことなんだけど、

この現状が維持できているのには、各番組に優秀なディレクターなり、

作家さんが存在していてくれているから。

Shinzendr0002

それぞれの番組ディレクターが、他の番組に気を遣ってくれている。

だから、このスケジュールが成立しているし、本当に

ありがたいばかり。

ただ、家族には申し訳なく思うこともいっぱいある。

この前「いついるの?」「いつ会えるの」なんてことを、ふと、言われてしまった。

確かに・・・

なかなか通常の時間に会えることがない・・・。(笑)

でも、こうして色んなテイストの番組をさせていただけるってのは、

本当に嬉しい。

今日は、「あなたの話が聴きたくて、他局から、ここに、着ました!」

ってな、メールをラジオを味わってくださっている方から頂いた。

僕より年上の方で、朝の3時間生放送を聴いて、思い立ってくださったと。

今日の番組をご満足頂けたかはわからないけれど、

人生におけるリスクは在るのだと思う。

でも、とにかく突っ走ろうと。

あらためて、そう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »