« 「死にたい」と「死のう」の大きな壁 | トップページ | 白洲次郎になった気分 »

2008/05/31

意味のないもの

「そんなの意味ないじゃん」

「なんの意味があるの?」

いいんです。意味がなくても。

なんでも意味があるとは限らず、意味がないものが存在してるからこの世は面白い。

だけど、意味を見つけることが当人にできないだけであって、

実は必然として、そこに何かがあるのかもしれません。

例えば、ある人にとって、ある芝居は嘘ごとで、その人の人生に意味がないものかもしれないけれど、

他の、ある人にとっては意味ある芝居だったり。

もっと具体的に。

今日、事務所で衣装合わせだった。

雨降る中、赤坂を歩いていた。そしてコンビニの灰皿のあるところで一服。

耳にはイヤホン、そしてメールを打っていた。

すると、同じ事務所の志帆ちゃんが僕の肩をたたいて声を掛けてきた。

彼女は事務所からの帰りだったみたい。

普通の挨拶からはじまり、すかざず

「この前私が欲しいって言っていたポスターどうなりましたか??」だって。

志帆ちゃんが僕の番組にゲストで来てくれたときにスタジオで見かけた、ポスターのことなんだな。僕にとってはそのポスター、何の意味もない。なんでもないポスターなわけだ。

たまたまTKCというアルファベット3文字がそこに写っている人の服に書かれてるだけ。

でも、数日後、東京で彼女と会ったときにそれが欲しいって言うものだから。

僕にとっちゃ「???」なポスターなわけだけど

はいはい、はいはい、

ちゃーんと覚えてましたから、処分されるポスター群の中から見つけ出して東京に持ち帰りました。

別にアーティストが映ってたりするものでなく、企業のロゴが目立つポスター。

彼女はずっとそのこと気にしてたんだな。オソラク・・・。(笑)

そのポスター、翌週に、僕だけでなく持ち帰る時に僕と一緒に居た社長やスタイリストさんにとっても、みーんなにとって「???」のポスターだった。意味のないもの。

それが、志帆ちゃんと会うや否や、彼女はそれを聞いてきた・・・ってことはすっごく気にしてたんだなー。そんなとこが可愛らしいのだけど、東京に持ち帰ったという僕の言葉を聴くと、またまた今まで歩いてきた道のりを、雨降りでも、わざわざ事務所に戻った彼女。

そこまで欲しい、手に入れたかったポスターなんだね。

処分されるゴミから救い出したポスター、きっとなにか意味があるんだよ。志帆ちゃんにとってはね。

意味のないものに、意味を見つけ出そうとしなくてもいい。

意味のないものは、意味のないものでいいんです。

だけど、僕にとっちゃ意味のないものでも、誰かには意味があるモノかもしれない。

すべて自分の判断で「意味のないもの」=「なくていいもの」とは思わないで欲しいかな。

意味の無いものがあるから、この世は面白い。

|

« 「死にたい」と「死のう」の大きな壁 | トップページ | 白洲次郎になった気分 »

コメント

その昔、同世代の者たちの間で「イミ無ぇ~!」というセリフが流行りました。私は、意味があるのか、無いのかが重要なのではなく、むしろ、価値があるか、無いかに力点が置かれるべきではないのかと、いつもそのセリフを聞きながら考えていたものです。ナンセンスなギャグにも、最高に価値のあるものと、無価値なものがあるように。

投稿: ファイナル・デスティネーション | 2008/05/31 18:59

ファイナル・デスティネーションさま、
まさしく、価値という言葉に置き換えられるかもしれません。
僕にとって価値のない空き缶でも、誰かにとっては思い出の空き缶かもしれない。プルタブでそういうことがあったっけ。僕が友達の部屋で写真立ての横に見つけたプルタブを親切で片付けるつもりで捨ててしまったそれ、それをゴミ箱の中から見つけ出した友人が居たんですね。
どうやら、言葉もまだの娘さんから初めてプレゼントされたもので、一応彼にとっては指輪だったらしく。
意味ネェ~より、価値を見つけ出すこと、納得です。

投稿: 岡田眞善 より。 | 2008/05/31 19:15

自分にはどうでもいい物や言葉でも、

その人からしてみたら、大切な物だったり、

意味がある、なしではなく、人それぞれの感性だったりしますよね。

投稿: 葉月葵音 | 2008/05/31 20:59

“意味がない”
何気ない一言なのに、悲しい、または寂しい表現に思います。

ニュアンスが似てないかもしれませんが「ライナスの毛布」を思い出しました。

投稿: 青りんご | 2008/06/01 01:45

これ、日本人の特性というような大きな問題にも関わってくるかも知れませんね。寺田寅彦がこう書いています。
「簡単な言葉と理屈で手早く誰にでも分かるように説明の出来る事ばかりが、文明の陳列棚の上に美々しく並べられた。そうでないものは塵塚に捨てられ、存在をさえ否定された。それと共に無意味の中に潜んだ重大な意味の可能性は葬られてしまうのである。幾千年来伝わった民族固有の文化の中から常に新しいものを取り出して、新しくそれを展開させる人はどこにもなかった。」(「田園雑感」)

投稿: k | 2008/06/01 08:32

そういうことありますよね。
本人にはとっても意味のあることでも他の人から見れば???なんです。(笑)
志保ちゃん、かわいいですね。

投稿: 幼児教育教材ママ | 2008/06/02 13:59

生き方ってパズル。何に価値を置くか置かないかでピースの選択も置き方も変わってくる。そういう意味ではベストな選択をしてきた人なんだと思う。少なくとも私の価値観からすると。。15年くらい前と今では断然に違う眞善さんは何故こんなに違うのだろう。魅力というより魔力がある。

投稿: 頭文字T | 2008/06/02 21:43

目の付け所が違う
きっと何か強い思い入れがあるのでしょうね。
その気持ちを大切にして差し上げる眞善さんは、それぞれの違いを受け止め、新たに知り得たこと、として楽しんでいらっしゃる。
舞台が好きな私は、以前は観たもの総てに意味を見出そうとしていました。
私なりの発見が出来たときはうれしいです

投稿: かとりん | 2008/06/06 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意味のないもの:

« 「死にたい」と「死のう」の大きな壁 | トップページ | 白洲次郎になった気分 »