« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/29

救急の変化

Conv_071028003 上級救命技能士の更新で、技能確認試験を受けてきた。

初めて行く場所での試験、しかも普段あまり見かけない単線の電車に乗って・・・。

以前、麹町消防署での講習とは違って、ほのぼのした空気。

駅前もほとんど何もなかった。そんな環境での試験も良かったかも。

Conv_071028001 消防車の穏やかな空気の中、少しの間休んでいるように見えた。

それにしても、3年前から色々救急の現場も変化をしていることにビックリだった。

応急処置の方法は5年ごとに見直されていて、その時における最良の方法が世界基準になっている。

一般的に、人が倒れていて、普通の呼吸がなければ、マウスtoマウスでの人工呼吸、胸骨圧迫の心臓マッサージを・・・と思われるかもしれませんが、去年の12月25日からは、新たな応急手当にマニュConv_071028002 アルが変更。

マウスtoマウスの人工呼吸は、蘇生用マウスピースというものを持っていない場合には、しないで欲しい!ということ。とにかく今は2次感染の危険性が高まっているので、胸骨圧迫心臓マッサージだけにして欲しい!!ってなことなんだ。

倒れてる人を見た場合は、まずは119の救急に連絡。

そして近くにお医者さんや救命技能士がいないか探して欲しい。医師や救命技能士がいない場合には、仰向けにして胸を押す、あの胸骨圧迫心臓マッサージを、ひたすら、し続けて欲しい。

その次にAED (自動体外式除細動機)を探してきてくれる人を指定して欲しい。

AEDが到着したら、心臓マッサージを中断して構わないから、とにかく電源を入れること。あとはAEDの音声指示に従って作業。

それだけで、倒れた人が助かる確率はグ~ンと高くなる。

それから、止血法も変化している。

以前は、止血帯法、つまり、出血位置からより心臓に使い部分をキツク強く締めて、動脈の血流を止めるというもの・・・が一般的だった。もう、それは辞めて欲しい。

今は違う。

とにかく出血してる部位を、ガーゼやタオルなどを当て、手で直接圧迫して、とにかく待つこと!好奇心から、傷口を確認したくなる場合もあるだろうが、それはせず、とにかく直接圧迫し続けること。そうでないと、(強く心臓に近い側を縛ったりすると)神経損傷や筋肉損傷を引き起こしてしまう場合が多いので、推奨されなくなっているのだ。

それからもう一つ、直接血液や吐しゃ物には、絶対に触れないこと。直接圧迫止血法を実践する場合でも、ビニール袋などで自分の手を覆ってからにして欲しいということ。

それから一番重要なことは、助けを必要としそうな人がいた場合、勇気を持って関わってほしい!ということ。

目の前で苦しんでいる人の野次馬になるのではなく、自分で率先して力になろうとして欲しくて、その上で、役割を野次馬に指示すること。

野次馬の中でも、指名された人は、意外にその作業に真摯に取り組んでくれるという。

誰かを指して、 「あなたは、119番に連絡お願いします」

「あなたは、AEDを探してきてください」

「あなたは医師か救命技能士がいないか探してください!」という3つを言えばいい。その後は心臓マッサージをひたすらし続ける。

それで命を救えることになるかもしれない。それ以上のことはしなくても構わないから、その一歩を踏み出して欲しい。

緊急時に行った善意からの行動は、もしその行為に過失があっても、その過失に責任は問われないことになってる。だから、ためらわずに勇気を持って実施して欲しいです。

心肺蘇生などの救命処置は法的な義務はないですが、それでも必要不可欠なもの。

Conv_071028004 勇気を持って傷病者の傍によって、「助ける」ための行動の初めの一歩を。

さて、僕はというと、今回の試験は100点満点中、満点で合格できた。実は不安な部分もあったけど・・・。本番では不安を覆う自信でなんとか。

Conv_071028005 帰り、色々と考えてしまった。僕自身、その場に直面したらどうなるだろう。一番は勇気だな。勇気をもって堂々と。帰りの空や街を見て、傍観者になるのだけはやめようと、この夕空に決心を与えられたかもしれない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/10/27

で、ヤクルト残念会は

Conv_071026004 ヤクルト残念会は予定通りに行われ、僕も遅れてしまったが参加。

ただ、同時開催の誕生日の主役の皆様がいなかったり・・・。

この時期に風邪には注意しなくちゃですねぇ~。

Conv_071026003 さて、残念会の方はというと、参加者が入れ替わり立ち代り、常にヤクルトの話で盛り上がっておりました。

つばくろチャンともお別れということらしく、長年の守り神であった、つばくろチャンは、「その黒いペンギン!」とまで呼ばれてしまう始末。そう言われると、確かにペンギンに見えなくもない・・・。

Conv_071026002 果たして古田選手兼任監督はヤクルトに戻ることがあるのだろうか・・・それまでは、女将さんもヤクルトファンを辞めるという決心。

今まで、ヤクルトの調子が悪いと、女将さんの機嫌も悪かったりしたことが何度も。(笑)だから、平安が訪れると想像しているお客さんも少なくはない事実。

というわけで、無事にヤクルト残念会は終わったのでした。

Conv_071026005 Conv_071026003_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/10/25

びっくり〜!!!

今、まさに偶然の再会!

今年の夏に初めて、そして一度だけお会いした方と、再会。

ホテルの喫茶店前の席で、今日の番組のオープニングの流れの原稿を作っていて偶然に隣の椅子とは…。
仕事で宇都宮にいらっしゃったとか…。そして宇都宮でもこんな場所で…。

僕の方も、ふと名前が記憶から自然に蘇ってきて、自分でも驚きだった。

こんな偶然再会ってあるんだな〜。

今宵のヤクルト残念会でもまた、偶然の再会とかってあったりしそうな予感。(笑)

| | トラックバック (0)

ヤクルト残念会

今日は勝手に、ヤクルト残念会、及び古田選手兼任監督の、ヤクルト退団歓送会が開かれる予定。

僕もそこに途中参加で顔出す予定。

この会の連絡が回って来たときには、古田監督を囲む会なのかと思うほど、微妙な言い回しがされていて、ビックリ誤解をしてしまったくらい笑えた。

要は、行きつけの小料理屋さんの、ヤクルトファンの女将さんが心意気で開く会。
どんな会になったかは、明日書き込みます〜!

| | トラックバック (0)

2007/10/22

がんばれ沢庵

日本国内の漬物の販売量の話をきいた。

以前は、沢庵の消費量がダントツ一位だったが、

このところは、なんてったてキムチが一番らしい。

Conv_071022001 まあ、日本の漬物は、種類によって細分化して計算してるところに、

キムチは、オイキムチもカクテキも白菜のキムチも、すべてひと括りにしての「キムチ」だから量は確かに多くはなりらしい。

それでも、以前は沢庵の栄光の時代が長らくあったわけ。

沢庵衰退・・・。

急に沢庵が恋しくなって、探しに出かけた・・・まあ、近所のスーパーにね。

美味しい沢庵と出会えた。

塩漬けした後に、軽くぬか漬けされたと言う沢庵。348円。Conv_071022002

久しぶりに黄色くない沢庵。

昔はこんな沢庵が食卓に出てたな~。

「美味しいじゃん!」

ちょっと沢庵びいきになってみようかな。

ガンバレ、沢庵。

今朝は、沢庵をつまみながら、珈琲、そしてこのブログを書いている。

キムチじゃー、コレは合わないな。(笑)

なかなか珈琲にも合うかも。

注;小さい頃は「たくあん」でなく「たくわん」と呼んでいた僕だった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/10/20

新スタジオ

Conv_0001 新スタジオってか、新局舎と言うべきなんだろうけれど、長いあいだお世話になっているRadio Berryの新局舎に足を運んでみた。

日本で最大といわれるスタジオで、僕もこんな大きな生放送スタジオは初めて見た。

Conv_0005 ってか、ここで一人で喋ることになると思うと、なんか涼しさを感じてしまう。

広すぎるんじゃないかな~・・・ってのが正直な感想。そして一辺の壁は全部ガラス張りで完全なサテライトスタジオ。

Conv_0010 さて、ココまではブースのお話。

実際には放送に関するすべてが、いまの局舎から引っ越すわけで、技術チームも新しい機材、心臓部、システムの勉強を必死にしている。

Conv_0008 とにかく慣れなきゃいけないと思った。

こりゃー、僕が訪れたことのあるFM局のスタジオとしては最上の施設・・・ってそうかー、そもそも日本一のラジオスタジオ目指して作られたんだもんなぁー。

Conv_0007 オフィスもすごかった。一脚、ン万円もするデザイナーズチェアばかりで、デスクや打ち合わせテーブルなんかもオリジナルの誂えモノ。

そしてカラフル。エレベーター一機一機にもそれぞれのコダワリがあったり、いやー、恐れ入った。

Conv_0003 来月にはココから生放送してんだよな~。

ワンマンDJで、最新機材に囲まれながら放送も出来るということで佐藤望プロデューサーもお勉強。放送というより、パソコン教室に近い勉強になっている。放送のスタイルもどんどん進化しているんだなー

Conv_0009これだけ素敵なスタジオに負けない放送にしなきゃならん!

ただ、放送の本質では、影響されては駄目だと思う僕もいる。スタジオがお洒落になったから、放送もお洒落ばかりじゃー、つまらないし、作られた感があるプログラムばかりでも飽きてしまう。大学生の時、そんな放送局があった。その周波数から流される音を聴いて、その放送局のファンを辞めようかと思ったら、その前に放送局が以前のスタイルに変わってくれた。

Conv_0006さて、その中で心臓部となるのが この部分。まあ、直接的には僕は関係することはないけれど、この心臓部が僕の声を電波にするらしい。超冷たい部屋になっていて、わけわからないダイオードがいっぱいピカピカ光っていたりした。

気持ち引き締まって、当日の放送を終えた僕だった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/10/16

こんなおにぎり発見

Conv_071016004 夕食ゲットのために、ふと立ち寄ったコンビニ。

おにぎりの棚を見て、新たな可愛らしい商品にドッキリ。

おおーー、サッポロ一番のおにぎりがあるじゃないか!

Conv_071016001 思わずパチリ。

しかもラーメンの3種類とも味が揃っている。

全3種類食べたかったけれど、ゆで卵が苦手なので、ゆで卵乗せと表記されてた醤油味は我慢。

味噌ラーメン味と塩ラーメン味を購入。

車に戻って食べようと包み紙を開けると、まさにサッポロ一番味噌ラーメンの香り。

Conv_071016003 一口食べて、まず笑ってしまった。たしかに、あの、味噌味がうまーく再現されてる。なんかそれが可笑しくて・・・。

チャーシューまで乗っていて、この下にはコーンが入ってた。まさに味噌ラーメン味。

次に食べたサッポロ一番塩味、これも確かにサッポロ一番味なんだけど、笑うほどではなかったかな。

まあ、塩味だから、本家サッポロ一番塩ラーメンも、そんなに香りが強いわけではないしね。味はといえば、美味しいチャーハンという感Conv_071016002 じ。これにはプリプリの小海老が乗っかってて、これもおにぎりとしては美味なわけです。

パッケージ裏面の表記を見れば「サッポロ一番味噌ラーメン風味おにぎり」なんてはっきり書かれている。

おにぎりを見るだけで、微笑ましくなっていた。

Conv_071016005 Conv_071016006

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007/10/15

斉木しげるさんの言葉

日曜日、平成ファミリーズに斉木しげるさん親子、出てた。

なんか素敵な親子関係。

斉木しげるさんが聞かれてた。「お嬢さんにに望むことは?」

「とにかく生きてて欲しい、その上我侭言えば、元気であって欲しい、 それだけだよ。」

いい言葉だったなー。

お嬢さんの、祥子さんが涙潤ませてた。

「生きてて欲しくて、元気でいて欲しくて、」 その元気って、幸せじゃなきゃ達成できないことだと感じるし。

人が人にそう思えれば、思いあった両方が元気なんじゃないだろうかな。

そんな考えが広がっていけばもう少し違う違う世の中になるのかも知れないな~。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007/10/14

生 アイスホッケー

Img_0280 この前、担当番組が終わってから人生で初めて生アイスホッケーを見に行った。

担当しているラジオ番組中のスポーツコーナーで、アイスホッケーを担当になったからというわけだったんだけど、氷上の格闘技と言われる理由、日光霧降アイスアリーナで体感だった。

Img_0282 一週間前にインタビューした日光アイスバックスの89番、小林選手も氷上の格闘家としてカッコよかったねぇー。

リングの上での格闘は誰と誰が戦っているのか一目瞭然だけど、アイスホッケーの場合は選手の数の多さから、誰と誰が取っ組み合ってるのか、正直わからない!

Img_0299 選手個人の、対戦中に生まれた個人間の恨みが試合後によくも解消されるものだと信じられないくらい。

野球でも大人数でのスポーツって、乱闘が面白かったりする部分も正直あるでしょ。その乱闘がアイスホッケーは多くある。戦いそのものが乱闘だからね~!

Img_0317ルール、大体見てるとわかるのですが、わからなくても、氷上の熱気だけで、十分に楽しめる。一度でいいから生でアイスホッケーの試合に足を運んでもらいたい。

他の観客においてかれることなく、氷上にドッキリすること間違いなし。

Img_0318なんか観客のみんながフレンドリー。焼酎お湯割りやら、肉まんなんかをほおばりながら応援するわけですよ。

当然と言えばそうなんだけど、アリーナはとっても寒いです。熱く応援していても、やはり寒い。足を運ぶ時は暖かくして向かってください。

試合が終わってからは、次の日に番組でお世話になるセルジオ越後さんと対面。セルジオさん、アイスホッケーの面白さを多くに人に伝えたいと・・・僕もそう思ったもんなー。

日光アイスバックス、応援しよー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/13

那須の紅葉情報、写真の情報

0311 一昨日、次の日の仕事が早朝からで、始発でも間に合わないために、宇都宮の帰り、そのまま新橋に一泊。

次の日、早朝からの仕事は気持ち良かったね~。

さてさて、話を元に戻すと、ホテルにチェックインした時に、写真の Img_0251 師匠、写真家の前田さんから那須の紅葉に関しての話で電話があった。それ以外にも色々を話したのだけど、最近、前田さんのココログのアクセス数が多くなっていて、やはり那須の紅葉に関しての検索ワードで、ブログにいらっしゃる方が非常に多いとのコト。

やっぱ秋は紅葉の情報を探索してる方多いんですね。

那須の紅葉や情報、美しい写真のこと知りたいなら写真家、前田先生のココログ、なんてったってオススメです。

Asahi051だって、僕が新橋のホテルに一泊してる同じ時間、前田さんは那須岳で車中泊、そんな日ばかりなのですから!

ってか、おそらく那須の紅葉のポスターなんか見て、那須の紅葉に興味持ったのなら、そのポスターが前田さんの写真である可能性がかなり高い。那須の観光パンフやホテルのポスターに使われてる写真は前田さんが撮影してるからかな。

そんな前田さんの那須紅葉情報だからこそ、写真家の目で見ての紅葉情報。

Img_0235 なかなか公表されていないでしょ。

前田さんのココログ、要チェック。秋の行楽にも役立つと思います。

今日は、前田さんのココログからの写真お借りして、貼り付けまーす!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/09

気に入った!ピュオーラ ワイルドミント

Pict6000 仕事では喋る機会が多いので、

とってもに口の健康に関しては気を使うんだけど、洗口液、今まで歯磨き後はリステリンだった。

しかも、一番辛い、黄色のオリジナルのやつ。色々な色の種類のリステリンも使ったのだけど、うがいした後の爽快感の満足感から、長らくオリジナルリステリンに落ち着いていた。

そのリステリンのでかボトル、何本使っただろう。でも、買い置きしてた分がもうすぐ終わるので、新たな冒険。リステリン以外に浮気。

1000円以下、700円弱で買える物だけど、こういうの選ぶ時ってすっごく時間かけてしまう。甘ったるい味、柔らかな爽快感は嫌なので、辛めのものを探す。気分的に辛めの方が、綺麗になった自信が、勝手につくからね。僕の場合は。あくまで気分的。

で、商品説明にわざわざ「ハードな爽快感、ワイルドミントの香味」って書いてあるグリーンのピュオーラを発見したわけ。

まあ、このピュオーラも2種類あって、ブルーよりグリーンの方がハードのようなことがPOPにも書いてあったので、悩んだ挙句、ピュオーラグリーンに決定。

昨夜、グリーンのピュオーラデビュー!

ヤッバイくらいにハードな爽快感。気持ちよ~~~~いゾォー。

当分こりゃ、ピュオーラにハマりそうだ。

でも、刺激が強いのが苦手なら、ブルーの方がオススメかも。

花王、よくぞ刺激的な洗口液を作ってくれた!

ファンになってしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/10/07

大好きなCM 「今日、ロマンスカーで箱根へ」

P1020572 もう何年だろう、この小田急電鉄のロマンスカーでの、箱根のCMが始まってから・・・。

僕の、携帯の着うたにも使ってたりしています。

箱根のイメージにぴったりでさ。

Img_1573 小学生の頃から学校の中をロマンスカーが走ってたから、(学校の敷地の中を小田急の線路が走っていたので、校舎の移動のたんび、眺めてたわけで)憧れもあり、なんか勝手にロマン抱いちゃってるわけです。まさにロマンスカー!

関東以外の方には馴染みないかもしれませんが、箱根といえば、もうこの唄で、ロマンスカーで、このCMこそ象徴だと僕は感じてImg_1501 しまうんだなぁー・・・。

とにかく、30秒の中で箱根がバッチシイメージできちゃう。

その総集編っぽい作品、コレをyutubeで見つけちゃって大感動!

細かくのCM作品ごとは小田急電鉄のロマンスカーのプロモーションホームページで、CMギャラリーからひとつずつ味わえるようになってますから、左上のメニューから探して味わって下さい。

P1020563 ポスターも、ラジオCMも久々に昔の作品にも再会して、嬉しくなっちゃった。

たまらなく、小田急の箱根、ロマンスカーのCMって、いろんなヴァージョンがあるんだけど、全作品、とことんセンスがいいと思うんだよなー。もうこの葛谷葉子さんの「ロマンスをもう一度」がインパクト強くてね。

06autumn_1024 このCM、声だけでもいいから参加してみたい。

さらには、仕事が終わって、突然思い立って、新宿から85分で箱根に向かってお気に入りの宿に一泊、なーんて、しちゃえるようになってみたい。まさにこのCMの世界かな。

05autumn_1024 僕は箱根に足を運ぶと、いい気の流れが出来上がるというジンクスがある。具体的に「気」というだけでなく、仕事ででいい結果を出すことが出来たり・・・。

強羅花壇では、僕の相談に乗ってくださるホテルスタッフの西山さんと夜な夜な話し込んだり・・・。すると、叱られもするけど、必ずや前向きになれる。

07autumn_1024最初の親元離れての旅行、ロマンスカーで箱根だった。小学校の 林間学校での話しなんだけどね。(笑)

「今日、ロマンスカーで、新宿から箱根へ。」

一日もはやく実践したいなー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/06

豆
今宵、勝手に祝賀会。
マネージャーさんと二人で飲んだわけさ〜!

でね、帰り、タクシーオタクの僕としては、マネージャーさんには、やっぱり高級車のタクシーで帰って欲しいわけよ!しかも深夜は普通タクシーより個人タクシーの方が二割増しで済むから安いしね!

で、日産最高級と言って過言でないシーマを見つけたわけ!交差点の真ん中にいても捕まえに入ったさ〜!
で、乗って帰って頂いた。どうだったんだろう…乗り心地…。いいはずだろう!
さて、話し変わって、僕のオススメ個人タクシーは真っ白なセルシオの伊藤タクシー!

迎えに来られた瞬間からVIPな気分。車内に乗り込めば、いい香り。

細かい配慮が、そこにはあるんです。

また、この車に、このタクシーに乗りたい!!!って思わせてくれるのです。

そしてここからは、不思議なお話。(笑)

何故か伊藤タクシーだと渋谷からでも、他のタクシーでは時間かかるのに、短時間で自宅に辿り着けるんだなー。
理由は、どうぞご自由に想像下さいませ!

優越感存分に味わえて、しかも車内ではカッコいいロックも要望次第で存分に味わえる!!運転手さん、元ロッカーですから〜!

でも、超乗り心地いい安全運転です!

やっぱり、安心感、信頼できる運転あってこその魅力です。

さて、今夜はあと一時間待てば始発!夜風が気持ちいので散歩。一軒目で食べてた豆、重宝しちゃうわけなんだなー。豆を食べながら、これを書いてる。
タクシーの快適な乗り心地は我慢して、こちらも快適な鉄道で帰る〜!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/04

泣いたな〜

昨日、宇都宮で番組を生で3時間一人でやり通し、その後事務所の社長さんと、宇都宮の行きつけの、美味しい小料理屋さんで食べて飲んだ。
社長は今日、つまり明日があるというので新幹線で東京戻り。

僕もその後、ホテルに戻ったのだけど、普段からお世話になっている友達の真樹姉さんから電話。
「お前、どこだよ〜」って。
そして「つべこべ言わず、今から出てこい!」

向かったのは真樹姉さんの友達が新しく開店させた、鳥坊という、焼き鳥メインの小料理屋さん。

指示された鳥坊に着くと、真樹姉と、ウサギが待ってくれていた。ウサギっていうのは、今は真樹姉の部下?で、以前はオカマバーで働いてたなかなかの美男子。
その三人で、熱く語り合い、みんなで泣きながら話したりしてた。なんか勝手に感動とかしてた。

そして目覚めて今朝。

昨夜、泣いて話してたことは覚えてるんだけど、何を話してたかは、まったく覚えてないんだよな〜…。
で、真樹姉やらウサギに確認TELしたんだけど、二人とも僕と同じ。泣いて話してたことは鮮明なんだけど、内容はさっぱり…。

でも、楽しかった記憶。
それで良しとしよう!!
まあ、こんな日もある。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/10/02

第7回ベストレザーニスト

リンク: 第7回ベストレザーニスト.

スポーツ報知によれば、

女優・栗山千明(22)が17日、第7回ベストレザーニストに選ばれた。
日本タンナーズ協会が主催するもので、しなやかな国産天然皮革のイメージに合い、
レザーのイメージに負けない個性や強さを持っているということで、栗山が選ばれた。

授賞式は10月1日。表参道にて。

 同賞は第1回の2001年に米倉涼子(31)、昨年の第6回には佐藤江梨子(25)が
受賞している由緒ある?賞。栗山は「女性としてかっこよく、芯のしっかりした
イメージの方が多いので、光栄に思っています」と喜んだ。

ってことなんだけど、コレ、テレビでも同じニュースを流してた。韓国料理屋さんのテレビで見た。

その瞬間、思った。僕だったら、にしおかすみこさん、入賞させるんだけどな~。

すると、隣で同じテレビ見てたおじさん 「西岡すみこじゃないのか・・・。」

とボソっと独り言。

僕の横で、豆腐チゲを食べてたおじさんも、僕と同じ考えだったか~!(笑)

そりゃー、実際はレザーでなくてビニール素材かもしれない。・・・だけど、だけど、にしおかすみこのボンテージ、イメージはレザーなんだ!

その考えからすれば、この一年、にしおかすみこは、常にレザーだった。

レザーニスト特別賞なんて作れないかな・・・受賞して欲しかった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »