« 難しい選択 | トップページ | スピノザの言葉 »

2008/06/17

電車内メーク 「抵抗ある」が8割以上 - 速報 ニュース:@nifty

リンク: 電車内メーク 「抵抗ある」が8割以上 - 速報 ニュース:@nifty.

先日、ある番組の打ち合わせで、その番組内容とは違う話で思わず盛り上がった。

その話が、電車内メーク。

その日、田園都市線では僕の横でゼロからメークする女の子。

チークまで筆でパタパタしだす始末。

車窓から差し込む強烈な太陽光で、そのチークの粉末が飛散しているのがよくわかった。

あれは咳き込むねぇー。

男性から女性に対する’’キレイ’’という理想の幻想を見事打ち砕いてくれてしまう。

確かに、変化の面白味は目の前で味わえてしまったのだが、

でもねぇ~・・・。

そんな器用な化粧の仕方は覚えなくていいから、まずは電車内でメークはして欲しくない。

変身して綺麗になる前に、軽蔑の視線を味わってしまっていますよ。

だって、「抵抗ある」が8割以上なのですから。

P1030209

|

« 難しい選択 | トップページ | スピノザの言葉 »

コメント

電車の中で、座れなかったら立ったまま化粧するの?

人前でも堂々と化粧できる神経はもちたくありませんね

私には、とてもとても無理! 

「恥ずかしい」とゆう神経が優先します。

でも、一寸見てみたい気がします。どう変化していくのか

まあ絶対ないでしょう。電車には乗ることがないので・・・・

投稿: ecotann | 2008/06/17 17:58

20年ほど昔、担任の男性教諭がクラスの女子生徒に向かって「教室で髪の毛をとかすのはやめなさい、そーいうことは水道場かトイレでやりなさい」と注意していた場面を思い出します。してみると、ことの萌芽は既にあの頃から芽生えていたのであり、ルール、マナー、エチケットという感覚に対する教育の非力ということも改めて痛感をさせられるのでありました。結論からいうと、この手のことは美輪明宏に公の場で、とつおいつ注意を喚起してもらい、そうした感覚が浸透していくことを狙うのが一番、効果があるのではないかと考えます。ただしかし日本の女性の美意識や羞恥の感覚には、独特の民族性というか民俗的なセンスが存在するのも確かなことであり、江戸時代の女の人は他人に自分の裸形を見られても一向に恥じらいを感じなかったのだそうです。だから平気で庭先で行水はするし、当時は侍であれば、男でも女湯を使うことが許されていたそうで、八丁堀の同心などが堂々と昼間から女湯に入ってくる。それでも全然、平気。そのくせ、武家の妻女などは肌着姿を見られることに非常な恥辱を覚えたりして、場合によっては自害なんかも辞さない覚悟だったりする。肌着、着てるのに。また武家の既婚女性は、その象徴として一様に眉を剃り落とし、歯には鉄漿を塗っていたともいわれており、これはクラウス・ノミだって確か眉毛ぐらいは描いてあったはずで、現代の感覚からすると、はなはだ倒錯した美的意識であったといわざるをえません(だから時代劇では、この姿を正確に描写することはしません、オカシすぎて)。ただ西尾幹二あたりにいわせると、現代の日本人でも、そのメンタリティーは、ほぼ江戸時代のそれと変わりがないのだそうで、そうすると懸案の電車内メークというものも、元来、日本人女性の血液の中にあったモラル意識が、ただ位相を変えて現れれた民族特有のセンスにすぎないのだろうなとも考えます。われわれはマゲを落とし、クツをはいても、何のことはない、中身は相変わらず江戸時代の人間のままだったりするのです。断じて彼女たちの行動を容認したり弁護したりするつもりでは毛頭ありません。ただ電車内メークは彼女たちの内なる発見であったのだろうと考えるのです。「お化粧は電車の中ですればいーじゃん」と。このことは彼女たちにとって大いなる発明でもありました。そしてその風変わりな発想がどこからやって来たのかといえば、それはやはり日本人女性の血液の中に、民族固有の特殊性として内在されていたものと考えます。もともと仕方のないことだったのです。そして今日も彼女たちは、電車に乗ってメークをします。インモラルと後ろ指を差されようとも、意に介しません。そんなことよりも重要な大目的があるからです。他の人種がなかなか果たしがたい、もうひとつの民族的な習性としての、定刻に決められた場所へ到着をするという約束を守るために。

投稿: ファイナル・デスティネーション | 2008/06/17 20:48

同性としても“抵抗”あります。

公共の場でするものではない・・・いろいろな振る舞い方を知らず知らずのうちに先輩方から教えていただいたり、まわりを見て覚えたものでした。

私自身がどこまで出来ているかは分かりませんが、最近は品格がクローズアップされているのに、言葉だけが先に進んでいるだけだとしたら“悲しい”です。

投稿: くれお | 2008/06/17 21:22

電車やバスのメイクだけじゃなく、飲食店でのフルメイクは…。
同じ女性として恥ずかしいです(^^;

投稿: 葉月葵音 | 2008/06/17 22:10

初めまして!!
再放送のヘキサゴンで
初めて眞善さんの事を
知りました
時間があるときコメント
書いていきますので
よろしくお願いします

あたしも眞善さんと
同じ意見で電車メイクは、
辞めてほしいものです
だってそおいう事までね~
そおいう人に限ってあまり
綺麗な人ではないような<笑>

投稿: OMG | 2008/06/17 23:12

電車内でメークしている人で
きれいな人を見たことがない。


投稿: ヌニム | 2008/06/17 23:12

こんにちは
そうですよねぇ~ちょっとモラルにかけてると思います
忙しい方なのでしょう~
本人は必至かもしれませんが、見てるほうは・・・
って感じですよね
車に乗ってても、運転しながら、お化粧してる人もいてますもん
鼻のした伸ばしながら・・見てていいもんじゃないです
もう少し早く起きたら出来そうですが・・・
余計なお世話でしょうか

投稿: ささやん | 2008/06/19 15:47

今朝、眞善さんが夢に出てきました(w

自分は・・・ビューラーをする時の顔がダメです。
恥ずかしくないのかな?と・・・
自分は古い考えなのかもしれませんが
「恥じらい」そういう部分欠如してるな・・・。
親や学校では教えてくれない事もありますが
肌で感じる礼儀・・・
そういうアンテナを張って欲しいモノです。

投稿: ひろのぶ | 2008/06/19 23:37

読んでいるだけでクシャミが出そうに…
夏目漱石の「行人」に、義姉がいつの間にか薄化粧をしたのに気付いて主人公の男性がちょっとドキドキする、という場面が確かありましたが、これは女性の自分から見ても素敵です。

投稿: k | 2008/06/20 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車内メーク 「抵抗ある」が8割以上 - 速報 ニュース:@nifty:

« 難しい選択 | トップページ | スピノザの言葉 »