« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014/05/26

人は様々なもので

人と言うのは様々なもので、

同じ事象を目にしても、受け取り方は千差万別。
感想のメールを頂いても、ベースとなる思考は様々。
3時間かけて話したことが、
ほんの15分にまとまる。
その中で、映像コンテンツとして、
最善の着地点を作り出してくれていた作品、それを見たとしても、
そこから、自分の見ることの出来たコンテンツだけで人の時間を判断するのか、
それとも想像や事実を加味して判断して意識をするのか・・・。
たとえば、ただ一部分を切り取ったものだけで、
それが全てかのように受け取ってしまうのは、稚拙でもあるなとつくづく。
それにしても、テレビの反響と言うのはすごいんだなと感じる。
でも、ラジオ以上に、映像があるから故か、
簡単にイメージできて、その先・・・想像と言う作業をしない・・・
ラジオとは違う反作用があるのかもしれないんだなと思った。
想像してくださった方や、覚えていてくださった方もいたけれど、
たとえば、弟が自らの死を選択するしかなかった話や、
両親が結婚し、僕らが生まれた時から積み立ててくれていた
学資保険を、勝手に解約して現金化されて持って行ってしまった話。
もう一方の側に立っての見方、事実というのは
インタヴュー3時間の中で、話していても15分には入らなかった。
そう、それは、番組が最善の着地点を考えてのこと。
ディレクター氏の葛藤もわかった。ありがたかった。
納得した僕がいる。
その上での、僕の「軽蔑」と言う言葉は、
いかなる理由であっても、他人を死に追いやってはならないだろうと。
それは絶対。
しかも親子であればなおさらのこと。
それを軽蔑すると。
この「いかなる理由」すらも、稚拙ではあったのだが・・・。
あくまで、番組で描かれていた、
貧乏かのような生活を「軽蔑」ではないんだよね。
そして正しくは、貧乏ではなく、節約、倹約する家庭だったと。
そこは、僕は幸せと感じていた部分ですらある。楽しかった。
故に、そんなことで、軽蔑ではない。
節約生活が根底にあるから、今の仕事の中身につながっている部分も大きい。
テレビとラジオの違い、一部分が見えた感じでもある。
色々な事象を比較して伝える・・・
これからも、「キニナル」で実践していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/23

今日は、爆報tha フライデーだね。

今日は、爆報tha フライデーだね。
およそ1カ月前くらいから、今日の番組のこと、考えていたな〜。

さ、今からか。

文化放送の『キニナル』生放送後、番組の仲間の協力もあり、深夜までカメラに向かって話していたっけ。

その話が、どうなっているか、キニナルね〜。

ラジオとテレビの違い、それを味わってみたい僕である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/04

男の時計

男の時計
SEIKOの海外モデル。
赤文字盤。

写真は、Nack 5のスタジオにて。

2010年の記念に手に入れた時計。

なんやら、岡田眞善は、記念で時計を入手する傾向が。

まあ、すでに手元に『ある』モノだし、所有している、他の時計達にも『君らに満足してないからじゃないんだよ』と、説明しなきゃと思うのと、

自分の中でも、それ相応の理由付けをしないと、自分の財布の口が緩まないわけで…。

でも、この時計の姉妹モデルで、青文字盤のモデルは、実は、同じ会社の富樫くんに、誕生日プレゼントしてもいる一品。つまり、僕の中の逸品。

その、青文字盤のモデルが、1999年、細川俊之さんに『息子へ』と言ってプレゼントされた、SEIKO LUKIA の深い蒼の文字盤のモデルに似てるんだなぁ〜…。

たまには、LUKIA も使おうかな。

蒼と赤、どちらも好きな色なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »