« 映画で見た未来 | トップページ | 光との勝負 »

2005/11/02

栃木というところは

totigi006 totigi002 毎週僕は宇都宮に通っているけど、栃木での番組、大好きなんですよ。というか、この栃木県、好きなんですね。この那須のスキー場で小学生の頃、スキーを覚えた。那須の弁天温泉と言うところで、毎年、家族、そしておじいちゃんおばあちゃんとで年越し。子供の頃一番楽しかった時間の記憶かもしれない。栃木を旅行するという事は、特別な意味がある。totigi005 totigi001

栃木の空は、雲の変化が早い。だから見ていて、ただ時間を過ごしてしまうこともある。そして立ち寄り湯の露天風呂なんかの温泉につかっても、ずっと空を見ていれば、ただそれだけで時間が過ごせてしまう。雷の発生が日本で一番と言うのもあるしね。たった5分、同じ場所にいるだけでも、雲の形も、まわりの明るさも大きく変化する。まるで、そこに神様がいるかのようにね。

道の良さや、景色、交通量、いろいろな条件を加味して、栃木のドライブが一番好きかも。次に九州エリア、そして長野や群馬。立ち寄り湯があることも条件。(笑)

totigi009 totigi010

今日は今、動けないでいる母親の部屋をすべて整理した。出て来るでて来る!僕がちっちゃい頃の写真。勿論、栃木で家族で映った写真もいっぱい。

写真って、やっぱり一瞬の時間を切り取って保存してくれている。嬉しい思いも、懐かしい思いも、寂しい思いも。全部今の僕にツナガッテイル。だからこそ、やっぱり何回も見かえしてしまう。

僕の父親は、写真、すごく巧かったんだな~なんて、ちょっと感謝の気持ちも。いい写真ばかり。本当いい写りだし、いい一瞬が切り取ってある。

なんのカメラで撮ったんだろう。きっと、そのカメラもちっちゃい頃の僕が壊したに違いない。でも、それがあって、今がある。(ちょっと言い訳)

totigi008 totigi007

最近、これからのことと、これまでのこと、非常にてんびんにかけてしまう。これからのために、これまでの、大切だと思い込んでいたけど、それほど重要でない、その部分を切り離して行かなくちゃいけないのだろうから。何かしらの僕の中のヒエラルキーからの脱却を計らなくてはいけないんだ。ヒエラルキーを排除したトラッド。それを目指したいなー。

パラドックスに満ちたことなんだけど、これからのことと、これまでのことを天秤にかけることで、そのパラドックスに挑戦している感じがする。

栃木の旅行は、それを考えるいい時間になった。栃木と言う場所だから。余計に。

|

« 映画で見た未来 | トップページ | 光との勝負 »

コメント

自分の子供の頃の思い出の場所にしょっちゅう行けるなんて、すごく恵まれているね。
そして、露天風呂でこれからのことなんか、考える。露天風呂から眺める星座その先の宇宙。あと100億年?だっけ、どうせ宇宙が収縮し爆発することになるんだから。人間の一生はほんの一瞬、どうあがいても永遠なんてありえない。そう思うと、気が楽にあるよね。
オレなんか、幼稚の途中まで育った、別府に一度も帰るチャンスがなかったよ。その点、しんちゃんが羨ましい限りだ!(#^.^#)

投稿: シンハ | 2005/11/02 07:08

遠くにありて思うもの…。

投稿: udon | 2005/11/02 23:29

なんだかジーンときました。
私も栃木だいすきです♪

投稿: リコ | 2005/11/03 10:17

住んでいると悪いところしか感じないけど、栃木は離れていると良さがわかります。

投稿: SANA | 2005/11/03 11:50

読んでいてなんだか感動しました(i_i)
私の思い出の場所は何処だろう…

確か那須って林間学校で行きませんでしたっけ?
あとは那須というと仕事のロケで行った覚えしかないから、
もう一度ゆっくり行ってみたくなりました☆

投稿: arisa | 2005/11/04 01:08

自分も高校を離れて、しばらく東京でくらしていたのですが、離れてみると故郷の良さがわかりますね。今でも、月一位で東京に行きますけど、こんなに人がいるんだと感じてしまいます。住んでる当時は感じなかったのですが。もう、すっかり栃木のペースになっています。あと、このまえオリオン通りの入り口で
お見かけいたしました。多分、お仕事で来られていたのかなと。これからも、がんばってください。それでは。

投稿: 青木真一 | 2005/11/12 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木というところは:

« 映画で見た未来 | トップページ | 光との勝負 »