« 帰りは現実に戻されたくなく | トップページ | 外資系スーパーへ・・・意見まとまらない家族 »

2008/09/02

久しぶりに長電話

夜、寝ようとしてると非通知の電話が。

普段なら出ないのだけど、なんかその時は咄嗟に出てしまった。

「あのー、・・・声でわかるかな~・・・」

僕はこの声を知っている。

今から数年前、本当に色々お世話になった。

その後、みんなの前から姿を消して、結婚したということだけは情報として伝わってきては、いた。

当時、朝5時くらいに、僕が泊まってるホテルの部屋にイキナリ乗り込んできて、寝ぼけ眼の僕をタクシーで連れ出して、僕は髪もボッサボサのままだったけど、その街の通しか知らないような定食屋さんで一緒に朝ご飯を食べてくれて、それからずっと僕をアテンドしてくれた。

そして仕事場まで確実に送り届けてくれて。

その時は、僕は、なんだか色々な雑誌社やテレビに追いかけられててね。

そんな状況から助けてくれた人。

その後、とにかく、そんな期間はずっと助けてくれて。

でも、なんていうのだろう、生きてる時間帯が違う生活だったからかな、なかなかその後は会うことはなくてね。電話もすぐに、友達も、誰も知らなくなっちゃって・・・。

お礼も出来ずじまいのまっまだった。

でも、久しぶりの声、嬉しかった。

お母さんになったという連絡で、2時間くらい話してしまったかな。

「ラジオは聴いてるんだよぉー」

「引っ越したんだね」

「今度遊びに行ってみよっかな」

話し方、その声、言葉と言葉の、その間、うなずき方、懐かしかった。

まだ僕には子供なんていないのに、子育てのアドバイスをみっちり仕込まれた。(笑)

幸せそうで何より。

僕は逆に言われた。

「元気そうで何より。」

当時の僕は元気ではなかったらしい。

まあ、そりゃそうだ。そんな色々大変な時期だったから。

電話番号も、メールアドレスもあえて聞かなかった。

でも、またいつか連絡してくれることがあるだろう。

そんな期待を込めながら、感謝の気持ちで普通に話し終わって電話を切った。

なんだか嬉しかったなぁー。

|

« 帰りは現実に戻されたくなく | トップページ | 外資系スーパーへ・・・意見まとまらない家族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに長電話:

« 帰りは現実に戻されたくなく | トップページ | 外資系スーパーへ・・・意見まとまらない家族 »