« 安くなったもんだ。 | トップページ | 依頼を受けて幸せだった。 »

2010/04/24

キャンドルってさ

最近気になるモノ、

キャンドル。

Ep10009

以前にレディス4で体験してから、

そして作った作品に火を灯してから、余計に「いいな」って。

はっきり言って、今の時代、キャンドルって必要なものではない。

本来の一番の役目、「明かり」という役割は、

電灯で十分。

否、電灯の方が効率がいい。なにせ、安全に明るい。

それでもなお、キャンドルってのは、

『魅力』があるから。

Ep10006

『不必要』と『不要』はまったく意味が違う。

必要ではないけれど、あってもいい。あったほうがいい。

Ep10007

いわば、心の余裕、素敵な『贅沢』なのです。

よく、「環境」だの「エコ」なんて言葉でキャンドルを語るシーンを目撃します。

でも、どこが「エコ」だっつーの!!!

自宅の電気を消灯しても、発電所では、その分の電力を一生懸命発電しています。

ローソク使ったからって、二酸化炭素が減る事はない。

むしろ、増加する。

発電所でも出したものを活用せず、わざわざ、目の前で燃やすわけですから。

ましてや、ローソク作るためには、その灯り効率以上に、電力使う。

でも、だからローソクが悪者・・・・・・ってなわけ・・・じゃーない。

「エコ」だの「環境」だの・・・ということに、どこに根拠があるのか??ってなことが、

僕は嫌なわけです。

いいんですよ。キャンドルは。

不必要なもので。

でも、何度も言うけど、『不要」じゃーない。

世の中、エコ語れば、プリウスだの環境減税車ってな風潮ですよ。

だけど、クラシックカーって、いいじゃん。

楽しんでる紳士が一杯いらっしゃる。

今の時代、排気ガスは今の車より汚いし、『不必要』ですよ。

だけど、『不要』じゃなくて、

そこに普遍的な味わいだの、人間らしさがあるから、文化なのです。

素敵じゃあありませんか。

カメラもそう。

今、デジタルがあるのに、わざわざフィルムカメラで撮る。

Ep10010

言ってみりゃ、フィルムの資源は余計にかかって『無駄』?かい。

味わい、とか、好き・・・とかいうコンピュータには理解できないであろう価値がある。

価値って、コンピュータでは判断できないことも多いと思う。

そんあ味わいが、キャンドルにはあってね、

心穏やかにさせるマテリアル。

ちょっとリサーチに行って見た。

ハンバーグのびっくりドンキー。

入店して、まずは違うことでびっくり。

Ep10002

拡大すると

Ep10001

アイスランドの火山噴火で、飛行機が飛べない影響で、

船便需要が高まって、ポテトが届かないわけなのね。

びっくりドンキーのポテトは、重油燃やして、海外から届けさせているわけか。

原材料単価としては安くなるんだろうね。

さて、本題。

こんなポスターがあった。

Ep10003

拡大すると

Ep10004

ほほー、キャンドルで環境問題ねー。

その「考えるきっかけ」としてのキャンドルはわかるけど、

本気で環境問題考えるなら、

キャンドル燃やしてる場合じゃなくて、

ポテト、海外から重油いっぱい使って運んで、店で使うべきじゃーないわなー。

国内各地、北海道からの方が、環境負荷は10倍近くも地球に優しい。

でも、海外から運んだ方が安いわけでしょ。

それが現実でしょ。

僕はそれでいいと思うわけですよ。

だから、かえってキャンドルを環境に結びつけちゃってるのが、

僕は気持ち悪いんだな。

こういうキャンペーンだったら、正直に

「お客様に、キャンドルでロマンチックな時間をも味わっていただきたい」

ってコピーで迎えてくれたほうが、気持ちいい。

なのに、なんだか、どうしてか環境に結びつけちゃう。

Ep10008

キャンドルは贅沢です。

人間らしさのある贅沢。

優雅な時間を味わえるマテリアル。

僕はそれで素直に楽しみたい。

あ、おろしそハンバーグディッシュ、最高においしかった。

そして安い。

Ep10005

これも、海外からポテトを輸入しているびっくりドンキーの経営努力の賜物。

がんばってますなー、びっくりドンキー。

好きです。

だから、キャンドルのPRメッセージも素直に

「キャンドルで素敵な時間を過ごすために」であってほしんだなー。

キャンドルって、素敵なんだから。

|

« 安くなったもんだ。 | トップページ | 依頼を受けて幸せだった。 »

コメント

意味あいが変わってしまうかもしれないけど
「エコ」よりも「節約」って言うほうが電気を消すにしても、環境減税車を買うにしても気分がいいかもしれないかな。
「エコ」っていう響きがどうも偽善的なんですよね。


ニャンコキャンドル可愛いですね^^
キャンドルは私も夜、ゆっくりしたいときにたまに使いますヨ。
ホッとするから

今はなんでも早く出来てしまう時代。

以前、雪の山の中でガスでお湯を沸かしてインスタントラーメンを食べるなんて事をしたのだけど、あの無駄な感じが妙に楽しくて美味かった(笑)

エコでも節約でもないけど、無駄を楽しめる感覚、持ち続けたいですね。(なんか話がそれちゃった・笑)

投稿: あいさ | 2010/04/24 09:49

キャンドルの明かりが温かくって好き
キャンドルのゆらぎが落ち着く
キャンドルの作る影が好き
キャンドルを眺めているのが好き
キャンドルをともしている空間が好き

ネコさんのキャンドルが欲しいです。

投稿: 自転車の方です | 2010/04/24 22:38

寒い春に、キャンドル。


キャンドルと言うよりも、ロウソクなドデカいものがこの春は活躍中です。


ビニールハウスの中は、以外にロウソクでも温かくなるみたいで・・・。


我が家は、とても大きなロウソクが小さな芽吹きを見守っています。


秋には、美味しいお米になりますように♪

ぽかぽかな春が待ち遠しいです。

投稿: いちこ | 2010/04/25 11:06

こんばんわ(^○^)
キャンドルって不思議ですよネ。
ロマンチックだったり、幻想的だったり…
その時の気持ちや、季節・場の雰囲気、そして
誰とそのキャンドルを見ているのか、或いは一人なのかで
癒しにもなるし、涙を誘うこともあって、色々な要素を持っていると思います。
でも、何と言ってもクリスマスキャンドルが最高!!

眞善さんがお作りになった猫のキャンドル
一つ一つ表情が違うんですね。どれも可愛いです。

投稿: みちこ | 2010/04/25 21:52

はじめましてです。 初めてコメント書きます。
これからよろしくお願いします
私は以前英会話スクールの先生が住んでいるアパートが一般公募していたので、何も考えず入居しました。
その時周りはカナダ人、オーストラリア人、アメリカ人、イギリス人、でした。
その中で初めてキャンドルを普通に使ったり、自分で古いレコードの上にワインの瓶を置きその上にロウソクをさしてだんだんそのロウソクのロウがたれてきてワインの瓶が雪山の様にで素敵でした。
広い国だから出来る時間の過ごしかたと思いました。
ヤハリECOと言うより癒しと思いますねでもその延長線にECOがあればステキな事ですよね

投稿: comme le vent | 2010/04/26 03:03

はじめましてです。 初めてコメント書きます。
これからよろしくお願いします
私は以前英会話スクールの先生が住んでいるアパートが一般公募していたので、何も考えず入居しました。
その時周りはカナダ人、オーストラリア人、アメリカ人、イギリス人、でした。
その中で初めてキャンドルを普通に使ったり、自分で古いレコードの上にワインの瓶を置きその上にロウソクをさしてだんだんそのロウソクのロウがたれてきてワインの瓶が雪山の様にで素敵でした。
広い国だから出来る時間の過ごしかたと思いました。
ヤハリECOと言うより癒しと思いますねでもその延長線にECOがあればステキな事ですよね

投稿: comme le vent | 2010/04/26 03:11

キャンドルの魅力を理解している眞善さんは、素敵ですね!ロマンチックなひとときには、欠かせないアイテムですね。ひとり時間の癒しにもなり、心穏やかになり、なくてはならないもの。キャンドルの炎を見つめていると、宇宙と心がつながり、本当の自分に出会えて、明確な答えがでます。とても価値のあるアイテムですね!

投稿: さきほ | 2010/04/26 12:47

ごもっともです!


ぼ~~っと、キャンドルに灯された炎を眺めるのが好き。
キャンドルに限らず「好きな物は好き」、それでいいと思います。
火を灯すのをためらうくらいに、猫なキャンドルが可愛い・・。

投稿: くれお | 2010/04/27 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンドルってさ:

« 安くなったもんだ。 | トップページ | 依頼を受けて幸せだった。 »