« 遠近の妙 | トップページ | すべてを異にして »

2009/08/21

無償の愛・自問の愛

「無償の愛」って言葉がある。

「愛は無償でなければならない」なんて言葉も聞かれる。

まあ、わかる。

暗い夜道、家へ向かいながら考えてみた。

L40817001

確かに、「無償」はいいけれど、

「自問」がなきゃな。

L40817002

愛猫ピロが待っててくれる。

迎えに出てきてくれる。

玄関で待っている。

でも、(僕に対しては)と注釈を入れなきゃいけない。

僕の母も、僕以上かもしれないくらいピロが大好きだ。

でも、当のピロは、母からは逃げて歩いてる。(走ってる)

ピロが抱かれたくないであろう時に、

愛情ゆえ、母は抱く。

ピロがそっと眠りたい時に、母は抱きかかえる。

無償の愛・・・だけど、

ピロの立場になっての、愛情への自問がない。

「自問の愛」がなければ、「無償の愛」は迷惑にもなるということか。

この暗い夜道を過ぎれば、ピロが待っている。

そこでの僕とピロの再会シーンを、母はいつも

「いいなー、いいなー、」と羨ましがる。

|

« 遠近の妙 | トップページ | すべてを異にして »

コメント

無償の愛  「頭を撫でながら、実はピロに頭を撫でてもらいたかったのかもしれません。」
人は 淋しがり屋です。

投稿: 自転車の方です | 2009/08/22 01:23

ピロちゃんと眞善さんとの「絆」あってですネ。
無償、自問、奥深く感じます。

投稿: くれお | 2009/08/22 02:36

「無償」の愛って「無償」で受け取ってくれる人がいるから「無償」なのであって

「そんなの」いらない人に無理じいして受け取らせるなら

「無償」の愛を「代価」を払らわせて受け取らせる事になる…。

(「無償」「有償」の代価が金銭的な物でない場合の話ですが。)

ピロちゃんからみたら、「無償」の愛に大きな「犠牲」を払わされ付き合わされるのだから…。

(「無償」の愛を与える側が「自問」していたら、「犠牲」を払わせずに済んだかも知れないのに。)


…そんなことをぼんやりと考えていました。

投稿: ポリック | 2009/08/22 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無償の愛・自問の愛:

« 遠近の妙 | トップページ | すべてを異にして »