« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/27

あの人の夢

昨夜から、ひとつの文章と向き合って、微妙なニュアンスの調整ををしている。
文芸春秋の森さんが書いて下さった文章だ。

なんでこのタイミングなんだか…。
昨夜は、この文章について色々と考えるうち、眠りに就く。そして今朝も起きてすぐ、デスクの真ん中にあるこの文章のFaxと向かい合う。

昨夜、夢でこの文章の主人公と出会い、話もした。
夢に登場するなんて、それこそ夢にも思わなかった。
今、部屋に流れているのは珍しくラジオではなく、矢野沙織のリトル・タイニーというジャズアルバム。
とってもカッコイイ中身になっている。

この感覚、虚像を実像に混乱させるカッコイイ感覚を僕は忘れていたんじゃないかと…。

折しも、先日、同じ事務所の先輩である川島なお美嬢の写真を撮った。ポーズを決めてではなく、婚約会見やパーティーでの姿を密着状態で。
そんな何千枚もの写真達のどれもが、かなりイイ。

舞台で言うミザンセーヌが成立してる。

つまり、その動き、どこを一瞬として切り取っても「絵になる!」のである。

この感覚だ。

それを僕は忘れてた。
「フレンドリー」やら、「親しみやすい存在」というような言葉を隠れ蓑に、自分を輝かせるという作業から逃げていたのかもしれない。あえて「輝く」なんて言葉を嫌う自分がいたことも確か。「輝く」=「目立つ」という考え、それにより、自分自身でなくネガティブな方向で目立つことにつながっていたから。

でも、この文章を前にした時、もうその図式は存在しないのだと気付かせてくれる。

今日はちょっと新しい感覚への入学式みたいな一日になるかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/26

最近日本酒好きかも

この前に書いた記事以降、僕はかなり日本酒が好きになっているかも。

Img_1908元気寿司での日本酒がとっても美味しく感じて、それ以来焼酎よりも日本酒を嗜むようになっている。

焼酎の方が、僕は飲みすぎて酔うことが多いかも。それに比べて日本酒だと、比較的気持ち良くはなってるけど、飲みすぎるってことがないみたい。

Img_1917 淡路という、仲いい飲み友達でもある、おばあちゃんがやってる店でも、熱燗を頼んでしまった。大人のお酒・・・みたいな雰囲気があるところに惹かれている。

喉にも焼酎よりいいみたい。

Img_1915アルコール摂取量も、焼酎よりも総量ではかなり少なく満足満足!

ちょっとこの冬は日本酒熱燗、はまりそう。

さて、まったく別の話だけど、フィギュアスケートロシアグランプリでの、韓国のキム・ヨナの選曲、素晴らしかったな~。トップ成績というのも頷ける。でも、今の僕は、あの曲ではチャレンジできない・・・。まあいっか。(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/22

この時間

この時間
おはよー!

夏頃は、この時間に起きてランニングをしていたけど、さすがにこの時期は暗すぎる…。
しかも何より寒すぎる!
昨日、宇都宮に来て、その寒さにビックリした。
ひんやり…という感じではなく、キンキンに冷えているという感じ。

番組が終わって夜なんて、もう息が凍るくらいの冷たさ。東京との違いが、リアルに味わえた。

昨夜は、回転寿司で一人熱燗をチビチビやっちゃったくらいだもん。寒い時、熱燗はいいね〜!

ちょっと一昨日のテレビ東京、〔ガイアの夜明け〕の影響を受けての日本酒熱燗。

沢庵じゃないけど、日本のお酒のシェアのトップの座を、平成15年に焼酎に譲り渡してしまったが、今、復権に燃えているという話。それにちょっと貢献。… ちょっと過ぎるかな…。
でも気持ちいい酔い心地。ホテルに戻って、テレビ朝日の〔相棒〕を視ながら眠ってしまっていたもん。

目覚めもいいしね。

さ、ちょっくら走って体も目覚まししてやろう!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/21

ボイトレで

ボイトレで
ボイトレで
朝一番ボイトレちゃったよ〜。

けっこう喉の調子はいいみたい。歯列矯正がほぼ終わってからは、自分でも、発音の楽さに驚くくらい。

具体的には、ナ行とタ行濁音の発音の連続組み合わせって、こんなに楽だったっけ〜??という感じ!

今までスッゴく意識して発音してたのに、サラサラ発音出来てしまう感覚かな。

さ、生放送頑張るモードになってきた!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんだろう…。

今日はなかなか深い眠りにつけないでいた…。

色々なことが世間では起こり過ぎていて、何をどう理解と把握をして、どんな順番で伝えればいいものか…。ラジオの前日や当日、はたまた、本番間際まで悩むことも。

というか、迷うという事は、どれもこれも決定的な…という事ではないのか…?

今号のニューズウィーク日本版を読むと、国家の中での政治の熟成が進むと、どうでもいい政治になると言う…。国民が政治を政治家に、まあ、勝手にやってくれっ!ってな状態だそうで…。

妙に納得できてしまう記事が特集されていた。

ただ、熟成の後は腐敗が進んでしまう危険性も…。
政治の熟成は、安定を生み出すらしいけれど、いったい、どのレベルでの安定なのか?
この程度の安定で満足してちゃ〜、日本はダメだそうで…。

あ〜、やっぱり何を伝えなきゃっ!て思うのか、思考の旅が終わらない。
よし、今日は朝一から、ボイトレ行って、声に考えをシフトして局に行こうとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/20

ミニキテ!収録

P1070133 今日もミニキテ!収録。

またまたバスツアー。

最近、この収録がかなり楽しみだったりする。

そもそも、出演者の中で一番最初に問題を目にすることが出来るのが、司会者である僕。問題もビックリするような問題・・・というか、異業種、違う業界の常識。

回転寿司屋さんがどうやってお皿の数を一瞬で数えるのか?とか、P1070092 人気のクリスピークリームドーナツには、本物そっくりの模型があるんだけど、それは何のためにある??

そんな質問。なかなかわからないでしょ。

ただし、残念なことも多い。

それは、グルメバスツアーの場合、僕はあくまで司会だからこそ、正解を見に行けない・・・つまり食せないということ。

昨日の一軒目なんか、ふぐだからねー。ふぐっちゃー、僕の大好物P1070102 なわけですよ。収録現場ではカメラの後ろから見ていたんだけど、もう羨ましすぎ。

ボビーなんて、すくって食べちゃうしね。ポン酢につけて、あの口に入る瞬間、たまんないね。ギャル曽根ちゃんが、まあ、もうほんと美味しそうに食べること食べること・・・。

P1070071 あの現場にいるのは辛いね。

それから渋谷では回転寿司、そこは反対側に座って、さりげなくお寿司をつまんじゃったよ~。

だって、目の前に流れて来るんだもん。まあ回転寿司なんだから当P1070109 然か・・・。

エンガワ、数の子、美味しかった。特別なネタ以外は全部一皿110円。

今度、個人的にも行ってみたいと思った。

P1070130 ミニキテ!だけど、僕も後追い「見に行こ!」するぞー。

P1070083 P1070136

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/19

大阪から友達が

大阪から友達がやってきた!

2年ぶりくらいの再会。

前は名古屋で会ったのだけど、今回は会社の仕事、研修で東京へ来ていたので時間にも余裕があり、東京の友達とも一緒に飲みに出かけた。

楽しかった。笑いまくって、息が出来なくなるかと思ったくらい。お酒もはずんだ。お互いの仕事に理解を示しながらも、激論にもなって、僕なんか、自宅に帰ってからも、わざわざ電話してまで激論を交わしている時間も・・・。

でも、尊敬があるから、同じような歳でも激論を交わすことができるわけで、その大阪の友達の勤めている会社は、番組のスポンサーでもあるからこそ、希望も期待も込めて厳しい意見も・・・そして僕も怒られる部分もあった。

それから、僕の好きなカメラ・・・その友達の会社が作っている・・・そして、あのプロデューサーさんが落としたカメラ・・・のメーカーでもある。カメラの話題でも、笑えるクレームにも対応しちゃう会社だからなぁ~。

楽しかった時間が週末と共に消えて、大阪に帰っていった。

またの再会にも期待して、新たな一週間、大好きなミニキテ!の収録から元気よく快活に負けないように仕事しなきゃ!!!である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/16

文筆家

文芸春秋の取材を受けた。

今回取材してくれたのは森さんという方。

正直、話しやすかったし、聞きだし方が、’’さすが文章を仕事にしている人’’である。

そして、今後取材を受ける場合のアドバイスまでして下さった。

予定では12月発売の号。

真意を伝える難しさも、僕にもあるのだけど、森さんの「コメントさえゲットできればOK・・・ではない」という取材の仕方が記事の完成を期待してしまう。

だいたいの取材が終わったところで、それからも、一個人としての内面に関する質問もして頂いて、ただ僕の口から出た言葉を文字にすれば言い訳ではなく、その言葉が生まれた、僕の中にある見えない気持ち、背景までも、察してなんとか文字にしようと努力してくださっているのが、すごく感じられて嬉しかった。

こういう取材の仕方を、ゆっくりしてくださる文筆家の方、尊敬してしまう。

僕自身が文芸春秋の記事を楽しみにしてしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

男って・・・

男って、そうなんです、

お気に入りのモノが壊れてしまうと、いてもたってもいられなくなり、大きな不安に包まれる。そこはおそらく女性の方が強い部分なのではないかな~。

P1070047 一昨日、生放送番組最中、調整室の方が異様にあわただしくなっていた。

なにか、放送上の機材トラブルでもあったのだろうか??

でも、ブースの中では生放送が続いている。喋りをとめるわけには行かない。

なんだ?なんだー??なんだ~???

番組は無事に終了。

調整室に駆け込む。

なーーーんだ・・・・・・・放送機材のトラブルではなかった。

番組プロデューサーが、お気に入りのライカレンズのカメラを床に落としてしまった。それで電源が入らない。レンズがおかしい、正常に作動しない・・・というトラブル。

生放送が終わって、反省会・・・のようなことをやっていても、そのプロデューサー氏はカメラをいじくっている。

電源スイッチを入れたり、切ったり・・・その時の小さな作動音を耳に当てて確認していたり。

僕からすれば、「修理出すしかないですよ!」なわけだけど、なかなか諦めがつかない様子。壊れたカメラをずーーーーっといじくっている。

超精密機器だから、僕らでは絶対治せないでしょう・・・それは十分理解しているんだ!

それでも、でもでもでも、奇跡が起こることを信じて電源を入れたり、切ったり、レンズを押し込んでみたり。そのプロデューサー氏の動作がとまることはない。

でも、僕も同じような経験。

僕も当事者ならば、同じ。まったく同じ。

男って、モノに対する執着は、実は女性より女々しいかもしれない。そう思う。

男ってそうなんだよな~。おそらく、プロデューサー氏、そして僕以外の男でもそんな経験あるはずだし、自分のお気に入りのモノが壊れると、こうなっちゃう。

当人だったら同じ行動、というか、同じありえないだろう奇跡を期待してしまう。そして壊れてしまった悔やみきれない気持ちを引きずる・・・引きずりまくる・・・。

P1070053 さて、水曜日のゲストは、ガンダム・アムロ レイの声真似で大人気の若井おさむさん。

すっごく話が素直で本音ではじめから話が進んで面白かった。もう真似じゃないんですね。普段からアムロ レイなわけです。もうこうれは本家、古谷徹さん以上でしょう。

そしてその夜はプロデューサー氏と軽く飲みに行っても、壊れたカメラの話・・・引きずってるな~・・・。

P1070060 一夜明け、木曜日、昼に進行をまとめながら、いつものように、ほっかほっか亭の、のり弁当を食べようとしたら、またまたプロデューサー氏

「直んないだよねぇー・・・」と。

まだ引きずってます。素直に購入店に修理に出しましょう・・・それしか解決法はないのだけど、まだどこかで、奇跡を信じたいわけですよ。

その気持ち、すっごくよくわかる。

P1070061 木曜日の番組はインスピの杉田君、吉田君がゲスト。一昨日発売のNewAlbum、かなりいいです。インスピとは4年ぶりの再会。前はTOKYO FMの番組でゲストだった。お互いに「懐かしいね~」から始まって、番組っぽくない、なんだか変な調子だったけど、楽しかったよ。インスピ、歌声が深くなったように感じた。クリスマスにオススメの一枚です。

さて、明日くらいには諦めをつけて、壊れてしまったカメラ、修理に出されるのだろうか??それとも、まだ奇跡を信じたい気持ちが強いかなー?

でも、必ず治ると思う。外傷はなんにもなかったから。

男って、こういうところ、弱いんですよね~。僕も含めて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/13

タイヤ交換 冬支度

P1070020 月曜日、今日はミニキテ!の収録なく、お休みな感じ。

そして昨日までの雨は嘘のように気持ちよく晴れて、この日を待っていた!!

よし!今日はチカラ仕事頑張るか~!!

ってなわけで、今年の冬に備えて準備準備。

昨年は「まあ、いっか~・・・」ってな気分で準備しなかったんだよな~。

車のタイヤの冬準備。スタッドレスタイヤに換装作業。

P1070021冬用のタイヤを庭から車庫まで運んで、一輪ずつジャッキアップして交互に取り換えて、そして普通のタイヤを庭に運んで洗って、ちょこっと空気を抜いて保管作業して、日光が当たらないようにしまう・・・。

最後は雪用タイヤをガソリンスタンドでエアチェック。

P1070022言葉で書けば楽なんだけど、これが実際に作業するとなると汗だくになる。

タイヤ一輪、20キロ以上あるから、それを運んで付け替えての、お よそ320キロ以上を今日一日で持ち上げ、運んだことになる・・・。

P1070023今年は例え、どんな状況であろうと、仕事現場にたどり着かなきゃいけない責任感がある。「まあ、雪だし仕方ないっか~・・・」では済まされない。

なので、イザという時のために車の準備も万全に。

これで、しばらくの間走って、新しい表面のゴムが見えてくれば、ちょうど雪が降っても大丈夫、大丈夫。

P1070030雪道運転は任しとけっ!ってくらい。(笑)水上の温泉で慣れているっちゃー慣れている。訓練もちゃーんと受けたし、そこいらの都内の車よりは何とかなるはずだ。

油断は一切禁物だけどね。

071112_20010001いやー、今日だけでかなりの汗をかいたなー。

仕事じゃなく、よく訪れる箱根に行って、東京は大丈夫でも、、現地では雪が降っていたり路面が凍っていたりする場合あるからなぁ~。それでも、これで普通のタイヤより安全。

この作業できっと、肩こりになるんだろうな~・・・(笑)

というより、腰が痛くなるかな・・・って思ってたら、痛くないぞ~!

体の準備は冬に向けて大丈夫みたいだ。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/12

ミニキテ!

今日は日本テレビでは10時55分から、「業界クイズ ミニキテ!」オンエアでした。

やっぱりテレビで流れると、ブログのアクセス数も一気に伸びるものなんですね~。

やっぱりテレビの力ってのはすごいもんだね~!と改めて実感。

そのほか全国放送ですが、関西では読売テレビで月曜深夜番組(24:59~)となっているので、関西の方は今夜をお楽しみに!

さてさて、この番組、司会をやっている僕が、仕事しながら面白く感じる。

なんてたって、色々な業界の方の、その業界での常識でありながら、一般的には知られていない、その’’常識’’が問題として出される。

そして正解を発表ではなく、’’実際に見に行く!’’というところが新しい。

出題者である、その業界人が答えを「ミニキテ!」というわけだ。

だけど、最近は見るだけではなく、回答者のバナナマンの日村さん、設楽さん、ボビー・オロゴンさん、さらに、ギャル曽根ちゃん、スザンヌちゃんも、体験しに行ってるので、

ミニキテ!よりもヤリキテ!になっている収録の現場。

071105_14280001 今回も、大型サロンバスを貸切で、東京グルメバスツアーなんてことを収録でやりましたから!

出題司会者である僕も、ほんと答えを知らないまま出題してるので、毎回、珍回答に納得したり、驚いたり・・・。

071105_14030001とにかく、収録は毎週、朝早いけど、楽しい収録現場です。

朝から、こんなイカシタ、タキシード姿で築地市場なんて歩き回っちゃうわけですから、ドン引きされまくりで、ものめずらしい目で見られまくりです!(笑)

さあ、東京グルメバスツアーは、皆様の場所ではいつ頃放送かな??

ぜひぜひ、未知の業界の常識をご堪能あれ~!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/11

オセロゲーム

いまさっき、ラジオの情報で初めて知った!

オセロゲームって、日本発祥で、しかも茨城県生まれのゲームなんだ~。

おもわず携帯で検索してしまった。

すると戦後に茨城の長谷川五郎さんによって考え出され、1973年、4月29日の商品として発売されたものだったのね。僕と生まれた年はいっしょだったなんて。

当然、僕が生まれた日、1973年7月16日より一日でも前から存在しているものは、「ずーっと昔からあるもの」 と思ってしまうわけで、今、変な感動を覚えてしまっている。

そもそも、僕が記憶として認識できる出来る年齢に達する以前のものは、なんでも同じ意味で考えられるわけで、オセロなんてもーっと昔からあるものと思っていた。

なんだか無性にちゃんとしたオセロゲームをちゃんとした盤面でやりたくなってきた。

自宅で、この夜長にオセロゲームなんてのも楽しいかも。

でも、それを家族とではなく、友達とお酒でも傾けながらね。

今日知った、オセロゲームの格言

A minute to learn, a lifetime to master.

『覚えるのは1分、極めるには一生』

この言葉、どんなことでもプロフェッショナルは意識しているよな~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/10

思いっきりハイキック

「思いっきりハイキック」

別に僕がハイキックかましたというわけではない。

327 韓国で2006年から1年近く放送され、放送回数も150を超える30分のシットコム(シチュエーションコメディーの略)。

この「思いっきりハイキック」最高に笑えるんだよなぁー!!

これに出てくるお母さん役のパク・ヘミという女優さん、ホント目が魅力的でね。どんな時でも芝居中の目に惹きつけられる。

そして芝居自体がチャーミング。

それから主人公家族の長男の友達なのに、なぜかこの家にいっつもいるキム・ボム君。17歳なんだけど素直な芝居が心地よくて、笑かしてくれる。

家族の中で起こるシチュエーションコメディーなんだけど、なにより脚本が面白いのかな。日本ではなかなか見つけることの出来ない脚本。

アンニョン・フランチェスカに負けるとも劣らない作品で、時には涙まで流させてくれちゃう。

もう、このところ毎晩、このDVDを堪能してしまっている。

いつか、こんな作品が日本で生まれるようになる時には、真っ先に視聴者であり、それから参加者でもありたい。

今日はパク・ヘミに負けない先輩、川島なおみ嬢の誕生日。

川島さんにいつかは近づいて、彼女に頂いた「only 1」という言葉の実践者にはやくなりたい!

川島さん、お誕生日おめでとう御座います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/09

鉛筆削り

Img_0535 鉛筆、小学生の頃使って、中学生の頃には鉛筆を使わなくなってしまった。

最近は文字の練習にも取り組んでいることもあって、簡単な携帯鉛筆削りが筆箱に入っている。

でも、そこは大人になった分、安価な鉛筆削りではなく、小学生では買わないちょっと高価なドイツ製の鉛筆削り。っていっても357円。

自宅近所の文房具店で手に入れ、使ってると、それで鉛筆が削りたいがゆえ、鉛筆を使う機会が増えた。

いいよー、鉛筆って。

ちょっとは大人になったからの味わいを、新たに感じたりね。

ボールペンよりも万年筆に近い味わいがある。

そして、シャーペンでなく鉛筆だからみるみる消費される姿を’儚さ’というようにも味わえる。そしてまた削る・・・快感・・・といえる削り心地。

宇都宮にある上野文具店。

そこでもまた、新たな鉛筆削り器を手に入れてしまった。それもまた自宅近くで手に入れたのと同じくらいの金額。同じくドイツ製。だけどこちらはアルミではなく真鍮製。その重量感にほれ込んで買ってしまいました。

鉛筆は、自宅で眠っているものを使っているから、新たには手に入れていない。

鉛筆削りから始まった、眠っていた鉛筆の活用。そして惚れ込み。

ラジオの番組中でも、鉛筆大活躍。

ちょっと鉛筆使ってみませんか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/05

ホテル泊まりだと

P1070002 明日の仕事が朝早いため、今宵は都内でホテル泊まり。

こういう時間、最近の僕は文字の練習をしてしまう。
先日かなり衝動的に購入した、基本ペン字練習帳を広げ、小学一年生のように一字一字丁寧に書き進めると、知らぬ間についていた自分の文字の癖を思い知らされる。

P1070003 でも、これから文字を書くであろう場合に、その一字一字が楽しみにもなるはず。

なかなか自宅にいる時間では、わざわざ文字の練習なんてしないからね〜!

やってみると、これがどうして、面白い。比較的、無心になれて、時間があっという間。

さあ、今宵はここまでにして、なんとか眠ろう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/11/04

冷たい風

夜になると、ひんやり冷たい風を感じられるこの頃。
こんな季節がとにかく大好きで、屋台のおでんが一番味わい深く、そして美味しく頂ける空気。

湿度も低いから湯気が綺麗に視界に入る。

自分の息も、おでんの温かさで白く濁る。

かれこれ7年ほど前、大好きな屋台が青葉台にあってね〜…。帰り、わざわざ駅を途中下車して立ち寄っていたっけ。

まだあるのかな〜?あの屋台。

今度、久々に青葉台、途中下車して探してみたくなっている。

屋台で、熱燗とおでん…。
甘美な誘惑だな〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/03

大阪商人 スシロー

Img_1816 母親を病院に迎えに行き、帰り、もうお腹すいて・・・。

大阪から関東上陸を果たしたという回転寿司、「大阪あきんどスシロー」に立ち寄る。

なんか、回転寿司と思えないほど美味しくてね。

お酒も飲みたくなってしまった・・・が、・・・しかし今宵は僕が運転。当然飲まなかった。

それでもお茶が美味しくてね~。

Img_1814 回転寿司にそれほど理解のなかった母も大感動。

もうそれがおかしくてね。

これが大感動の様子。

Img_1813 海老の味噌汁、168円、こりゃー、はまりそうだ。わざわざ沼津まで味噌汁飲みに行くことないじゃーん!ってなくらい美味しい。

またおそらく近日中に母上から「スシロー行かない?」ってな言葉が発せられることだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »