« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/29

「新幹線」中国を走る はやて型車両、営業開始(共同通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「新幹線」中国大陸を走る はやて型車両、営業運転を開始(共同通信).

Conv060_1  これ、なんだか悲しい。
だってさ、日本が世界に誇る新幹線と言うものなのに、
それは一切隠されたまま、中国が独自に作り上げたものとして、公表されているから・・・。

中国独自ブランドとして運行、公表。日本の東北新幹線の車体を川崎重工が中心となって輸出したといってもいいものなのに、発注が中国だから、中国オリジナルブランドになっちゃった。

中国政府の言い分としては、「中国鉄道事業への日本の参入は批判が強いので、反日感情が再燃することに対しての配慮」というが、同じ技術で運航を開始した台湾版新幹線では、それが日本と台湾の友好の象徴になっている。
確かに台中関係もかなり難しいが、だからと言って中国の技術で造り上げた新幹線コピーではない!あくまで新幹線「はやて」。作ってるのも日本。それなのに・・・。

この中国版新幹線の乗客は日本の新聞記者に自慢してると言う。「中国の技術力の象徴!」なんだとさ。

Conv061 確かに日本もコピーが上手い。でもコピーがコピーでなくオンリーワンになった。それはコピーだと言うことを認識していたからという側面もある。
さらに中国はコピーが上手い。でも、コピーをコピーのまんま。ましてや、コピーでなくて日本のものを「中国のもの」としちゃうのはどうなの?挙句の果てに、「この技術は中国の独自ブランドであり、知的財産権を所有」という結果。
じゃあ、日本の本家本元、「はやて」や「やまびこ」がコピーになっちゃう。
こんな時に、日本と言う国がもっとしっかりしなきゃだよ~。

でも、こういう結果になることは2年前から囁かれてた。
それなのに、自社の利益のために日本の技術を中国に持ち出して、売ってしまった川崎重工を中心とした日本側の窓口にも問題があると思う。その企業だけの研究結果での新幹線ではないのだから。

中国と友好関係を築くためにも、主張するところは主張しなきゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/28

5時間以上、喋りっぱなし~

Conv015 今日はNLTの「宴会泥棒」と言う作品を味わいに博品館劇場に足を運び、その後、芝居のことでも話しながら飲みたかったのだけど、
お仕事が入っていたので赤坂へ。

いやー、まずは、宴会泥棒、腹抱えて笑いました。さらに予期せず、涙滲ませてしまいました。細川俊之さんでも同じ作品、やってもらいたかったなー・・・なんても思ってみた。

Conv014 さて、観劇が終わり、赤坂に着いた時は、もう夕方。一分一分、空の色が変化していく。こんな時間、かなり好き。

初めての赤坂のスタジオ。

超豪華だった。設備も何もかもすごかった。 そして何よりすごかったのはスタッフ。

ひとつの収録でスタッフは8人。人材面、ソフト面でもすごい。こんなの、なかなかない。何かをエクスキューズすれば、8人での結論がすぐに返ってくる。

約5時間喋りっぱなし収録。

さすがに最後の方は声が疲れてるのが自分でもわかった。

Conv016 出したくても、声的に表現できない、表現したいシチュエーションが生まれてくる。
30分前の僕だったら出来たことなのに・・・。自分でももどかしかったり・・・。
自分の喉が、本当に疲れてしまっていることを自分でも悟ってしまう。

2月4日、僕のスペシャルdayですよ。今日の5時間の成果がそのまんまONAIR。

さて、何の放送でしょうか・・・??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/26

なんだか悲しい気分で

Conv008_2 昨日、番組収録だった。

長年やっている番組の収録。もうこの新橋のスタジオに何年通っただろう。番組ディレクターは何人変わっただろう。僕も何回誕生日を迎えただろう。

Conv005_5 その中で僕なりのテイストで変わらず番組をやってきていた。

それと同じく変わらないのが、このスタジオのある新橋だと思っていた。

スタジオに向かう途中、やたらと閉店した飲食店が目立っていた。Conv006_3 お昼時、どれだけの数のサラリーマンの胃袋を満たして、そして夜ともなれば、どれだけ、仕事への潤滑剤の役回りとなったであろう店の数々。それが「閉店のお詫び」の貼り紙を出している。

なんだか異様な雰囲気を感じていた。

Conv001_3 スタジオに到着すると、収録前に、この場所が新スタジオに引っ越すことが言い渡された。

新たなスタジオは最新の設備、環境を有する田町の新都市空間の新しいスタジオ。

それはそれでいい。

けれど、この場所から離れてしまうことが、なんだか淋しく感じてしまった。

Conv007_1 離れるだけじゃない。この場所に新たなビルが建設される。だからこそ、このスタジオへ足を運ぶ途中、閉店した飲食店達が目立っていた理由を知ってしまう。街が姿を変えてしまうのだ。それが淋しい。

新橋は、変化もあったにせよ、このまんまの街の雰囲気であってほしい。

そんな思いが僕は人一倍強い。

大学出て、普通に仕事してた時も、上司に連れられ新橋で名古屋Conv013 コーチンの店に入ったっけ。それから自分ひとりでもその店に足を運ぶようになったり・・・そこで、知り合いでもないサラリーマンの人から説教されて、それが役に立ったり・・・。

閉店時間でもまだ飲んでいたい雰囲気だとすると、その店のオヤジに連れられ閉店後、一緒に違う店に飲みに出かけたり。

Conv009_2 大きな言い方すれば、「実際に日本経済を動かしてる男の街!」ってな感じかな。

それがどんどん変わっていく。JRを挟んで反対の汐留みたいになっちゃうのかな??

絶対にそうはなって欲しくないんだよな~。

Conv002_2 新橋には新橋に似合う男達がいて、その男の街として魅力を発揮している。男の趣味に似合う趣味の店、例えば中古カメラ屋だったり、中古ゴルフクラブ屋だったり・・・そこに子供のように目を輝かせて昼時にサラリーマンが集っている。中古カメラ屋には僕もしょっちゅう集った。(笑)

夜には、大好きな鮭のハラスを出してくれる店があった。ただのハラスでなくて、その店の焼き加減の鮭のハラスが大好きなのだった。

このスタジオともさようなら。この窓から見える景色も、ここ何年かでConv001_4大きく変わった。汐留方向がね。この景色ともさようなら。

何年か前、同じ位置で撮った写真がある事を思い出した。

同じ位置で写真撮って見るか・・・。

なんだか悲しい気分でね。

092a1 Conv011_1

Conv004_4Conv012_1  なんだか僕を見送ってくれるニッパー君の後姿も悲しそうに見えた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/22

毎日新聞 -宮崎知事選>そのまんま東氏が初当選

リンク: Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <宮崎知事選>そのまんま東氏が初当選.

あっぱれ!まずはそんな感想。
まさか当選するとは、想像だにしなかったけれど、
当選した以上は、まず応援したい。
すでに想像を超える「当選」と言う二文字を彼は手中におさめたわけだから、これからは、想像以上の活躍に期待。

あくまで東京から離れた地方知事選、そこでの問題を、僕は多くを知る由もないわけだから、宮崎県民の方々には見えているものがあるのでしょう。そこを彼は知った上での選挙戦だったんだろうなー。

批判的見解をする方々もおられるだろうが、まずはこの選挙戦に勝ち残ったわけだから、まずは応援、その後の活動次第では批判することも納得いく。

だけど、まだ知事としての仕事はしてないわけだから、この段階から批判と言うのはどうだろう。
まずは応援しなきゃ。

彼の当選は、彼を支持している20~30代が ちゃんと選挙に行くかどうかにかかっていた。
それが今回の勝負の分かれ目だということで、この結果からするに、宮崎県の若者が彼を勝利に導いたと考えれば、宮崎のこれからを、若い県民自体が認識して政治に眼を向けていることとも言い換えられる。そんなわけで、まずは、僕は勝手に期待したい。

そしてこの応援したい気持ちは、何より、彼を当選させた原因である宮崎の若い世代を応援したいからこそ、と言う気持ちなのだと思う。

| | トラックバック (2)

2007/01/12

喋り手の素顔

Conv002_1 最近、スタジオ内にカメラを持ち込んでいる。
そして、曲のオンエア中、番組中にもかかわらず、パーソナリティー同士で写真の撮りあいっこ・・・。

ラジオの番組、どんな人が、どんな風に喋っているのか。

Conv001_2 その雰囲気を耳だけでなく、目でも楽しんでもらおうと、
番組で写真集を製作したのがきっかけ。

まあ、非常にちっちゃな写真集なんだけどね。

いかんせん、製作するにも、写真のこれまでの素材が少なかった。Conv009_1 それでもなんとか出来上がった。 携帯で撮った写真まで素材として使ってしまったくらい。だから大きいサイズでは出来なかったし、何より発送に費用がかさんでは大変なことになってしまうからちっちゃな写真集。

確かに今は、番組ホームページなんかをチェックすれば、ラジオで喋ってるパーソナリティーの顔くらいは見られる。それはわかる。

でも、そんなのは写真じゃなくて、あくまで画像。やっぱり印刷されて、電源を必要としない状況でも見られるのが写真で、それがいいと思った。

それに、インターネットが普及したからと言って、ラジオを聴いてくださっている多くの方がインターネットを出来るとは限らないし、インターネットが出来たとしてもわざわざチェックできるとは限らない。

それでも、インターネット関係なく、ステーションステッカーが欲しいと言うような要望は多いもので、それだけ、ラジオという媒体を好んでくださっている方々がいらっしゃるのが、僕は嬉しいし、それなら不意にどんな人が喋ってるのかがわかったら、その喜びは大きいんじゃないかなと・・・。

勿論、ラジオでの話のイメージと、喋り手の顔のイメージが違う場合もあるかもしれない。

でも、少なくとも僕自身はラジオの方が誤解を受けないと感じている。

Conv005_4 とってもありがたいことに、舞台の時は、僕にシャンパンの差し入れがあったりする場合があるんだけど、それはイメージであって、誤解があったりもするかもしれない。実際僕が好んで飲むのは焼酎だったりするわけですから。(笑)確かに舞台の上の僕はシャンパンを好む役が多かったりするもので・・・。

そしてラジオでも、嬉しく差し入れがあったり・・・そんな時は焼酎を頂いたりする。僕そのものに関しては、ラジオでは誤解は少ないようだ。

じゃあ、僕に関してはギャップがあっても楽しまれるんじゃないかな。

Conv008_1 バカっぽいけど、温泉でだって写真機持ち歩いて、鏡の前でも浴衣で撮ってみたりね。

写真集の反応がとっても気になっていたけど、

結果、その写真集がなかなか好評で、

「第二弾も作りたいね」

その言葉がきっかけで、ちゃんとした僕のカメラをスタジオ内に持ち込むようになった。

これから写真素材が増えていく。

第二弾では、しゃべり写真だけでなく、ディレクターさんの仕事中の様子も写真集に入る予定。

これから、シャッターチャンスがラジオでも増えそうな予感。

Conv004_3 ラジオで何が伝えられるか。

聴いて下さっている全ての方々に送れるというわけではないことは重々承知。

でも、ごく一部の方々だけでも、結果として

一緒に同じ時間を過ごしたこと。違う場所で同じ月を見ているような感覚。

優しさを、不意に写真が送られてくることで、感じてもらえれば幸せ。

ただ放送時間だけでなく、それ以外の時間でも、喋り手は、ラジオを楽しんでくださっている方々のことを、同じ時間を過ごした仲間として、考えているということを。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/01/05

ふじたく~ん!とスマイルキッズ

Conv010 今日は、空気が澄んで富士山まで見えた。そんな寒い風吹く中、

エフエム横浜のDJ、パーソナリティー仲間、藤田君の中継先に陣中見舞い。

今日はグランベリーモールだってさ!

Conv011 藤田君を待つ間、あまりにも外が寒いのでケンタッキーフライドチキンに立ち寄る。

かるーく、コーヒーかなんかで、お茶をするつもりが、あのチキンの匂いにやられてしまって、どうしてもチキンが食べたくなる。

かといって、ランチという雰囲気ではないので、メニューを見ると、お手ごろなセットメニューを発見。チキンとフライドポテトのセット。

070105_11180001 よーし、ちょうどいいのがあった!これにしよう!!!

僕が頼んだセットは「スマイルセット」410円。それにホットコーヒーをセットで510円。

そこで、カウンター向こうの女の子が何故か笑いそうになっている。

こっちは何もおかしいことはしてないはず・・・・

店員さん「スプーンとフォーク、どちらになさいますか?」

僕(コーヒーなんだからスプーンだろー)

「スプーンでお願いします。」(変なこときく女の子だなぁー・・・・・内心の声)

出てきたセットには、子供用スプーンがおまけでついて来た。

メニューを見返してみた。

僕が頼んだメニューの上に吹きだしでちっちゃく「キッズ」と入っているではないか!!!

僕は、おまけに子供用のスプーンかフォークがセットされる

正式名「スマイルキッズセット」を注文していたのだ。周りの人からもちょっと笑われる・・・。

もともと、これを注文して写真を撮りたかったような雰囲気を演じてみた。まあ、まったく恥ずかしさを半減するような効果はなかったが・・・。

「いいよーだ、どうせ僕はキッズですよー!」開き直ってみた。

Conv012 そんな恥ずかしい体験の後、本来の目的であった藤田君と合流。

しかも、僕の番組でもスポンサーであり、お世話になっているケーユー本店で。

ちょっと違った意味で緊張してしまった・・・。

でも久々の再会、なんだか勝手に嬉しかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/04

明けましておめでとう御座います

Conv005_3 皆様、あけましておめでとう御座います。

今年の僕の仕事始めは、2日夕方4時から、FM栃木、

Radio Berry

B-BOXという大好きな番組から始めることが出来ました。

昨年も僕なりに頑張りましたが、体調を崩してしまったり、他にも色々とあり・・・。

今年はとにかく持てる力全てをかけて、慎重に、それでいながら大胆に行動、Actして行きたいと考えています。

昨年は本当に皆様からのメッセージに励まされました。そしてメッセージが勉強にもなりました。今年も、僕に対してのメッセージがあれば、いつでも送ってください。

今年一年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

岡田真善 より。

Conv004_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »