« 今日は先生やりますよー。 | トップページ | 日射し…綺麗でも、 »

2011/12/04

記憶写真をいっぱいコンパクトで

日本写真学院での二日間の講習、その先生をやってみて、

本当、純粋な知の欲求は、一番人を成長させるものなんだなと。

みんな上手かったと。

Hakone6

一日目は寒かった夕刻からだったけど、二日目は、日中の授業。

学院まで向かう道のりには、朝までの雨での水溜り。

空とビルとが反射していた。

こんな写真に興味持ってくれたらなぁー・・・なんて思いながら足を急ぐ。

ビルも当然雨で濡れていた。

Hakone1

Hakone19

こういう光景の一つ一つが、今日の思い出として、

ファインダーを、そう、カメラのレンズを通して「撮った」という作業をしたことで、

より深く、記憶に刻まれる。そうであって欲しいもの・・・との思いが強かったです。

記録写真、記念写真じゃなくて、記憶写真。

写真と自分の記憶が一緒になることで、より深い時間をとっておく感覚。

Hakone2

一日目、授業を終えてから、渡邉さんと行った八丁堀の居酒屋さん。

全体を写すより、コレが記憶に残ってます。残るんです。

Hakone17

二日目の授業中に撮った一枚、そのときの葉っぱ自体を、

僕はこの一枚で思い出すんじゃなくて、

コレを切り取ろうと、カメラを近づけていたしてらっしゃったお母様の顔が、

そのときに「この向きだと奥行きが・・・」と納得いただけた方。

この写真を見る度に僕は思い起こすわけです。

この一枚で蘇ってくるのです。

Hakone8

授業を終えて、ホッと一人で歩いているとき、

キレイな路面が輝いてたな・・・と。

Hakone4 

そのまま駅に向かって歩いていったら、八百屋さんだけが、ひっそりやってた。

「みんな、この八百屋さんに気付いたかな?」

「この前を歩いて帰ったのかな?」

なんて思いながら、シャッターをきった僕自身をも思い出すわけです。

難しく構図を考える前に、まずは自分の記憶に残すような撮り方をしてみる。

Hakone20

フィンランドへオーロラを見に行かれるという親子がいらっしゃいました。

その時に、苦労してオーロラを親子で切り取ってみてください。

オーロラだけでなく、親子で「切り取ろうとした作業」自体を

親子でフィンランドに旅行した記憶・・・として刻まれることを祈りたいのです。

そのためには、旅行中でも、いつでもカメラが傍にあること。

撮りたいものがあったときに、カメラが存在すること。

そこにおいては、コンパクトカメラは、高級なカメラに負けない力を持ってます。

それこそが、コンパクトの一番の性能です。

Hakone13

これは、先日、左手で写した一枚。

このとき、母が左側にいて、「こぼれちゃうよーー!」なんて笑いながら言ってた。

それを、お茶漬けの写真で蘇らせることができる。

お茶漬けの味も、その一瞬以外の時間の記憶も、この一枚にはあります。

僕だけにとって。(笑)

そして、近づけば、味も出る。

今度はちょっとステップアップした内容の授業も考えます。

|

« 今日は先生やりますよー。 | トップページ | 日射し…綺麗でも、 »

コメント

お疲れさまでした(__)

素敵だけど‥難しい‥

生徒さんを想って‥優しい‥

人柄が出ているのかなぁ

投稿: てんてん | 2011/12/04 22:50

こんにちは。はじめまして。
先日【キレイテク】講座に参加させていただきました。
ので、先生のお名前で検索してこちらのブログを発見したので
お邪魔させていただきました。

講義の説明を聞きながらだと
「うまく撮れるようになった(本人比)」
と思ったのですが、
時間が経つにつれてコツが判らなくなり・・・

写真てむずかしい!
でも面白い!

先生のように撮れるようになりたいです!
(ハイ。精進します)

投稿: るみっくす | 2011/12/05 15:36

こんばんは(^^)B‐Boxお疲れ様でした。なるほど…記憶写真って、いいワードですね!!八百屋さんの写真も、お茶漬けの写真もその場の空気が感じ取れそうな位に臨場感があっていいですo(^-^)o写真って楽しいなぁ〜明日の放送も頑張って下さいね!楽しみにしてま〜す(^O^)

投稿: @Swimmy | 2011/12/07 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶写真をいっぱいコンパクトで:

« 今日は先生やりますよー。 | トップページ | 日射し…綺麗でも、 »