« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/30

田舎ってさ

最近、田舎が出来た僕にとっては、

嬉しくもあり、残念でもあったり・・・。(笑)

「田舎に泊まろう」でお世話になった遠藤家は、

一家で「田舎に泊まろう」のオンエアを楽しみにしてくださっていた。

放送局によって、オンエアに差があるからなのですが、

その様子が、一緒に楽しんでいるブログ「最上川米唄」の

この記事

すっげー、みんな集まってくださっているんじゃん!!!!

なのに、放送日が2週間延期だと・・・・。

でも、そのあたりで、実は僕、個人的には、山形に行きたいと思っている。

一人で運転して行くのは過酷なので、

今、山形出身である、僕の番組のプロデューサー、佐藤さん。そして仲間達と行こうかと。

そうなると、

「田舎に泊まろう」を「田舎で見よう」なんてことになっても面白いかな。

さてさて、

僕には今まで田舎がなかった。

東京生まれだしね。

だから、小さい頃から、友達が「夏休みは田舎に行く」なんてこと言うと、僕はすごい不思議で、僕も田舎に行きたいと、本気で深く思ったものだった。

それで、僕自身も母親に、「田舎に行こう」という提案をしても、中目黒か祐天寺に連れて行かれるばかりで、目の前は山手通・・・。

僕の中では「どこが田舎なんだ?」という不完全燃焼な感覚でいた。

当時、小学生の僕は、「田舎=故郷」という図式を理解するまで何年もかかった。(笑)

そして田舎らしい田舎が僕にはないことが判明し、連れて行かれたのはドイツやデンマーク・・・。

それは僕のイメージの「田舎」ではなかったわけだ。

「おいおい、ここは田舎じゃなくて外国だ!」

母に「ここが田舎だよ」と言われても、

コペンハーゲンは都会だし、ミュンヘンも都会。

でもね、最近は帰る田舎が出来た感覚でして・・・。

山形、そして青森も。

このところ番組でお世話になった、この二つの場所は帰りたくなる場所。

気になる場所。

スーパーで買い物しても、やっぱり、山形は気になる。

Bsmall001

さくらんぼ。

Bsmall003 Bsmall002

なめこ。

きっと僕が結婚する時、遠藤家にも間違いなく挨拶に行くことだろう。

本当、田舎ってこんな感じだったのかな。

小学生以来、田舎に対する不完全燃焼な感覚は忘れていたけど、

きっと、こんな素敵なものなんだろうね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/29

色だけでも

一週間の始まり月曜日!

今週は晴天でスタート。

ジメジメ汗ばむ気温。

ちょいっと涼しい色。

1002

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/25

新調した

  新調したものとは、

この、6月23日のための靴。

0001

今年の3月に一目惚れして、

このスマートなデザインに、6月23日を感じた。

この6月23日のために購入。

履きたくて仕方なかったけど、3ヶ月間、我慢。

そして、いよいよこの日にデビュー。

僕の先輩、川島なお美さんの結婚披露宴という6月23日。

朝、家を出るときに、この靴に足を入れた瞬間、

一気に気持ちが引き締まった。

しっかりと、僕に出来る精一杯をしよう。

6月23日という時間は怒涛のように時、過ぎて、

すごく速く感じた。

0010 0005

0003_2

0009_2

心より、おめでとうございます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/20

ちょっとした集まり

僕にとっては初めて組み合わせ。

1001

通称「東京チーム」

ラジオでお世話になってるRadio Berryの東京支社チームでの

麹町でのちょっとした集まり。

「ちょっとした」なんて言葉を使ってるけど、

実は重要な会だった。

宇都宮からの社長を囲んで。

それぞれ、各々とは飲んだりしたことがあったのだけど、

この顔ぶれで集まって、一緒にってのは、

初めてだった。

もう本当に日ごろから僕がお世話になってる顔ぶれで、

色々なぶっちゃけトーク満載で、怒涛のように時間が過ぎていった。

でも、この時、僕は車だったので、

アルコールは飲まず、コーラだったけど、

それでも、色々な言葉に酔えた。笑えた。

そして、この会が重要な約束だったから、なんだかホッと安心しながら。

社長の「最後に頼みがあるんだが・・・」という前日の言葉で、

それに僕も真っ先に「頼まれなくても」という嬉しい感覚で約束。

ようやく実現した時間で、さらに次の約束も。

また次回があることは確実。

帰り、運転しながら。涙が眼に滲みた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/06/15

そっかー!

盆栽の話、

山田香織先生にも教わった。

遠藤さんにも教わった。

器がExpensiveだということも、なんだかわかってしまった。

そこだ!

ってなわけで、

「和」を感じる盆栽をリーズナブルに。しかも「和」って感じで。

遠藤さんは、歴史を刻んできた湯呑みを、鉢にするアイテムを持っていた。

そのアイテムがダイヤモンド製で2万円近い。

それを使わずして、「和」にする方法。

1003_2

コレだ。

1001_4

1002_4

何が出来たか?

完成度は??

今日の夕方4時からの「レディス4」でご覧下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/14

すくすく

すくすく育ってる。

1002_3

紫蘇は見事に芽をもつけてる。

1012

これを使って、刺身でも食べたいねー。

あ、オクラもかわいくなってきてます。

1008_2

1009_2

赤ちゃんオクラもどんどん数が増えてる。

鷹の爪も収穫をかなり予感。

1011

1010

てんとうむしの休憩場所にもなっています。

そして、一足早く、

「田舎に泊まろう」で友達になた遠藤広道くんからはスナックエンドウが届いた。

すくすく育ってるなー。

1001_3

これも、ぬか漬けにしてみた。

1004_2

へたを取って、漬け込み

1005_2

1006_2

そして完成。

ご飯で食べましたぞー。

1007_2

はじめてのスナックエンドウのぬか漬け。

大人な味わいでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/13

素材が・・・

この前、「和」を勉強して、

自分なりのオリジナル発想でチャレンジしようと思考をめぐらす。

こういうときは、「モノ」を見てから発想をすればいいということで、

花屋さんへ。

でも、意外に素材が花屋さんにはないものですねー・・・。

4件花屋さんを梯子しても見つからず。

そこで盆栽屋さんを探して向かってみた。

向かったのは、横浜市旭区にある「旭園」。

でも、場所が発見できず、店主の遠藤さんに電話。

すると、大和市の「やまと園」にいると。

そこで急遽車を引き返して、やまと園へ。

1009

すっごい老舗の盆栽園でさ、

暖簾をくぐると、おじ様が3人お茶を飲みながら盆栽について語り合ってた。

その一人が遠藤さん。

そこに参加。

もうみんな盆栽のこと熱く教えてくだっさって・・・。

それから遠藤さんの「旭園」に車の後をくっついて運転し向かう。

旭園、初心者にも楽しい盆栽園です。

蛙の鳴く声響き渡っていてね。

1002_2

この蛙も盆栽に似合うと、遠藤さんがおたまじゃくしから何匹も育て、今では親になり住み着いていると。

1007

器の話から始まって、歴史、そして環境など。

1004

1005

こんなちっちゃくても、ちゃんと元気に生きてる。

1001_2

もともと遠藤さんは、バリバリのビジネスマン。

証券市場で働いてる時から、盆栽がどんな時でも心の支えになって癒されたと。

1008

これらも趣味から始まって、どんどん増えて、

そして今は盆栽の先生になってしまったという経歴の持ち主。

だから話も面白くてね。

向こうに見える屋内部分は、遠藤さんの手作り。

そこでお茶しながら、また色々と教わってしまった。

1006

ねずみ年生まれだから、ねずみのちっちゃな置物もいっぱい盆栽に活かせるようにコレクションしてる。

1003

遠藤さんも色々アイデアを出してくださって・・・・。

嬉しかった。

そこで話していたイメージとはまた雰囲気が変わりそうでもあるのですが。

帰る頃にはもう夜。

20時を回ってしまっていた。

さあ、月曜日夕方4時からのテレビ東京「レディス4」では一体どんなものが出来上がっていることだろうか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/12

梅雨入りで、また

梅雨に入った感覚と言うのが、感覚的には難しいような天気が、もう5月末から続いていやわけですが、

梅雨、当然降水量は年間の中では多い方になるわけで、

車も梅雨対策。

車は当然濡れても構わないけど、安全性に対しては最善を尽くさなければ・・・。

この前長距離も走ったし、スリップサインは出ていないけど、もうそろそろ。

というわけで、爽快に晴れ渡った今日、車にタイヤを積んでGO!

この前、前輪のタイヤを交換しましたが、

ついに後輪も交換。

1002

前輪はグッドイヤーでしたが、

今回はコストも削減と言うことで、国産ではなく、台湾のタイヤ。

一般的に売られているタイヤの半額以下。

四分の一、25%くらいの値段で手に入れることが出来た。

溝が少なくなってきているタイヤより、やはり新しいタイヤは安心。

タイヤのゴムも生き物だしね。

近所のタイヤ屋さん・・・というより、ホイールのリペア工場に持ち込んでの交換。

1001

交換コストも抑えることが可能に。

走っていて、やはり低ノイズを謳っているタイヤだと、ロードノイズが静かで車が変わったみたい。

乗り心地も劇的に改善。

これで、安全性に関して、車社会でも責任持つ人間としては、ちゃんとしたんじゃないかな。

ジメジメ対策ばかりでなく、梅雨時期だからこその安全対策もお忘れなく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫の楽園

今日の僕の番組でも取り上げたけどさ、

先ほどのNHK、0時10分からの猫の楽園、

すごかったねー。

もう行きたくてウズウズ。

我が家のピロも反応すごかった。

ただ、今回は僕も見入ってしまっていたので、

その時のピロの様子を写真に収めることを忘れていた・・・。

いつか訪れてみたい場所が、また一箇所増えてしまった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/06/11

日経平均、1万超え

今日午前中、10時半過ぎ、

8ヶ月ぶりに日経平均が1万円超え。

株式取引の中身が、ただの流れではなく、真摯に内容を伴った判断で、

そして持続することを願うばかり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お気に入り二品

ローソンで売っている、伊藤ハムデイリーの

「ビーフハバネロスティック」

Shinzen0008

店舗にあるだけ買ってしまいますが、

吊り下がっているので、大抵は、5つくらいしかないかな。

これが4年前くらいから似たような商品は知っているけど、

最近のお気に入り。

それにプラスして、

コレ。

Shinzen0007

サントリーのヨーロピアンジャスミンティー。

どこがヨーロピアンなのかは、味覚としてはわからないけど、

ちょっと薄めの味が、暑さを感じる日には飲みやすくて、

爽やかに。

やっぱり、冷たいお茶系が夏の飲み物という印象のある30代。

そういや昨日の夕刊、

30代以上は「夏の飲み物」といえば、カルピスor麦茶。

今の10代20代は、夏の飲み物といえば三ツ矢サイダーをはじめとしたソーダ類がトップだと。

まあ、これも当然といえば納得なのだけど、

「コーラ」や「炭酸飲料」とは区別されてるところが面白くてね。

三ツ矢サイダーは通年のイメージだけど、

サントリーのラッキーソーダは、確かに夏季中心に店頭に並んでいるからなー。

夏=ソーダ系飲料、この図式何年くらいの歴史になるのかが気になるところ。

僕も、夏には三ツ矢サイダーを欲する瞬間が頻繁に訪れる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/10

成功した。恵山荘の味。

アースコンシャスアクトの前日、次の日が早朝からということで泊まった

那須塩原の恵山荘という旅館。

昔ながらの「旅館」という昭和な響きをも感じさせてくれる宿だったのだけど、

そこの旅館のおばあちゃんの漬けるぬか漬け、最高。

あ、おばあちゃん・・・と言うより、大女将です。

朝ごはん、温泉に浸かった後、朝食。

001

ひたすらぬか漬けとご飯ばかり食べてた。

それから自家製梅干しも旨かった。

002_2

とにかく食べまくっていたら、

「こんなに漬物を美味しそうに、ひたすら食べる人、初めて見た」と笑われて。

帰りには、ここの何十年という歴史のぬか床を株分けしてくださいました。

東京までは、かなりの時間がかかることを予測して、発泡スチロールに氷を入れて、大切に。・・・自宅で開封。

003_2

これで自宅でキュウリを漬けたら、恵山荘で味わった、あの味を再現することが出来た。

成功だ。大体の塩梅は理解した。

今日は仕事から帰宅して、蕪、人参、オクラを堪能。

005

恵山荘の皆様、本当に旨いもの、その株分け、有難うございました。

大切に育てます。

そして今度は、ちゃんと休みに行きたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/09

和だったねぇー。

今日は思いっきり「和」を堪能。

美的センスの鍛錬でもあり、今までと違った感覚で植物と向き合った。

植物を元気に、健やかに育てるのではなく、

植物に過酷な状況を経験させ続けることによって鍛える・・・という思考。

初めて味わった植物に対する世界観。

眼から鱗だった。

でも、僕の中の思考回路にあった理論とは合致したので、納得。

植物の中の武士道とでも言うのだろうか。

とにかく勉強になった。

そして何より面白かった。

その模様は、15日のテレビ東京系、16時からのレディス4で詳しく。

003

002

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コスモアースコンシャスアクトクリンーンキャンペーンin塩原 2009

ありがとう。

有難う御座いました。

誰一人として怪我したりすることなく、無事に。

そして美味しく。(笑)

なにより、ショックだった方々も。

「ゴミ拾い」などと言う言葉ではなく、

「ゴミ回収」というような言葉に変化するほどの清掃活動でしたから。

008

小さい子供も含めて、430人近くの参加、嬉しかったです。

Radio Berryでは、過去最高を記録して、

回収したゴミは4400kg。つまり4,4t。

押し並べ、一人当たり、10kg以上のゴミ、廃棄物を回収したことになります。

10キロってさ、小売店で並んでるお米の大きい袋一袋。

そして子供もいっぱい居たことを考えると、大人の皆様は、かなりおもかったのではないかと・・・。

ハイキングしながら・・・とかではなく、

ただバスに乗って、現地に行って、そこでひたすら崖の下に不法投棄された廃棄物を回収する。

崖の下のゴミをロープで吊り下げ・・・

010

人海戦術でゴミを手渡しして行き・・・

子供たちは、トラックに積み込む際に零れ落ちた屑を拾い。

016

移動しながらゴミを集めてるチームは錆びたホイールとタイヤを持ちながら移動したり。

もうホント、イベントというより仕事・・・。

おそらく、他の局のキャンペーンとはだいぶ違い、

イベント的なゴミ拾いではなく、本当に業者が自然の中に捨てた廃棄物を回収するという作業をしてくださった大塩沢ポイント、谷地畑ポイント。それに移動しながらのポイントのチーム、怪我人が出なかったのが、皆様の真剣さの表れだったのでしょう。

その分、回収が終わってからのヤマメのつかみ取りでは、みんなで遊びましたねー。

ずっと楽しかったんじゃなくて、不法投棄された廃棄物と直面したショックを受けた時間、その後の楽しい時間とがはっきりと分かれたから故に、なんか深淵でした。

当日の写真の一部をここには。

他の写真はコチラにあります。

001 002 003

第一部のみんな

004

第二部のみんな

005 006

それぞれ大型バスに分乗して、清掃ポイント・・・回収ポイントへ。

007 009 011 012 013 014   018 019 020 021 

023 024  026 027

002_2 006_2 010_2  007_2 003_2 004_2 009_2 008_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/07

昨日の記事は

昨日、6月6日の記事はこちら

ちょっと読み進めていくとあります。

コスモ石油で給油してみました。

ちょっと思ったんだよね。

自分が入れたガソリンが、今回のクリーンキャンペーンの岩魚の一匹・・・にでもなればと。

岩魚の一匹に満たない金額であったとしても、

金額のいくらかは、コスモ席油で給油することで「キレイ」に繋がるのかなって。

ちょっとワクワクでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/05

お願いがある・・・その詳細

おはようございます。

今日は世界環境dayですね。

こういったときに、こういう日をどう受け止めるかが難しいものなのですが、

環境に対してマイナスになるような利己的な商業主義に踊らされるのは、僕は個人的には避けたいものです。

さて、利己的な・・・ではなく、ほのぼのと行きましょう。

以前の記事で「お願いがある」を生意気にも掲載しましたが、

詳細、出てきました。

当日、僕は写真も担当することになりました。

Action

ほら

TOKYO FMのJFNのアースコンシャスページのこれ

惜しくも今回、抽選に漏れてしまった場合の方でも

もし、当日参加してくださると言う優しい方は

このページの詳細、

つまり那須塩原市役所、塩原支所の10時までにお集まり頂ければ、

清掃活動に参加可能です。

参加してもいいよっ!という方は、後日、実現できれば都合を合わせて、東京で打ち上げでもしましょう。

いかがでしょうか?

確かに東京からの場合、遠い。

けど、遠い場所に、新たな思い入れのある場所を作ってみてはいかがでしょう。

色々メール下さった方々、本当にありがとう御座います。

嬉しいばかりです。

でも、まだ喜ぶのは早い。

綺麗になって、はじめて本質の嬉しさが訪れることになるのでしょうから。

-----詳細-----

~清掃活動のみご参加の当日受付について~
◆集合日時 6月7日(日) 午前10時00分(受付開始 9時30分~)
◆集合場所 那須塩原市塩原支所(那須塩原市中塩原1-2)
◆ご注意
・清掃活動後のエンターテイメント(ヤマメのつかみ取り・ヤマメの塩焼き・塩原大根鍋)にはご参加いただけない場合もありますので予めご了承ください。
・清掃班については、当日、ご案内させていただきます。
・当日の状況により、徒歩で行くことのできる集合場所周辺の清掃活動をお願いすることになる場合があります。ご了承ください。
・ご参加の際は、帽子や通気性の良い服の着用、水筒やペットボトルを携行しこまめな水分を補給を心がけるなど、熱中症対策をお願いします。
 
~クリーン・キャンペーン in 塩原温泉開催概要~
◆開催日時 : 2009年6月7日(日) 9:00~14:00
◆開催場所 : 上塩原小滝、日塩有料道路沿い(八郎ケ原放牧場付近)他
◆集合時間 : 第一部 8:30~9:00 / 第二部 9:30~10:00
       ※各々の集合時間についてはご案内文書に明記させていただきます。
◆集合場所 : 那須塩原市役所 塩原支所

勿論、那須塩原でなく、

ご自宅のまわりの清掃活動もぜひ是非。

そういった方も、実現できれば打ち上げ、参加、そんな権利は当然です。

Action2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/06/04

あたった

昨日は’’アッレブリッツェン’’のコーナーに、

ブリッツェンのエース、長沼選手が来てくれた。

Shinzen0006

レースで楽車してのアスファルトにあたった肘の生傷も痛そうだったけど、

次回のレースに向けて闘志は余計にアップしてた。

そして番組終わって夜、

セブンイレブンに寄った時のこと、

今、何かのキャンペーンで抽選やってるでしょ。

こういうのって、当選することはほとんどない僕なのだけど、

珍しく

Shinzen0004

そう、コレ、その場で豆乳が当たった。

Shinzen0005

もんのスゴイ嬉しくてさ。

おもわずこうして、レジで写真撮っちゃった。

あと残り期限まで一日・・・ドリームジャンボ宝くじでも買っちゃうかぁー!!!(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/06/03

確かにそう思う…。

確かにそう思う…。
確かにそう思う…。
確かに今も鉄道、列車の移動。そして出張。

旅みたいな気分にさせてくれる。

飛行機だと、完全に移動時間を短縮するくらいに「仕事しに行きます!」な感覚になるからな〜。
あ〜ロマンスカーで箱根行きたい…。

スペーシアで日光行きたい…。

あずさで信州行きたい…。
東北本線で青森行きたい…。

新幹線つばさで山形行きたい…。

KTXで釜山行きたい…。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

再入院した

「再入院」

と言っても、僕自身の話ではなく、

僕の分身といっても過言ではない、僕の目にしたものはなんでも残してくれてる、

パナソニックのルミックスFX30のお話。

色々なカメラがあっても、撮りたい瞬間との出会い、

その瞬間にカメラがなくては意味がない。

で、ココセレブインタビューでも話したように

どんな時間でも僕と一緒に居るのだけど、

これが壊れちゃったんだなー・・・。

でも、パナソニックが壊れやすい・・・とかいう話ではないんですよ。

おそらく、世界一、酷使されてる、シャッターをきられてるFX30なわけで、

本当に良く頑張ってくれています。

前回は、去年の秋、広島で使えなくなり、東京で入院、修理。

完全に復帰して、

そして今回、山形で、到着してすぐおかしくなった・・・。

どうやら、東京から一定距離離れると、壊れる共通点。(笑)

どんだけ東京が好きなんだか・・・。

後継機種も何世代も登場しているけれど、

なんだか愛着がすごくあってね。

仕事現場で、他の人に渡して、自分を取ってもらったりするのもこのカメラ。

だから、僕が被写体になってる場合は、ほとんどがコレ。

’僕’を一番見ているカメラでもある。

今、横浜の修理センターから入院。

また元気になって、僕の「記憶する眼」として活躍してほしい。

では、そのFX30で撮った写真をいくつか。

Fx30003

冬の銀座の夜景もキレイに。

Fx30001

自分撮りするときにも活躍し、

Fx30002

社長に渡して撮影現場で撮ってもらったり、

Fx30004

仕事が終わった現場で、感謝の気持ちを込めて一枚撮ったり・・・

あ、今日はこのスタジオで仕事だ。

夕方4時から、良ければ番組聴いてね。

出張から戻る頃に、退院できる報告があるといいんだけどなぁー・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/02

KI・HA・KU

希薄・・・

Beranda005

今は環境問題のクローズアップ加減から、

「希薄」なんて聴くと、「希薄燃焼」とかエコ、ECOな話題かと思われる方もいることだろう。

ふとした時に、フッとモノゴト考えてしまう僕が、パッと起きた時に頭をよぎった言葉。

夢で見ていた内容もあるかもしれないし、

僕が更新してる、この記事のことを考えた時に、「失敗したー」と感じたこともある。

今、夢で、昔の通学風景が出てきていた。

思い起こせば、

毎朝、改札口の小田急の駅員さんが検札してて、挨拶。

国鉄の改札の駅員さんにも挨拶。

東急の改札の駅員さんにも挨拶。

×2である。

電車、乗って降りるから改札は2回通るでしょ。それで×2。

つまり、最低でも6回の挨拶が必要とされた。

「おはようございます」6回コース。

さらに、帰りもあるから、日に最低12回は必然的に挨拶

今、同じコースで出身校まで行っても、自動改札。

挨拶は必要とされない。ゼロだ。

小田急、国鉄、東急、どれの改札も、いろんな駅員さんで、

そんな駅員さんの顔を覚え、誰が検札してる改札口を通ろうかなんてのも、

ちっちゃな僕は考えていた。

そして、駅に行くまで、近所の人にもいっぱい挨拶してた。

今、自宅の斜め前、ほんと目の前は小学校だ。

今、そこの子供に挨拶されることもなければ、

こちらから挨拶したら、

それこそ子供から「変な目」を浴び、親が変な目で見る。

「挨拶」という文化が、必然的に、ずいぶんと希薄になったもんだと。

人間のコミュニケーション能力は、狭く深くも必要だけど、

広く浅くのコミュニケーション能力も、総量として重要なんではないかと思われるわけだ。

「能力」なんて言葉をつけなくても「人との関わり方」といった方がいいかな。

下手すれば、「広く浅く」のコミュニケーション能力を「カルイ」なんて見方があるのも悲しいばかりで、

まずはそれがないことには、深く話し込むことすらも、自己満足でしかない状況に陥りやすいのではなかろうか?

「深く話し込む」=「局所的な会話」であって「つながり」というものではない、それが、深いと思っている各々の自慰行為的な場合も、・・・そんな可能性が無きにしも非ず。

広範囲の中で繋がりがあり、その上である一点の局所的な深さが必要じゃないかな。

広範囲を無視して、挨拶すら出来ず、深くなってしまうと、それは特殊性を帯びる、そして広範囲が「その他」に分類され、攻撃性を伴うことも、最近の事件を見ると感じられる。

うーーーーん、

通学の夢見て、こんなことを書いてると、大学時代の研究論文作業してるみたいに書き進めてしまっている。(笑)

ごめん、文字ばかりで書き進めてしまって。

これは、今の自分への、日ごろの反省文でもあって・・・。

まず、これを書くべきだったかも。

「ミキたんのママ、ありがとう」

今、嬉しいことに事務所が大忙しでね。

それで、事務所のデスクワークも、受付も、社長のお姉ちゃんにしてもらってる。

あ、「社長のお姉ちゃん」って、社長が女だから、そう言ってるんじゃなくて、

本当に社長の「お姉ちゃん」に手伝ってもらってる。

社長のお兄ちゃんの、お嫁さん。

こういうことが出来るのも、人間関係があるからでさ。

昨日、6月1日、事務所のホームページで、ブログの更新状況がちゃんと表示されてた。

それを見た時、

「あー、わざわざここも手伝ってくださって・・・」と嬉しくなった。

日付変わってのお礼になってしまったけど。

でも、そんな僕の無礼があって、それを気付かせるために、通学風景の夢を見たのかもしれない。

みきたんというちっちゃな娘さんがいて、それでも、こっちも手伝ってくれて。

有難う御座います。

人間関係が云々・・・ということも、それがあって考えてみた。考えさせられた話題。

Beranda004

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/01

質問に対しての回答

番組終了後、

いくつか、メールにて、同じ質問を頂きました。

僕も写真好きとして、視聴者だったら、同じことが気になったかもしれません。

今回、僕が「田舎に泊まろう」で使っていたカメラに関して。

今回、5月15日の記事にも書きましたが、

メーカーまでは書いていませんでした。

僕が今回の旅の相棒にしたカメラはペンタックスのカメラです。

レンズはリミテッドレンズも使いました。

それに対して、以前の土曜スペシャルで相棒にしていたのは

オリンパスです。

そしてレンズはツァイスのTレンズ、それから50mm.f-2,8パンケーキです。

土曜スペシャルは、写したいものが決まっていたのでその選択。

「田舎に泊まろう」は、どこへ行くかもわからず、どれだけ歩くかもわからなかったので、

常に持ち歩いてるペンタックスが持ちやすく、楽で、好きという理由から。

あ、決してK-7ではなかったですよ。まあ、当然ですが。(笑)

先日、仕事帰りに、羽田を通りかかった時、咄嗟にペンタックスで撮ったの、残しておきます。

なんだか色が綺麗で、思わずシャッターを押した次第です。

暗かった為、ISO感度高めなので、ざらつきはご勘弁を。

Haneda005

Haneda002

Haneda003

でも、ペンタックスのブルーもなかなかでしょ。

ブルーと赤味が混在した時、特に威力を発揮してくれるんじゃないかな。

僕は個人的に好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »