« Mr.カメラマン Dr.前田 | トップページ | おそらくは »

2010/03/12

Product X ビデオカメラ

Product X、主任研究員、岡田眞善です。

今、ラジオを大好きな僕からすれば、

そして、今日、この番組をお聴きになった皆様からすれば、

テレビは、存分にテレビとして依存していないことと思いますが、

でも、存分には楽しんでいるはず。

僕の幼稚園児代、映像を残すと言う行為は、

8ミリフィルムでした。

ほんの5分くらいのシーンを決定的に残すため。

それがビデオテープに小学生の頃には残されるようになり、

中学生の頃には、友達が8ミリビデオテープで残されていました。

あ、VHS-Cなんてのもありましたね。

それが今、SDカードや、ハードディスクで、撮りたい放題。

5d20007

撮りたい放題で、撮ってる人も多く見かけるんだけどね・・・

でも、それを見て、というか

観て楽しんでいる人が、僕の周りには少ない。

少量の映像ならば、youtubeなんかで楽しんでいる人はいるのだけど、

撮り放題に撮った、「その全部」を楽しんでいる人が、いないかなと。

写真は、その後の楽しみ方が、人それぞれあるようだけど、

ビデオで、それをやってる人は、ごく少数。

あ、そりゃー、秘密の楽しみ方を楽しんでいらっしゃる方ならば、

うん、多くいるのかもしれませんね。

でもでも、僕はそうではないですよ。

でも、それで撮られたコンテンツならば、僕も喜んで・・・

あ、でも、それって、やっぱりプロがプロとして素人っぽく作り上げてるだけか。

すみません。

話を元に戻しましょう。

でも、私は、これから先も、

やはり、カメラ、写真機での、『写真』にこだわってしまいそうです。

プリントアウトすれば、それこそアナログに、

どこでも楽しむことができるのですから。

それにしても、いろんな機種があるものですなー。

普通のカメラよりも、ビデオカメラの方が安い!なーんてことも。

5d20014

5d20008_2

どうぞ、チラシをご覧になったら、価格.comもご覧ください。

チラシではわからない情報も、使い勝手もわかってしまいます。

もちろん、価格も。

そして、自分の納得行くサービスと価格を見極めて、

相棒、見つけ出してください。

|

« Mr.カメラマン Dr.前田 | トップページ | おそらくは »

コメント

初めてコメントさせていただきます。眞善さんの旅や食事に関する感性が自分と似ていると思い、ずっと静かにブログを拝見させていただいていました。

カメラによる切り取られた時間のスライスも芸術的でいいのですが、僕はビデオで撮られたその時の「臨場感」がすごく好きです。あー、このセミの声…この時は暑かったよなーとか、この頃はこんなバカなこと言ってたんだなーとか。風景を撮るだけじゃなくて、カメラを横にセットしておいて友人たちとのバカ話を撮るってのも、ずっと後に見たときに笑っちゃうくらい楽しいです(笑)。

これからも眞善さんのブログ、楽しみにしています!

投稿: Alex | 2010/03/13 03:20

ビデオ鑑賞・・・そのための時間をつくる。
写真は・・・見たい時に一瞬でも眺めたら、満足にっこり(^-^)
写真は・・・撮った時へ思い出と共に蘇る。
いつも 近くに飾っておきたい写真
元気を頂いたり、癒されたり
それが写真のパワー

投稿: 自転車の方です | 2010/03/13 11:50

Product X、主任研究員、岡田眞善です。

↑コレの出だしが出てくると。
お、エロ団長が来るぞwと楽しんでます(笑)

私も昔祖父の家で8ミリとやらを見た記憶があります。
自分は写ってないのだけど。
今でも見ようと思ったら見れるのかな?

どんどん小さくなり機能が半端なくすごいですよね。
今はSDカードをテレビにれ仕込めばそれが見れちゃうからすごいですよね。

あら。テレビで見れちゃうなんて!(笑)

投稿: あいさ | 2010/03/13 13:07

やっほー!
初めまして~~。

いつも楽しみにしていまーす!
お仕事頑張ってくださいね~(笑)

投稿: あけみ | 2010/03/13 14:57

きっかけはラジオで。
チラシだけじゃ分からない身近な情報は、価格.comで「ぽちっと」の習慣がついてきましたよ。


編集機能があるビデオカメラがあるなんて驚きました。

投稿: くれお | 2010/03/14 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Product X ビデオカメラ:

« Mr.カメラマン Dr.前田 | トップページ | おそらくは »