« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/30

いや〜、今日のUSTの番組、体験できて良かった〜!

今日のUSTの生番組、体験できて、本当に良かった。
これを岡田眞善起用で社内で実現化してくれたマネジメント担当でもあるひぃちゃんに感謝。

そして何より番組自体に関わった全てのスタッフ、出演者に大感謝です。

色々なゲームとかってのはさ、誰かが作った、作り上げたフィールドの中で動いてるだけで、実際には人間的に開拓してるわけでなく、なんだか塗り絵をしているようなもの…なのかも…と感じる僕がいるわけですが、個人でUSTでのコンテンツを作ってみる…という行為は、USTというレゴブロックやら積み木で、それを素材にゼロから何かを創り出す創造という人間的開拓をする作業なのかも…と、ここ何日かで…正確には昨夜、そんな考えにたどり着いたのでした。

そして、実際に今日の番組を体験し、それは確信へと昇華できた次第です。

USTだけでは何も出来なくて、そこにユーザーなりのコンテンツが生まれて、初めて面白さが生まれるという、オトナなアソビ、作業です。

今日の経験をもとに、明日の夜…もう今夜か…何かを…、オトナな創造思考に切り替えてUSTを実践してみたいと…。

ツイートでの番組参加をしてくださった皆様もオトナな方々ばかりで、優しさもオトナな対応もわかってる方々。

あらためて、今日のUST番組、ミンスト、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/29

今日16時30分からUST。

今日、16時30分からUSTで生番組プログラムオンエアです。

場所は渋谷のソフトバンクのUSTスタジオからです。

ロジクールのプレゼントも盛り沢山。

どうなるか展開の読めない番組です。

ツイッタ―連動番組で、ライヴで参加できる生番組。
詳細はツイッタ―で!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに咳はつづき

まだまだ咳が治まらない…。

そんな時は、mixiで友達の写真アルバムを拝見。

気持ちが写真に対して向かい始めると、咳を忘れる。
どんな気持ちでシャッターをきったのか、想い馳せる。

同情を誘うような文章はきらいだけど、そんな写真はモノ言わぬだけに、余計に涙を誘う。

そして、涙でも視界がぼやけ、眠くなる…はず…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

咳で目覚め

咳で目覚め
咳で目覚めてしまった…。
こういう時、決まって価格コムのウェブを見てしまう…。

値段、価格の変動から世の中を観察。

意外と面白い発見ができたりします…。

関係ありそで、ないんだけど、最近、この色使いにシビレてます…。
手持ちのオフロードを、この色使いに自分で塗装してみたい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

ご年配者こそ

さてさて、ここ何日かツイッターを体験しての感想。

そこそこ慣れてくると、特にどうってことはない・・・

というか、なれて日常に溶け込んでくる。

その上で考えた時、

メールとの違いに気付く。

ご年配の皆様こそ、ツイッターは、いいツールなのではないかと。

母がアカウントを取得した。

というか、(させた)というべきか・・・。

そしたら、それが面白い。

普段会話に出てこないような事が、つぶやかれる。

そして、離れていてもわかる事もある。

まあ、特にこの何日かは離れていなくて、物理的距離も、どうしても近いのだが、

それでも知らなかった事が記録されている。

なんだか、家族間のコミュニケーションツールとして、ツイッターは有用性が高いのではと。

そんな事を感じてしまった。

「伝えるツール」としては、『で?』という返答で全てが完結してしまうのでは?と感じる部分もあったけれど、

まあ、いかに自己顕示欲が満たされるのか、そこに興味があったり、

それを、ウルサク感じるのか・・・などと体験しながら観察していたけれど、

家族間でのツールとして、介入するも、しないも適度な距離が保てることに快感を覚えた。

まだまだわからないことだらけで、

会社の担当、ひーちゃんに質問したい事だらけではあるが、

それはまた明日。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ねむいんですよねー

ここ何日か、サッカーの影響ではなく、

祖母が他界したために、

生活の時間がメチャクチャな感じで流れているため、

愛猫のご飯の時間もバラバラになってしまっていた。

そこで、普段なら元気な時間でも、

猫ですら、ネムネムだったり・・・。

Shin004

もう眠そうな事この上ない。

Shin005

あくびまで出てきた。

そして、ピロは寝て起きない。

Shin007

「ごはーん」って泣く時間も深夜だったり。

なんだかゴメンよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/26

なんだか微笑ましかった

祖母の告別式が無事に進められました。

なんだか、ほっと。

会社からも弔電を頂き、

今日と言う日、僕は仕事を進めていない一日を過ごしていることが、ちょっと申し訳なく感じて…。

オフィスではみなさん、仕事を頑張っているであろうに、この僕は、祖母の告別式で、穏やかな時間の流れを味わってしまっている。

ちっちゃな会場だったけれど、でも、グッと来て涙かこぼれてしまった光景があった。

無造作に、テーブルに、

祖母が大切にしていたという財産なるべきものが置かれていた。

そう、そこには、「写真」が広げられていた。

Aaaaaaa0018

僕が何気なく切り取った瞬間の数々、その写真、

何気なく、プリントした写真、

祖母は僕以上に大切にしてくれていた。

Aaaaaaa0017

無造作に並べられた、それらを見た瞬間、涙がこぼれた。

何気ない一瞬は、誰かの宝物なのだと。

写真がデジタルになって、撮る行為は絶対数増えている。

しかし、(写真)というもの、存在、価値が比例して増えているかと言えば、そうではないだろう。

「撮る」だけじゃ、『写真』じゃなくて「撮影」

プリントして、世の中に存在させてこそ、『写真』なんじゃないかな。

そして、その一瞬を切り取った絵が、誰かの宝物になった時、価値ある『写真』になるのかも。

ばぁば、勉強になったよ。教えてくれてありがとう。

・・・

・・・

うーん

・・・

さて、ここからは、一人の男として、

客観的に話させてもらおう。貴方と対等に、一人の人間として。

まず、貴方が気に入っていた自分の写真、遺影は、

笑っている。

Aaaaaaa0019

  大きく口を開けて笑っている。

いいーーーー笑顔だ。

Aaaaaaa0020

残された人に「心配するな」と言いたげで、

いっつもユーモアに溢れていた貴方らしい。

そんな貴方の生き方だったからこそか、

恐れ入った!

参った。

尊敬した。

貴方が育てた二人の娘は、すっごい。

自分の母親の葬儀で、こんなだ。

Aaaaaaa0005_2

一人の娘は、ピースマーク!そして孫は笑顔を振り絞れる。

極めつけは、コレだ。

「写真撮って!」と頼まれて、レンズを向けたら、

Aaaaaaa0006

遺影を思いっきり元気よく両手で掲げ、

「コレデモカぁーーー」ってなくらいの力強い笑顔。

Aaaaaaa0016

貴方のキャラクター、こういう感じでした。

おんなじ、似たような笑顔してんじゃん!

Aaaaaaa0007

貴方が育てた二人の娘は、とにかく今日、まわりに元気を振り撒いた。

貴方の財産は、貴方の宝であった写真、

それにも、その姿をきめている、二人の娘なのだと。

そして、私は、今日、その一瞬、それを写真に切り取ることが出来た。

そこで今日を振り返って、

写真家としても、幸せだった。

葬儀で幸せを味わうなど、考えもしなかった。

それから言わせてもらおう。

私は一人の人間として、

そんな、貴方の育てた娘に、真剣に育てられた事、

心から幸せに感じている。

つまり、貴方の孫であったこと、あらためて、心から嬉しく思う。

そんな貴方の孫として、力強く、楽しく、生きたい。

では、いってらっしゃい。

目頭は熱いけど、笑顔で幸せを噛み締めます。

さあ、そんな環境でいられる僕は、

今、魅力的な仲間にいっぱい囲まれています。

その成分のひとつは、ばぁば、

ばぁばのおかげです。

Aaaaaaa0003

ありがとう。

じゃあね。

また!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010/06/24

ツイッタ―では

岡田眞善、食わず嫌いだったツイッタ―をはじめました。
まあ、非常にラジオ的ではあるのですが、体験するのが一番早いと思われます。
どうでもいいようなコトはそちらで!

それに連動して、今日は僕のラジオの生放送前の模様、USTで公開します。
生放送のラジオが始まる瞬間をどうぞ〜!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/06/23

Webカメラ、写真機好きな僕がチョイスするなら

このところ、いつになく、ネットに向かう時間が多かった。

というのも、全部、惑星探査機はやぶさ・・・関連の画像や映像、情報を味わうため。

中継なんかも、かなーりチャレンジして観賞。

そうすると、地上にいる僕からならば、

もっと簡単に映像も発信できると。

でも、カメラ好きで、写真家としてもM-wave写真事務所に所属している僕・・・

という立場としては、Webカメラだって、普通じゃイヤダ!

そこでチョイスするのは、ロジクールの製品。

なぜなら、

このブログでもレンズの話は度々熱くしているけど、

僕の好きなCONTAXの源流でもあるZeissレンズ。

WebカメラでもZeissがあるわけで。

これ。

Aaaaaaa0007

ZeissのTessarレンズだ。(ツァイス、テッサーレンズ)

Tessarと言えば、CONTAX Ariaと記念レンズがセットとして販売され、

焦点距離45ミリが出ているくらい。

満足感アリアリ。ちょっと引いてみても

Aaaaaaa0009

スッキリ装着。

実はコレ、嬉しい事に頂いた。

Aaaaaaa0005

ロジクールの寺さん、ありがとー!!!!!!!

もうこうなっちゃ、早速活用するしかない。

実は、来週の火曜日、夕方からUSTREAMで生放送番組をやる!

(詳細は後ほど)

それもあってのこと。

そして早速、使い方を教わる。

カメラの・・・と言うわけではなく、USTREAMの放送の仕方。

Aaaaaaa0006

まあ、教わる事を期待していたら、

教わる事でもないくらい。

登録して、USTREAMにサイトアクセスして、クリックすれば即放送。

今日もやっちゃうよー!!!

夕方くらいかな。ロジクールのこのカメラのキレイさも味わえます。

USTREAMにおいて

shinzenOKADAで検索してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/22

電車が止ると

収録が終わって、半蔵門から電車に乗ろうとすると、

「止ってます」

もう、一駅歩いて、違う駅へ行っても止ってりゃ無理・・・

ということで有楽町線へ。

麹町から混雑。

なんてたって、半蔵門線の人が全員有楽町線麹町駅になだれ込んでるからねー。

そして、大手町駅である。

銀座線に人が入らない。

Aaaaaaa0002

さらに、表参道では、もう、これだけの人が、銀座線を降りて、そもそも満員電車の東急に乗ろうとしてる。

Aaaaaaa0004

銀座線から半蔵門、東急線へ。

Aaaaaaa0003

普通なら30分のところ、

2時間かかってしまった。

そして、過去最高のギュウギュウを体験し、

ありついた。

Aaaaaaa0001

つっかれたー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/06/21

さよなら ありがとう

もう日付が変わった。

昨日、朝、色々な思い出をくれた祖母が、そっと、朝早くに他界。

つい、一週間前に入院した祖母がだ。

一緒に色々な温泉に行ったり、釜飯屋さんに二人で行ったり、病院での笑い話エピソードにも事欠かない思い出。

このブログの話題でも、過去を見返せば、色々ある。

すごく肌艶が良くて、気持ち良く寝ているみたいだった。

僕は仕事の予定があったので、昨日は最後まで一緒には居られなかったけれど、移動の列車の中で、ゆっくりと祖母のことを考えることが出来た。

僕の色々なギリギリを、助けてくれたりしたこともあった。
お財布がすっからかん…そんな時、焼き肉に連れて行ってくれたりも。

僕はなぜだか祖母の前では、一番素直で居られたんだったな〜。

僕が大大大好きだった祖父が愛した女性だもの。興味津々に話を聞いたことも。
本当、ありがとう。
ゆっくりと休んでね。

「じいじ」からの言い付けは守り、実践して生きます。だからね、本当に安心してください。

真善より。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/06/18

浜亮太選手と

ゲスト、全日本プロレスの三冠王、

浜亮太選手。

そして西口プロレスのジャイアント小馬場選手。

Aaaaaaa0012

ゲストのために、椅子を通常でないものにしたのは、

番組的にはじめて。

スタジオの椅子は肘掛が付いているのだが、

それが邪魔で、浜選手は座ることが出来なかったのだ。

短い時間でも楽しくて、

浜選手も、ジャイアント小馬場選手も「ノリ」がよっくて。

そしてビールの話にも。

もうこりゃ、プロレス好きのアサヒビールのターザン古田にお願いするしかないと!

30日、全日本の会場には浜選手が好きなビールが届く事を!!!!!

そうそう、

僕は栃木が大好きなわけで、お世話になっているわけで、

15日、栃木県民の日、

県庁に顔を出してきた。

今の栃木を知ることが出来る。

びっくりしたのは、人口減少傾向にある日本において、

栃木は、なんと人口が増えているとの事。

Aaaaaaa0013

とちまる君とも。

そして展示ではBLITZENも。

Aaaaaaa0014

アイスバックスも栃木SCも、われらがリンク栃木ブレックスも!

訪れていたお客さんに、勝手に色々説明してしまった。(笑)

その成果あってか、

木曜日の生放送では、ブレックスのスーパーエース、

川村卓也選手飛び入り参加で、

ブレックスでは語ることのない話題で、

「洗濯物、たたむのが快感」という話を。

僕は「洗うだけ」が好きで、ディレクターは「一緒に住んじゃえばー!」と。

でもブレックス№1といやー、川村卓也選手は

№1トーカーでもある。話させたら、

ブレックスで川村選手の右に出るものはいない。

ありがとう、皆様!!という木曜日でもあった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/17

発想の展開

昨日は葛城ユキさんが突然のゲスト。

なんか、かなり嬉しくて、ドッキドキ。

執念がある女性ってのは、危険な場合もあれば、

魅力的な場合もあって、

もちろん、葛城ユキさんは後者のほう。

ちなみに、僕の愛猫ピロは前者か・・・。(笑)

Www0001

そして番組終了後は、やっと再会が実現する高岡さんと約束。

前田師匠を囲んでの焼き鳥屋での濃密な時間は、焼き鳥を食べることを忘れるくらいだった。

その後は、パイプのけむりに移動。

ここでは、佐藤社長とも、ティラー~!佐々木アウト!!さんとも合流し、

お互いにいじめあってた。

Www0002_2

まあ、周りからすれば、大のオトナがお酒を交わしながらジャレあってるとでも言うのだろうか・・・。

「ウルサイっ!!!」の声が聞こえなかったのが、

ちょっと迫力に欠けはしたのだが・・・。(笑)

もちろん、僕による「はやぶさ」談義も始まる。

もう、議論大会になってしまった。

Aaaaaaa0011

これには佐藤社長と熱く・・・

そこに、ティラー佐々木アウト!さんも加わり、「宇宙野菜」の話まで。

もう収拾つかないかんじ。

でも、こうして大人同士で「宇宙」の話をしたのなんて、

ほとんどなかったのに、こうやって宇宙について語れるってのは

それすら「はやぶさ」のおかげである。

Www0003

武井さんをはじめ、このパイプのけむりで、お酒を酌み交わすメンバーには、

本当感謝しきれないほど、いろいろと面倒を見ていただいている。

ただ、どう感謝し返す・・・かが問題だ。

普通に「ありがとう」では面白くない。認められない。

ヒネリを利かせなければイケナイ。

難しい問題でもあり、楽しい悩みだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/06/14

本当に、「おかえりなさい」

本当に、「おかえりなさい」
はやぶさ、7年間、お疲れさまでした。

ようやっと、地球に帰ってきて、

地球の生命すべてを守ってくれている空、
大気、
空気になったんだね。

ありがとう。

僕は7年前の君が地球を離れた時をはっきり覚えている。

なぜなら、僕のお母さんの誕生日に、君が、地球を飛び立ったから。

ちなみに、僕の誕生日は、初めて月の石を持ち帰ったアポロ11号が、地球を飛び立った7月16日。

だから、2003年5月9日に思った。

『これが成功したなら、親子揃って宇宙記念日生まれなんだ』とね。

君がそれを実現してくれた。

カプセルもありがとう。

ちゃんと君の魂がそこにあるはずだね。

はやぶさ、本当に、

『おかえり』

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/06/13

おかえりなさい、ありがとう。はやぶさ

今夜、11時少し前、惑星探査機、はやぶさが、7年と言う旅、それを終えて地球に帰ってくる。

Ep10006

はやぶさの卵を抱えて。

Endo93

予定外のアクシデントに見舞われ、ズタボロ、満身創痍でも、必死になって。

予定では2年も早く帰ってくる予定だった。

途中で、燃料も尽きて、帰還は無理だと思われても、

それでも、自分の体にある使える、動くものは何でも使って、

そして自分でも考えて、頑張って地球に信号を送り続け、

地球、日本と一緒になって、色々な困難を乗り越えて、帰ってくる。

Ep10001

JAXAに行ってきた。

Ep10003

Ep10004

そこで実物大はやぶさの模型にも会ってみた。

Ep10005

「HAYABUSA」という全周天映画も味わうことが出来た。

Ep10008

おかえりなさい。

君が地球に帰ると言うことは、君の体は地球へ帰す卵、

それ以外、すべて大気圏で燃え尽きるということ。

自分の体と引き換えに、卵をウーメラ砂漠に届けてくれる。

君が燃え尽きる前に、抱きしめてあげたい気持ちでいっぱいで、どうしていいかわからないくらい…。

果てしなく広い空間、宇宙という大海原へ旅立ち、そして、地球という星の歴史を解明するかけらと、僕らとを、出会わせるために、ちゃーんと帰ってくる。

ありがとう。

地球に心でつながって、奇跡、不死鳥、フェニックスと言われて。帰ってくる。

今、こんなに無限のワクワクを、はやぶさ、君が僕にくれている。

それを君は知ってるかい?

小学生のとき、「将来設計」なんて言葉と無縁のワクワク、夢、があった。
未知の知識に対するワクワクがあった。

それを「夢」と感じていた。

大人になって、自分の仕事もあって、目標もあって、日々過ごしている中で、自分に叶えられる目標が、「夢」になっていた。

そんな事とは関係ない、小学生の僕が感じてた夢、それを、君は僕に再び持たせてくれている。

君がくれた夢を、また追いかけられそうだよ。
夢の限界、そんなこと・・・夢は宇宙のようにどこまでも広がってて、それでいいもの。なんだね。

はやぶさ、おかえり。
ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/12

自転車と共に

ヴィトンの自分でリペアしたバッグ、

自転車で動く時のマストアイテム。

Ep10012

これがなかなかしっかりしてる。

もちろん、皮革部分は汗で色の変化が生まれてしまうんだけど、

それもまあ、「味」とうことで記憶に刻まれる。

休憩時は、写真のようにバーにかけられるところもいい。

ソフトな仕切りを入れて、カメラをほごできるようにもしてある。

気張らずに自転車と共に。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/06/10

ターザン古田とウッチャン石田

このデスクに向かって3時間。

Www0004

番組がエンディングに近づくにつれ、

もうデスクの上は原稿だらけになったわけだけど、

それが終わって、昨夜は楽しみが待っていた。

アサヒビールの支社長、古田さん、そして石田さんとの再会が待っていた。

もう、さすがにビール、お酒には詳しい詳しい。

Www0003

ただそれ以上に古田さんは、プロレスに詳しい・・・というより熱い。

プロレスの話をしだしたら、止まらなくなる。

それがかなり面白い。

ターザン山本ならぬ、ターザン古田と呼ばせていただくことになった。

番組企画がその場のみんなによって、勝手にどんどん思いつく。

Www0002

『朝まで生ラジオ』

パクリ番組と言われそうだが、

この(生)は、生放送の「生」よりむしろ、

(生ビール)の生。

そしてアサヒとキリンで生討論してもらうというもの。

ただ、話題はビールではなく、お互いに趣味の話で・・・。

プロレスVSラグビーなどなど。

個性的な社員が多いアサヒとキリンで、

そもそも勝負にはならない話題同士をぶつけあう。

なんだか、昨夜の会話時点では、成立できそうだった。

Www0001

お酒を味わいながら、笑いの絶えない時間が続いた。

Www0005

どうやら、石田さんの奥様が、旦那様に料理を作るのは、

人の命にかかわることなので、無理らしい・・・。

とか、わけのわからない話で笑い合ってた。

そんな話をしている石田さんが、

だんだんウッチャンに見えてきていた。

話し方も、似てるように感じてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/09

電車の中で通話するな~!

ホント、電車の中で通話する人がJRは多い。

しかも、たいてい決まって40代50代のオヤジ連中だ。
あくまで僕の個人的視点からは、この点は絶対数で考えて、10代、20代の若い人や、30代の方がちゃんとしている人が多い。

これじゃあ、大人が注意出来ないのも頷ける。

注意出来るような立場じゃない。

(大人が子供をちゃんと叱ろう)なんてテレビCMを見るけど、まずは、『大人が大人をちゃんと注意しよう』からだ。

僕は注意してみた。

すると、

「電車はさ〜、『マナーモードにして通話はご遠慮下さい』だろ、俺は遠慮しないんだよ〜」

なんて屁理屈を言い返された。

アキレルホカナイ。

最小不幸の国もいいが、ちゃんとした大人がもっといる国にならなけりゃ…。
それは政治家の仕事でない。
国民の仕事、当然の責任。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010/06/08

立ち飲み

とある駅の近く、

戦後から続くバラック街の名残。

立ち飲み屋が何件か。

初めて訪れてみた。

Www0003

座れる飲み屋と違い、完全なる酔っ払いが居ない。

立てなくなるような酔っ払いは、必然と帰るわけだ。

そこで、「燃える男の焼酎」とホッピーを。

Www0001

「外」と言われるホッピー一本に対して、「中」の焼酎は2本から3本で。

Www0006

Www0007

これがけっこう、心地よく酔いが回る。

初対面、見ず知らずの人と話し、会話をもつまみに。

青森、八戸出身で、そして電車も酒もこよなく愛す、尾形さんとの話は、

最高のつまみになった。

閉店前、火が消されて、帰りの時刻を告げられる。

立ち飲みだけあって、そんな遅くまでやっていない。

歩いて帰ることのできる時間までの営業、

つまり、終電よりだいぶ前に、店は閉まる。

Www0004

そして、帰り際に、自分へのお土産を、この場所で買った。

Www0005

お土産は、森永ミルクキャラメル。

そしてマーブルチョコ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/06/07

参りました・・・オリンパス

カメラ製造、販売各社が顔認識、

そして笑顔認識なんて機能を充実させて来ている今、

オリンパスの最新アイテムには

「参りました!」と言うほかない。

今まで、笑顔を作り出す、視線を集めるなんて、

カメラマンの作業以外にありえなかった。

そう、

これまでのカメラは笑顔を認識しても、

笑顔自体は、作ることは出来なかった。

そして目線を集める事も。

特に子供の目線を集めるなど、難しい作業を、

オリンパスの最新アイテムは、カメラ側で、余裕でこなしてしまう。

これだ。

Ep10005

この写真だけだと、なんだかわからないかもしれない。

周りの黒い物体はカメラだ。

その中心にいる。

では、使い方、使用説明に沿って、

Ep10004

カメラに装着!

すると

こうなる。

Ep10003

沢山のカメラを見慣れた僕ですら、

その目線を奪われる。

すると、カメラ目線になる。

そして笑顔になる。

もう参った。

オリンパスは、目線集中機能と、

笑顔作成機能を、カメラにつけてしまった。

もう、すんげー!!!!!!!

としか言う他ない。

ちなみに、神田のオリンパスでは、これに似たアイテムを自分で作る技をも教えてくれる。

今まで、こんな技術を考えたカメラメーカーはあっただろうか?

オリンパス、そんなところに目が行くのが面白い。

『目のつけどころがシャープでしょ!』ってなシャープの言葉は、

オリンパスにも使ってしまいたいくらい。

その頭の柔らかさに脱帽。

ちなみに、このオリンパスの技術は、

どのカメラメーカーのカメラにも装着できます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国旗を

サッカーのワールドカップの影響で、

テレビ画面で国旗を目にする機会が増えている。

Ep10008

国旗を「羽織る」なんて姿も街で見受けられそうだけど、

実際に普段自宅に「国旗がある」という世帯はどれくらいだろうか?

この文言を目にして、自分自身を恥ずかしく思った。

たしかに国旗はとても大切に思う。

その意識もはっきりとあった。

しかし、国旗を自宅で掲揚することが出来ない。

国旗を所有していないからだ。

学校でも教わった。

なのに、実践は・・・

Ep10009_2

国旗を大切には思っているが、

それに実際に触れてはいなかった。

Ep10010

バスの運転席近くに掲げられる小さなクロスした国旗、

それに満足していた。

国旗を手に入れてみたいと考えているこの頃。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/06/05

小澤さん

今年になって、僕の髪を切ってくださってるのが、

小澤さんという方。

ヒョイっと入ったお店で、軽く髪を切ったのが出会いだったけれど、

その髪型が評判良くて・・・。

それ以降、よほどの仕事でのオーダーがない限りは、

小澤さんにしていただいてる。

先日、また小澤さんに切っていただいた。

自分でも気持ちいい・・・というか、髪型を朝、楽だし、

それでいながらちゃんとなる。

希望の髪形を美容師さんに伝えるのは、

至難の技だけれども、

小澤さんにお願いすればベストが、すぐさま手に入る。

こういうのは、人生初。

大きな財産だ。

そりゃー、時には「喜多床」なーんて場所に足を運びたくなるのだが、

小澤さんに切っていただく安心感。

快感です。

自分で髪を洗っていても、サッパリするのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/03

先輩と遭遇!

昨夜はホテルに戻ってから呼び出し。

Ep10003

お決まりのバーへと向かうと、玉川の先輩との遭遇。

Ep10005

体育専攻だったということで、バッチシスマート&スタイリッシュ。

かなり若々しく、玉川らしさが溢れていて、なんだか嬉しかった。

Ep10007

実は、友達と呼ばせて頂いてる、ソフトウェア開発会社の佐藤社長と一緒に仕事をしている。右に写ってるのはムードメーカーの佐々木さん。

佐々木さんも呼び出されたくちだ。(笑)

Ep10004

一瞬、佐藤さんの奥様だと勝手に思っていたのだが…。

玉川の話でも国見先生の話でも花が咲き、

嬉しかった。

あ、武井さんも元気で仕事。何より何より。

Ep10006

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »