« 恩師と酒 | トップページ | ほっとする旨み »

2012/10/20

独り言

よく、ラジオでは喋り手を「パーソナリティー」やら「ディスクジョッキー」などと。

そして聴き手側を「リスナー」と言ったり、呼んだり・・・。

ただ、僕の個人的な感覚ではあるけれど、

「リスナー」という言葉には抵抗があるんだよね。

それは、喋り手に対して、「多数のリスナー」という、「聴き手」をひとくくりにしていること。

少なくとも、僕の好きな喋り手さんは、「リスナー」という言葉を使うことが極端に少ない。

「今聞いてくださっている方」や「お聴きのみなさん」

究極は、ラジオの先を想像しての「お洗濯、終わりましたか~?」

なーんて、

一人ひとりが対象となる呼び方、投げかけ方をしている。

玉川美沙さんなんかが象徴的かな。

僕は、喋り手でもあるけれど、車でも、家でも、好きなラジオ番組があって、

リスナーでもある。

そんな番組では、やはり「リスナー」という言葉を使わない。

意識してるな・・・と感じる。自然に生まれた意識的な言葉使い。

構図として「パーソナリティー」と「リスナー」の関係ではなく、

同じ時間を共有している「一緒の時間を、同じように過ごしている」共同体。

ゆえに「今、お聴きの方」という言葉のほうが、好き。

対「リスナー」という言葉、意識、・・・どれだけ思い上がってんだ!とね。

その「リスナー」と呼ぶ先には、70代の方も、80代、90代の人生の師だっていらっしゃるはず。

そういう方々に対して「リスナー」というカタカナで呼びつけるなんて、

日常生活ではありえないこと。

レポーター経験のないパーソナリティーほど、そういう意識が欠如していたりする。

特に、20代のパーソナリティーが「リスナーさん」なんていう言い方してると、

「わかってないなぁー」と感じちゃう。

ラジオの電波の先、そのスピーカーの先を想像したら、安易には呼べない。

そういう想像力って、大切なんだと思う。

それなくして「番組面白くするには」なーんて悩むより、

今の自分に失礼がないか。

僕なんかは、番組はテキトーっぽくやっているように聴こえると思う。

それは、僕自身がそうだから・・・なんだけど、敬意は忘れてないつもり。

それは、パーソナリティーのキャラクターの拠る部分でもある。

だからこそ、「リスナーさん」と呼んでも、キャラクターで許される人もいるし、

違和感がないパーソナリティーだっている。

でも、普段は丁寧な喋り・・・なのに、(「原稿によって」の場合も)

「リスナー」と呼び捨ててしまう場合こそ、余計に違和感が生まれる。

まあ、そんなことを、今朝、ディレクターと話していた。

ラジオが好き・・・ではなく、「表に出てる自分が好き」な人が増えたなと。

だから、ラジオを考えてないなぁ・・・と残念な番組もあったりする。

それゆえ、余計に魅力的な番組が目立つようにもなってきているとも思う。

あ、そうそう、パソコンで持ち歩けるものを新しく。

lenovoのやつ。リファービッシュPCなんだけどね。

文化放送の青山ディレクターが熱く語っていた。

大和事業所がどーのこーのと・・・。

詳細は覚えてないんだけど、青山君が熱く言うなら、間違いないなと。

売り場で目にしたときに、あー、コレだ!となって、

信じることができる人がおススメするアイテムだから。

影響されて買ってしまった。

そして、使い心地、うん、いいじゃん。

ただし、SDカードスロットがない。どーしよー。

今度、相談することにする。

あ、写真も。

この前、ダムの取材に行ってきた。

ほんと、意識する機会が少ないけど、水不足だね。

A0003

A0001

A0002_2

この冬に向けて、今から水、大切に使わないとね。

さ、それをどう番組で伝えれば、効果的に考える「きっかけ」になってくれるのか。


|

« 恩師と酒 | トップページ | ほっとする旨み »

コメント

今回の「独り言」で、どうして私が眞善さんの番組だけが好きなのか?に気が付きました。眞善さんの魅力もありますが、一方的ではなく、私達も放送番組に参加して一緒に番組を作り盛り上げさせて頂いている一体感があるからこそ、楽しく番組を聴いていることができるのです。これからも参加させて頂きますね。よろしくお願いします。

投稿: さきほ | 2012/10/30 12:57

独り言といえど、そのような想いを持つ眞善さんの番組を聴けることが有り難いです。こういう表現や言葉が合っているかは分かりませんが、改めて敬意や謙虚さを教えていただけた気持ちです。


ラジオを考えて・・・
ラジオが好きで・・・
だけど時には、ユーモアや言葉遊びが秘められていたり・・・
消ゴムやリセットボタンが無い世界。そのような想いで作られる放送を聴いていて心地良かったりしています。

投稿: くれお | 2012/10/25 12:49

P.S.Ⅱ
PC買い替えられたんですね。前のPC購入時を覚えている者としては、ちょっとさみしいです。でも、お仕事がより快適になるのですから、喜ばしいです。
新しいPCにも興味津々(笑)

投稿: ai | 2012/10/20 06:16

「独り言」…にあえてコメントさせていただきます(^-^)
「リスナー」という言葉について、深く考えたことはなかったけれど、そういえば私の好きなラジオのパーソナリティー(もちろん眞善さんも含む)の方は、「皆さん」とおっしゃってくださっていました。これって、敬意の問題なんですね。
「表に出ている自分が好き」な方の増加は肌で感じていて、そんな私はますます好きな番組に引っ付いてしまいます(笑)
もちろん番組にはいろいろなスタイルがあっていいと思いますが、私も眞善さんがおっしゃるように、最低限「人」対「人」の関係性を忘れない番組であってほしいと思います。
ところで、私には眞善さんのおしゃべり、「適当」には聞こえないですよ(適当な方だというのは、今知りました 笑)。
ゆるーい部分もありながらも、裏では相当細やかに神経をお遣いになり言葉を選ばれていらっしゃるのではないかとお見受けします。

今日も1日、お疲れ様でした!


P.S.お写真きれいですね~。しかし、水不足には参ってしまいますね。

投稿: ai | 2012/10/20 03:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独り言:

« 恩師と酒 | トップページ | ほっとする旨み »