« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/27

徹する…センス

徹する…センス
こちら、RadioBerryの『RBZ』。
来週はスペシャルウィークなんだよね。
プレゼント、豪華なわけだ。
御愛聴感謝ウィークだからね。

番組が終わって、佐藤プロデューサーと番組の話を。

自分をひけらかすための話、番組でしちゃう人が増えたと…。

それはFacebookでやれちゃうことなんだから、番組は、プロ意識でやらんと。と。
そんな話。
まさしく。

徹することをしなくちゃいけない。
何に徹するかが、それが喋り手のセンスだと。

まさしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名古屋だから

名古屋だから
愛知県は名古屋に、三菱航空機の国産ジェット旅客機、MRJの取材に、日帰り運転で行った取材終わり、
名古屋ならではの喫茶店に寄り、休憩した。このあと、東京まで一気にだったからね。

名古屋の喫茶店、やはり『通う』理由がちゃんと見つけられた。

訪れたのは、もう夕食時だったから、直前までの、いっぱいのお客様が帰られた時、入れ替え的にだった。

情報からの知識による分析でなく、体験、体感すること、大事です。

テーマの本質がどこにあるのか、しっかり感じなきゃ、垂れ流しになっちゃう番組になります。

それを可能な限り排除している、『キニナル』という番組です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/26

写真機があれば

写真機があれば
写真機、カメラがあると、通り過ぎてしまう景色をしっかり通り過ぎさせないで済むことがある。
感覚や、心に刻める

写真機があったから…バッグの中にカメラがあるから、眼で見ている何かを意識をしていられることもある。

それが、僕にとって大切な写真に向かう意識なんだと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なければ…。

なければ…。
この電線がなければ…。電線さえなければ…。

それだけで、実に美しい地となり、特別な場所になるのに。

ただ、その『それだけ』が難しいものなんだよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/11/25

戦火の馬

戦火の馬
遅ればせながら、
時間が出来た今日は、じっくり読みたかった一冊を味わった。

電車の移動中などではなく、じっくり味わうべき…と感じた序章に目をやった時から、ちょっと時間が経ったけど、
やはり、じっくりと、絵をイメージしながら、読めた。

これて、映画を味わうのが余計に楽しみに。

多分、何年後かのクリスマスにも、もう一度、この映画を味わうことになるだろうと、映画を観る前から想像できる描写とストーリーが活字から存分に溢れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/10

何分ノ一か…。

何分ノ一か…。
取材して、体験し、体感し、心で聞いて、人を知って…。
それの何分ノ一かを、やっと放送で伝える。

これを、全部伝えようとすると、薄っぺらくなる。

ほんと、何分ノ一かになってしまう。
だから、声、テンション、気持ちに現すことも。

専門家を呼んでくりゃあいい…というのとは違う。専門家は、伝えるプロじゃないから。

自分の知識をひけらかすのではなく、興味を持って頂くこと。

その方法ならば、考え抜く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »