« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/30

野口悦男さん

野口悦男さんが亡くなられた。

今月23日のこと。

今では温泉を選ぶ際の指標にもなっている

「源泉掛け流し」

と言う言葉を作られた方だ。

まさしく温泉達人。

たった一回しか、仕事でご一緒させて頂いたことしかなかったのだけど、

たったその一回の出会いが深くて、大きくて、

意気投合して、

温泉話で盛り上がって、

たった一回だけど、

僕の中に強烈に印象を残した温泉達人。

640sya001

僕に残された言葉は、オススメの温泉宿。

野口さんオススメの宿、温泉には出来る限り浸かってみたい。

栃木、大出館、何より推薦してくださった。

告別式に並んできた。

涙ぐんでしまった。

祭壇に飾られているお写真は、

野口さんが、タオルを頭に巻いて、気持ち良さそうに温泉に浸かっているお写真。

640sya002

ほのぼのとも感じた。

マネージャーの(い)ちゃんも駆けつけてくれて、

帰りは近くの外資系スーパーでちょっと買い物。

さっきまでの告別式の雰囲気とはまったく違う。

そこで気分転換して、帰りは笑い話をして、

(い)ちゃんに助けられたなー。

おかげで、野口さんとのお別れを、明るく僕の脳裏に印象として記憶した。

大出館行ってみよ。

640sya003

いい温泉に浸かって、心から、その時間を味わうこと。

それが何よりもの教わったことだからさ・・・。

心よりご冥福、お祈りいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/28

遠ざかる意識からの復帰。

疲れて列車に乗る。

仕事から帰るときはクタクタになってグリーン車のシートに体を滑り込ませる。

途中購入した、お弁当を食べて一安心。

640sya001

さて、

新聞なんぞ読みながら、睡魔がガックシと襲ってきた。

東京までの時間、ちょっと寝てしまおう・・・。

「温かいお茶、珈琲など・・・・云々」

グリーンアテンダントさんが回ってきた。

「もういい、お茶も何もいらない・・・僕は眠い」

次、半分眼を閉じた、ぼんやりした光景の中で意識が急激に遠ざかっ・・・・

「あ、お茶、お願いします」

次の瞬間僕は声を出して、頼んでいた。

ほーほー、このグリーンアテンダントさんは広瀬さんとおっしゃるのね。

何だ!この笑顔の素敵さは。

カワイイ。可愛すぎる。

「温かいのと、冷たいのがありまして・・・あ、冷たいのは、今手元にないので、すぐにお持ちしますが・・・」

「いいですよ、温かいのでお願いします。」

「150円になります。」

ピッタリと150円支払う。

ヤバイ、寝てられなんかいやしない。

この可愛さはなんなんだ!

と思った次の瞬間、僕の斜め後ろの人はオレンジジュースを頼む。

しかもちょっと無理難題でオーダー。

「100%天然果汁でない、のがいいんですけど・・・・」

「こちらしかオレンジジュースの種類はないのですが・・・」

「だったら、他にそうでないものあるかなー・・・」

「えーっと、・・・・」

会話が続いている。

ヤバイ、負けた。

これは斜め後ろのやつの作戦だな!

勝手に僕は思った。

「ここはレストランじゃない!無理難題押し付けるな!!そこまで独り占めするな!!!」

(笑)

この車輌には、お客は2人。

僕と彼と、グリーンアテンダントの目に見えぬ三角関係。

そこから眠れなくなった。

斜め後ろのやつは、席を通路側に移動した。

歳は僕と同じくらいだろう。

しかもカッコイイ。

僕は失敗した。

冷たいお茶を頼めば、もう一回彼女と話す機会があったのに。

完全に三角関係から僕だけ離脱してる感がある。

かといって、ここでお茶を一気に飲み干して、お替りしても、かっこ悪い。

いっぱいまで下げていた座席のリクライニングを戻して、ジェントルマンになりながら

仕方なく、新聞を読む。

車輌に頻繁に訪れる笑顔のせいで、

そこからの東京までの時間は、もう眠ることはなかった。

640sya002

帰宅して、かわいいい彼女が僕を待っていてくれたから、今日の車内での三角関係の負けは認めよう。

640sya003

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/11/27

生意気になってやしないか〜

仕事に対して一生懸命。
そして自分の価値観を磨くことも仕事のうち。

今日、番組に届いた、ある一通のメール。

僕への苦情とかではなく、お礼のメールだった。ただ、8年前の番組へのお叱りの言葉もあった。僕の担当している番組ではなかった。

けれど、ラジオ番組の本質。
自己満足ではないが、僕は、ラジオを好きだということに関しては負けない覚悟もあるし、だからが故に、理想像も常にある。

今のテレビに絶対負けない自信もある。

ただ最近、テレビの潜在力を思い知ったけれど、だからこそ、相互作用によってのこれからが目に見える感覚もある。

そりゃ、テレビに敵わない部分もあるけど、テレビがラジオに敵わない部分も多くあるということ。

この一通のメールは、そんなことを僕に思い起こさせてくれた。

そして、ラジオで喋っている僕を好きな人がいること。

そしてさらに、ラジオで喋る僕以外でラジオに関わっている僕の作業を心待ちにしてくれている人がいること。

僕はもしかすると、ちょっと忘れていた感覚があったかもしれない。

これじゃー、他の人と一緒になってしまうかも知れないのに…。

僕が今、ラジオで喋っている原点は何なのか。

それを忘れることなく、僕はステップアップしなきゃ。

ステップアップのために棄てるものと忘れちゃイケナイもの。

そこは自分自身で把握しなくちゃいけない…。

僕へのお礼と、8年前の番組へのお叱りの言葉が一緒に書かれたメールは、僕の財産になった。

僕は今、8年前という時間のお詫びを、僕の言葉で書き終えた。

ラジオに係わる人間としての問題だったから。

悔しかった。

申し訳ない気持ちだった。

でも、これからは僕が携わる以上は、ラジオというメディアとして、自信を持って自由に御愛聴頂ける番組、つくりあげたい。

僕自身、ラジオで喋る時間以外は、誰よりラジオの愛聴者だから。

だからがゆえ、僕にしかわからない気持ちもある…そんな勝手な自信があるのです。

ちょっと自分が生意気になっていたかもと反省した自分がいることも確かです。

ラジオのために、僕はもっと謙虚にラジオがしたいと強く感じもした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/26

クリスマス景色

クリスマス景色
クリスマス景色
クリスマス景色
クリスマス景色
この季節、なんかいいよな。

クリスマス景色が色々なところで目に飛び込んでくるから。

そしてひとりでいると、ちょっと寂しい気分になったりしてね。

今年は松が峰教会のミサに参加してみよっかな…。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/11/25

夢で飛び起きて

夢で飛び起きて
夢で飛び起きて
変な夢をみた…。

知っているU.Aという女優さんが登場した。ただし彼女、ちょっとおかしくなってしまっていて、でも、彼女に怒鳴り声で注意されて、必死になって僕は仕事を遂行しようとしているわけなんだ。

ただしやっぱり変なんだ。だってね、何故か一緒に行ったロケチームは、その場を離れようとするわけ。僕はその場で仕事を遂行したいのに、「危ないから!」とか言って僕を強引に車に連れ込む。

僕は慌てて、場所を記録しようと携帯を取り出してGPS機能を使ってポイント登録していた。

確かに何かヤバそうな雰囲気の場所であったことは間違いない。

僕は、その場所に徒歩でそぉっと戻った。

すると違う映画を撮っていた。人が増えている。
でも、何か宗教的。

僕はインディ・ジョーンズのような気分になっていた。ヤバイものを目撃してしまったのではなかろうか…。
何かの儀式が行われている。

そして見つかって、走って逃げている。

そこで目が覚めた。

僕の横ではピロちゃんが眠っていた。

なんだかよくわからない夢だったけど、センセーショナルだったので、枕元の携帯で書き留めてみた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/24

レディス4って面白くて

レディス4、今回も楽しく時間が足りないほどだった。

640sya002

もっともっと具体的に「簡単なのだ」ということを伝えたかった。

大田潤先生に教わったこと、

それは

究極「煙なら何でもいい!!」と言うことだったのです。

もう一回おさらい。

中華なべ、中華なべより直径3センチ小さい丸網、アルミホイル、お茶、ザラメを用意。

鍋底にアルミをひいて、お茶を一握り、ザラメをひとつまみ、

そこに丸網をのせて、食材を置いてアルミホイルで汚れないようにカバーした蓋をかぶせる。

中火で5分、弱火で10分、後はお好みで。

それで燻製が出来てしまいます。

食材は油分があって、塩分があって、水分が少ないもの。

これがベスト。

シュウマイは最高に美味しかったですよ。

最初はウィンナーなんかで挑戦すると良いでしょう。

これだけです。

640sya003

これは僕からのお願いとして、「チャレンジしていただきたい!」と言うのが本音。

普通の食材が、確実にポテンシャルアップします。

レディス4、これからもやりたいことがいっぱいあってね。

640sya004

今回「趣味王子」なーんて言葉が僕に付いていたけど、

趣味って言うのはやれるだけやってみた方が、人生楽しくなるんじゃないかな。

どんな時だって、「次はコレやってみよう!」と思考することが生まれていくわけですから。

また何をやるかが楽しみで、決まったら報告させてください!

640sya001

今回も皆様、有難う御座いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

衣替え・・・といっても服ではなく・・・

今日は、愛車のタイヤ交換。

冬用のスタッドレスタイヤに履き替え。

快晴の朝からバッチリ。

Before

081123_141601

After

081123_161102

そして洗車して綺麗に。

081123_161101

そして試走行かねて、近所の園芸店まで。

これまで頑張って玄関を彩ってくれた花々を、これもまた冬用に衣替え。

ビオラ、そして紫のストックのコラボにしてみた。

帰り、僕の横に、32GTRが。かっこいいねー。

Sh340032_ed

手前が僕ので、奥がGTR。

綺麗に乗ってらっしゃる。車齢は僕のと同じくらいか、もっと古いか。

反対の角度からも。

Sh340027_ed

やっぱり2ドアクーペは流麗で綺麗だ!素敵だ!!。

トランクは花だらけになった。

車内は土だらけになった。

フロアマットを掃除機で掃除。

やっぱり、今の僕の生活スタイルには・・・。

やっぱりワゴンRがベストチョイス。

相反する二面性もまた魅力と言うことにしておこう。

僕の車はみんな嫌がって運転してくれない。

フロントが長いからね。

でも、今あるモノを大切にすることもまた、大切な価値観じゃないだろうか。

そんな結論に至って、衣替えを済ませた。

明日(今日)月曜日は、

夕方4時からテレビ東京でレディス4。

今回の、真剣に面白いですよ。

VTR、笑えて、微笑ましくなること間違いなし!!

そして今夜の夕飯に燻製風味の「何か」いかがでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/22

だんだん良さが見えてくる

9月、日本で一番売れている軽自動車、ワゴンRがフルモデルチェンジ。

一瞬、アレレ???

なーんて感じていたデザイン、

そしてリニューアルコンセプトだったのだけれど、新型が出て2ヶ月も経つと、その良さがしみじみとわかるようになってきた。

640sya006 

ずばり「いいじゃーん」とばかり感じる。

そこかしこに、デザイナーの努力と葛藤と、突破口を見つけ出すことが出来ます。

それってカーデザイナーという枠組みでなく、人間が努力した痕跡を味わえるって、想像力が広がって、賛同できたり、感心したり。

そして、いらないものとの決別と言う判断、それもいっぱい感じる。

今までのワゴン・・・の定義にとらわれず、実質を優先し、ユーザーの立場に立った決定。

例えばサイドウィンドウをワゴンらしい、片側3つから、2つに減らすとかね。

後方の上端を使いやすさのために水平方向の長さを切り詰めるとか。

640sya002

つまり数字上の競合他社との張り合いではなく、ユーザーの’’使いやすさ’’に主眼を据えた判断。

あっぱれである。

中に向かって広く広く!ではなく、外でも、広く使えるように。

不要になりがちな空間は外で使えるようにするということ。

大切なところをちゃんと見据えた進化。

都内なんてバイクで走ってると、

高級そうな奥様、恐らく体重50㎏、くらいだろう。

その奥様、50㎏の体、そののちょっとの買い物、移動のために、2000kg.、2トンという物を、ガソリンを使って動かしてる。

なんと非効率的なことか・・・。なんか本末転倒してること明白だ。

それで「環境問題は、やはり・・・」なーんて叫ばれても笑っちゃう。

世の中、効率ばかり追求したらおかしいことになるんだけど、でも、このご時勢で考えると、ちょっとかっこ悪い。

スマートではないのだ。

贅沢は悪いことじゃないよ。でも、無駄遣いはちっとな~・・・。

だからいいんですよ。贅沢なら、納得しましょ。

映画「華麗なるギャッツビー」でロバート・レッド・フォードが、ロールスロイスでわざと噴水に突っ込むシーンがある。

あれは無駄ではないんですよ。彼なりの贅沢です。

彼女の心に対して、ギャッツビーのそれまでの苦労、苦心からの開放という結果を象徴するための対価!という贅沢が存在してるから。

贅沢には贅沢の対価があるんだけど、無駄遣いにはなんの対価もない。

だからそれに、かっこ悪さを感じてしまうのは僕だけではないと思う。

大切なところをちゃんと見据えた進化を、僕らもしなきゃなと教えられるわけです。

さあ、そこでワゴンRですよ。

なんてスマートなことなんだろうか。

僕の車は、この車より大きいけど、こんなサイズの絨毯は積めない。

植木だって積める。野菜の苗もいっぱい積める。

640sya004

疲れたとき、こんな風に平らにして、休憩として、寝られない。640sya005

僕は何を必要としているのか?

現代に白洲次郎が生きていたら、カントリージェントルマンとして、ワゴンRに乗っていたように思う。

もっとシンプルに考えた時、僕の場合はこの車が似合う生活にも憧れているということだ。

ちょっとひねって、AZワゴンもいいかも。

どんどん、この車に惹かれている僕が居る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/21

なんにも言えなくなっちゃうよ…。

言葉ひとつひとつ、重要だと思う。

だけれど、だからと言ってひとつひとつばかりをクローズアップして、決定したことでないことでも、決定したかのように、そこで批判ばかりしていたら、いや、されてしまっていたら、なーんにも言えなくなっちゃうよ。
それこそ密室政治をするしかなくなっちゃうんじゃないかい?

間違ってない!と、何度も検証して、決定してから発表するしかなくなっちゃうじゃん…。

そりゃ、僕でさえも「おかしい」と感じるくらい間違っている考え方もあることだろう。

だけれど、ちょっと異常だと感じてしまう。

僕もラジオで批判が届くこともある。

だけれどNHKではないのだ。
公共の電波を使っているが、公共放送ではない。
言いたいこと、自分の考えは伝える。
それを否定しても、否定されてもいい。

ただ、発言の真意を汲み取ることなく否定ばかりというのはどうだろう…。

メディアも自分達のことばかりなのかな?数字ばかりを気にして、面白く、おちょくってばかりにしか見えない番組が多過ぎる。

否定するばかりでなく、根本に、この国を良くしようと考えて、その上での番組内容として存在しているだろうか?

現状が、そんな価値が機能した上での番組ならばあまりにも稚拙だ。

どうせ否定するなら、ひとつの言葉ではなく、何かの結論を否定すべき。
チマチマしたとこで大騒ぎするんじやなくて、もっと大切なことがあるでしょうに。

言葉に消しゴムはないのだけど、多くの言葉もまた、時間と共に消費されて行くものだとも僕は思います。

お寿司屋さんの味を、最初に出てきた、お茶ばかしで、美味しいだの美味しくないだの言ってる気がする。

お茶の味でミシュランつけられたら、寿司屋もたまったもんじゃない。

僕もラジオで口が悪い。
だからこそ、今の総理にシンパシーを感じる。
それだからって理由もあるかもしれない。

麻生支持と言うわけではないんですよ。

でもね、取り巻く環境によって力が発揮できなくなってしまう場合もある。

今の現状を見ていると、これなら誰でも悪者になってしまうかなと感じるわけです。

言葉刈り、危険な兆候を感じる最近です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝に目覚めちゃってさ、

水曜日の放送には、わざわざ大田原から、宇都宮まで親子でスタジオ前に寒い中見に来てくれた人がいた。

こうしてわざわざ放送に対して興味を持って足を運んでくれるというには嬉しいばかり。

そしてわざわざメールまで下さって、しゃがみこんで放送を見ていてくれた。

「ラジオの番組で聴いてる声や話のイメージと違って、実際に見るとカッコよかった!」

だなんて、

なんだか照れるもの。

僕の放送は、お笑い担当の人だと思っていたのかな??

まあ、そんなんが僕ですよ。

お帰りになったので、それをフリートークパートで話すと、わざわざスタジオ前に戻ってきてくださって・・・。

色々番組に嬉しいメールいっぱいだった。

やっぱりラジオだけでなく、テレビでも顔を出すと、相乗効果と言うのかな、なんだか面白い。面白くなってきた。

ホテルに戻ると、誰もいないロビーでクリスマスツリー・・・。

640sya014

ホテルで出来る限りのポストカードを書いた。

遅く寝たのに、なぜだか早朝に目が覚めてしまった。

窓から外を覗くと、クリアに澄んだ空気。朝日が出ようとしていた。

640sya013

色々なコトを考えながら、ただただ、空の色の変化を味わっていた。

640sya012

外は気温0度。吐く息は白くなる。

窓ガラス越しはイヤだったので、少し窓を開けて外に向かってシャッターを切る。

640sya011

もう太陽が出る。

一年前の僕はこの時期、銀座の朝日を、このカメラで切り取っていた。

銀座のホテル日航から、ロケに行くために、テレビ局に向かうとき、人のいない銀座の街で、歩きながらシャッターを押していた。

今年の僕は、あの時よりも考えることが違っている。

一年掛けて、ちょっと前向きになった。

自信を持つ分野が自分自身でわかってきた。

今年のXmas、僕は一人で宇都宮かな。

だって、イブも、当日も、曜日で言えば、水曜日、木曜日。僕が担当だ。

実は仕事しながら迎えるクリスマスに憧れていた。

だって、ちっちゃい時から、Xmasはラジオがかかっていたから。

今まで聴く方。今年はしゃべる方。

僕のような人が聴いてるかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/18

レディス4のロケで…。

レディス4のロケで…。
レディス4のロケで…。
レディス4のロケで…。
早朝から赤坂を出て、千葉にアクアラインで向かう。

今回のレディス4の特集は、
(カンタンに自宅で出来る燻製!)

なのだが、東京はレインボーブリッジ通過中もくっきり快晴、晴れていた。

しかし、アクアラインを抜け、千葉側は、すんごい霧。
まさに濃霧というやつ。
今、ロケスタッフが全員不安でいっぱい。

これじゃ〜、燻製の煙りなんだか霧なんだか映像でまったく区別つかない…わからないじゃ〜ん!
そうなってしまうこと確実だ。

という前に、霧がすごくて、映んない…。な〜んてことも…。

霧、はれてくれ〜!!(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/17

カクテルパーティーin宇都宮 川島さんがキレイで緊張したさー。

昨日は、宇都宮カクテルパーティー2008。

日本一のおもてなしの街である宇都宮の中でも、

さらに’おもてなし’を職業にしているバーテンダーさん達のカクテルをホテルの会場で味わえるというパーティー。

スペシャルゲストは、我らが先輩、川島なお美嬢。

いやーキレイだったなぁー。

司会として一緒に僕もトークショーに加わっていたのだけど、

目が合う度に汗が・・・・。

緊張しちゃうんだよねー。

だってキレイなんだもん。

実は、先日僕がストレスを感じていたのは、出張で自分のパソコンがいじれなかったから。

すると、前日に撮った写真なんかが、手元にないわけで・・・。

だからと、一度リサイズしてパソコンから携帯送ったのに、

向きが違っていて、それを回転させる編集が携帯ではできなかったりで。

640sya003_2 

それでイライラしてたのです。

さて、僕が言うイライラの前日とは、川島なお美嬢の誕生会だったのでした。

640sya002

なかなかいい雰囲気で楽しく美味しいものを、美味しい時間の中で味わうことが出来たのでした。

そういいつつも、実はその日も・・・汗・・・

640sya006

だって、なお美さんの誕生会なのに、ナントナント!!!

僕ら事務所の後輩は、なお美さんからの宿題の提出があって、

しかも誕生会の席で個人面談、面接・・・宿題の結果についてのレクチャー。

後輩を育てて下さる女優と言う一面大発揮。

その時も緊張だったよ・・・汗かいたなー。

やっぱり、現場で輝いてるからこその、シンプルでわかりやすい言葉での説明。

うん、わかりやすかった。勉強になった。

さてさて、そんな汗とは似ても似つかず、テーブルの上には素敵なワインが。

楽しい誕生会だった。お誕生日、おめでとう御座いました。

さて、

そして迎えた宇都宮でのカクテルパーティー。

だからこそ、緊張したものの、

でも、トークショーでの川島さんの話が楽しくてね。

時間が足りないくらいだった。

川島さんは名古屋から駆けつけてくださって、

そして次の日も朝から名古屋だからダッシュで戻って。

そんな忙しい中でのトークショーだったのに、そんな背景は微塵も見せず。

絶対疲れてたはずだよ。それなのに疲れなんて垣間見ることもなく、輝いてた。

こんなワインのような優雅な生き方、存在のあり方、そういう人なのですよ。

640sya005

僕にとっては、それこそが一番の手本で、勉強になる。

そんな僕はまだまだ、疲れきった時の熱燗の一杯のようである。

参加した有澤晴香ちゃんとの一枚。

640sya009

そして僕らの席の前には、マサと志帆ちゃん。

640sya008

僕はワインとまでは行かずとも、

カクテル、ゴッドファーザーの似合うような男になってみたいもんだ!

だって、トークショー中に飲んだゴッドファーザーの一杯、

「眞善くんに似合ってますよ」って川島さんに言われたのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/14

ストレス

自分のしたいことが出来るはずの自分なのに、

それが出来ない環境にいる自分というのは、勝手ながら自分自身にストレスを抱くね〜!

僕の場合、写真とブログが、この二日間そうだった。

コンパクトフラッシュにはデータが入っているのに、それを編集出来ない…。携帯に携帯画面サイズにリサイズしたデータが入っているのに、画像回転とかの編集が不可能だったり…。

メールに画像添付できなかったり…。

世の中、悩ましいことのなんと多いことか…。(笑)

まあ、キャリータイプのパソコンがもう一台あれば解決することばかりなのだが。

やはり文明の利器に頼り、その上での欲望が増えてるということなのか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/13

肩凝りと

肩凝りと
肩凝りと
肩凝りと
どうも最近肩凝りが…。
まったく肩が凝らない時期もあれば、すっごく凝ってばかりの時期もある。

この違いは一体何なのだろう…。

サリトーゴールドという湿布薬があるのだけど、僕の場合は、それが一番効くよう。

新聞を両手で広げて読むのも「あ〜、肩凝ってるなぁ〜」なんて実感出来てしまう瞬間なんだけど、でも、この湿布薬を肩に貼れば楽になる。

おそらく、季節…というより、気温の変わり目で僕は肩凝りになるんだろうな〜…。

だってね、ホテルのロビーには、もう巨大な高さ4メートルくらいのX'masツリー。
2階から撮ってみた。

秋だと思っていたら、立冬も過ぎて、もう冬なんだよね。

今年のX'masの朝も、僕は誤解の眼差しで可哀相なオトコに見られるのだろうか…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/11/10

おかえり FX30

おかえり FX30
おかえり FX30
広島にいた時に普段愛用しているカメラ、FX30が壊れてしまった。

電源を切ってもレンズ鏡胴部分が収納されない…。

東京に戻って早速修理に。向かったのは持ち込みでパナソニックの修理サービスセンターへ。

「大切に使って頂いてるんですね〜、ありがとうございます。」

受付の人のそんな言葉が嬉しかった。

「大切にお預かりして完ぺきに治しますから大丈夫ですよ。」

その言葉を信じて一週間。

ついにFX30が戻ってきてくれた。

レンズや基盤までをも交換して、完ぺきに。

これからもFX30は活躍する。

常に僕の一番近くにいる頻度、それが一番高いカメラだから。

パナソニックの技術者の方々、サービスチームの皆様、ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/07

うわべ

芝居ってさ、あくまで、うわべなんですよね。

でも、その(うわべ)を作り上げるために、(うわべ)だけじゃ、いけなくて、中身がどれだけのものかってことになる。

で、中身が出来上がっていても、上辺が出来上がってなかったら評価以前の問題だし、上辺が出来上がっていても中身がないと、どうも薄っぺらい。

近頃、僕の経験として、上辺だけな感じを、淋しいかな…味わってしまった。

僕からみても、「おいおい、そんなんでいいの?」というようなくらい。
かえって、僕の方が心配してしまうくらいなわけだ。

どうなんだろう、そういう芝居というのは結末としてどうなるんだろう?って純粋な興味が僕の中にはある。

森進一さんの一件が落ち着いた。それを振り返って考えた時、今の音楽業界では,‘フツウ'に行われてる‘アレンジ’や‘リミックス’なるものは非常に安易なのではないかなと…。

そんな側面もあるんじゃないかと・・・。全てが全てとは言わないけど・・・。

「この歌は、絶対に‘こう’でなきゃならない!」といったような、作品の産みの想い、厚さが、いかほどなのか…と。

この曲は唯一無二、こうでなきゃならない!ってのが作詞家に厚い想いとしてあって、そこに、想定していない言葉が付け加えられただけで、歌わせない、…。

いや、この場合、「だけで」とはならない。

それこそ、作詞家からすれば歌手の反逆に映ってしまったのだろう。

だからこそ、歌わせなかった。

そこまでの想いで歌詞を河内さんは魂込めてつくっていたのだと…。

きっとそういうことで、この一件が大事になったのだと。

劇作家でも、細かくステージングまで‘ト書き’で指示して作品を完成させる作家がいる。

作家の考えている「伝えたい本質」はその「方法」以外に、勝手な演出で伝える手段はないと、作品を生み出したから。

奇抜な演出すりゃいいってもんじゃない。

上辺は華々しくShowになって面白くても、それじゃ意味がない。

でも、‘それ’を良しと評価(なんにもわからずに)しちゃう輩のなんと多いことか…。

上辺だけで判断、評価しちゃまずいよ!

今日の番組で、森進一さんの一件をニュースで扱って、そこから派生して、そんなことまで考えてしまった。

ラジオで、生で、僕が僕の息で、言葉として、このことを伝えた、つまり聴いた方々には伝わったんじゃないかな。

文章では、このニュアンスは、かなり難しい。

でも、伝われば嬉しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/06

事故

実は昨日、事故に遭った。

乗っていたバスが脇道から大通りに一時停止をせずに飛び出してきた、おばさまの運転するボルボとガツン!

バスは、左側前、乗降口の前のバンパーがちょっと凹んだくらいのダメージ。

一方、ボルボは前のバンパーがはずれて、ボロボロ。ライトも割れて破片が散らかった。

ちょうど、横断歩道とかでは気をつけてよう!なーんてブログを書いた後、歩行者でなく、バス対乗用車の事故になってしまうとは…。

でも、怪我人は出なかった。バスは乗り換えをさせられたけどね。

バス強し!

車対車だったら、もっと大きな怪我人が出るような事故になってあげるいたかも知れない。

交通事故の犯人逮捕などのニュースがクローズアップされてる昨今、移動には細心の注意をね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/05

前を見て歩け!!

このところ、携帯打ちながら歩いてる人がかなりかなり多い。

対向してくる人のことは、気配でわかるんだろうね。だから器用なもので、そういう人はとりあえず携帯打ちながらも立ち止まるからぶつからない。対向してきた相手が避けるものと思ってる。

確かに普通なら危険だけれども、それで問題は起こらない。

たった今、問題が起こった。

JRの駅のコンビニで買い物をして、店を僕が出ようとした瞬間、

携帯打ちながらコンビニに入って来ようとする人が左右に重なった。

つまり、前から来る、店を出ようとしている僕の気配は感じとって、右の人も左の人も立ち止まった。そのまま携帯打ってる。

二人してコンビニの出入口をふさいでる。

そうなってる事に気づかない二人。

僕はそれがコメディーのように可笑しくて、そのまま立ち止まって何秒かの短い時間だったのだけど僕も立ち止まったまんま。

さすがに僕の後に出ようとしていた女のお客さんが威嚇的に「ちょっとっ!」と言ったので二人とも我に返り、謝ってどいてくれたけど、

携帯打ちながら歩いてると、人間、前方からの気配は感じられるものの、横方向からの気配は感じないんだね。

横断歩道は、横からの危険がメイン。

やっぱり一番は、歩く時は、歩く!
…ながら…歩くのではなく歩く。

その方が危険でないし、迷惑の原因寝にならずに済みます。

僕も気をつけます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/04

心と体

体ってのは、本当不思議なもんだ。

体と精神が繋がってるってのは、今年に入って色々と実感する事象が起きたからな〜。

つまりの、体が良い状態であれば、相互作用として精神状態も良くなったりするわけだ。
その逆もまたしかり。

今日は歯医者さん。

歯のひとつひとつまで健康にしておくべき。

一月前、強烈な顎の痛みを救ってくれた歯医者さん。

僕を支えてくれている存在。
ここの治療は正直、治療費が高い。
二桁は違うが、保険に縛られることなく、保険適用外でベストな治療をしてくれるから。
ハリウッドからもわざわざ、俳優さんが来日して治療に訪れている。

今日も僕以外は皆様日本人でなかった。

英語が飛び交う医院。

でも、ここでの治療、それを受診することで、僕も邁進しなきゃと自分に鞭を打つ。

僕の一番高い贅沢な買い物とも言えよう。

ここで支払いをすると、健康ってのはタダではないと感じ入る。

役者の健康というのは、まさに商品状態なわけだ。
同じ価値あるものでも、スーパーの袋で渡されるか、三越の包装で渡されるかで違って見えることもある。

僕らが、より素敵に見えるよう、高級百貨店の包みで包装、つまりパッケージしてくれているという側面も事務所の努力の一部。

そんな努力に対して、それで中が腐っていたらもともこもない。

高級百貨店の包みに似合うよう、僕自身も岡田眞善を導かなきゃいけない。

そんな仕事を選んだ僕なのだから、そのために、心も体も自分に鞭打ついい機会になっている。

ご褒美ではなく、自分へのプレッシャー。
それに歯医者さんをチョイスしている俳優は僕だけではないはずだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

再会なのか〜!

ちょっと用事があって、自宅から一番近くのauショップへ…。

そしたら、そのショップは、もっと近くへの移転!のために業務お休み。
そこで、駅で言えば、ひとつ隣のauショップへ。
そは昼前から混んでいて、並んでいたので、名前を書いて順番を待った。
そして空いた順番でカウンターへ、。

一通り丁寧な接客を受けて帰ろうとした時、
「岡田さんですよね〜!先輩!!」

と、さっきまで僕の接客をしていた女性。

同じ大学で、しかも同じ学部、学科、専攻。

まさしく直接の後輩だった。

ただ、僕が大学4年の時に、彼女は1年。

直接は関わらなかったかも知れないが、僕の芝居は、ずっと見ていたという。

なんだか嬉しいというか、照れ臭いというか…。
しかもさっきまで、そんな事気付かずに、すがるように相談していた僕…。

恥ずかしかったので、出来れば先に言って欲しかったかも。(笑)

なんか後出しジャンケンをされたみたい…とにかく恥ずかしかった。

まあ、でも実際はかなり嬉しくて、素敵に頑張ってエキスパートになってる後輩に遭遇するというのは心から嬉しい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レディス4、ありがとう!!!

今日のレディス4終わっての一番最初の連絡メールは母からだった。

「なんかチカラが抜けてて、見やすかった、良かったんじゃない。溶け込んでた。」

母にしては、非常にダメ出しなく、珍しく誉めてくれていた。

「髪型も、衣装も、雰囲気も穏やかで良かったよ!」

いやー、コレぜーんぶ、番組を支えてくださった皆様のお陰・・・の賜物。

では、

コンサートではないけれども、メンバー紹介。

今日のチーフディレクター、中川さん

640sya002 

そしてスタッフの中島さんに清水君。

640sya005

ティラノの木村さん、

640sya004

スタイリストの片山さんにミホちゃん。

640sya003

ヘアメイクさん、

640sya001

ハイヤーの運転手さん。

他、いっぱいの方々。

ここに書いたのは、裏方でも表立ったメンバー紹介・・・

つまり、ここに書けないくらいいっぱいの方々。

どうもありがとう御座いました。

そうそう、担当マネージャーの(い)の写真は、ナーント、!

最近、僕のブログ出演において、高額なギャラが発生してしまうらしいので、

載せられません・・・・。

前回、公園で鹿と戯れる後姿でも、僕はギャラを請求されそうになった経験が!!!(笑)

冗談は置いといて、

ご覧頂いた皆様に、何より感謝。

メールを下さった方も、有難う御座いました。

エコ織りは、僕の自宅で愛用されています。

六角先生、有難う御座いました!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/11/03

今日はクラウン!

今日はクラウン!
今日はクラウン!
今日はクラウン!
今日はクラウン!
今日のテレビ東京までの道のり、迎えの車が自宅の前に。

いつもは日産FUGAだったりするのだけど、今日はクラウン!

クラウンの方が、乗り心地が柔らかくて好き。

まあが、FUGAも個人的にはかな〜りティアナと並んで好きなのですが…。

さぁ、今日も楽しくレディス4だ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おはよう!

さ、いよいよレディス4だ。

この番組はなんだか僕に色々なアイデアを浮かばせてくれる。

昨夜まで作っている時には想像できなかったアイデアが寝ている間に浮かんで、

それは起床した今もなおイメージできている。

さて、今日は友達からのメールで起きた。

どうやら昨日、救急病院に行ったほど風邪をこじらせてしまっている。

どうにかしてあげたいのだが、今の僕には祈ることしか出来ず・・・。

もどかしいけど、僕のできる範囲での協力はしたい。

レディス4で元気な僕でも見てくれて、笑ってくれればいいのだが。

そしてもう一人の友達からもメール。

レディス4、バスケットの試合で今日はリアルタイムにテレビをつけられないから、

「ビデオに録ってもらうことを頼んだ!」

というのである。

その友達は、パソコン関連の会社の社長でもあるのだが、

「録ってもらうことを頼んだ・・・・」って・・・。

そう、機会音痴なのである。

でも、いつも僕が出る番組ではすぐに「ダメだし」してくるのだが、

今日はそれがないと思うと、ちょっと淋しいかも。

いや、そんなことはない。

生放送中にメールバンバン送ってきてダメだしされても、

そのメールを見るのは番組終了後。

そのあたり笑えるのだけど、今日はかなりツッコマレルカモしれないから、

あえてラッキーかも。

なかなかエコ織り、いいですよー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

何事も感じない時間=エコ・・・

昨日からずっと慣れない作業をしていた。

ようやく終わった。

明日に間に合った。

舞台終わって、東京戻って、早速次の日から必死だった。

エコ織り。

なにがエコ織りなのだか、やってみなきゃ。

やってみて違った観点からエコ・・・なのだと気付くことも発見。

これって、座禅を組んでいるように無心でやるしかないのです。

集中するしかないんです。

言葉も消えます。

ただひたすら、必死に6行程の、細かい作業の繰り返し。

体温も忘れます。

気温も忘れます。

灯りだけです。

この二日、必要最小限の暮らしだったかも。

今日の夕方、材料が足りなくなって、新しいアイデアを思いついて、人生初の手芸店に向かったくらいかな。

さて、何を、どんな風にしていたか?

月曜日、夕方4時からのテレビ東京、レディス4でご覧下さい。

楽しいというより、貴重な時間を過ごせるエコ織り体験です。

ぜひぜひ、見てください。

そして、自流でもできます。

やってみてください。

詳細は本日のレディス4で!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »