« ここは、自力 | トップページ | いててー »

2010/03/16

見慣れた光景が綺麗な時もある。

昨夜は夜から雨が。

雨が降ってからの帰宅だと思っていたが、

そうはならず、何とか助かった。

収録前、帰りはこの道を傘をさしながらだと思っていた。

Ep10001

そう思ってシャッターをきった時、

なんだかいつもより綺麗に感じた。

Ep10002

窓からの蛍光灯の光も、冷たい色なのに優しく見えた。

帰り道、雨は降っていなかった。

Ep10005

いつもの駅も、暖かかった。

そして羨ましかった。

Ep10004

思えば、同僚の女性って、僕にはいないなと。

この二人は同僚かどうかなんてわからないけど、

もしかしたら恋人同士かもしれない。

けど、仕事帰りに一緒に歩ける、そういう関係が羨ましかった。

|

« ここは、自力 | トップページ | いててー »

コメント

見慣れた光景でも、綺麗な一瞬を映せるのは、眞善さんの心も、きっとキラキラしているから。


そのキラキラが羨ましいな〜。


歩く歩幅は違えど、相手の優しさできっと、歩くスピードはおんなじ速さ。

そんな関係が眞善さんにもきっと・・・♪


羨ましいですね(*´∇`*)

投稿: いっちゃん☆ | 2010/03/16 06:17

人が流れているなぁって拝見していたら、溝の口?
眞善さんのカメラを通じての光景は、見慣れてるのに違う綺麗な街と思ってしまいました。


まさに、Shinzen's Magic!!です。


同僚と一緒に歩くことなんてなかったかも。こちらの地域は、車での通勤ですから(苦笑)。
たまの飲み会で、宇都宮のお店からお店へ歩くくらいですよ~。

投稿: くれお | 2010/03/16 12:10

仕事帰りに一緒に歩く…
羨ましいなぁ…
 
こっちでは車通勤が当たり前だから、そんな状況になりません
 
恋人と歩いて帰るなんて、学生の時くらい
でも、帰る方向も違って、一緒に歩くなんて、数百㍍
 
一緒に歩いて、街に溶け込みたいです…

投稿: 駅長 | 2010/03/16 19:00

同僚なのか?これからお付き合いがはじまるのか?少し離れて歩いているから、かえってストーリーを考えてしまいます。

投稿: ともこ | 2010/03/16 20:24

これは霊感がある知人に聞いた話です。
自殺者は、亡くなった後に、この世に未練を残し、その場に留まってしまうらしいです。ですから、そこへ行き声に出して「家に帰って」と言って下さい。そうして、家に連れて帰って下さい。そうして、やっと供養の始まりです。そこから先は、私に霊感があるわけではありませんので、分かりません。

投稿: 匿名 | 2010/03/19 19:46

羨ましいと思う気持ちわかります。
私もあの写真を見て羨ましいと思ってしまいました…

急に虚しい寂しい感情に襲われます。
愛されるって幸せですよね
恋愛でも、友情でも、
愛されたいです

投稿: 真弓 | 2010/03/20 04:18

あれ?岡田さん溝ノ口駅周辺に住んでるんですか?
私もこの駅から毎朝学校行ってま~すヽ(´▽`)/

投稿: メガロドン | 2010/03/20 17:31

心一つで、景色って違って見えたりしますね。

夜って寂しいときもあるけど
眞善さんの写真のように街の光で素敵になることもありますネ。

人生とかも、悩んでいるときに明るさを与えてくれる人って凄く希望に感じますよね^^

最後の男女は。。。
同僚さんかな?でもちょっと離れて歩いてるから友達以上、恋人未満??

勝手に妄想しました

投稿: あいさ | 2010/03/21 17:52

体調が悪くて更新できないとかじゃないですよね?
心配です

投稿: 真弓 | 2010/03/22 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見慣れた光景が綺麗な時もある。:

« ここは、自力 | トップページ | いててー »