« 誰もいないロビー | トップページ | JPT 最終戦 »

2011/10/13

Marlboro

ホテルで煙草をきらした。

一階のロビーで購入するも、

いつものCABINがない。

他にSEVENSTARも売り切れ。

そこでMarlboro。

Aa0001

いまは亡き、弟が定番にしてた煙草。

これと、雨漏りするBMWが強く印象として残っている。

渋谷で飲み過ぎて、終電をなくした僕をバイトで

Marlboloをふかした弟が、ボロボロのBMWで迎えに来てくれたっけ。

その時、一本もらったなー。

あいつが生きてたら、どんな大人になってたろう。

彼がこの煙草を愛してた理由を、死後、彼の友達であった鈴木由香ちゃんから聞いたっけ。

その時のことも、鮮明に覚えてる。

今では、墓前に捧げる煙草になってしまった。

弟が生きてたら、どんな親孝行をしたかっただろう・・・。

しただろう・・・。

それを考えて、兄二人で、母を幸せにするには・・・

言葉交わさずとも、笑顔で時間を共有することもしばしば。

煙草切れ・・・という事象から、ふと、三男を思い出す今。

|

« 誰もいないロビー | トップページ | JPT 最終戦 »

コメント

笑顔で場が成立する。絆で結ばれているからこその心地よい沈黙なんですよね。お母様、今だってとっても幸せに見えます。が、眞善さんのあったかい思いで、もっともっと幸せになられるんでしょうね(o~-')b
だから眞善さん、これまで以上にご自身を大切にして、「お母様を幸せにする」ミッションを全うしてくださいね。

そして改めて…、弟さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: ai | 2011/10/14 06:37

演専で同期だったあげです。
といっても覚えてないかな?
ふと「今どんな活動してるのかな?」と検索してたどり着きました。
弟さんが亡くなったことをニュースで知った時、どれだけショックを受けているだろう、と胸が痛くなりました。
私の兄弟(姉二人と兄一人)は皆健在だけど、母は、私が初めての出産をする直前に亡くなりました。
生きていたら、今の私の子育て(5歳の娘と6ヶ月の息子がいます)を見て何て言うかな?と思いながら子育てしています。

投稿: あげ | 2011/10/17 13:17

ブログを拝見して、亡き兄の事を思い出しました。
交通事故で17歳の若さで逝ってしまってから40年の月日が経ちました。
実は私の主人は亡き兄の友人だったのですが、兄のお墓参りにいく度に主人が、お線香ではなく煙草を供える姿に疑問が・・・兄は17歳だったのに・・・ムムムッ?(笑)
40年の月日が過ぎても、兄の事を忘れる事はありません。眞善さん同様、生きていたら今頃どんなオッサンになっているかな?って考えます。
若くして亡くなった兄弟は私達が生きている間、永遠に心から消える事はないのでしょうね。
いつまでも若い面影だけが焼きついたまま・・・。
こうして弟さんの事を思い出してあげる事は一番の供養だと思います。
どうか弟さんの分まで母上を大事にしてあげて下さい。
私は54歳のオバサンですが眞善さんの母上を思う気持ちに心温まる思いです。ありがとうございます。


投稿: キョン猫 | 2011/10/17 19:52

私の兄はJPSでした。F1が好きで70年代のJPSカラーのロータスをこよなく愛してました。

葬儀の前日に供えたIWハーパーは今でも兄貴との最後の約束が書いてあります。

投稿: 和田 | 2011/11/13 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Marlboro:

« 誰もいないロビー | トップページ | JPT 最終戦 »