« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/28

うん、間違いなくいい!

昨日出会ってしまった衝撃的な音の流れ。

今日、夜、帰宅すると届いていた。

僕はよく自分の番組でも抵抗ある言葉なので、あまり使わないようにしている言葉がある。

「どんな曲ですか?」

「どんなイメージですか?」

「どういう曲になってますか?」

この言葉。

音楽を言葉で説明するほど不粋なことはない。

言葉にならない分野で音楽が存在していて、

評論家はそれを言葉にする仕事だから流石だな!とは思うのだけど、

ミュージシャンは、言葉で説明したいのなら、小説家にでもなってるかもしれない。

伝えたい’’何か’’を音で伝えるのがベストな人達なのだ。

それ故、ミュージシャンなのじゃないかな。

僕は評論家じゃないから、説明はしない。したくない。できないよ。

でも、僕の琴線に触れています。全曲が。

魅了されました。

さて、その上での話。

僕も言葉を仕事にしてる。

だから例えよう。

日産ティアナのCMディレクターを僕が任されたら、これ、この曲、使うことでしょう。

全部使って、13パターンのCMシリーズにしちゃうことでしょう。

空撮も必要です。それから、アスリートも必要。

一台の車が、確固たるイメージでなく、色々な可能性をイメージさせるCMになって、

それでユーザー層の幅が広がることでしょう。

航空会社、うーん、ANAのCMでも似合うなー。

CD、盤面も真っ黒で、センス抜群です。

そうすると、ANAでなくて、スターフライヤーかな。

ここからして、やられてしまいました。

Korea_day032

でも、ほんのちょっとうっすらと、かすかなグレーで、

タイトルが浮き上がって見えるようになっています。

18%gray・・・

いや、これは98%grayです。

わかる人にはわかるかな・・・・。

僕の大好きな組み合わせ。

この一枚は、僕の財産になりました。

もし、新番組とかが始まる場合、僕は一曲目にこのアルバムの中からオンエア曲を選ぶことでしょう。

今も、このアルバム聴きながら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/02/27

社内告発で制裁人事、オリンパス社員が人権救済申し立てへ(読売新聞)

リンク: 社内告発で制裁人事、オリンパス社員が人権救済申し立てへ(読売新聞) - Yahoo!ニュース.

なんだか、こういうニュースを見てしまうと、

そのメーカーのイメージってのは、僕の場合極端に嫌悪感が生まれてしまう。

母にカメラとして一番最初にプレゼントしたのがオリンパスのカメラだった。

今でも、旅行なんかで、母はフィルムのそのカメラを使ってくれている。

このニュースになった一件は、カメラの部門ではないにしろ、

「オリンパス」って会社の気質がそういう空気なのかなと、そこで造られる製品に対して残念に思うばかりになってしまう。

オリンパスは、「オリンパスブルー」なんていう言葉があるほどに、

ブルーが、青が、ゾッとするくらい綺麗に描写される。

(僕はオリンパス使ってないので、借り物の写真ですが・・・。)

Korea_day030

それでオリンパスが好き、オリンパスじゃなきゃ!と言う人もいっぱいいるのだから。

はやく、オリンパスブルーのような透き通った空気が社内にある会社に戻って欲しい。

Korea_day031

そういや、最近はキャノンも僕の中でちょっと嫌悪感が。

キャノンのカメラも使ってるし、僕が最初に自分で買ったカメラはキャノン。

だけれど、御手洗会長の、このところの一件、そして、それに対する対応が新聞で報じられるたびに、キャノンへの感覚が寂しいものになってしまう。

大分の工場建設に絡む贈収賄疑惑も。

僕が週に2日訪れる栃木ってのは、日産のPremiumファクトリーがあったり、ホンダの最先端技術研究所があって、F1マシン作ってたり、

フジフィルムの研究ラボがあったり、ペンタックスの最先端カメラ工場、

キャノンも最先端の工場がある。

だから、そこで働いてるエリートも多いわけだ。そのため、飲んだりすると、そんな最先端の技術者さん、エリートとも出会うチャンスが、おのずと訪れる。

先日、キャノンの技術者さんと偶然にも同席して飲むことがあったのだけど、

その時も、実は彼の口から、かなりキャノン愛が冷める言葉をいっぱい聴いた。

キャノンが、カメラメーカーだけで、僕もキャノンは、カメラだけの会社とは思っていない。

その技術者さんは、キャノンのカメラ、そのことを

「あんなものは、子供のおもちゃですよ。僕がやってるのは、もっと精密で高度な世界ですから」

「余力で出来ちゃうくらいの技術でしかないものですよ・・・カメラなんて」

ねーねー、カメラも自社製品でしょ・・・違うの???と思うくらい。

でも、そんなキャノンの余力?で作ってるカメラをボーナス使って、ローン組んで買ってるユーザーも多くて、僕もそんな一人。

彼の言葉からすれば、そんなちっぽけ?なユーザー、

でもそんな存在もあって、キャノンが存在してる一部ではあるんじゃないかなとは思うのだが・・・。

なんだか悲しくなってしまった。

以前、ホンダの技術者さんとも、バーのカウンターで同席することがあった。

まさにF1マシンの研究してるトップエリート。

和気藹々と話が出来て、色々な話で盛り上がった。

そこで、軽自動車の話にもなったんだけど、

彼は決して、

「僕がやってるF1のような最先端の研究からすりゃ、軽自動車なんて余力で出来る」なんてことは言わなかった。

彼は、目を光らせながら、輝かせながら、自慢げに、

「ホンダの軽はねー、他社さんからすると重いんですよ。そこが燃費面では難点ですが、それはね、20万キロも30万キロもメンテナンスすりゃ乗り続けられるくらいに、車として丈夫ですよー。だからなんですよね~」

「軽だからって、大きさは違っても、乗り心地まで違いがなくてもいいわけでしょ、するとね、ある程度重量がないといけないわけなんだよ、だから運転してて疲れないよ!!」

自社製品に自信を持って何時間も語ってくれたし、話が続いた。面白かった。

こういう社員さんがいる会社っていいなと・・・素直に思った。

まさに今、キャノンは、派遣切り問題でクローズアップされてる。

どんな立場であれ、社員を・・・会社が一番近くの人を大切にする・・・派遣であろうと・・・。

それがないんだろうな・・・。僕の勝手な経験からの想像だけど。

厳しい環境は変わらない。続く。・・・そうなんだろうな。

片や、ホンダは一昨日、販売台数を上方修正した。景気悪化で下方修正を続けていたのに、この時期の大幅な上方修正だ。

技術の勝利での発展だ。

あっぱれである。

トヨタも、5月から増産体勢に切り替えると言う。

さて、オリンパスは?

勇気ある社員もいる会社だ・・・ということも記憶には残る。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2本の列車

今日は列車がほんの何分か運行が遅れてしまっていた。

赤羽で乗り換える予定、それで渋谷まで。

その赤羽駅に向かって、乗り換えるはずの列車が、僕が乗っているこの列車と同じ速度で真横を走っている。

車窓からは、ゆったりと走っているように見える。

乗客の顔もはっきり。

いつもなら、乗っている電車が先に着いて、3分間で乗り換えればいいはずなのに。

いつもと違う。

グリーン車にある乗務員室のドアをノックして、グリーンアテンダントさんに聞いてみた。

「この列車って、若干遅れてますか?それとも、隣が早いの??」

はにかんだ笑顔で答えてくれた。

「遅れてるかも・・・しれませんね・・・すみま・・・あ、申し訳ありません。」

もう、その時の可愛さで、全てが許せてしまった。(笑)

赤羽駅で、僕はダッシュ。ホームの登り降り。尋常じゃない速さで乗り換え。

おそらく、あの乗り換えに間に合ったのは僕だけだろう。

赤羽駅を出た列車は、さっきまで乗っていた列車と、また並行に、同じ速さで出発した。

同じ速度で走る2本の列車。

僕は息を切らしていたので、すぐに席にはつかず、デッキにいた。

さっきまでの列車の窓から、さっきのグリーンアテンダントさんが、一生懸命こっちの列車のグリーン車を、ガラスに張り付きながら見てる。

心配しててくれていた。

デッキに立っている僕を見つけたみたいだった。

僕は頭を下げて、笑ってみせた。

そしたら、一生懸命手を振ってくれた。

赤羽から先、平行に並んでる二つの線路は、上野方面と、横浜方面とで、だんだんと離れていった。

姿が見えなくなるまで、ずっと手を振ってくれたいた。

仕事の範囲を超えて心配してくれてたことが、何より嬉しかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おっきな衝撃的出会い

僕の欲求が高まりすぎて、

すっとんきょうな行動をとってしまった。

ライチシャーベットと珈琲を堪能した後に事件は起こった。

20090220018ppppp

信号待ち。

MP3プレーヤーを大音量で聴いてた女の子。

自転車に跨りながら、信号が青になるのを待っている。

屋外だと言うのに、音漏れすごいこと・・・。

彼女の視界には僕は入ってなかったことだろう。

僕もマウンテンバイクで信号待ち。

大通りだから、信号待ちの長いこと長いこと。

音漏れで聴こえ伝わってくるシャカシャカながら、いい音階。

誰の楽曲なんだろう・・・

今まで耳にした事がない。

どうしても知りたい。

思わず外界の音から遮断されている彼女の肩をたたいてしまった。

「それ、今、その、それ、耳の、その、あのー、ヘッドホンのそれ・・・・誰の曲ですか?」

挙動不審な僕だったことと思う。

「私が聴いてるやつですか?」

「そうそう、それ!」

「○○っていう曲ですよ」

「アーティストは?」

「○○っていう人ですよ。すっごくいいんですよー!」

丁寧に彼女は、僕にメモまで書いて、アルバムタイトルまで教えてくれた。

「すごく好きなんですよー、いいですよね!ファンになりました??」彼女に聞かれ、

僕は「見知らぬ人に声かけたくらいだよ(笑)」と答え、その場を別れた。

マウンテンバイクをこぐ脚がおのずと速くなった。

局で、すぐさまADの阿部ちゃんにも協力してもらって調べた。

残念ながら局にはCDはなくてね。

それも当然。インディーズレーベルだった。

さっそく個人的に注文。

明日には届く。

Korea_day024_2

この音とは衝撃的な出会いだった。

こういう音との出会いは、何年ぶりだろうか。

今は、不確かな記憶の中での音の流れしか残っていないので、

感想は控えておく。

明日が楽しみだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/26

ライチシャーベットと珈琲

木曜日の番組前、

このシャーベットと珈琲を楽しむ時間が好き。

珈琲をお変わりしながら、今日はどんな番組になるのか、想像をめぐらす。

Conv0013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/25

明-ひしひしと

Korea_day003

Korea_day004

Korea_day006

Korea_day016

Korea_day005

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/24

変わらない・・・変わってない・・・同じじゃん。

あ、人が並んでる。

004_4

ここに並んでるのね。

007_4

同じじゃん。

作ってるところの見せ方も

008_4

同じじゃん。

あ、このマーク、

006_4

同じじゃん。その横にも

003_3

「・・・してますか?」

同じじゃん。

でも、ハングル。だけど、同じ組み合わせ。

言葉は違っても、同じ場合も。

005_3

ラジオを通しての、言葉、音が好きな人がいます。

同じじゃん。

僕と同じじゃん。

ステーションステッカーを車に貼る。そんな車に遭遇する。

色々な国で遭遇できる光景です。

ラジオ好きなんだね。この運転手さん。なんか嬉しい。

言葉は違っても、愛されてるメディアです。きっとラジオって。

でも、・・・言葉・・・

あ、なんかいる。

001_4

奥にもなんかいる。

こいつらは、僕が聴く限り、違ってませんでした。言葉・・・。

奥に黒い毛が・・・

002_4

じゃれ方も一緒です。

猫語は世界共通?

同じじゃん。きっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

この場所から-全景

005

七色に七変化するこの塔から、街を見渡す。

004_2

丘の上にあるが故、四方を見渡せる。

003

港側。

001_2

都市側。

007_2

山側、住宅側。

002_2

海側。

それぞれ、光の色の種類が違っていた。

人は場所によって、灯りの種類を選んでいる。

009_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

暗-静かではなく

003_2

上はネオン、下は蛍光灯。二つの光が口を開ける。

004

002

008

007

楽しく生きようとする人が居る。

009

生きるために。仕事してる。

生きるために、それを買う。

両方の人が居る。

011

どこにでも「食」がある。

010

生活感。あの室外機で、温かく夜を迎えてる部屋がどこかにある。006

毎日この階段を使ってる人がいるはず。

012

生きるために、芸術も、そこにある。

013

暗闇を灯りが突き破り、そこを道しるべに行く。

014

生きるために、地下で暮らす人もいる。

001

寒くても、屋台で寄り添う二人。

暗い中にも人は、その中での文化を時間として刻んでいる感覚がある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/23

洋行・・・ちょっとそこまで大げさでなく

レディス4ご覧頂いた皆様、有難う御座いました。

コメント嬉しいばかりです。

さて、そんな僕は、実は昨日まで洋行。

005

洋行してきた。

そこまで大げさじゃないけど。

001

どこ行ったかわかるでしょう。

006

こんな感じで。

僕も写真に撮られてみた。・・・とは言わないね。

007

004

こんな文化の香りたっぷりな宿に泊まって。

窓からは

003

ちょっと寂しい景色だったから、光で遊んでみた。

でも、街は寂しくなかったですよ。

そこでもやっぱりチェックしちゃった。

009

だいたい値段は日本とほぼ一緒。

008

これ、僕のコダワリ、トリプルエッジが、名前が違って現行人気商品。

剃刀を手に入れるために来たわけではないけど、もちろんお土産にしたことは言うまでもないだろう。

まだまだ続く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日、これからレディス4です。

今日、これからレディス4です。
今日、これからレディス4の生放送です。

今日はゲストが僕一人ではなく、俳優としても芸術面でも大先輩である、最高に面白い方と一緒です。

ロケの時、笑いすぎて呼吸困難になるかと感じたほどですから!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/02/19

写真展めぐり

今日は朝から写真展めぐり。

今、人気の女性写真家、米美知子さんの写真展がちょうど宇都宮であり、しかも今日がラストというので、訪ねた。

Conv0012_2

心洗われる感覚。

Conv0007_2

まだ若い女性で、華奢な体で重い機材を背負って山に入って、美しい光景と出会って、それを自分の印象に忠実に写真に残す。そんな作業が出来てしまう彼女にびっくり。

写真集も手に入れてしまった。しかもサインつき!!!!!

続いて、自転車で向かったのはここ。

Conv0004_3

東京電力の、写真好きの写真さん達による写真展。

Conv0005_3

いろんな写真があったけど、僕が気になったのはコレ。

Conv0002_4

一番サイズがちっちゃかったのだけど、

Conv0009_2

ほら、タイトルもシンプルに「山あざみ」

これを撮った人は、この、まさにこの山あざみが好きだったんだろうなと。

写真の技術とか、そんな話じゃなくて、ただこの山あざみが好きで、これを一生懸命撮ったんだろう。

この山あざみじゃなきゃ、イケナカッタはずなんだろう。

星の王子様の、一本のバラのように。

なんだか、その愛情に涙ぐんでしまった僕。

いや、なんか、この山あざみが羨ましくもあった。

素敵な一枚だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

やばかった~!(笑)

今日は番組にミス~~が遊びに来てくれた。

僕が頻繁に遊びに行く那須、

それから、この前、初めて遊びに行って番組で熱く語った水戸から。

水戸観光協会の梅大使である渡辺絵美子ちゃんからは、お土産まで頂いてしまって・・・。

ベリーのディレクター、トシ君からは、「眞善さんバッチリですよ!!!」なんて言われて。

確かに、水戸の梅大使の渡辺さんが綺麗でねえ~。僕が照れてしまった。

Conv0001

デレデレだったと思われる。

すっごく知的で話し方にも品があって。期待した会話を読んでくれているようだった。

というか、本当に水戸に詳しいから、僕もやりやすかった。

そして那須のりんどうメイツの黒澤さんは面白くてね。

そして彼女も那須に本気で詳しかった。

だからこそ、会話が進んで、予定されていた以上に時間をかけて、一曲を抜かして対応しようというディレクター判断が功を奏した。

おもいっきり、次のCM確定時間までバッチリ楽しく話せた。茨城でも聴いてくださってるんですね。うれしい限り。

僕は、番組が終わってから、まっすぐホテルに。

お弁当買って、部屋で明日の構想練りながら、じっくり時間を味わう。

Conv0002

半額になってたお弁当、美味しく頂きました。

ちょうど、宿泊してるホテルが工事中なのだけど、だんだん新しい姿を現してきてる。

Conv0003

Conv0004

僕はこの工事を1から見てるから、なんか勝手に感動してた。

エレベーターもね。

Conv0005

そして、こうして今、自分に投資したつもりのチビパソコンで、ブログを書いてる。

Conv0006

まあ、部屋に戻って、ちょっと、いや、じっくりテレビ朝日の「相棒」も最後まで見ちゃったけどね。

あ、明日はラムランプがゲストで遊びに来てくれます。

ラムランプとの再会は、けっこう楽しみ。

どんな会話になることだろう・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/02/18

迷惑メール・・・転送せよ!・・・ ニュース:@nifty

リンク: 迷惑メールで初の行政処分 - 注目ニュース:@nifty.

朝、目が覚めると携帯が光ってる。
メール着信を知らせるランプ。

以前も迷惑メールについて書いたけど、
パソコンへは、まだ我慢できるが、携帯への迷惑メールは本当に嫌だ。

フィルターをかけてるせいで、必要なメールがはじかれてしまうこともあるから・・・。
はじかれたメールってのは、パソコンではフォルダでチェックできるが、
携帯のは戻ってこない。消えてしまう運命。

朝、目覚めて、その光っている携帯をチェックすると、深夜に10通以上の迷惑メール。
この2ヶ月くらい、auへは特に多かったように感じた。

僕と同じくauで、比較的シンプルなアドレスだと、容赦なく迷惑メールの嵐に巻き込まれた人が多かったみたいだ。

それが昨日あたりから激減した。

このニュースの影響、はたまた、今回処分を受けた、そこがやっていたのか・・・?

auでは、同じくauのアドレスでの迷惑メールにしか対応できない。
これは(迷惑メール転送サービス)と言う対処についての話。

そこで調べてみた。

今回の対処はどんなデータで行われたのか。

興味があった。

それに僕も協力して迷惑メールを撃退したい。

日本産業教会、ここが経済産業省から受託して、

迷惑メールのデータ集積、検証、調査を行っている。

経済産業省該当ページ

そのサービスに協力したいと思った。

それがこのページだ。

このアドレス、

spam-in@nissankyo.jp

に迷惑メールを転送すればいいだけ。

僕の携帯のアドレス帳の一番最初に登録してみた。

これからは、迷惑メールはすぐさま容赦なく、転送してみることにする。

迷惑メールで困っている場合は、僕と同じように、

メールを転送してみてはどうだろうか。

それが証拠になるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/17

作業する

今日は作業の一日。

Kirigami001

朝からタイルだらけ。

何のために、こんなタイルグッズを作っているか、わかる方には、もう次回が予測できることでしょう。23日ですよ!レディス4。(笑)

マネージャーが、「そうだ、写真立て!」という提案をしてくれたことによって、

写真家でもある僕は俄然やる気に。

この前の「繊細」の写真を入れて試してみたり・・・

Kirigami002

まだ完成じゃありません。

23日を期待しててね。

そして午後からは、明日のインタビュアーとしての内容を頭に。

ただ覚えるだけじゃなくて、

何故、この質問をするのか?

そこに自分自身の納得がないと、

ただ喋ってるだけになっちゃう。

用意された質問自体に、僕自身が納得して質問してると、台本で想定されてない答えでも、その先に僕の考えもあったり、

ちゃんと続く会話になる

90分間、会話だけってのは、僕もはじめてだし。

それで今日は、

先日の寺泉さんの「繊細」からも勉強して、改めて文字に。

Kirigami003

まあ、今回字は汚いけどね。(笑)

自分でまとめると、もうコレが盗まれたとしても、

Kirigami004 

今からでも、イザとなれば、台本無しで行ける気がする。

繊細に今日は勉強してみた。

だって、インタビューする相手は、素敵な先輩なのだから。

質問したくて仕方ない僕が居る。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/02/16

種類

種類が灯りにも。

静かに尖った灯り。

Kirigami006

ドキッとするほどクールな灯り。

Kirigami008

あったかい灯り。

Kirigami009

ホッとする灯り。

Kirigami007

力が抜けるリラックスな美味しい灯り。

Kirigami005

光は偶然の産物である場合が多いけど、

灯りの光は、誰かが意図をもった上に作り出された物だと感じます。

それが偶然であろうとも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/15

繊細な上に

2月14日、銀座シグナス。

Kirigami003

ジャズの歴史ある名店。

銀座の街は土曜日の夜で静か。

   Kirigami004vdcf

だけど、この会場は大人な熱気。

寺泉憲さんがステージに。

寺泉さんにお呼ばれして、足を運んでみた。

休憩時間、ふと、僕から見えた譜面台。

Kirigami001

歌詞を細かく検証してる跡。

繊細さが伝わる一瞬。

僕もジャズナンバー唄えるようになろうと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/14

世界にひとつ

「世界にひとつ」

なんて甘美な響き!!。

かつて、このフレーズの車のCMがあったっけ。

「世界にひとつ、日本にソアラ」

それで僕は、その車に乗ってるわけでして・・・。

まあ、偶然思い出してしまったので、脱線して書いてみましたが、

本題は「世界にひとつ」

カメラの世界ってのにも、そこにはブランドが存在するわけで、

色々な方々によれば、そのカメラブランド界の頂点なんて表現されるのが

世界にひとつ!の、超高級カメラブランド

LEICA(ライカ)なのでございます。

Kirigami013

なんとなく、「ライカ」という響き、聞いたことがあることでしょう。

もう、ブランドなんて言葉ではなく、ライカという世界、価値観、が存在するわけなのです。

そこの世界は、ほとんど、お金持ちのお年寄りの皆様が、かなーり愛着を持って接しておられたりしておりまして、それで人生狂ちゃった方々も「沼に入り込んだ」なんて表現をされ、

人生おかしくなった先達もいっぱい、いらっしゃるとのこと。

僕なんぞや、近寄りがたい世界なわけでして・・・。

カメラに付ける、単なるストラップ、それだけで日本の高性能なコンパクトカメラが何台か、余裕で買えてしまったり。まさにカメラ界のロールスロイスのような・・・。

さらに僕は、ライカのライバルであった、今は亡きコンタックスマニア・・・だけど、そろそろ僕も勇気を持って、

ちょっとは、今流行りの(CHANGE)なんぞやして、ライカの世界に近寄ってみようかと。

ただし、純正ストラップ、それを買うんだったら、僕はカメラを買ってしまいます。

そこで。

こんなものを用意。

Kirigami008

単なる黒のレザーストラップ。

そして、ハンズなんかで売っている、文字プラ板。

Kirigami002

これで、「L」「E」「I」「C」「A」の部分を熱した彫刻等などで切り抜き、バランスを考え、直線状に並べます。

すると、ほーら

Kirigami001

文字の間隔も、一度パソコンで書いたものを印刷して、それに合わせるといいでしょう。

ツナギの部分はセロテープやマスキングテープで留めて、穴埋めしましょう。

そして、影で文字のバランスを確認します。

Kirigami003

次は色です。

白のロゴは実際にあるけど、ここはひとつ、一目で「世界にひとつ」ということを強調。

大人っぽくグレー系で。

Kirigami004

100円ショップなんかで売られているスプレーでいいでしょう。

色合いをチェック。

Kirigami009

実際にこの紙の上に黒のストラップを置いて色合い確認。

その後はお分かりでしょう。

両手を使っての作業。片手で押さえて、片手でスプレー吹き付け、緊張の瞬間。

写真なんぞ、撮ってはいられません。(笑)

で、乾燥させて出来上がり。

Kirigami005

塗料がはみ出たところは、除光液を付けた綿棒で優しくふき取ります。

なかなか、いいんでないかい!?!?

Kirigami011

世界にひとつの、岡田眞善オリジナル、ライカっぽいストラップの完成です。

これはライカマニアの皆様はかなり興味を持たれることでしょう。

「なんの限定バージョンだっけ??」ってな具合に。おそらくね。

ライカマニアの皆様は、プラ板だの、100円ショップだの、想像しないことでしょう。

「世界にひとつ、岡田眞善のライカストラップ」

帽子、キャップでも、このベースを使って、出来てしまいそう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/02/13

イルジメ

今日は番組の中以外でも、

アサヒビール、そしてフジカラーラボの社長さんとお会いした。

アサヒビールの話で盛り上がるのは当然のこととして、

フジの社長さんとは写真話で意気投合。何時間も話し合っちゃった。

同じカメラを使っていたことも判明。

でも、被写体には違いがあってね。僕はスナップ、社長はお花。

それぞれ写真を見せ合っちゃってね。(笑)

今、みんながチャンスを作ってくれている。そんな風に感じる。

そのチャンスを活かすのは、空気感、センスなんだろう。

「イルジメ」、一枝の梅の花。

Conv0007

一枝の梅の持つ空気感。

最近の僕はこの言葉が好きになっている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/02/12

嬉しかった

今日はなんだか嬉しかった。

今度宇都宮でライブをやる猫さんが、わざわざ今日、僕の担当する曜日にプロモーションにきてくださった。

こういうのって、パーソナリティーからすると、うれしくてね。

まあ、だからこそ、僕も思いっきり猫さんを、可愛らしく、いじめてしまった。(笑)

番組ではかなりいじっていたけど、でも、そもそも猫さんとは仲いいのでご心配なく。

まあ、聴いてくださっている方々はわかってるから、心配するような人もいないか・・・。(笑)

ライブは3月1日、宇都宮、ラウンド87で19時からです。

Conv0006_3

思えばこのところゲストだらけで、新たな出会いがいっぱい。

今日は猫さん帰ってからも、イケメン3人組ユニット、eyesともゲストで再会したし。

そう、来週は、アンジェラ・アキのライブツアーチケット先行予約も水曜日にやります。

そして、先週くらいから、納豆、海産物、道路など、茨城を熱く語っただけあって、来週、茨城県から、親善大使が僕の番組に来るとのこと。ミス梅大使・・・なんて美人さんが来てくれるらしい!そんな情報。

真剣に番組に向き合って、新たなスタートを切った気持ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/11

仕事終わってホテルへ

今日は宇都宮。

祝日だというのに、今日は信じられないほど沢山のメールを番組に頂き、すっごくうれしかった。

内容も告知や企画ものが多かったのでキツキツだったのに、なんとか楽しく3時間。

終わったときのデスクはConv0001

散らかりまくり。

床にも原稿やら頂いたメールやら。

急いで読んでいたからね。

ホテルに入る前に書店に。

そしてチェックイン。

Conv0002

エレベーターに入って独りになった瞬間、

ホッとした。

Conv0005

今日は相棒見て、その後に資料を読み通して、それからゆっくり読書。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

進化してるなー

東急もJRも女性の車掌さんが多くなったもんだ。

以前に、東急について、男性と女性の車掌さんの違いを書いたのだけど、

田園都市線には、鈴木さんという女性の車掌さんがいる。この彼女、

もう車掌さんとして堂に入っている。

アナウンスも的確。録音されてるアナウンスを切ってでも、乗客として乗客側が「欲しい情報」を教えてくれる。マニュアル以上の的確なお客の立場になってのアナウンスは、流石!としか言いようがない。

駅でも、安心感がある素振りというのかな。

初めのころは、女性の車掌さんに違和感を覚えていた僕だったけど、このごろは安心できる。

そうそう、そのように思い始めたアナウンスを初めて聞いたのが、今日の鈴木さんのアナウンスだった。田園都市線は乗務員紹介をするのだけど、その時に覚えていた名前が、僕の記憶のどこかにあったのだろう。その名前と今日再会して、「やっぱりな!さすがだ。」と感じた僕だった。

電車好きなんだろうな。だから、お客の考えてることをわかった上で、アナウンスしてくれてるのだろうと思う。

その後に乗ったJRの電車も車掌さんは女性だった。

東急の鈴木さんくらいになるまでは、まだまだかかりそうかもしれない・・・けど、がんばって欲しい・・・なんて勝手に思った。

そして鈴木さんは鈴木さんで成長・・・というか進化してる。

もう立派な車掌さんだ。

Conv0004

最近大好きな、ジャスミン茶を飲みながら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

無念

行ってきた。

Kirigami008

常夏の島・・・

Kirigami006

ではない。

ただ、ここはハワイ?沖縄??

Kirigami007

そんな風に思える陽射し、椰子の木。

Kirigami010

海。

実際は、

Kirigami009

鎌倉。

墓参り。そこから車で5分ほどのちっちゃな漁港へ。

墓参終わって、漁師さんの食堂で、朝獲れた魚の刺身定食でも激安に食べようと・・・。

でも、ちょっとの時間間に合わなく、そこらの食堂が終わってて・・・・

無念。

冬場は、閉めるの早いんだね。

頭の中は、もう刺身を食べる感覚だったのに。

刺身のことを考えながら高速を使って東京まで帰った。

Kirigami011

漁船は、気持ちよく休んでいるようだった。

この船で獲れた魚が食べたかった。

でも、気持ちいい潮風だったから、それだけでも十分。

帰宅して確定申告との戦いを始めた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/02/10

出来た

レディス4をご覧頂いた方々、感謝です。

「楽しそうにやっていた」と言う言葉を頂いたりしましたが、

そうではなく、

「楽しくやっていた」のです。

その「楽しそうにやる」と「楽しくやる」の間には、それこそ試行錯誤あって、それを乗り越えた快感と自信から、それがあって、「楽しく」やれるのですね。

まあ、僕の中側でのちっちゃな言葉に対するコダワリで、僕以外の方からすれば、

「楽しそう」という表現は、勿論正確!正解!!(笑)

生放送、失敗したら・・・とか、わからなかったら・・・「アレでいいのかな~?」なんていう不安が、どこかにあれば、

楽しくは出来ない。

わかっていれば、楽しく出来るものなのです。

それは、周りのスタッフもが、的確な仕事をしてくださる。だからこそ、不安なく「楽しくやれる」ということ。

本気で楽しんでいるから、終われば、忘れていた疲れがどっと出ます。(笑)

帰りの車、首都高で六本木。

後部座席のガラス越し・・・。コダワリの写真と言うわけには行かないけど、

Kirigami001

あ、六本木ヒルズ。

Kirigami002

近づいてくる。

Kirigami003

もうすぐそこだ!

車が速い。速度が・・・

シャッタースピードを瞬時に上げて

Kirigami004

ちょっと、あと一息!

Kirigami005

撮れた。

今日までの熱中をクールダウン。

次は趣味王子、何に熱中する?

PS、大島さと子さんからの情報。

昨日、2月8日、

京都競馬場、ダート、

第3レース、2番手からの押し切り

シンゼンオウジ 1着  優勝。

・・・・・・

僕はおめでとうと言われた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/02/09

工房

僕のデスクがシッチャカメッチャカだ。

作りたいもののために、

もうデスクではなくて、

この一角は工房になってしまった。

まさに「工房の一角」という表現が似合う。

Kirigami019

カッターマットを中心に、はさみ、型紙、カッター、彫刻刀、定規、糊、両面テープ、筆、ニッパ、ハンダごて、部品、それからパウチマシンはこの後ろに。などなど・・・

普段の個人的な趣味の工作ではこんなにモノが溢れなく、

どちらかというと、精密作業に近いのだけど、

今回は床もこんなありさま。

Kirigami018

これでも、もう何回かは、床のゴミをかき集めて、捨てている。

それでもすぐにこうなる。

そして屋外も大変なことに。

でも、出来上がりは、その道のプロの発想には思いも寄らない展開になってる。

何が出来上がったか・・・詳しくは、

今日夕方、4時、

レディス4にてご確認ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/02/08

降臨

悩んでいた。

一体、何が出来るか。

とりあえず、やることはやった。

さてその上で、何が出来るか・・・・

閃いた!!!!!!!!!

こんな感じで、

Kirigami009

買ってきた。

Kirigami007

自宅の床を傷つけないように、ウッドマットを敷いて、工作開始。

おっと!

また閃いた。

専門店に足を運ぶ。

Kirigami008

お、いろいろあるねー。

コレ、まさに求めてたモノなんでないかい??

Kirigami010

そうだ、間違いない!

はい、購入。

さ、三ツ屋サイダー飲まなきゃ。

悩んだ末に、何が出来るか・・・。

それは月曜日、夕方4時からのテレビ東京、

レディス4

で観てください。

今回、いいですよー。

簡単な基本以降は、アイデアで色々な活用が出来るはず。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/02/07

無料です

誰にでも、もれなく、夕暮れは訪れます。

それに気付くか、他の事に夢中になってるかの違い。

でも、もしほかのことに夢中になっていないのならば、

今日みたいな夕暮れもあります。無料です。

B002

駅のホームにいた高校生の女の子達は、仲間での話しに花を咲かせていましたが、

すぐそばの高校生、男子4人組みは、「これヤバイよなぁー!」なんて言って・・・・、

男子は、一所懸命、携帯のカメラでこの瞬間を残していました。

僕は心の中で「うん、だよなァー」と返事しちゃいました。

この、わずかに残された赤、それに向かって運転してる電車の運転士さんが羨ましかった僕です。

そばの男子一人は言ってました。

「彼女乗っけて、この電車、運転してー」

また僕は

「だよなァー」と、納得してました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/02/06

誰も居なくなった

ほんの3分前まで、賑やかで生放送をしていたスタジオ。

エントランスルーム。

B005

でも、今日はすぐに灯りが消された。

スタジオに明かりがついていて、誰か居ると、

ちょっと、お人よしの僕はスタジオを出るタイミングを見失う。それを知ってくれている。

だから、3分後、誰も居なかった。

B001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大きなロウソク

誕生会がありました。

会場に向かう前に、大きなロウソク。

ミッドタウンよりも大きく、僕の目には、そう映った一本のロウソク。

B006

ミッドタウンよりも、この場所では明るく大切にされてる、重宝されてる一本の灯り。

何人もの人、特に、数多くの運転手さんたちがこの灯りに感謝してるはず。

急ぎながらカメラを向ける僕を、4人の運転手さんが不思議そうに見ていたのだから。

今日の誕生会は、そんな、みんながありがたいと思う人の誕生会だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/02/04

久が原

大学一年生の頃、久が原はよく通った場所。

何年かぶりで、久が原に訪れることになった。

B007

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ変化があるような感じ。

だけれどもちょっとゆっくりした時間が流れていることに変わりは無かった。

駅のベンチも木製の長椅子。

B004

ペンキは新しくアイボリーホワイトに塗られていたけれども、

おそらく、この木、板、それ自体は、当時と変わらないままだろう。

駅長さんが一人でもくもくと掃除をしていた。

3両編成の電車だけの可愛らしい駅のまんま。

B006

踏切もなんだか可愛らしく見える。

これはちょっとは新しくなっていたみたいだった。

あの時は、僕の中では辛い時期だった。

今、今日のように穏やかに、この久が原と言う場所に訪れることになるなんて、

当時は、

いや、一昨日までの僕は想像だにしなかった。

ロケで訪れたこの場所は、僕の中での、辛い場所の記憶から、穏やかな場所の記憶へと変化することになった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/02

浅間山噴火、降灰を東京・僕の車でも確認 - 速報 ニュース

リンク: 浅間山噴火、降灰を東京・千代田区でも確認 - 速報 ニュース:@nifty.

僕の車の色は黒。

メタリックもパールも入らない漆黒の黒。

これからのシーズン、花粉が黄色く付着してるのが目立つ。
それで花粉の飛散をいち早く告げられるわけだけど、

今日は・・・・

B003_2

僕の車のボンネット・・・なに?この白い花粉は??

B002_2

花粉じゃなかった。

B001_2

今朝未明から始まった、浅間山の噴火による火山灰の降灰だった。

こんなところまで飛んでくるのか・・・。

噴火が落ち着くことを祈ります。

2009020200000005jijpsociview000

気象庁は千代田区で確認。
僕は自宅で確認。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

真っ青な空だったから

真っ青な空の一日だった。

こういう時は、雲の味わいは少ないけれど、

綺麗な夕暮れになる。

B001

夕暮れが濃い色に変わっていく。

B002

正面の暮れていく太陽に対して、手前からは人工的な灯りが車のボディーを優しく照らしだす。

B003

暗闇になれば、人工的な夕暮れがそこかしこに。

B004

周りの灯りに影響されて、人工的な夕暮れは、その色合いを刻一刻と変える。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/02/01

一直線

B001

B002

どこか左の方で、交わることはあると思いますか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新しい、昔から。

新しい近代的な建物のシャンデリア

B006

古い建物の味わい感じちゃう廊下。

B004_2

最新ホテルVS老舗旅館。

どっちも素敵です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »