« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/28

おめでとう! JR東で初の女性新幹線運転士 - @niftyニュース

リンク: JR東で初の女性新幹線運転士 - 速報:@niftyニュース.

というわけで、これから何度となく、

彼女は、この新幹線を支えている、鉄骨の上を走る事になるのだろう。

Ep10001

東北新幹線は東京駅に向かう際、秋葉原を走り抜けるとき、

この鉄骨の上を優雅にゆっくりと、白い車体を輝かせながら。

それを操っているのこそ、彼女かもしれないと想像できるわけだ。

あっぱれ!おめでとう!!

さらに、もしこの鉄骨に性別があって、女性ならば、新幹線の安全を支える先輩であるわけだ。

もちろん、想像上のお話。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/27

こ、こ、コレはぁー!!!

旨い。

上品でいてコクがある。

Ep10023

かどやの純正ごま油に間違いない香り。

Ep10024

しかも、期間限定だ。

Ep10025

問題は、いつまでの期間限定なのかと言うことだ。

買いだめしたいくらいだ。

やるな、カルビー!!かどや!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/04/25

依頼を受けて幸せだった。

結婚式の司会の依頼を受けた。

そして当日。

涙が出た。

素敵な新郎新婦だった。

式のための結婚式を数多く見る 事もある。

でも、愛のための結婚パーティーだった。

Ep10022

パーティーにカメラマンがいないことに気付いた。

パーティーもシンプル。でも、楽しい。

今日のパーティーは、写真をお願いできなかったと言う。

僕は急いで車へ走り、カメラ機材を運び出し、会場へ運んだ。

僕にできる限りのことだけはしたいと、

そう思わせてくれる、新郎新婦だった。

Ep10015

集まったのも、本気で祝福したい友達だけだった。

良かった。

司会をしていても、ウルウル。そしてパシャパシャ。

Ep10013 Ep10014

ちっちゃな持ち歩ける写真集アルバムをプレゼントすることにした。

写真は、仕事で請け負ったわけではないからね。

依頼を受けて、このパーティーに立ち会えた事を、

心から幸せに感じた。

このところ、僕は幸せな式に遭遇することが多いように感じる。

ありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/24

キャンドルってさ

最近気になるモノ、

キャンドル。

Ep10009

以前にレディス4で体験してから、

そして作った作品に火を灯してから、余計に「いいな」って。

はっきり言って、今の時代、キャンドルって必要なものではない。

本来の一番の役目、「明かり」という役割は、

電灯で十分。

否、電灯の方が効率がいい。なにせ、安全に明るい。

それでもなお、キャンドルってのは、

『魅力』があるから。

Ep10006

『不必要』と『不要』はまったく意味が違う。

必要ではないけれど、あってもいい。あったほうがいい。

Ep10007

いわば、心の余裕、素敵な『贅沢』なのです。

よく、「環境」だの「エコ」なんて言葉でキャンドルを語るシーンを目撃します。

でも、どこが「エコ」だっつーの!!!

自宅の電気を消灯しても、発電所では、その分の電力を一生懸命発電しています。

ローソク使ったからって、二酸化炭素が減る事はない。

むしろ、増加する。

発電所でも出したものを活用せず、わざわざ、目の前で燃やすわけですから。

ましてや、ローソク作るためには、その灯り効率以上に、電力使う。

でも、だからローソクが悪者・・・・・・ってなわけ・・・じゃーない。

「エコ」だの「環境」だの・・・ということに、どこに根拠があるのか??ってなことが、

僕は嫌なわけです。

いいんですよ。キャンドルは。

不必要なもので。

でも、何度も言うけど、『不要」じゃーない。

世の中、エコ語れば、プリウスだの環境減税車ってな風潮ですよ。

だけど、クラシックカーって、いいじゃん。

楽しんでる紳士が一杯いらっしゃる。

今の時代、排気ガスは今の車より汚いし、『不必要』ですよ。

だけど、『不要』じゃなくて、

そこに普遍的な味わいだの、人間らしさがあるから、文化なのです。

素敵じゃあありませんか。

カメラもそう。

今、デジタルがあるのに、わざわざフィルムカメラで撮る。

Ep10010

言ってみりゃ、フィルムの資源は余計にかかって『無駄』?かい。

味わい、とか、好き・・・とかいうコンピュータには理解できないであろう価値がある。

価値って、コンピュータでは判断できないことも多いと思う。

そんあ味わいが、キャンドルにはあってね、

心穏やかにさせるマテリアル。

ちょっとリサーチに行って見た。

ハンバーグのびっくりドンキー。

入店して、まずは違うことでびっくり。

Ep10002

拡大すると

Ep10001

アイスランドの火山噴火で、飛行機が飛べない影響で、

船便需要が高まって、ポテトが届かないわけなのね。

びっくりドンキーのポテトは、重油燃やして、海外から届けさせているわけか。

原材料単価としては安くなるんだろうね。

さて、本題。

こんなポスターがあった。

Ep10003

拡大すると

Ep10004

ほほー、キャンドルで環境問題ねー。

その「考えるきっかけ」としてのキャンドルはわかるけど、

本気で環境問題考えるなら、

キャンドル燃やしてる場合じゃなくて、

ポテト、海外から重油いっぱい使って運んで、店で使うべきじゃーないわなー。

国内各地、北海道からの方が、環境負荷は10倍近くも地球に優しい。

でも、海外から運んだ方が安いわけでしょ。

それが現実でしょ。

僕はそれでいいと思うわけですよ。

だから、かえってキャンドルを環境に結びつけちゃってるのが、

僕は気持ち悪いんだな。

こういうキャンペーンだったら、正直に

「お客様に、キャンドルでロマンチックな時間をも味わっていただきたい」

ってコピーで迎えてくれたほうが、気持ちいい。

なのに、なんだか、どうしてか環境に結びつけちゃう。

Ep10008

キャンドルは贅沢です。

人間らしさのある贅沢。

優雅な時間を味わえるマテリアル。

僕はそれで素直に楽しみたい。

あ、おろしそハンバーグディッシュ、最高においしかった。

そして安い。

Ep10005

これも、海外からポテトを輸入しているびっくりドンキーの経営努力の賜物。

がんばってますなー、びっくりドンキー。

好きです。

だから、キャンドルのPRメッセージも素直に

「キャンドルで素敵な時間を過ごすために」であってほしんだなー。

キャンドルって、素敵なんだから。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/04/21

安くなったもんだ。

そういや、今日の秋葉原取材で、ちと個人的なものを発見した。

コンパクトフラッシュ。

出先でのブログの更新を考えて、

僕はアダプターを介してSDカードに統一しつつあるんだけど、

今日はコンパクトフラッシュを買ってしまった。

SDHCカードより転送速度が速くて、

16Gでありながら2000円台。

SDカードより安いんだもの。

来月には、僕も楽しみなシェパード達の撮影もあることだしと、

そんな理由をつけて購入。

Ep10008_2

パッケージが、すごく高級感あって、

ビデオのパッケージのミニサイズのようになっている。

お店の情報によれば、あの信頼性№1の日本メーカーと同じもの。

ただし、そこの速度規格にぎりぎり達しなかったものがこうして・・・。

そして値段が80parオフくらいになってる。

何年かまえに、この手前に乗っけた2GのSDカードを買った値段と同じ。

メディアも安くなったものだ。

一回のプリント代と同じようなものじゃん・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どこで聴かれるか?

4月を機に、今までとは違った視点でも、仕事を捉えるようになって来ている。

ラジオを味わうのに、味わいやすい方々がいるはずだと。

そこを探して訴求するのも、ラジオがラジオ力を存分に発揮するポイントではなかろうかと。

会議を終えて、お世話になってるプロデューサーさんの元に挨拶に伺った。

今回、僕が人生で「檜」という字を掛ける男にになったきっかけと言える女性と。

一緒に出かけた僕ら二人は、素人である。

そんな気持ちで向かい、挨拶を。

会ってくださるプロデューサーさんに感謝だった。

オフィスに戻る帰り、

プロデューサーさんのおっしゃってた事から閃いた。

今までどおりの新しい提案ではなく、訴求するクライアントを変える事で、

また新たな活路が見出せるのではないだろうか?

会議を終えて、秋葉原へ取材へ 。

Ep10010_2

あまり訪れる事がなかった、秋葉原。

センセーショナルだった。

ラジオを味わえる環境にある人がいっぱいいらっしゃった。

ここに訴求できる番組があれば、聴いてくれるし、その上で、

ラジオの魅力再発見を、「今だから」してくれるだろうということも発見できた。

かなり歩き回り、

帰宅して、近所で一杯。

Ep10011

つぶ貝煮込みと梅サワーで軽く。

そして、スタミナを付けるべく、

Ep10012

ちょっとー!こんな美味しいうな丼を食べさしてくれるお店があったなんて!!

人生最高のうな丼と出会ってしまった。

うなぎ好きな弟に教えてあげたくなった。

行きつけの、同じ店の新たなメニューにチャレンジするばかりじゃなく、

店を変える、新たな店に入ることも、ラジオは必要なんじゃないかなと。

そんなことをも味わいながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/19

asahi.com:職員に不評なので…郵便局の監視カメラ、撤去費32億円 -

リンク: asahi.com mini:職員に不評なので…郵便局の監視カメラ、撤去費32億円 - ビジネス.

おいおい、冗談じゃない。

ココログニュースで、この一件を知ったけど・・・。

2007年に700億使って取り付けた防犯カメラを、

「職員に不評だから」ってな理由で32億かけて撤去とは・・・。

あきれるしかない。

そもそも、電源を切るなり、それが無理なら、ケーブルを切断するだけでカメラは機能しなくなる。

それにわざわざ32億円の予算を使うなんて、

赤字経営国家である日本がやってイイことではない。

これをもっとラジオでもテレビでも取り上げるべきではないだろうか?

少なくとも僕は取り上げる。

だいたい、「職員に不評」という理由が、まかり通ってしまうのも、

一般企業ではありえないことだ。これはおかしい。

郵政に関して、僕は一定の理解と応援もしている発言をしてきたわけだけれども、

これは、現場での事象ではない・・・のではなかろうか。

この32億円の撤去費用と言う名目の予算を受け取る、誰かの会社があるわけだ。

それがどこの企業かということは、まだ詳しく調べていないけれど、

一定の基準を設けての、認定会社が一括して請け負うことになると、

容易に想像できる。

これを推し進める国民新党は、一般感覚から乖離しているとしか、

僕は考えられない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/04/18

気になり始めた

今朝、千葉県のスポンサーの潮干狩りの番組をみた。

ううー、行ってみたい。

検索ランキングでも、いきなり上位に来てる。

で、コレが気になり始めた。

Ep10002_2

デザインも僕好み。

Ep10003_2

これなら、温泉でもちょっとは楽になる。

潮干狩りでも安心感を得られる。

そんな事を理由に、手を出そうとしている僕がいる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かわいすぎだー!

野菜の値段が高騰していると言われているけど、

それを実感することなく過ごしている、僕の買い物タイム。

僕が行くスーパーでは、そんなに値段変わってないのだけど・・・

そんな事を考えながらレジを済ませた瞬間、

僕には、たまらなく可愛い光景が飛び込んできた。

コレだ。

Ep10005

やっばい!

なんなんだ、この可愛さ。

自転車乗ってきたんだろうね。兄弟で。

売り物の本を、地べたに置いて、兄弟で夢中になって読んでいる。

Ep10002

お兄ちゃんが読んであげているのだけど、

弟のヘルメット、最高だ。

Ep10003

お兄ちゃんが、自分で読む事に夢中になってしまって、

ちょっと、弟が飽きてきて、他の本を物色し始めたが、

読めないみたいで、ちょっとつまらなくなったようだ。

お母さんを探しに行ってしまった。

ま、僕も兄弟観察し続けるわけには行かないので、

出口に向かって歩き始めると、

前に出現。

Ep10004

僕も子供を持つようになったら、

こんなヘルメットかぶせてみたいと・・・。

そんな事を考えつつ、子供社会の上下関係を懐かしく思うのだった。

Ep10001_2

それにしても、かわいい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/17

SAMUI

4月だと言うのに、

ほんと寒い。

でも、寒さ故、空気が澄んでもいる。

同じカメラで街の明滅を残しても、

街の空気の違いなのだろうか?

色合いが違う。

Ep10011

Ep10014

Ep10016

カエルも寒そうだ。

Ep10012

ただし、カエルだけはカメラが違う・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/16

吉野家でも他でもなく

オフィスの近くにオリジナル牛丼店を発見。

牛丼が、昔、家で食べたような味だった。

Ep10008

そしてある日、

しょうが焼き定食を。

Ep10009

どこでも食べた事がない、

誰かの家にお邪魔して、そこのお母さんが作ってくれた夕食の味。

なんだか、久しぶりな感覚。

何より安い。

美味しい。

大手もさることながら、努力してる、魅力作ってる味。

いいとこみーっけ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/04/15

美人談義

写真の師匠、前田さんと宇都宮の夜。

もう師匠のミッドタウン、フジフィルムフォトスクエアでの写真展も、

ゴールデンウィークに開催だから、間近に迫ってきた。

でも、写真が好きだと、各々の考える被写体美人が当然大好きで、

そこは僕も師匠から受け継いでいる??

いや、お互いもともと。(笑)

Ep10005_2

この日は、美人バーテンダーのいる店で。

Ep10008

美人がいれば、そこに集まる男がいるのが世間と言うもの。

同じ思考の仲間が集まり、3人組に。

彼女が得意なWhiteLadyを3杯。

Ep10006

Ep10009

彼女が作ってくれたカクテルは格別。

そして男3人と彼女を交えて美人談義が続いた。

性格美人は、当然顔にも表れるもので、

それは味わいとして表に出る。

美形と美人は一緒ではないが、美人は性格美人でもある事がほとんど。

そうそう、美人談義には、当然ベテランバーテンダーの、

この人も加わる。

Ep10007

写真の師匠もかなわない、美人鑑定士バーテンダー!

美人バーテンダーを日本全国すべて把握している。

そもそも、熟練した接客業の女性の方々は美人である。

だからが故、バーテンダーさんは美人ばかり。

性格がお客を惹きつける対応を生むからだろう。

そんな話もしながら・・・。(笑)

恐れ入りました。

楽しい夜だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/13

最近こいつも・・・そして師匠も。

写真師匠、前田幸雄氏の元には、

色々なカメラが集まってきているようだ。

ペンタックスのW80なんて、新たな仲間もいる。

お茶をすれば、テーブルの上はカメラが並びだす。

Ep10006

二人で、コレではない。

師匠だけで3台である。

一方、僕の前には、英語のメニューがわざわざ・・・。(笑)

Dsc00043

さて、カメラ、

コンパクトも師匠は大好きなわけである。

Ep10003

Ep10004 

そして使いだす。

なんでも撮る。

Ep10005

珈琲そっちのけで、珈琲を撮ったり。

師匠は僕を「写真小僧」と呼ぶが、

師匠も「写真小僧」なのだ。

写真が好きだから、写真機も好きだから、

いつも一緒に。

そして、普通に歩くことがない。

なにか絵になるものを見つけてしまうと、

撮ってしまうのである。

Ep10007

師匠に負けじと、

最近、こいつも僕の相棒になった。

Ep10002

しかし、この写真を撮ったのは、ニコンである。

初めてのニコンも、仲間に加わった。

いつかコシナもシグマも、レンズだけでなく、

僕の相棒として加わるだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/12

艶葉木

レディス4で一緒にトンボ玉づくりをした

鶴太郎さんの個展、

「艶葉木」が19日まで、日本橋三越で開催中。

僕の恒例の楽しみだ。

Ep10009

日本橋で椿を味わう。

なんとも洒落ているじゃないか。

そして日本橋は桜も風に舞っていた。

P41112161ww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/11

休みであれば

ウィークデーは、ビジネスマンで溢れかえる街、

何年か前までは頻繁に訪れていた。

正直久し振りで懐かしかった。

でも、休日である。

駅に人も少ない。

Aa0001

Aa0003

Aa0005

人がいない。

Aa0002

深夜でも混んでいて、

日中ならなおさら・・・そこも、いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/09

サボってないが…。

サボってないが…。
今から提案したい打ち合わせがあり、仲間を待つために、ここにいる。

この、ふと入った喫茶店の店主の命名に感服!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いいタイミングで

今、いいタイミングで風邪気味だ。

ただ元気で舞い上がる感覚でなしに、舞い上がることなく、冷静に、(何かがより良くなるためには)を考えられる。

ノリで(楽しそう)(こうしたらさらに良く)という感じじゃなく、myの雰囲気に押されずに、通年の感覚で。

最近常に僕が意識して、スピーチなどで吐いている言葉(楽しい)こととは、見せかけの楽しさでなく、本気で(楽しい)を実感したものを厳選して伝えることで、初めて意味があると信じている。

だから余計に、比較的なんでも楽しそうな、この時期に、(風邪気味になった)のはLUCKYだ。

ただし、僕以外は、今の僕の(風邪気味)を、(花粉症の症状)が出始めた…というが、僕は認めない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

またまた恵山荘へ

水曜日から木曜日の出張は、それ自体を楽しんでいる方が

僕にとってもプラス。

今回、番組でもいつもお世話になっているので、

どうせならと思い、栃木トヨタさんに車検に出してた車が、

完璧な調子で戻ってきた。

それで、水曜の夜はふらっと那須まで。

また、お漬物の美味しい恵山荘。

Shin007

ここのぬか漬けは、絶品だ。

仕事が終わってから車走らせたので、

夕食は食べられる時間ではない。

そこで、お漬物とおにぎりを頼んでいたのだった。

こういう夕食、大好きである。

そして湯量豊富な温泉。

Shin006

ここに何時間も浸かって、・・・・

浸かりすぎもいけないので、

正確に書くと、

この場所で長い時間を過ごして、

入ったり出たりを繰り返し、

体の疲れを抹消してゆく。

空気が乾燥していたが、この浴室では十分な湿度で喉が楽になる。

Shin009_2

恵山荘、そして塩原という地にハマってしまっている僕である。

Shin008_2

この塩原の魅力を、どうにかして広める事は出来ないものか・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/08

地産地消のセブンイレブン

いつもの?セブンイレブン二人組み。

ほんとセブンイレブンは日本全国各地で

真剣に地産地消に取り組んでいる。

そして、楽しんでいる。

外部に委託ではなく、自分達でアピールを率先して楽しんでやっている。

今回、石山さんが、トチオトメンなんていうキャラを創り上げて、

番組にアピールにやってきた。

Shin004

石山さんの笑顔こそ、とちおとめのジャムの入った、

さっぱりシュークリームの味を物語っている。

笑顔で仕事に取り組んでいるセブンイレブンの皆様を尊敬するばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/07

あったぜ〜!イタリアン!!

あったぜ〜!イタリアン!!
探していた、例のドレッシングをやっと見つけた。
色々なドレッシング売り場でも、同じシリーズのフレンチや中華、和風は見かけたが、イタリアンだけは揃えている店が見つからなかった。

それがようやく発見に至った。

実際に使ってみると、確かにそっくりな味わい。

ただし、ドレッシングにも野菜に対しての、
向き、不向きがあるようで、このドレッシングは、レストランと同じように、レタスには向いてるけど、千切りキャベツには向いていないことを発見した。

ただし、味は納得の旨さ加減。

マコーミック、やるな!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

変わる変わらない

築地を昼に歩いた。

築地に行くと必ず寄ってしまう場所。

日産本社ギャラリー。

ここでティアナやGTRを見たけど、

今はもうない。

Ep10003

Ep10004

もぬけの殻。

Ep10005

ガラスに映り込む以外、誰もいない、車もない。

そう、ここはもう本社じゃない。

横浜へ移ったからね。

でも、

すぐ近くのラーメン屋さん、

伝承ラーメン北都にはいつもと変わらぬ味。

Ep10007

シンプルな中に、深いやさしい味わい。

Ep10008

満足の味わいと共に外に出れば、

「よ、趣味王子!」の声と共に、

市場のおじさんが。

(写るんです!)を買ってきて、写真を一緒にと、パチリ。

僕も、コチラのカメラをおじさんの仲間に渡して、パチリ。

構図が、ありえない構図だったので、トリミングしたけどね。(笑)

Ep10006

市場のおじさんは、夕方、レディス4を毎日見ているらしい。

ありがとう、ありがとう!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/06

50円や80円じゃ

葉書一枚手渡されて、

「これを50円であて先まで届けて欲しい」

と、言われたら、

僕は行かない。

封書をひとつ渡されて

「これを80円で届けて欲しい」

と、言われても同じだ。

でも、ちゃんと届く。

Ep10001

JP、頑張ってるよなぁー。

この前、配達をしてる方から、お名刺を頂いた。

「責任もって届けますから」

その言葉が、仲間を信じている証拠でもある。

だって、最後までその人が行くわけではないのだから。

「仲間が届けます」「責任と共にお預かりしました」

50円の責任、

50円にそこまで責任を持てる仕事、

素晴らしい。

あたりまえ・・・だけど、考えてみるとすごい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/05

これはこれで

色々なパスタがある。

そんな専門店もいっぱい。

昔、学生時代に訪れて、

それ以降、ジョリーパスタに足を運ぶ事がなかった。

学生時代、勝手ながら当時の僕らからすると、

ちょっとお値段お高めの、ちょっと高級店・・・というイメージだったわけだ。

Ep10007

それが、久しぶりにパスタが食べたくなり、再訪。

10年以上ぶりだ。

勝手に「ちょっと高級店」と言うイメージから覚悟をちょっとして、

入店。

メニューをみて、「高くないじゃーん!」

おそらく、僕の価値観が変化したのではなくて、

ジョリーパスタが、全体的な値段を下げて、

経営努力があった、ブランドイメージ戦略に変化があったのかもしれない。

お得感満載。

Ep10006

でも、不味かったら、こんな記事には載せない。

旨かった。

だから「お得感満載」となるわけだ。

何より、サラダ、美味しかった。

Ep10013

一緒に行ったイタリアンのシェフはさすが。

ドレッシングのメーカーを推察してくれた。

間違いないようだ。

ただし、なかなか売ってない・・・

同じメーカーの違う種類は見かけるんだけどね・・・。

今度、そのドレッシングを入手しようと画策中。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/03

名刺にて

新しい学舎、

fais un reveにて、顔を出した当日、

名刺を作っていただいていた。

Ep10011

「おいおい、いくらなんで速すぎじゃーないかぁー!!!」

そう思いながらもかなり嬉しかった。

Ep10010

「名刺の肩書きは、今後決めましょう」と

Wさんから言われてたのに、出来上がっているなんて・・・

決まってから作ればいいのに、

「とりあえず、作っておきました・・・」と言われ、

Why??・・・そう思いながら、

一日を過ごし、

夜7時からは全社員が集まっての歓迎会。

僕も新たにfais un reveの仲間に加わったメンバーの一人ではあるものの、

新卒新入社員も4人もいる。

そこで、歓迎会の会場に足を運んだ時、

受付があった。

で、

そこでの事だった。

社員なのに、みんな普通に、名刺を受付に提出している。

おいおい、そんなにこの会社は、

それぞれ、お互いに名刺交換しちゃう会社なのかー!!!!

あーーー、おそらく一匹狼ばかりで、

お互いを知らないのか??(笑)

そして、飲み会が始まってからは、

普通に名前で呼び合ってる。

お互いにお互い知ってる、仲いい仲じゃんかー!

さっきの名刺提出、疑問が残るばかり。

で、パーティーもクライマックスに近づき、

判明!

コレのためだった。

Ep10003

名刺がトランプ代わりで抽選会。

全員分の名刺が揃い、

全員に何かしらが当たっていく。

Ep10008

下に見えるのは、ドンキの袋。

ここに、笑えるグッズがいっぱい詰まっている。

このために、まずは名刺が、出来上がってしまう会社である。

?から始まって、!で終わる。

そして納得ができる。

いかがだろうか?

面白いよ。

なにか困った事があれば、

でも、世の中に良いことであるはずの事ならば、

まずは、fais un reveに一報を。

なにか力になれるアイデアを出せることでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/01

Drive Your Dream・・・トヨタ というわけではなく

「この時間はDrive Your Dream、トヨタの提供でお送り・・・」

こんなフレーズを何度となく僕は言ってきた。

フレーズ自体、テレビやラジオで記憶に残っている方が、比較的多いことと思う。

今、僕の愛車は車検という制度に則り、トヨタでメンテナンス中であるが、

僕自身は今日から

Drive Your Dreamというわけではなく

Make A Dream=Fais un reve」である。

フランス語でFais un reveとは、英語のMake A Dreamということで、

フェザンレーヴと言う。

昨日までのBon Vivant,

今日からのFais un reve

「この岡田眞善はMake A Dream、Fais un reveの提供でお送りすることが出来ます」

と、なったわけである。

これまでと変わることもあれば、変わらないようにすべきことも。

常にMake A Dreamを忘れず、楽しさの本質ある夢を創りたいと。

虚無的な楽しさではなく、上質な楽しさを探し、提案できるよう心がけます。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »