« 不思議なところだ | トップページ | 東京に戻る前に »

2008/10/20

変身

「Kafkaの変身」ではなく、

楽屋での変身。

衣装を身に纏うよりも、メイクで気持ちは本番に向かっていく。

稽古でも衣装は纏うことがあるわけで・・・。

640sya007

まずはファンデーション。

640sya006_2

次にアイライン。普通の情勢のお化粧と比べるとかなり太く、雑です。(僕の場合)

640sya005_2

そしてチェック。まだ若い、17歳のいい子チャンな顔メイクで。640sya003_2

だんだん、ステージの内容の進行に合わせて、クマが出来て悪い人に。

640sya004_2

640sya001_2

そして最後は

640sya002_2

ナチスの親衛隊の出来上がり・・・ステージでは表情も怖くなるので。

アップだと、歌舞伎の隈取っぽく見えるけど、こうすると、より、自然な悪い人感になるでしょ。(笑)

舞台中にも変身しています。

そして何より、僕の中身が変身しています。

|

« 不思議なところだ | トップページ | 東京に戻る前に »

コメント

こ、怖い(>_<)

でも、怖さの中にセクシーさを感じてしまいました(笑)←私は怖い顔フェチ?

メークだけで人は変わりますよね

正に「化ける」です…


ナチスの眞善さん、怖くてかっこいいです( ´艸`)

投稿: 真子 | 2008/10/20 09:08

ひとつ前とこちらのblog、またまた貴重なお写真や文面を拝見させていただきました。

11月以降のサウンドオブミュージックのご出演スケジュールが気になります。。。

眞善さん、左手でアイラインひいてます!?
器用さに驚きました(・_・;)

投稿: くれお | 2008/10/20 12:59

ほんとだァー!すごいー変化に、驚きとそんで、左手でアイラインは超ー器用ですね眞さん

投稿: じゅり | 2008/10/20 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変身:

« 不思議なところだ | トップページ | 東京に戻る前に »