« 熊谷尚武 | トップページ | ひとつずつ »

2007/05/21

昨日は夕日が綺麗だった

Conv002_6 夕日が綺麗でも、この夕日をあとどれだけ眺めることが出来るのか・・・。

僕が好きだったPSY・Sの曲でこんなフレーズがあった。

「空のすき間から、誰かが見ているよ。Kissに照れないで、おいでよここまで、会って話をしよう~」

Conv003_7 映画の主題歌にもなった曲だったんだけど、とっても懐かしいメロディーでゆっくりと流れていく雲のような雰囲気のスローな一曲だった。

とにかくその頃は夕日を気にしていた時期だった。

ちっちゃい頃は、夕日を見ると、それが一日の終わりのような感覚を味わってた。

Conv001_6 夕日が目に入ると、「帰らなきゃ」という感覚に支配されて、恩田川沿いを必死に自転車こいで、自宅のある方に走っていた。でも、かなりの距離を新横浜まで走ってしまっていたりして、帰り道がなんか淋しくなったりもしてね。鼻水たらしながら、ちょっと泣きそうになったりな気分で必死に自転車こいでると、見える景色の川には、カモの大群がいたりして、僕も、大群、つまり家族の中に戻らなきゃって気持ちがしてた。当時の僕からすれば、家族という単位は最初の大群の単位というイメージがあったんだと思う。

横浜から自宅の方は、ちょうど太陽が沈んで行く方向だから、新横浜に向かってる時は夕日なんて見えなくてね。振り返って、夕日を確認して焦ったりもした。そして何故か淋しくなってもいた。

今日、夕方、恩田川を、新横浜に背を向けて自転車で走った。

Conv004_9小さな頃、走ったのと同じ時間に、同じ道を自転車で走ってる。

まわりの景色は、田んぼや畑だったのに、今はマンションばかりだったり。

でも、夕日だけは変わっていなかった。

その夕日と僕との間にある空気は、目に見えないけど、確実に変化している。

昔とちょっとは夕日の見え方も違ってしまっているのかな。そんな事が 気になってしまった。

|

« 熊谷尚武 | トップページ | ひとつずつ »

コメント

深夜に失礼致します。携帯からです。とても美しい夕日ですね。恐いくらい綺麗… 夕日のお話、なぜか涙が溢れました。切ない気持ちに似た、表現出来ない気持ち。少年・眞善さんを抱き締めたかったかな?なんて。(笑)今の生活は引き籠もりです…子犬がいるっていうのも理由の1つですが、病気が1番の理由。大好きな自転車は乗れなくなってしまいました。原因は耳を悪くしたから。バランスがとれなくなり、倒れちゃうんです。普段の生活でも、いきなりクラッと来てしまい倒れちゃう!だから、携帯電話は手放せません。  眞善さんは、前髪をあげて、ますます素敵になられましたね!本当に素敵です。モテ人生街道かしら?1日でいいから、彼女になりたーい!(笑) ダメかしら?

投稿: 真子 | 2007/05/21 03:38

時間ごとに変化していく夕日が切ないですね。キレイなお写真に感動しつつもそんなことをかんじます。
この夕日と一緒に過ごされながら、いろいろな言葉にできない“思い”があったことと思います。
どんなことがあっても時間は流れている…。その中で生かされている…。
今後も同じ場所で同じ時間帯の夕日を見る機会が何度かあるんだろうと…。その度に素敵になった眞善さんがいらっしゃるでしょう。いゃ、絶対います(笑)。

PSY・S…今度聴いてみようと思います。

投稿: しあん | 2007/05/21 10:18

今から11年前 子供達がカトリック幼稚園に在籍中 園長先生が 子供達に 空の雲間から地上に指している光は「天使の階段」といい天使が地上に遊びに来るときに使う階段で 夕暮れ時に指す やわらかな光は 天使達が遊び疲れて おうちに帰る階段なんだよ…とお話しをしていたことを今も思い出しながら綺麗な「光の階段」が見えるたびに…私も まだまだ純粋なんだなぁ…と少しばかり恥ずかしく思いつつ眺めています。先日 高校生の娘と太郎くんの散歩に行ったとき 娘が一言…「天使が遊びに来てる…」とポツリと。今時の小娘かと心配する毎日でしたが 純粋な気持ちが まだまだ健在と知り 一安心しました。どうか みなさんも「天使の階段」を見かけたとき 自分の心の中でかまいません 天使を探してみては…
松島基地滑走路も四季おりおり 綺麗な景色を見ることが出来ますが 秋の夕暮れの一瞬セピアカラーに見える景色は最高です。

投稿: 売店1号 | 2007/05/22 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は夕日が綺麗だった:

« 熊谷尚武 | トップページ | ひとつずつ »