« もう、これは至高の恋なんです。 | トップページ | »

2011/10/10

成田への取材

今日は成田空港への取材。

往復180キロを、今までにない快適さで運転して、

「Jayco Herald Sun Tour(Australia/UCI-2.1)」へ参戦するBLITZENメンバーへの取材。

成田へは途中事故に遭遇することもなく無事移動。

移動が快適で安心なものだと、疲れが一切ないということも驚きだったが・・・

サプライズ取材のつもりが、成田空港では、いきなり選手に遭遇してしまった。

Aaaaa7

柿沼選手に会ったときは、実は涙が出そうだった。

柿沼選手や廣瀬選手によって、僕は自転車に興味を持つようになり、

この二人との会話があったからこそ、今の健康があるといっても過言ではない。

その柿沼選手が、今季限りで選手を引退すると言うのは、感慨深いものでして。

でも、選手としての引退であって、BLITZENからの引退ではない!

それが、実は今後の楽しみな部分でもあったり。

Aaaaa4

辻選手にも久しぶりに会うことが出来て、話が出来て、コメントまでもらえて、

なんか嬉しくて。

そして、初山選手も、若杉選手も力強いコメントで、いつものように頼もしい。

どうか、日本を代表する選手としてオーストラリアで、その走りで日本をアピールしてきて欲しい。

廣瀬選手の「いじめられてきます!」と言う言葉が印象的だった。

Aaaaa8

そして、栗村監督、

いつもの栗村節が気持ちよかったです。

そして、BLITZENはオーストラリア、メルボルンへと旅立っていった。

僕は気になる場所があった。

成田空港、回転寿司があったのだ。

ちょっとだけ「つまむ」。(笑)

元気寿司ならぬ、「元祖寿司」

Aaaaa3

Aaaaa6

これが、値段の3倍くらい美味しくて。

回転寿司の常識を覆す味わい。

恐れ入りました。

Aaaaa1

ブリッツェンメンバーにも食べて欲しかったなー。(笑)

そして帰り。

成田から、この動く歩道を歩きながらも海外の帰りではない自分が、

なんだかもどかしかった。

Aaaaa2

僕が今度行くことになる海外って、いったいどこなんだろう。

まず、BLITZENには、オーストラリアでの快戦を期待したい。

|

« もう、これは至高の恋なんです。 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田への取材:

« もう、これは至高の恋なんです。 | トップページ | »