« 舞台前 | トップページ | 変身 »

2008/10/20

不思議なところだ

劇場と言うのは不思議なところだ。

640sya003

どんなに疲れていても、全てを覚醒させてくれる。

ただ、劇場と対面した時の興奮は、僕の場合、やんわりと、やり過ごす。

冷静にしてるだけ。・・・冷静を装う。

640sya001

でも、内心は大きく覚醒されて、興奮の火を灯される。

ステージの上を、舞台部の迷惑にならないように、ひっそりと歩きまくる。

本番で暗い中でも、何かあった場合、どこに逃げればいいか・・・

何か・・・と言うのは地震とかではなくて、バトン(吊りモノなど)の移動があった場合など邪魔にならないように・・・とか、セットの転換で、大きな建物などが移動してくる場合、どこが自分の体が邪魔にならないか。

だから上も見上げる。

640sya004

これらが、舞台の進行によってひっきりなしに動く。

それを覚えて再確認。

640sya005

暗くなれば、見えないわけだから、明るいうちに覚える。

640sya006

どこと、どこが隙間になるのか・・・と言う感じかな。

640sya002

これまでに、この劇場、このステージの上で、

何人もの役者さんが色々な想いを込めて、必死で作品、役と戦ってきた。そんな戦場。

この観客席に向かいながら。

その戦場で、僕も戦う作戦を練る。

Shakespeareの言葉

「舞台の上に小さな役はない。小さな役があれば、そこには小さな役者がいるだけだ。」

1996年、僕はロンドン、それからストラットフォードでこの言葉の意味を知った。

|

« 舞台前 | トップページ | 変身 »

コメント

感動してしまいました

そうですよね…

どんな役者さんも、その心意気で演じておられるのですよね

素晴らしいお仕事です

Respect!

投稿: 真子 | 2008/10/20 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なところだ:

« 舞台前 | トップページ | 変身 »