« 領収書猫 | トップページ | ある夜 »

2009/03/05

ついに出会ってしまった

男性誌の裏表紙なんかでは、今年早々に、その存在を知ってはいたが、

今日、その現物と出会ってしまった。

Blogb0004_2

これだ

Blogb0005_2

日本製の5枚刃である。

舶来品に比べ、一本198円と、替刃より安い設定価格。

早速購入。

ホテルに戻り、じっくり観察。

Blogb0006_2

Blogb0001_2

「プレミアムな剃り心地」

Blogb0002_2

かなり強調されている。

Blogb0007_2

デザイン的にはシンプルありながら、

色使いも赤と黒のモノトーンでなかなかグッド。

ただ、刃先を見てみると

Blogb0003_2

かんな~り、ひろ~い面積。

これにより心配されるべき事象が想像される。

バスルームに置いてみると

Blogb0008_2

まとまりよく、溶け込んでいる。

観賞するには、デザインがいいカミソリだ。

っしかしっ!!

いざ使ってみると

ほら、

090305_021601_2

鼻の下が全部隠れてしまう。

つまり、これ以上は動かせないわけで、剃ることが出来ない。

一方、2枚刃の韓国製DELCOの場合だと、

090305_021703_2

鼻の下に見えている部分があるように、これだけの距離を動かし、’剃る’ことが出来る。

そして、3枚刃である、僕オススメの

シック エグザクタ3も、ちゃんとこの通り。

090305_021701_2

3枚刃でもちゃんとストライド量が確保されていて、綺麗に、

しかも心地よく剃り残しな~し!なわけです。

「プレミアムな剃り心地」以前に、動かせないので、’剃る’ということが出来なかった。

鼻の下以外に、頬なんかも、別段、プレミアムというわけでもなく、しいて言えばそれ程まで良くはなかったように想う。

まあ、あくまで個人の使用感だけどね。

刃数を増やせばいいってもんじゃない!

やっぱり、競争のために刃の枚数増やすより、カミソリの原点に戻って欲しいかな。

僕にはシックのカミソリが一番合ってるみたいだ。

|

« 領収書猫 | トップページ | ある夜 »

コメント

オフショット満載で、まあ嬉しい

髪は、もしかしてカットも鮮やかに!美容室に行ってきたばかりですか?

新しいもの!デザインは素敵ですが、大き〜い。眞善さんのお顔が小さいの〜?

やっぱり、いつものシックですね!

投稿: ともこ | 2009/03/05 12:25

5枚刃は、お鼻の下が“ながーーーい”男性用ってことで(^_^)v

お気に入りの一品は、“逸品”ですね

投稿: くれお | 2009/03/05 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに出会ってしまった:

« 領収書猫 | トップページ | ある夜 »