« 記念の夕焼け | トップページ | 市場 »

2014/01/02

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
 明けましておめでとうございます。
一日が経過したわけですが、
那須塩原の温泉街を抜けた先の一軒宿では、格別な時間を味わっている2014年の岡田眞善です。

 高橋ディレクターのもと、元旦からマイクと共に仕事始め。
嬉しいものです。
そして、マイクを向けられ、新年の喜びをお話してくださった皆様、ありがとうございました。

 昨年は『命』を感じる一年のスタートをきっていたわけですが、必然的に見事なまでに命について考えることの多かった一年でした。

今年は『品』。
これを重要視したく考えております。
 自分が品性よりも日常に追いかけられそうな時間が見えているからこそ、『品』を大切に物事考えてみたいなと深く、より深淵に感じている次第です。

凛とした新年を迎えたく、年末、お気に入りの『喜多床』さんに伺いました。

今年こそは、喜多床さんが似合う男になりたいものです。

|

« 記念の夕焼け | トップページ | 市場 »

コメント

お疲れさま…なんて言葉がしっくりこないほど、充実された毎日をお過ごしのようですね。何よりです。

バレンタインに何か差し上げたいと、街中探したけれど…、真善さんに差し上げるには、全てがどことなく色あせて見えて、結局メッセージを送らせていただくことにしました。

ここ数年が人生勝負時として、気を張りつめて生きている私にとって、「キニナル」やTwitter、そしてこのブログを通してお声を届けて下さる真善さんは、とっても大切な存在です。真面目な話題からちょっとくだらないことでもいい、何であれ、お声を発し続けて下さることが、私にとっての支えなのです。

心をこめて…、
ハッピー バレンタイン

投稿: ai | 2014/02/13 21:09

一分のスキもない、素敵な紳士に、しばし目を奪われてしまいました。…真善さんのことですよん。私もぜひ、お顔剃り、お願いしてみたいです。

昨年は真善さんと同じく、「命」という命題に、否応なく向き合わされた一年でした。祖父が交通事故で集中治療室に半年ほど入り、奇跡的に快復するも、事故による免疫力低下から癌が末期にまで進行し、亡くなりました。最近になってやっと、私が背負っている「命」の重み・尊さに気づき、全うしなければと思っている次第です。

最近ますます忙しさを増す真善さん。俳優として、人として、忘れてはいけない「品」をぜひとも体現してくださいませ。

今年も変わらず、応援しております。

投稿: ai | 2014/01/11 22:01

おめでとうございます。
今年は…
わたくしの楽しみ~♪&幸せタイムである『更新』を
もう少し増やして下さいませ。

素敵!な2014年になりますようにお祈りしています。

そして、『キニナル』が長寿番組になりますように!

今日の夕方、楽しみにしています。

投稿: くりぼっち | 2014/01/05 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます:

« 記念の夕焼け | トップページ | 市場 »