« ただいまー | トップページ | 猫取材 »

2008/09/09

グルメツアーは

番組終了後、局の近所に新しく出来て大人気と言う、宮崎地鶏の炭火焼のお店へ。

たしかに、大人気の理由がそこにはあった。

帰りの新幹線を気にしながら、

鳥刺しと、地鶏炭火焼きで軽く一杯。

Costoco001

それだけで、もう完全に味を堪能できてしまう。

Costoco002

大人の味わい方とういのかな。

急いで東京に戻った。

次の日は、「大人の縁日」

Costoco013

神田の街は、大人ばかりのお祭りと言う感じで、

大人が子供になっていた。

Costoco005

お目当ての蕎麦屋さんの前では行列。

Costoco004

ここで、日本橋、神田界隈の蕎麦の名店の味を味わいつくす。

ツユだけでも17店。

これを同時に味わい、比較できるなんて、なっかなかない機会だ!

Costoco006

17店、全部を味見してみることにした。

トレーにはこんな状態で、各蕎麦店のツユが並んでしまった。

Costoco007

見た目だけでも、色が違うことがわかるだろう。

そして、本当に味って違うんだね。

Costoco012

素人の僕でも、こやって同じ場所で比較できると、違いのわかるオトコになれる。

鯖で出汁をとってるところ、海草系だなとか、醤油が濃い割合だとか、煮干系だとか、カツオ系だとか・・・。

僕が一番気に入ってしまったのは、

「神田まつや」

Costoco014

ここで、蕎麦をつつきながら、一杯。

Costoco008

いやー、オトナな味わい方だねー。

蕎麦もさることながら、こうして、蕎麦屋さんで一杯ってのは、粋なんだねー。

つまみは、「舐め味噌」というもの。蕎麦の実が練りこんである味噌でして。

それから、このメニューを見ればわかると思うんだけど、

Costoco009

茶碗蒸しが、かなり高い。

これ、温かい蕎麦の器に入ってきて、それで3、4人で日本酒をやるつまみだそうで。

そんな文化があるとは、恐れ入りました。

その後、店を移動して、

珍しい味わいを求めた。

Costoco010

写真でわかるかな?

氷が濁っているでしょ。これは蕎麦湯で作り上げた氷。

これで蕎麦焼酎を頂くと、格別な味わい。まろやか。

Costoco011

最後は、また違ったお店の茶蕎麦で締めくくり。

間違いなく蕎麦好きになった僕が生まれた、前日からの大人の縁日という一日だった。

|

« ただいまー | トップページ | 猫取材 »

コメント

やっと秋らしくなってきましたね、健康に気をつけて頑張ってください。

投稿: メンズエステ体験料金比較 | 2008/09/09 22:28

蕎麦湯の氷、はじめて知りました。
お写真の鶏料理やお蕎麦、お酒が美味しそう。

北区にある憧れのお蕎麦屋さんで手打ちを経験後に蕎麦懐石をいただきたいと思ってます。

それにしても・・・、食べたり飲んだりしても、スリムさをキープできる眞善さんが羨ましい~~!!

投稿: くれお | 2008/09/09 23:55

蕎麦湯の氷、はじめて知りました。
お写真の鶏料理やお蕎麦、お酒が美味しそう。

北区にある憧れのお蕎麦屋さんで手打ちを経験後に蕎麦懐石をいただきたいと思ってます。

それにしても・・・、食べたり飲んだりしても、スリムさをキープできる眞善さんが羨ましい~~!!

投稿: くれお | 2008/09/09 23:55

番組おつかれさまでした(*^_^*)…けどレポートの〆切、とっくに過ぎてますぞとっても楽しみに待っていたので、ちょっと待ち疲れたけれど…UPで帳消し!(笑)
17種類もの試食…凝り性モードに突入しちゃったのかな…(笑)皆さんとワイワイする時間も、たまらなくおいしいですよね!
では、私もちょっと背伸びして…‘オトナ’になってきます(^_^)v 一見さんお断りじゃないといいな…☆

以前ご紹介いただいた韓国料理屋さんも、いつ行こうか温め中o(^-^)o
大切なお店だから、バタバタしていきたくないなぁ…♪

おつかれかと思いますが…今日も番組頑張ってくださいねちょこっとでも、カメラで拝見させていたきますo(^-^)o


P.S.茶碗蒸し、主張激しいですね~(≧∀≦) これじゃー触れないわけにはいかないですよね( ̄○ ̄;)
名店の味を覚えて、お家でも作れるようになりたいな☆ ヘタはヘタなりにでも

投稿: ai | 2008/09/11 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グルメツアーは:

« ただいまー | トップページ | 猫取材 »