« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月

2012/11/22

雰囲気ある中で

宇都宮の夜

Satoxlight0008


番組で紹介したレストランへ。

営業さん、代理店さん、そしてプロデューサーと。

Satoxlight0014

それぞれ、ワインであったり、熱燗であったり、ビールであったり。

僕はもちろん、熱燗を。

旨かった。

それに、コレが合うんだなぁー。

Satoxlight0012


ひたすら、この鮎の一夜干しに舌鼓をうっては、お猪口へと湯気の出る日本酒を。

Satoxlight0016

いい時間だった。

幸せだった。

よし、仕事がんばろう。

いや、僕の場合は「仕事、楽しもう。」でないと。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012/11/15

伝説のバーテンダー

もう、東京でもどこでも、このバーテンダーさんは、見かけられれば、挨拶をされる。

伝説の・・・もちろん、生きながらにして。

Sato0002


仕事前は、少しだけ不思議な感覚で、カウンターの奥に。

ちょっとでも、アルコールが入れば、そりゃー、もう名バーテンダーに。

Sato0007

ここには、不思議なお酒が多々ある。

それを、味もわからないような僕が、嗜んでしまう。

それで、味を覚えていく。

Sato0003

消毒液かのようなウイスキー。

味がどうこうではなく、コレを飲む自分に勝手に酔ってしまう。

名バーテンダーですら、「おぉー、なんだコレは。スゲェなぁ」と。

一気に笑いが生まれる。

誰か一人でも、一日に笑わせられるのならば、

僕が、この時に居る意味があると・・・教わる感覚だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

寒い夜は砂肝4本に、蛸ポン酢あえ、それに…。

寒い夜は砂肝4本に、蛸ポン酢あえ、それに…。
番組が終わって、かしわ屋さんへ。
北部では、雪という予報も。

こんな寒い夜は砂肝4本に、蛸ポン酢あえ、それに熱燗。

そして、仕事に想い馳せる。

23時閉店。

もう一杯だけ、いつものパイプのけむりへ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/11/14

伺ってみたい…

伺ってみたい…
センベロとは言わずとも、銀座で安く、気位は高く飲める場所だそうだ。
談志さんが愛した場所。
伺ってみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »