« 根底で平等なのは | トップページ | 新橋、武蔵 »

2005/11/24

秋色コスメ

今日、街中で「秋いろコスメ活用術」なるのぼりをみつけ、化粧品販売に熱心なお姉さま方が街頭で「秋いろコスメ」について説明してた。でも、結局僕から見ると、普通にピンクなんだよなー。「秋いろ」という割には、秋っぽくない。うん、確かに茶色もあった。でも、秋な雰囲気じゃない。結局、お化粧って、シーズンによってどうこう!!なんていう問題じゃないと感じるのですよ。化粧に無知な男の僕からすると。

akiiro005 人の種類にも四季があると思う。

春らしい人、秋らしい人、夏らしい人、そして冬らしい人。お化粧を変えりゃ、シーズンにカメレオンの如く対応するものでもないと思う。

だって、チューリップをいくら茶色にしたって、秋にはマッチしないでしょ。春らしい。

ウェットスーツを秋色にしました!からって、やっぱりイメージするのは夏。夏が似合う。

あやめを冬に咲かせても、やはりそれは夏らしい。茶色のあやめ?欲しくない。

逆に茶色いワニだからって、そのワニから、秋を感じるより、熱帯のアマゾンを感じる。

akiiro002秋らしさって何かな?

洋服などの,身にまとうファッションならば、それは納得できる。秋色、いいんじゃないかな。春らしい人が,秋の雰囲気をファッションで醸し出すセンスを垣間見る事が出来る。

誰しもが、秋いろコスメが似合うわけではないと思う。活用できる人と、そうでない人がいると。似合う人は、秋いろコスメを活用すればいいのであって、そうでない人は自分の好きな、自分が一番似合うお化粧をすればいいんじゃないかなー。

akiiro003 今日のお姉さま方は、どんな人にも「秋には秋いろコスメなんです!!」って言い切ってたけどね。まあ営業熱心だこと。

今日のコスメのお姉さま方のブランドとは違うけど、

資生堂マキアージュ、あのコマーシャルは、秋らしいと感じます。秋に似合う女性が、CMでも秋のお化粧をしてる。あの雰囲気に憧れるならば、それはそれでいいと思う。あの30thスタジオで作られたCM音楽もまた、秋だからといっていかにも落ち着いたものではなく、元気な秋がイメージされる。時々僕は口笛吹いて歩いてしまうことも。(笑)30thスタジオのホームページで試聴できますよ(左側メニューのカテゴリーで化粧品をクリックして、右メニューの上から3番目 「資生堂 マキアージュ」 タクシードライバー編ではないからね!)

画一化された秋の色じゃないと思うんだよな。それぞれに、それぞれの秋色がある。

akiiro001 さて、そんな秋色という観点からすれば、僕の愛猫ピロちゃんは、秋色。秋が似合います。夏に脱色して白猫になる事もありません。来年の夏、青草の上で寝転んでいる姿を想像すると暑そう。もう一匹のラビたんは、夏が似合うんだけどね。さて、このピロちゃん、寒がりで、最近僕が帰ってきて、まずコートをベッドの上に置いてしまうと、10分後には、そこは彼の陣地となっています。でも、秋色猫だと感じるから、このチャコールグレーのコートの上が似合ってしまう。では僕自身は?おそらく、秋から冬が似合うらしい。ということは今、僕のシーズンなわけです。

僕は夏生まれだけど、「決して夏が似合う男ではない!!」と言われ・・・はっきり言おう「夏が絶対似合わないよね」とまで・・・言われる・・・から。

僕の秋色は?と考え、帰宅途中にパシャリ。

akiiro004 秋いろコスメなんかよりも、秋を感じることの出来る人のセンスが、僕はやっぱり好きです。

それは四季を通していえる事なんだけどね。自分自身がその季節になるのではなく、その季節を感じて、それぞれの対応の仕方をする。それでいいんじゃないかな。

|

« 根底で平等なのは | トップページ | 新橋、武蔵 »

コメント

秋って、茶色を連想してしまうけど、オレには色じゃなく、冬への通過点って思ってる。
だから、植物だと冬に備えていらない葉っぱを捨てる季節。動物は冬に備えて食う、備蓄する競争の秋。。。。
その自然の残骸を秋とロマンチックに思う、人間は、恵まれた人たちだな~!
勝ってなコメント失礼しました。

投稿: シンハ | 2005/11/24 05:00

シンハさん、ごもっともです。冬への通過点、空気の匂いが明らかに変わり、在原業平も伊勢物語で似たような短歌を詠んでいます。季節が変わるのに、この自分だけは月と同じように変わりなく生き続けている。周りはどんどん変化するのに・・・それを春に関しても詠んでいて、それでいながら歳をとっていく自分をも感じる。春と秋はそんなことを考えやすい時期なのかもしれません・・・。

投稿: 岡田真善  | 2005/11/24 05:15

シンハさんの「さん」は、カットでお願いします。

クヤシイくらいに、的を得たレス!

響くね!(笑)

投稿: シンハ | 2005/11/24 05:29

 秋色コスメ、色よりも成分よ、成分!現実面重視でしょ、と叫ぶ私。
 空気は乾燥するし、UVも実は秋冬の方が高くなるので、Vitamin C補給しないと、乙女のピンチです。(笑)あ、これは紳士諸君も同じよ。
 しんちゃんの秋色、敷き詰められた落ち葉も夕映えも、猫ちゃんたちも、あたたかさを感じます。
 季節を感じることのできる感性ーたしか、メルセデスのCFで「16の季節のある国で」というフレーズがあった気がするのですが。
 歳時記では、記憶が確かであれば、日本は四季をまた小さく分けていた気がします。(しんちゃん、リサーチよろしくー、と甘える)
 DiorだったかChanelで、日本の「赤」に魅せられたフランス人が、日本の赤をテーマにした口紅を作るまでのドキュメンタリーがあった気がします。
 日本の紅花主原料で、染色行程で使う植物の栽培専門職人が一人しかいない、伝統工芸も巻き込んでのプロジェクトだったようです。
 話がそれました。
 今日は、しんちゃん、どんな秋色と遭遇するのでしょう?

投稿: Ryo | 2005/11/24 06:02

本当に冬一歩手前の秋になりましたね。空気が澄んできて、これから張り詰めた寒さの空気になりそうです。
私は、こういう通過点が好きです。何よりも、通過点だけあって、移り変わりがはやく、そのはかなさが良いのかな。
人間も同じだと思います。しんちゃんは、大学時代、私の中では「春」のイメージだったのに、今では確かに「秋」。良い意味で、人間に深みが増したのかな?ちなみに、私は「冬」っぽかったのに「春」になってしまった。
自然体であれば、あまり考えなくても折々の季節に合ってしまうのが人間とも思います。冬っぽい人でも春には何となく華やいだ雰囲気になるように、日本人の四季に対する感覚は素晴らしいものだから。

投稿: きさらぎ あやめ | 2005/11/24 14:07

Ryoさん、そっかー、コスメって、ただのお化粧とはわけが違うのかー!夏のお化粧のCMなんかだと、それが強調されてるけれど、秋でもそうなんですね!さて、16季節調べたのですが、なかなかわからない!24季節、つまり24節季についてはいろいろあったので、24の季節のようでした。
あやめ、確かにあやめが言うこと、わかる!大学時代まで、僕は春だったかも。それが現実的な問題、卒業してから花粉症に。春はマスクをしてアレジオンという、すんごく眠たくなる薬を飲んで、睡魔と闘いながら生活してます。必然的に秋になってしまった。(笑)
あやめが冬っぽかったのに春、というのもなっとくする雰囲気。人の一生でも大きく見て似合う季節が変わるんですね。

投稿: 岡田真善  | 2005/11/25 03:40

岡田さんの秋色すてきですね。
私は冬が一番好きですね。真っ白な大地に囲まれると心の奥まで澄んだ気持ちになります。

投稿: のんちゃん | 2005/11/25 20:36

自分の日記にもコスメについて書いたので、
遊びに来たついでにこちらのコスメ話にも書き込みを・・・。
秋色コスメ。確かに化粧に秋色とか決めるのはおかしいですよねー。「それぞれに、それぞれの秋色がある。」かなり同意です。
ただ、水色や真っ青を冬真っ盛りの時にグリグリ塗りたくっているのだけは私的にNGですね・・・。でもそれも感じ方は人それぞれだから、他の人がどう思おうと、それはそれでいいのです。
ところでピロちゃん、めっちゃカワイイですね~。ネコとか犬ってすぐあったかい物の上で丸くなって寝ちゃいますよねっ。うちにも秋色のヨークシャテリアがいるのですが、脱いだ服の上でノビをして寝るのが趣味らしいです。

もう冬ですなぁ・・・。
今週は新潟出張があるから防寒して行かねば!
ではまた・・・。

投稿: いたっちー | 2005/12/05 01:59

いたっちー! コメントどうもです。今度スタジオでお会いしたら、ぜひぜひ売り込みをどうぞ!!(笑)冬色の曲、1月6日の放送で使えそうな曲、ぜひ持参してください2006年、一発目はこれでしょーー的な曲を期待してます。(ただし、着うたになってるものでね!)

投稿: 岡田真善  | 2005/12/05 12:59

コメントありがとうございました(^^)
コートでヌクヌクするピロちゃん、可愛いですね~
うちも3匹飼ってます。動物の寝息を聞いてると
なんだか落ち着きますね(-^^-)

私が秋の色と聞いてパッと思い浮かぶのは黄色かしら。
大好きなサツマイモも栗もリンゴも黄色なので(笑)
あと今の時期、稲穂の黄色も印象的だし(^^)

投稿: | 2006/10/01 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋色コスメ:

« 根底で平等なのは | トップページ | 新橋、武蔵 »