« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/30

牛乳管理

牛乳管理
これほどまでに、牛乳が厳密に管理されたものだとは。

朗らかな牧場のイメージのある牛乳ではあるが、
空気に触れると、味が落ちてしまう。
ゆえに、一切空気に触れさせない輸送、加工が実現されている。

本州での生乳生産量一位である那須塩原から、全国へむけて、15トンのローリーで、空気に触れることなく運ばれて行く。
このローリーは、横浜の工場へと行く。

すべては、風味を落とさない為に。

とにかく、空気に触れると、味のある液体は劣化するのだと。

期せずして、今週の文化放送の取材内容の証明かのようになった言葉だった。

牛乳も、ありがたく味わいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/27

ろうそくの灯りと

ろうそくの灯りと
ろうそくの灯りと、ウイスキーを味わうって、やっぱり贅沢な時間なんだね。

仕事のこれから。

反省をしつつ。

見切りをつけなきゃならないことも、ちゃんとあることを認識しなきゃいけない。

幸い、僕は現場の仲間に恵まれている。
尊敬できる仲間しかいない。

大切に、期待に応えながら、僕も期待して。その上で仕事を進める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/23

武蔵小杉と夕日

武蔵小杉と夕日
天気に泣かされている場所もある。
その一方で、天気に恵まれる祭もある。

取材を終えて帰路についているとき、
いつもの橋の上で、
夕日と武蔵小杉のオフィス、マンション群を眺めながら、渋滞。

奥の雲の中では雷が。

雲を動かすことは、人間には許されない自然への挑戦なのかねぇ。

挑戦ではなく、共存、なんだろうね。
天気があるから、生かされ、物語もあるわけだしね。

そんな夕日を見ながら、橋を10分以上かけて通過した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/14

番組仲間、ワンコインランチ

番組仲間、ワンコインランチ
ほんとさ、文化放送を始めとして、どこの局でも、僕は番組づくりの仲間に恵まれている。
今回、Nack5も朝の番組を経験させてもらえたが、すごい仲間だった。
生放送のスタイルでも、こんなにもやり方が違うのかと、新鮮でありつつ、すごいフォロー体制に感動。
そんな現場から、大宮出発で、帰省の渋滞に紛れ込みつつ、宇都宮で生放送。
さらに、Midnight Oasis、土曜日のグリーンFMを。
高橋ディレクターとアリスと共に仕上げ終わり、安楽亭にてワンコインランチ。
まあ、消費税分、10円玉4枚が痛いとこだけど、文化放送キニナルチームのスタイルに偶然なった。

体、痛いなぁ。渋滞運転は、通常の何倍も疲れるし、身体にも負担かかってんだなと、実感。

帰省渋滞を経験せざるを得ない皆様、どうか、身体いたわってあげて下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/11

汗から解放

汗から解放
『キニナル』の取材が終わって、内容やテーマについて話し合う時、やっと汗から解放される。

取材中は、話を伺うだけでも、かなり真剣に興奮しているからがゆえ、
汗が流れ落ちる。

取材先を出て、ディレクターと、構成作家さんとの3人になって、初めて汗からの解放。

汗から解放されつつ、またスタジオでは、その時の取材中の興奮を再現してお伝えしたいと。
どうしたら、また同じ汗をかけるかも、考える。

どうやら僕は、かなり新陳代謝が活発らしい。出来れば、サラサラな汗で有り続けたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終…小金井駅

最終…小金井駅
武蔵小杉からの最終で宇都宮へ向かう場合、小金井駅で乗り換え、東北本線、宇都宮行きを待つことになる。

その宇都宮行きを、暗い駅で待つ時間、けっこう、色々な事を考えられる時間でもある。

小金井駅での最終乗り換え、なんか好きなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/09

高知県特使

高知県特使
今まで、高知県での活動として、産業振興アドバイザーなどさせて頂いたりしたわけですが、先日からは、特使として、もっともっと頑張らないと…と、いきなり四万十ドラゴンライドの記者発表なども、すぐ、就任後に。
GARNEAUと共に行った。
囲み取材の時には、いつものロードバイクで走る事と、四万十を川沿いに走る違いについて。
四万十でわざわざ走るのですから、一言で『自転車=エコ』なんてことは言わず、贅沢なライドについて説明。
そもそも、僕の自転車の使い方は、エコなんかではないし。
スキーと一緒。わざわざ、乗りに行くスタイルなのですから。
でも、とっても自然を意識しながらライドするわけです。
すると、帰京してからの生活に違いが出る。そんなフィードバックのあるライドに四万十ドラゴンライドをしてみたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/07

見つめる時計

見つめる時計
小川産業の工場の壁にあった時計。
これ自体は、普通の時計であろう。

そんな普通の時計が、ここでは、歴史の一部分になって行く予感。

一日に出来る麦茶は、1トン強でしかない。

それをゆっくり見つめている時計である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統の作られる場所

伝統の作られる場所
160年以上、真剣な麦茶のために、
『変わらぬ』を守っている場所がある。
東京、葛飾、小川産業。
夏という、暑い日常の中で、僕らを支えてくれる麦茶。
日常に溶け込んでいるからこそ、『普通』を普通と思っている感覚。

小川産業は、その『普通』を究極の美味に昇華させる麦茶を作り続けている。

そのために、工場を変化させない努力が、この場所にはあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/05

松山空港にて

松山空港にて
昨日は、最終便で東京から高知龍馬空港へ。
そして今日は、愛媛県の松山空港から、最終便で東京へ。
雨に関する警報が頻繁に出る中、松山から四国を後にした。
高知、愛媛の知事や副知事と話すことができた。直接話せるというのは、嬉しかったなぁ。
僕のやっていること、やっていくことは、自分の生きる国のためになると、信念を持って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »