« 表層と深層 | トップページ | 熊谷尚武 »

2007/05/19

愛おしさ ~テーブルを囲んで~

Conv004_8 昨夜、電話で呼び出されて向かった先は三軒茶屋、例の駄菓子バー。電車はもう動いてない時間。行かなくてもよかったのだけど、向かいたくなってしまった。

バイクで向かったので、僕はアルコール無し。ひたすら駄菓子とトマトジュース、時々緑茶。

僕のエージェントは、スタッフは女性ばかり。女天国。女性しかいない。しかし、青々みたいな、おっさんキャラ社長もいる。仕事の時はおっさんだが、飲んでる時は、おっさんというよりも、女の子みたい。なかなかどうして、女の子になる。女性・・・というより、兄弟のような女の子ね。

Conv006_8 とにかく本気で駄菓子を喰いまくってる。

「眞善、これ食べな。」・・・・・フレッシュなミニ青りんご餅。駄菓子である。姿が見えなくなり、お手洗いかと思ったら、真剣に背後で駄菓子を選んでた。

そして、いずみちゃん、僕よりひとつ年下だけど、実にお嬢様。しかし、単なるお嬢様ではなく、仕事をしっかりとこなすお嬢様。まあ、生活はお嬢様とは程遠い仕事ぶりの日々からの生活を送っているのだけどね。(笑)人を笑わすのが上手である。

Conv005_8 テーブルの上は駄菓子の空き袋や、ミニミニヨーグルトの残骸でいっぱい。

昨夜の席にはいなかったけどもう一人。僕の知らないとこで、着実に行動してくれている坂妻ならぬ、バス妻。だんな様がバスの運転士さんなんですよ。だからバス妻と呼ぼう。

みんな頭の中に、アイデアと目標とプライドがいっぱい。そして夢。

愛おしい人々が集まっている場所。

Conv012_4 ラジオなんかのレギュラーを担当してしまっていると、事務所側の人間より、局側の人間との感覚を共有してしまうようになったりする。ラジオ番組って、ひとつの番組のために集まった人間と一緒の時間が長いし、局側と一緒に取り組むプロジェクトだからね。すると、色々な事務所のマネージャーさんの話を良くも悪くも、局の人間とする場合がある。マネージャーさんを悪く言うタレントさんもいっぱい見かける。

そこで、僕はというと、今、ナチュラルにしていられる。

仲間になってくれちゃうんです。BonVivantスタッフはキャラが濃いから、青々のモノマネなんかも局で流行ったりね。仕事先からも愛されるキャラ、そんな事務所なのです。それが嬉しくてね。でも、厳しい時は厳しくしてくれるし。嬉しい限り。

そんな昨夜から比較して今夜、テーブルの上は駄菓子じゃなかった。

Conv009_5 今宵、母を食事に誘った。弟は彼女と一緒に食事に行っちゃったから、僕と母だけだったし。今夜は予定もなかったから。近所の海鮮市場という場所。

話題は洗濯機。もう10年近く使ってた洗濯機の調子が最近悪くて・・・。新しい洗濯機選定会議も兼ねていた。愛おしき母は、洗濯機のこと、なーんにもわかってないようだった。大抵洗濯は僕がやってるし・・・。

Conv007_6 こういうとき、大抵は僕が調査、研究、選定する。かなり大掛かりな研究調査。(笑)

ま、近所のヤマダ電機が調査場所だったりするんだけどね。だいたいの見当はついてきて、今度は予算問題。これも僕が負担することになりそう。まっ、仕方ないか。

Conv008_4 弟は、こういうとき、見事にやり過ごす。自分の趣味にだけお金を使えてるような・・・。ちょっとは負担しろ~!!!って大声で言ってやりたいが、まあ、毎回大目に見てしまう。愛おしさがあるからなのかな~・・・。

昨夜も兄弟というテーマでも話題が盛り上がった。今宵も同じ話題で盛り上がった。

しかし、それにしても、昨夜と今宵で、テーブルの上がこんなに違うとは・・・。

どちらも、愛おしさを感じるテーブルだった。

|

« 表層と深層 | トップページ | 熊谷尚武 »

コメント

お母様、とてもお元気そうで安堵しました。
洗濯機は大きい容量がイイデスネ!!
あと最近は洗濯機も安全第一で賢くなっていて、、
「あ、これも・・」と後で気がついて追加で洗いたい時に
簡単に蓋が開かなくなってるので、(笑
粗忽者の私はいつも洗い残しを出しています(汗

投稿: しず | 2007/05/20 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛おしさ ~テーブルを囲んで~:

» シャープ 洗濯機 [シャープ 洗濯機]
シャープの洗濯機をお探しですか?シャープなら高性能な洗濯機が豊富。洗濯機を選ぶならやっぱりシャープの洗濯機ですね。 [続きを読む]

受信: 2007/05/20 16:09

« 表層と深層 | トップページ | 熊谷尚武 »