« なぜ雑誌は、本は、あり続けるのか | トップページ | 食品ロス »

2012/08/05

やはり福田屋である

日曜日、取材終わりに寄ってしまった。

S0003

なぜなら、今朝、ここを特集した番組を文化放送でオンエアしたから。

そして、心と体が求めちゃうんだなぁー。福田屋を。

S0004
カメラも、いつものようにテーブルに。

S0002

お雑煮、いそべ巻、僕のいつもの定番になりつつある。

今度は母を連れてきてあげよう。

絶対気に入るだろうな。

|

« なぜ雑誌は、本は、あり続けるのか | トップページ | 食品ロス »

コメント

福田屋さん、すごくよさそうですねー。古き良き日本といった雰囲気が写真から伝わってきます。

国外に住んでいるので、時々こういう日本的な雰囲気がとても懐かしくなってしまいます。いい場所を教えていただいてありがとうございました。今度日本に行くときには、ぜひ足を延ばしてみたいと思います。

投稿: Alex | 2012/08/07 11:44

行きつけのお店が増えるのって、うれしいですよね。取材後も通いたくなる、魅力あふれるお店だからこそ、番組の素材になりうるのでしょうね。お母さまの反応が楽しみですね。
私も行ってみたいです。

P.S.一枚目のお写真、ナイスです!

投稿: ai | 2012/08/07 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28180/55370393

この記事へのトラックバック一覧です: やはり福田屋である:

« なぜ雑誌は、本は、あり続けるのか | トップページ | 食品ロス »