« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/29

ある航空会社の旅行、CM撮影。映像のスタジオもいいね!

僕の場合、「スタジオ」と言う言葉の響きは、

ラジオのスタジオか、舞台の稽古場を意味してしまう言葉として使っている。

まあ、ほとんどが、そういう言葉の意味で使う、

お世話になっている、先様との仕事なんだけど・・・。

でも、今日のスタジオは、カメラの前。

とある航空会社、旅行会社のCM撮影。

有澤晴香嬢と一緒。

Big1

まーまー、晴香嬢の笑顔が上手なこと。

ポーズも、僕なんかより上手い。

Big2

僕は笑顔が苦手。

適度な笑顔が、苦手。

満面の笑みか、爆笑顔になってしまう。

Big3

Big4

あ、この写真は晴香嬢が、僕の真似して撮ってくれたのだが、

ちと、モードが違っている。

なんか古い感じに映っている。(笑)

Big5

Big6

「さあ、いますぐお電話を!」

Big7

そう、今から夏が始まる南半球へ。

あー、実際に行ってみたいなー。

Big9

スチールと、映像、

両方のCMが来月中には出来上がります。

どうぞテレビでご覧ください。

そして、旅、行ける方は、ぜひ。

これからが、南半球は、旅のベストシーズンです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/28

ゲストも多くて・・・みんなスポーツつながりか?

関東電気保安協会のサイクリスト、

神藤さん、夏場での那須のロングライド時の僕を覚えていてくださった。

電気の話も当然のこと、自転車話で、実は放送外では息つく間もないくらい話してしまっていました。

Big11

そして、我らがBLITZEN、

柿沼章選手、いえ、柿沼さんが。

奥のポスターとはガラッと雰囲気を変えて、スーツで登場です。

JapanCupCycleLordRaceでの引退。

でも、BLITZENからの引退ではありません。

これからは、思いっきりBLITZENをアシストなさること間違いなし!

Big3

さらに、ツインリンクもてぎからのお客様、

塚越選手と山本選手、もうこの二人は、完全に世界一速いお笑いの出来るレーサー。

来週末のFormulaNIPPON、期待したいです。

もちろん、5日は僕も現地に行きます。

Big4

そしてRadio Berryでの一番人気エンジェル、

ツインリンクもてぎエンジェルの青山さん、

ムチャ振りにも、臆することなく質問に答えてくれてしまう。

やはり、スポーツのゲストは、ガツンと楽しい。

1998年、僕自身がヨットの世界では、日本代表として世界第二位になったけど、

僕の場合、勝負がなにせ大西洋上で・・・ゆえに、観客がいない中でのレースだから、

実は、羨ましくもあるし、観客の大切さをかみ締めた、ヨットのチームジャパンの過去。

観客がいないと、スポンサーが・・・。そして解散したし。

STS海星には小学館とかついてたんだよなー。

思い出の写真を。

Big15 Big14

借り物の写真ではありますが・・・

Big13

だからこそ、応援したいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮を後にして

Big10

宇都宮より帰京。

途中、鉄道での移動は、常に哀愁が伴う。

Big7

Big1

Big8

Big9

列車の車窓から外の光を眺めながら考える。

大切な時間。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/27

幸せ3枚

幸せ3枚
吉野家で3枚貯まって、牛丼並、一杯プレゼント。

新幹線乗車前に、宇都宮駅で美味しく利用させて頂きました。

幸せだなぁ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勝手な大義名分・・・だけど、真剣でもある

このところ、お金を使っていた。

もともと、僕にはそんなにないおお金ではあるが、

勝手な大義名分を自分に言い聞かせ、

それでも、勝手ではなく、ちょっとは日本のためと。

番組が終わって、ほっともっとのお弁当ではなく、

軽くちょっと一杯。

「みき」に訪れるのも久しぶりだった。

Aa0007

ほっともっとのお弁当よりは、お金を使った。

そもそもそんなにないお金ではあるが、

お金を失うことで、余裕のある時間と雰囲気、美味しさを手に入れた。

ホテルの部屋では、アドバイスを受けて、母へのプレゼントを予約。

これにもお金が消えてった。

でも、母の元気な笑顔を手に入れることが出来ることだろう。

取材でも、お金が消えてく。

取材費って、自己負担が大きくて、生活を圧迫するほどになるけれど、

それ以降の番組での応用ができる、自分のスキルにつながる。

それを考えると、ケチることが難しい場合もある。

ホテルの窓の外では朝焼けが始まっていた。

Aa0008

そして煙草がきれた。

東武ホテルでは、僕の定番は売っていない。

そこで今回は、祖父が愛してた煙草を。

Aa0009

セブンスターを購入。煙をくゆらしながら、想いを回想。

お金を残しても、今にしか、今でしか使えない使い道がある。

僕は数字がちょっと増えるのは嬉しいけれど、

使い道が消えることの方が辛い。

その手元にあるお金、今にしか使えない用途がある場合、

僕は後者を選択している。

祖父が他界した時、それ以前は、小学生であるからして、

お金というものには無縁であった僕だが、

その時に、祖父としたいことがいっぱいあった。

けど、手元に、ちょっとだけお金がある今、

祖父と一緒にしたいことのために使うことはできない。

今にしかない、お金の使い道を冷静に考えて、

その対価を、今だからこそ手に入れる。

自分のためのお金なんて、そんなになくていい。

結局は、その今の使い道が自分のために一番なっている。

節約ってのは、まず無駄を省くこと。

まだまだ僕には無駄も多いけれど、無駄でないものを省くことは、

それこそ自分に、誰にも平等に与えられてる時間の無駄になりかねない。

Aa0002

バスから見える六本木通りが静かだった。

Aa0001

通り沿いを歩いても静かだった。

大学生の頃は、この道を歩くだけでも恐れ多かった。

いつでも渋滞で、進まない道路だった。

少しでもお金が回れば、

回り始めることが大切だと思う。

それが大義名分。

その時の、その当時の思い出は、今さら買うことはできない。

無駄遣いではなく、節約の上での、今にしか使えないお金の使い道を探すことも必要だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/26

雲に覆われて

新幹線からの車窓。

宇都宮の上空を雲が覆っていた。

Aa0004

さあ、パーフェクトスカイになるのだろうか?

今日の一曲目はパーフェクトスカイを。

Aa0003

ボニーピンクではなく、そのカバーでスタートを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/22

2011ジャパンカップ仕様

取材から帰宅して、

明日からのジャパンカップに向けて、

デカールを作成。

いつも自転車積んだり、カメラ機材つんで走ってる、こいつ、仕事用ちびカー。

そいつを、今年専用の、ジャパンカップ仕様にした。

やっと出来上がった。

ボンネット上は

Aaaaa21

今年のジャパンカップでラストランを迎える柿沼選手へのメッセージ入り。

そして番組タイトルも。

まさに「Allez! BLITZEN」仕様。

Aaaaa22

そしてバックシャンも、思いっきりBLITZENしてます。

M-WAVEロゴマークの下には

Aaaaa20

もう、これで、どこのチームを応援してんだか一目瞭然。

大好きな常駐マヴィックマークも輝いてます。

いやー、ずいぶんと派手になっちゃったなぁー。

柿沼選手と明日は、14時30分からトークショーをさせていただきます。

Radio Berryの一階イベントスペースで、

いつものコーナーの延長戦です。

そして早めに終わらせて、移動して、大通りを封鎖しての、

クリテリウム競技をみんなで観戦しましょ。

何より、赤く街を染めましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/20

夕暮れに赤く包まれて

夕暮れの光が、光として直線状に届くのではなく、

雲を介して、包み込むように、降り注いでいた。

その瞬間、生放送中だったので、カメラを構えることはできなかった。

けれど、その時間が過ぎてから、急いで外に出て、シャッターをきった。

Aa0005

番組が終わって

Aa0004

携帯にツイッター情報で、柿沼選手がオリオン通りで宮ラジ生放送をしていることを知る。

Aa0006

Aa0007

柿沼選手が現役引退というが、

僕なんかの、後発の自転車ファンからすると、

そもそも柿沼選手は選手でなくて、「監督」という認識からスタートしてしまっているので、

また「柿沼道場」の再開・・・というような感覚になっているので、

意外なほどに寂しさと言う感覚が欠如している。

そして今後は、少しは栗村監督の負担が減って、よりチームとして魅力的になるはずだろうと。

今後、柿沼さんの果たすであろう役割が、今まで、存在していなかったことの方が不自然に感じることと推測している。

もっともっと魅力的になるんだろうねえー。

それに負けない魅力を僕も仕事に見つけること。

今の命題でもあります。

さあ、もうちょっとでジャパンカップだ。

Aa0003 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/18

JPT 最終戦

JPT ジャパンプロツアー サイクルロードレース最終戦、

石川県は能登半島の輪島で行われた。

東京から車で600キロ、

なんとか運転して、戦場へと駆けつけた。

そして16日、11時50分、

最高峰クラスP1クラスがスタート

Aaaaa19

Aaaaa12

Aaaaa13

Aaaaa3

宇都宮BLITZENの増田選手の年間ランキング1位を期待しつつ、

それぞれの選手の「魅せる走り」を期待して。

一周目で、中村選手が山岳賞を受賞決定。

嬉しい知らせが入って、BLITZENの選手の通過を待っていても、

なかなか赤いジャージがやってこない。

聴こえて来たのはサイレンの音。

Aaaaa18

バイクの救急車先導車が、手を上げて、随行をアピールする。

Aaaaa17

Aaaaa4

急激な下り坂で落車した選手がいる!

そんな情報が救急車が通り過ぎた後に。

そして、BLITZENの赤ジャージの選手2名が坂で降りているらしい。

そんな話も伝わってきた。

集団はもう4周目。

どうりで、BLITZENの選手を発見できなかったわけだ。

Aaaaa6 Aaaaa7

走っているのは、今期、このレースでデビューを飾っている堀選手のみになってしまった。

救急車で運ばれたのは、BLITZENのエース、

増田成幸選手だった。

空中に投げ出される形で、落車したと。

チームの半分はオーストラリア。

ここには選手は4名しかいない。

一気にBLITZENファンの間に、暗い雰囲気が漂ってしまった。

それだけ、増田選手も、中村選手も、小坂選手も愛されていたわけです。

「堀選手のデビュー戦、応援しましょ」

誰かが言った。

Aaaaa15

もとの場所にそれぞれが戻って、堀選手を応援していた。

Aaaaa10

チーム本部では、小坂選手がすぐにでも移動できるように、

準備を始めていた。

Aaaaa11 Aaaaa9

レースが終わり、堀選手は無事完走。

デビュー戦でよく頑張った!

でも、何よりは増田選手の一日も早い回復を願うばかり。

帰りの車を運転しながら、そのことばかり考えていた。

持っていった録音機材は、今回一切活用できる場面がなくなってしまったが、

なんて、BLITZENはドラマがあるチームなんだろうか。

「ドラマ」という言葉で片付けることの出来ない、それ以上の物語がある。

それが悲劇であろうと、なんであろうと、

プロチームとして、それを乗り越える力があることを、

何より望んでやまない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/13

Marlboro

ホテルで煙草をきらした。

一階のロビーで購入するも、

いつものCABINがない。

他にSEVENSTARも売り切れ。

そこでMarlboro。

Aa0001

いまは亡き、弟が定番にしてた煙草。

これと、雨漏りするBMWが強く印象として残っている。

渋谷で飲み過ぎて、終電をなくした僕をバイトで

Marlboloをふかした弟が、ボロボロのBMWで迎えに来てくれたっけ。

その時、一本もらったなー。

あいつが生きてたら、どんな大人になってたろう。

彼がこの煙草を愛してた理由を、死後、彼の友達であった鈴木由香ちゃんから聞いたっけ。

その時のことも、鮮明に覚えてる。

今では、墓前に捧げる煙草になってしまった。

弟が生きてたら、どんな親孝行をしたかっただろう・・・。

しただろう・・・。

それを考えて、兄二人で、母を幸せにするには・・・

言葉交わさずとも、笑顔で時間を共有することもしばしば。

煙草切れ・・・という事象から、ふと、三男を思い出す今。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

誰もいないロビー

深夜、誰もいないロビー。

フロントに用事があって、訪れる。

Aa0002_2

ロビーに人が居た時には気付かなかった主張が、

そこらじゅうにあった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

これって、スッゲー準備じゃん!(ジャパンカップのね)

湯上り、浴室から出ると、開け放っていたまどから、

なにやらスッゴイ音がする。

そとを覗くと、普段見慣れない車両。

ものすごくでっかい工事車両だ。

道路工事。

おもわず、外に出ることに。

Aa0013

この奥に、もっと大きなヤツが。

Aa0002

全長20メートル以上はあるだろうか。

手前の路面は、もう真新しくなっていた。

まっさらな、綺麗な舗装になっている。

ジャパンカップ、クリテリウム競技は、この宇都宮駅前から続く大通りを使って、

世界各国の一流の自転車選手が駆け抜ける。

そのための準備か。

Aa0009 Aa0010

なんだか、気合入ってる。

コースのその先まで、道路を綺麗に。

路面を世界の選手が走るわけだから。

なんだか、来週末、22日の宇都宮が、やはり楽しみだ。

この沿道を、何万人もの観客が埋めつくすわけだから。

ホテルのいたる所にも、このポスターが。

Aa0003

うん、楽しみだ。

とてつもなく。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

この入浴剤、いいねー、紀陽常駐菊のだ!

ホテルに泊まるとき、

ちょっとした楽しみは入浴剤。

ホテルの入浴剤があるときは、もちろんそれを使うが、

ないと分かっているときは、購入して持ち込む。

紀陽除虫菊の入浴剤があったので、購入。

いつものお気に入りはバスクリンのトウガラシのパッケージのものだが、

こうしてホテル泊りだと、新たな入浴剤購入の理由が・・・大義名分が出来る。

今回はコレ。

Aa0007

ローズマリーの香りと、グリーンアップルの香り、

初めは想像つかなかったけれど、

いいじゃん。

ホテルの部屋が、この香りで満たされる。

お湯はこんな感じで。

Aa0006

同じシリーズで、ラベンダーのもあtったから、次週はそれを試す。

あ、また自宅に入浴剤が増えてしまった・・・(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/12

思えば…

成田空港へ取材に行った日、柿沼さんに
『携帯のストラップもマヴィックじゃないですかぁ〜。俺らより自転車どっぷりですねー。』

なんて言われた。

Aa0005

だが、それは柿沼さんや廣瀬キャプテン、そして、Radio Berryの長谷川ディレクターに、その世界の面白さを教えられたからなんだよな〜。
長谷川ディレクターに渡された「サクリファイス」という一冊が良かったんだと思う。

それから自転車というものに興味を持ち、柿沼さんや廣瀬キャプテンの話、ブリッツェンの魅力に気付かされ、自分でも乗るようになって、もっと夢中になってしまったわけだ。

そして今、そのブリッツェンはオーストラリアで日本を代表して走っている。

また、レースを観戦した時のファンの多くの方々の温かいこと。

今、廣瀬キャプテン、辻選手、初山選手がメイン集団でゴールしたとのこと。

さ、今日も僕は自分の任務をちゃんとやろ〜。

マヴィックのネックストラップを見るたび、柿沼さんの言葉が蘇ってくる。
柿沼さんの風邪が早く改善することを祈りつつ…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジャパンカップアフターパーティ ファン大感謝祭

ジャパンカップサイクルロードレース2011'アフターパーティー~ジャパンプロレーサーファン大感謝祭~

■日時 10月23日(日)18:00~20:00
■会場 結婚式場APIA(320-0031 栃木県宇都宮市戸祭元町12-12)
※レース終了後、宇都宮森林公園からアフターパーティー会場まで送迎あり(限定100名)
・バス乗り場:ゴール手前400mりんご園前  ・バス出発時間:15時30分
※アフターパーティー会場駐車場あり
※アフターパーティー終了後、JR宇都宮駅、東武宇都宮までのバス送迎あり

■会費 5,000円
■定員 250名
■お申込み方法
・氏名、住所、お電話番号、参加人数を記入し、メールでお申し込み下さい。
・申し込みアドレス info@cycledream.net
■申し込み期限 10月17日(月)まで
■司会
・岡田眞善 (俳優・ラジオパーソナリティー)
・絹代(サイクルライフナビゲーター)
■参加チーム
海外チーム所属:土井雪広(スキルシマノ)、福島晋一(トレンガヌ・プロアジア・サイクリングチーム)、宮澤崇史(ファルネーゼヴィーニ・ネーリソットリ)※五十音順
国内コンチネンタルチーム:愛三工業レーシング、宇都宮ブリッツェン、シマノレーシング、ブリヂストンアンカー、

※五十音順
■内容
・監督同士のガチンコトークショー
・選手同士の爆笑トークショー
・勝手に表彰式
・プレゼント抽選会(チームサイン入りオフィシャルグッズや栃木の名産品が当た
る)
■問い合わせ ジャパンカップアフターパーティー実行委員会(サイクルスポーツマ
ネージメント株式会社)
Tel:028-643-6626(担当:砂川)
mail:info@cycledream.net
■会場までのアクセスサイト:http://www.apianet.jp/access.html
Contents
チームフィロソフィー
ライダー
スタッフ
レーススケジュール
サポーターズコミュニティ
フォトギャラリー

ってなわけで、ご来場、お待ちいたしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/11

仙豆ないなぁ・・・

ある人が、仙豆を入手したがってる。

食べたいらしい。

差し入れしたい。

故に、探してみた。

Aaaaa9_2

おつまみ・・・売り場

Aaaaa12_2

豆コーナーには、イカリ豆、アーモンドなんかはあっても、

仙豆はなかった。

Aaaaa14_2

こうなったら

「こだわりの仙豆ピー」でも「仙豆ピーわさび」でもいいのだが・・・

楽天でも探してみたのだが・・・

仙豆を入れる専用の壷は売っているのだが、

仙豆そのものが・・・・

16日、輪島に持って行きたいのだが・・・

どっか売ってないかな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番最初に目に飛び込んでくる光景。

Aaaaa10

椅子の背もたれがカーテンの間からの光に反射してる。

奥には電源の切れているパソコンのモニタ。

さあ、今日も珈琲を飲んでの目覚め。

Aaaaa11

もうBLITZENはオーストラリアに到着。

メルボルンへと国内移動するとツイッターで知る今。

珈琲が美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/10

成田への取材

今日は成田空港への取材。

往復180キロを、今までにない快適さで運転して、

「Jayco Herald Sun Tour(Australia/UCI-2.1)」へ参戦するBLITZENメンバーへの取材。

成田へは途中事故に遭遇することもなく無事移動。

移動が快適で安心なものだと、疲れが一切ないということも驚きだったが・・・

サプライズ取材のつもりが、成田空港では、いきなり選手に遭遇してしまった。

Aaaaa7

柿沼選手に会ったときは、実は涙が出そうだった。

柿沼選手や廣瀬選手によって、僕は自転車に興味を持つようになり、

この二人との会話があったからこそ、今の健康があるといっても過言ではない。

その柿沼選手が、今季限りで選手を引退すると言うのは、感慨深いものでして。

でも、選手としての引退であって、BLITZENからの引退ではない!

それが、実は今後の楽しみな部分でもあったり。

Aaaaa4

辻選手にも久しぶりに会うことが出来て、話が出来て、コメントまでもらえて、

なんか嬉しくて。

そして、初山選手も、若杉選手も力強いコメントで、いつものように頼もしい。

どうか、日本を代表する選手としてオーストラリアで、その走りで日本をアピールしてきて欲しい。

廣瀬選手の「いじめられてきます!」と言う言葉が印象的だった。

Aaaaa8

そして、栗村監督、

いつもの栗村節が気持ちよかったです。

そして、BLITZENはオーストラリア、メルボルンへと旅立っていった。

僕は気になる場所があった。

成田空港、回転寿司があったのだ。

ちょっとだけ「つまむ」。(笑)

元気寿司ならぬ、「元祖寿司」

Aaaaa3

Aaaaa6

これが、値段の3倍くらい美味しくて。

回転寿司の常識を覆す味わい。

恐れ入りました。

Aaaaa1

ブリッツェンメンバーにも食べて欲しかったなー。(笑)

そして帰り。

成田から、この動く歩道を歩きながらも海外の帰りではない自分が、

なんだかもどかしかった。

Aaaaa2

僕が今度行くことになる海外って、いったいどこなんだろう。

まず、BLITZENには、オーストラリアでの快戦を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう、これは至高の恋なんです。

愛猫ピロ。

今日も甘えん坊。

Aaaaa8

僕の膝で、自慢げにドヤ顔。
ラビちゃんに見せ付ける。

そして抱きついて離れない。

Aaaaa4


Aaaaa11

Aaaaa12

もう、コレは離れられない恋なんです。


Aaaaa10


| | コメント (3) | トラックバック (0)

皇太子様は5DMk2

今朝の産経新聞、一面。

Aaaaa1


皇太子様が。

手にしているのは5DMk2。

けっこう重い感じで持ち歩いていらっしゃるのかと推測。

運動会ならば、僕ならばもっと軽いものを持っていくかもしれないと。

どんな写真が撮れたのか。

秋の一日の一瞬が、5DMk2によって、キレイに記録されたことだろう。
そして、記憶に刻まれたのでしょう。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/09

この時期、どうか交通安全を。

地方への取材なんかだと、電車や新幹線を使って、現地移動をタクシー・・・
なーんてことをすると、とんでもないことになる。

信じられない金額になってしまったり。

なので、そういう時は、自分で車を運転していくしかない。

そう、自分が事故を起こしてしまっては、仕事にならなくなる。
なので、この時期は余計なほどまでに「安全」を意識する。

先日、宇都宮からの帰りは電車。

29分発の電車が、23分に駅を出たところで、別の電車が事故で、
線路が併走するために100分遅れで出発・・・なんていう事態になった。


まあ、このときは、帰り道なので、気長に車内で過ごすことが許された。
時同じくして、都内でも色々な電車が事故によって運転見合わせが続出しているようであった。

電車が新宿に滑り込むときにも、線路上で停車。

Zushi1

新宿駅の一歩手間での、しばしの停車。
これも事故。

電車でも事故が多ければ、車でも。

秋の行楽シーズン。

気分ははやっても、運転ははやってはいけない。

今日は車での移動。

往復240キロの移動。

向かうときにも、首都高速では、停まるか停まらないかのノロノロ。

原因はコレだった。

Zushi2

車のおなかが見えてしまっている。
幸いにも、乗車していた方々は無事だった。


Zushi3

ただ、これでは、トラックが通過がするにはギリギリすぎての、ノロノロだったわけ。
さすがに、動かすこともできないわけで・・・

来週は輪島まで取材で、600キロの運転、
往復では1200キロの運転を一人でしなきゃならない。

本当に気を引き締めて、事前の体調管理も十分にして、
っそれでの運転を心がけねば。

どうか、この時期だからこその安全への意識の高めを。


Aaaaa1


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/07

ほっとする場所

好きな場所がある。

いくつもあるのだが、それでも、
何度も訪れて、そしてホッとする場所。

ブログでも何度か登場している。
とあるホテル。
佐野の用がある際は、かならずここだ。

僕の落ち着く場所、
佐野、みかも不動尊も近いしね。

それぞれの場所で、それぞれのお気に入りの宿。
佐野では必ず、ここ。

Aaaaa2

この暗めの浴室が好きで、

洗い場も静か。

Aaaaa5_2

そして、一人で長時間、ここで汗を流す。熱い場所だ。

Aaaaa3

世界で一番好きなサウナは?
というような質問があれば、
「ここ」と、僕は答える。

なんのBGMもない。ただ静かなだけ。それがいい。

たいてい一人で、そして心置きなく、ゆっくり入っていられるから。

あ、そしてここも忘れちゃならない。

いつもの場所。

Aaaaa4

熱さでホッとし、冷たさでホッとし。体の中が温かくなる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/10/06

10月22,23日 宇都宮で ジャパンカップ

毎週の楽しみと言ってもいい仕事、

宇都宮でのRadio Berryの番組、

3時間の生放送でデスクの上は紙だらけ。

Aa0004

もう、宇都宮は完全に僕の故郷、ふるさとなわけです。

栃木には、幼いころから、栃木とは認識せずとも、そもそも縁があったわけですが、

こうなってくると、僕は、栃木に育てられてるとも言えるわけでして。

番組中に、人生で初めての蟹の刺身、茹で蟹なんかも食べてしまったり。

Aa0003

まあ、今、マネージャー富樫君、美女に囲まれて伊勢、志摩の温泉ロケ中だから、

これくらいの大きな幸せが僕に訪れてもいいわけで。(笑)

そして、仕事が終われば、アニキと呼べるような、仕事の師匠とお酒を前にし、

さらに、宇都宮のじっちゃん、そこで一杯。

父親みたいな感覚でもあるわけで。

Aa0001

そんな宇都宮で、今月22日、23日、自転車の祭典が。

ジャパンカップ サイクルロードレース。

F1で言ったら、モナコグランプリのような、

街中のメイン大通りなども貸切での、自転車の世界のレース、

世界大会の一つが行われるわけです。

そして世界で活躍してる選手を囲んでのパーティーも。

選手に身近に触れ合えてしまうチャンスも用意されている。

これは、僕が自転車界のプリンセス絹代さんと司会をさせて頂くことに。

これは、宇都宮の自転車チーム、

ブリッツェン主催。

主旨は

『ジャパンカップはアジア最上位カテゴリーのUCI公認レースであることから、日本の有力サイクルロードレースチームが参加することや日本中からサイクルロードレースファンが集まってくる大会です。
私たちロードレースチームは多くのファンに支えられレースをしていることから、日頃からの感謝と日本サイクルロードレースの更なる発展を願い、特別なパーティーを開催します。』

というもの。

詳細は

BLITZENのホームページ、「アフターパーティー」

でご確認を。

初めての方にこそ、足を運んで頂きたい。

ブリッツェンの選手は誰もが、魅力的ですから、

楽しませてくれること間違いありません。

そして、22日、クリテリウム競技の前には、

FM栃木、Radio Berryの一階を開放して、

BLITZENの選手と「ジャパンカップの楽しみ方講座」になるような

そんなイベントを実践します。

こちらは、参加自由で、もちろん無料です。

ぜひ、宇都宮、22日、23日、来てほしいばかりです。

かっこいい自転車、いっぱい見て下さい。

速い自転車、素晴らしいマナーの自転車、

かっこいい選手、いっぱい見ることが出来ます。

きっと、自転車通勤したくなっちゃいますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/05

逗子ロケ、HDRもいいかも。

逗子。

小学生の頃、大半・・・半分くらいの時間が逗子、葉山、横須賀での時間だった。

そこに気持ち的には30年ぶりくらいに訪れた。

Csc7

ヨットもここの海で始めて、そして覚えて。

Csc12

なんか違和感あった石碑だったけどね。

Csc11

機材も、このチームはいつもいいものを使ってくれる。

ゆえに、絵作りがきれいでねー。

Csc14

Csc4

ノクトン、F0,95 なんてレンズを使ってくれちゃってね。

もうそれだけで、僕は嬉しいのです。

そういうコダワリで番組の映像を創るチームなのですから。

Csc16 Csc15

いい絵、映像、画、写真ってのは、やっぱり心構えあってのものなんだろうな。

Csc3

Csc10

誰にとっても等しく流れる時間を、どれだけ自分の印象に残せるか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/04

かわい過ぎでさ

かわい過ぎでさ
かわい過ぎでさ
かわい過ぎでさ
日曜日のことだ。
この日は、ようやく休めた。
ってなわけで、思いっきりラブラブ。

何時間も膝の上から離れない。

両手で掴まれてしまう。

いつもならば、携帯で写真を撮ろうとすると携帯のストラップにじゃれるのだが、それどころでなく、
『捕まえた!離さない!!』モードになっていた。

こういうのは、以前BLITZENに所属していた中山選手に見せつけてやりたい。
猫好き過ぎ仲間として。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »